何とかしてお金を調達したい


お金を調達する方法はいくらでもあるのですが、手持ち資金が全くない場合で少額のお金を調達したいのでしたら、友人知人を頼るのが一番いいでしょう。もっとも少額というのがどの程度のお金かにもよるのですが、友人同士での貸し借りでしたら、ポケットマネーが主になります。ですから、これは自分自身で考えてもいいのですが、自分自身も友人からお金を貸してほしいと言われたら、財布の中を見ることでしょう。

今は持っていませんが、あればできるだけお金を貸してあげたいと思うものです。たいていの人は財布の中に3万円程度は入れておきたいという願望があるようです。自分はそれほどお金を入れていないという人もいるでしょう。しかし、3万円くらいあったら何か突発的にほしいものがあれば何とか買える値段ですし、急な飲み会の誘いがあっても、3万円もあれば余裕で対処できるでしょう。2次会3次会でも余裕で対応できると思います。ということで、友人同士での貸し借りであれば3万円程度が相場となります。

3万円という数字は不思議なもので、なんとかなりそうなお金でもあるのです。ですから、友人から金を貸してほしいといわれて、必要な額が3万円といわれるとすぐに用立てしたくなるものなのです。また、友人にお金を借りるときは借りる側のほうが借用書を用意するようにしましょう。これは、借りる側のマナーといってもいいです。

通常でしたら、貸す側が借用書を用意するものですが、友人同士での貸し借りとなるとなかなか、借用書は用意しづらいものです。ですから借りる側が借用書を用意するようにするのです。友人からは水臭いといわれるかもしれませんが、お金のことでこじれると大切な友人を失いかねません。そのためにも借用書があったほうがいいのです。

また、返済は3万円というわずかな額ですから、次の給料日の翌日くらいを返済期日としましょう。給料日に返済するのですから、延ばすのは不自然ですし、給料をもらったらすぐに返済するように約束しましょう。さらに、間違っても分割払いにしてはいけません。3万円という少額の貸し借りですから、分割にする必要がありませんし、金銭的に難しくてもそこはなんとかがんばって一括返済をしましょう。

分割となると、相手にも無用な心配を返済回数分強いることになるのです。少額の貸し借りの場合は分割返済はしてはいけません。こういったところから、お金のことでもめることが多いので、そのあたりは肝に銘じておいたほうがいいでしょう。

少額のお金でしたら、友人に頼ることでなんとか急場をしのげそうですが、それ以上のお金となるとどうしたらいいでしょうか。頼りになるのは身内ですが、身内を頼る場合はもっと大きなお金が必要なときにしたいものです。

5万円くらいでも友人を頼ってもよさそうですが、3万円と5万円というのは意外と大きな違いを感じるものです。月の小遣いでも5万円という人が多いくらいですから、妻帯者となると小遣い全部をもっていかれるような感覚になってしまうので、5万円を友人から借りるのは酷といってもいいでしょう。ですから、身内を頼りたいのですが、身内の場合はもっと大きなお金が必要な時のために取っておくのがセオリーです。

そうなると、ここでは銀行や消費者金融会社のカードローンに頼るほうがいいでしょう。金利が低いのが銀行カードローンのほうなので、できるだけ銀行カードローンで借りるほうがいいでしょう。しかし、銀行カードローンは誰でも気軽に借りることができるローンではないのです。というのもカードローンを借りるにしても審査が必要となります。

審査というのは、この人にお金を貸してもきちんと返済してくれるのかどうかを調査するものです。友人の場合は旧知の仲ですから、信頼もおけますし、お金を貸しても確実に返してくれるという信頼関係があります。だからこそ気軽にお金の貸借りができるのですが、一般の人と銀行はそういった信頼関係がありません。ですから、融資の申し込みをしても、銀行からすると最初は、海のものとも山のものとも思えないような人から、融資の申し込みが来たくらいにしか思わないのです。

そこから、カードローンの申込者に対して、どのような人なのか、仕事は何をしているのか、住まいの形態はどういったものなのか、職種はどうなのかといったところを慎重に審査するのです。そして、属性が高ければお金を借りることができますし、属性が低ければお金を借りることはできないでしょう。

この属性というのはお金の借りやすさを示す指標のようなものです。属性はさまざまな項目から成り立っているのですが、その中でも属性を決定づける有力な項目として、雇用形態があります。雇用形態は大きく、正規雇用と非正規雇用に分けられます、正規雇用はいわゆる正社員ということです。一方の非正規雇用は、パートアルバイトや契約社員、派遣社員などがこれにあたります。

こうなると、正規雇用の人が属性が高いことはわかるのですが、もっと具体的に正規雇用と非正規雇用の人の属性の違いを雇用形態を元にしてあらわすと、会社から雇用が保証されているかどうかということです。終身雇用が崩壊していると言われて久しいですが、それでも正社員の雇用は会社から定年退職まで保証されています。だからこそ大卒の人たちは就職戦線で正社員になることを目標としているのです。

会社は正社員を懲戒がない限り簡単にクビにすることはできません。リストラなどもありますが、望めば定年退職まで勤めあげることができるのです。一方の非正規雇用の人は雇用契約が有期となります。雇用契約の期間は3ヵ月、6ヵ月、さらには1年というスパンで決められています。その雇用契約の期間は雇用が保証されているのですが、更新時に更新するかしないかは両者の同意によるものですから、会社が更新しないとなると即座に退職ということになってしまいます。ですから、雇用契約が有期となっている点で、銀行から見ると収入が安定していないとみられるのです。特に高額融資は望めないでしょう。

