banner0415_new

総量規制オーバーで貸してくれる街金は、正規の金融業者ではないかも?

銀行カードローンや大手消費者金融で借入ができない方でも借入ができるとされる街金。
ブラック対応とかブラックOKと言われているのは確かです。
金融事故者でも実際に審査をした上でキャッシングできるのですから。
しかし、これだけは難しいと言うのが、総量規制です。

総量規制オーバーOKはない

これは、審査の過程で借入が多すぎる金融事故者に対しては、街金でも審査通過はないということです。街金のことは、多くの方が公式サイトだけではなく、口コミ情報も参考にすることでしょう。その時に、ここの街金は総量規制オーバーでも貸してくれるとなれば。間違いなく殺到劇が始まります。街金の限度額は総量規制範囲内と決まっていて、違反行為をするのなら、一番困るのは街金だからです。

ブラックでも借りれるというのは、多重債務者でも総量規制範囲内であり、自己破産から1年程度しか経っていない債務整理者等です。ですから、総量規制オーバーでも借りれるというのは、口コミであったとしても信憑性はないと言えます。

banner0415_new

街金の意味

ただし、街金が貸金業者としてどういう扱いをされているかで、内容が大きく違います。
本来街金とは、中小消費者金融のことを指し、街中で地域限定の客を相手にほそぼそと経営強いる金融会社です。規模が小さいだけで、大手消費者金融と同じ部分としては、正規の消費者金融であることです。

ですから、大手消費者金融が守っている貸金業法の元に会社が成り立っています。
その中に、総量規制オーバーの貸付はしないとなっていて、もし平気では総量規制オーバーの貸付をしている街金であるとしたら、貸金業法を無視していることになります。
通報で取締の対象になるだけではなく、場合によっては営業停止です。

そんな危ない橋は渡らない

総量規制オーバーで借りようとする金融事故者を相手に商売をしたとしても、損をするのは街金自身です。しかし、貸金業法を守っていない金融会社だとしたのなら、そこは総量規制オーバーの借入も可能です。

債務者に対してのリスクがある。そうなると、貸してあげるけれど、金利が高かったり、バレたくないのなら、言うことを聞け的な闇金まがいの街金も登場しています。

本来年収の3分の一の少しでもはみ出すことは、総量規制オーバーキャッシングであり、正規の街金では絶対にはしないはずです。高い金利も貸金業法違反ですし、金融機関、金融業者として認められていない所だけが総量規制オーバーでも借りれる街金ということが言えます。高い金利に脅しめいた貸金。そこは絶対ヤバイ所といえるでしょう。

banner0415_new

いわゆる街金のまとめローンのからくり

消費者金融でも総量規制オーバーの借入ができるらしい。
貸金業法では、消費者金融は年収3分の一が限度額となっていますが、対象外の金融商品があるらしい。

これは本当ですか?本当なら、甘い審査の街金では、バリバリ借りそう?

街金と言わず大手消費者金融でも行けるかも?

それも多重債務者に聞いてほしいことです。
総量規制オーバーで大手消費者金融で堂々と申込ができます。
と、ここまで聞くと大手消費者金融にしてみれば、もっと借りれると小躍りしてしまう話です。

限度額オーバーの借入ができるのなら、今の返済も楽にできるとか?
一応、総量規制オーバーになるには、普通のキャッシングと違う扱いになります。

banner0415_new

普通のキャッシングと総量規制オーバーのキャッシング

その違いは、借りれる範囲の問題です。
大手消費者金融でいう総量規制というのは、申込者の年収に合わせた限度額です。
300万円の年収なら100万円までOKという商品です。

ところが、総量規制オーバーの金融商品は多重債務が行うまとめローンです。このときに、借入金額のキャッシングしかできないです。150万円の借入があるのなら、150万円きっちりしか借入ができないです。

そして、新規キャッシングとして入手したとしたら、それを使い込むのではなく、多重債務の完済に使うことになります。多くの消費者金融では、消費者金融で各多重債務先に返済をして、債務者に請求する形にしています。

ですから、返済オンリーのキャッシングということなります。
新規キャッシングで、お金を手に入れる方法とは違います。

まとめローンのこと

大手消費者金融や街金の総量規制オーバーキャッシングとは、まとめローンのことです。
300万円の年収の方でも、100万円以上のまとめローンは契約ができることがあるということです。この商品は、確かに大手消費者金融でも街金でもとの扱いをしています。

審査はきびしい大手消費者金融であり、なかなか借入ができないとされています。
ですが、多く借入ができることで、金利が低くなって返済額が少なくなります。
そう簡単に審査通過ができるわけではない。

街金のまとめローン

こちらが曲者で、高い金利のまとめローンが多いです。
そして、審査は多少甘いのですが、金利が高いことが多いため、返済額がとても大きくなってしまうことがあります。ですから、簡単に借入ができることがありますが、高い金利で確実に返済をしてくれる人なら、街金のまとめローンは甘い審査で、借りれます。

あー、総量規制オーバーで良かったというのは、申込者ではなく、街金側の見解で。
多重債務は解消しましたよというけれど、返済額が増えている。
それが実態ですが、それでも総量規制オーバーの借入をしたいですか?

banner0415_new

総量規制対象外と言えば銀行カードローン

総量規制対象外というと、年収3分の一以上の借入ができることを言います。
大手消費者金融や中小消費者金融では、まとめローン、不動産担保ローンなどが対象です。
ビジネスローンもその1つです。

ところが、銀行カードローンはこの総量規制がないです。
銀行でというよりは、保証会社が限度額を決めることで、たいてい総量規制以上の借入ができます。以前ほどではないのですが、高い借入をしたいときは、銀行に申込ことをオススメします。

多重債務者は無理

銀行カードローンの審査は大手消費者金融以上の厳しさがあります。
ですから、金融事故者はもちろんですが、多重債務者