また、銀行カードローンのデメリットとして、即日融資に対応していない点があげられます。一頃はメガバンクを中心に即日融資を大々的に謳っていた時期もありました。しかし、そのような広告を現在見る事はありません。銀行カードローンなどは、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられました。カードローン申込者の不正融資を防止するために施策なのですが、カードローン申込者の信用情報を照会し、照会データが得られるのは翌日以降なのです。このことから、銀行カードローンの即日融資は物理的に不可能となったのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者の預金だからです。大切な預金がカードローンの原資ですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないのが大きな理由です。そのため、銀行カードローンは銀行の審査の他に銀行と提携している保証会社の審査も受けているのです。これはあまり公になっていませんが、銀行カードローンの審査は銀行と保証会社の2社の審査を受けているということです。

審査は同時進行ですから、審査時間に影響はありませんが、銀行と保証会社の審査に通らなければ銀行カードローンの融資を受けることはできないのです。保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が返済不能になった場合、残りの債務の全額を利用者に代わって銀行に返済するのです。立て替えた債務はカードローン利用者(債務者)に請求されることになります。すでに債務整理に入っていますから、改めて保証会社と任意整理の交渉となるのです。

banner0415_new

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に通らなければ、消費者金融会社のカードローンがその受け皿になるでしょう。パートアルバイトといった比較的属性の低い人でも消費者金融会社のカードローンでしたら、お金を借りることができます。

もっともブラックの人でしたら、融資の申し込みをしても審査に通らないでしょう。消費者金融会社のカードローンは、申し込み方法が多彩なのが特徴です。店頭やWebでの申し込みはもちろんなのですが、提携しているメガバンクの行内になる自動契約機も利用できますし、全国各地にある無人契約機が便利です。24時間365日稼働している優れもので、当日の22時までに手続きを済ませて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されるので、最寄りのコンビニATMでキャッシングをすることができます。

もちろん誰でもお金を借りることができるわけではなく、大手消費者金融会社のカードローンでも、申込者の半分は審査落ちとなるようです。もっとも、銀行カードローンなどの審査でふるいにかけられて、消費者金融会社のカードローンに申し込みをしているので、ある程度属性が低くなっている人が多いのが原因と言えるでしょう。

また、銀行カードローンの審査に落ちてすぐに、消費者金融会社のカードローンに申し込みをしても、前の銀行カードローンの審査に落ちたという情報が金融事故情報として、信用情報機関に記録されているのです。消費者金融会社が信用情報機関にカードローンの申込者の信用情報を照会したときに、金融事故情報があるとその時点で審査落ちとなります。

審査に落ちたという金融事故情報は審査落ちした日から向こう6ヵ月間は消えないということですから、6ヵ月は消費者金融会社のカードローンドーンに申し込みができないということになります。金利は銀行カードローンよりも大手消費者金融会社のカードローンのほうが高いですが、返済利息以外では、消費者金融会社のカードローンのほうが使い勝手はいいです。

banner0415_new

ブラックでも借りることができる?


気になるのはブラックでも借りることができるのかということです。ブラックというのは、延滞などがかさみ返済不能となると、債務整理をすることになります。このときに金融事故として信用情報機関に記録されるのですが、これがブラックリストに載るということになります。多重債務者をブラックと混同する人もいるようですが、多重債務者はまだブラックではありません。しかし、多重債務者となると借り入れがほとんどできませんから、返済がくるしくなり、結果的に返済不能となって債務整理になることが多いでしょう。

ブラックになると、銀行カードローンと消費者金融会社のカードローンなど、もともと審査が厳しいところは借り入れができません。債務整理になるということは、少なからず借してくれた債権者である金融機関や貸金業者に迷惑をかけたことになりますから、社会的制裁意味を込めて、新規の借り入れができない、さらにはクレジットカードの作成もできないといったことになるのです。

いっぽうで、ブラックでも借り入れできたという口コミサイトの投稿をたまに見る事があります。これは、中小消費者金融会社や街金といった小規模な消費者金融会社で見られるものです。信用情報機関に信用情報の照会をしない審査方法を独自審査と呼んでいるのですが、中小消費者金融会社の一部と街金では独自審査が行われています。これは、現在の属性を重視する審査方法なのですが、審査の内容はとてもシンプルで、電話による在籍確認が取れること、収入が分かる書類の提出といったことです。

ブラックはお金をかりることができないという決まりがあるわけではありません。しかし、ブラックでも必ず借りることができるというわけでもないのです。

banner0415_new

街金の審査に通らない


消費者金融会社には総量規制という年収の3分の1までしか借りることができないという法律があります。法律ですから、まもらないで総量規制以上の貸し出しをしてしまうと、最悪のケースでは営業停止処分を受けることもあるようです。

街金の審査に通らないというのはよほど属性の悪い人ということになりますが、基本的に、街金は無職の人には貸し出しをしません。ですから、電話による在籍確認が取れることが融資の最低条件となっているのです。街金からお金を借りようと思えば、何か仕事を始めるようにしなければいけません。

banner0415_new

個人間融資掲示板を利用する


街金からもお金を借りることができない場合は、ネットの個人間融資掲示板を利用するといいでしょう。個人での貸借りになるのでリスクもありますが、できるだけ貸し出し実績の多い人から借りるようにしましょう。

審査は特になく、交渉次第ですぐにでも融資をしてくれます。基本的に少額融資ですから、10万円程度の貸借りになります。それでも、街金でも貸してくれないケースでも個人間融資では借り入れができるのですから助かる人も多いことでしょう。

banner0415_new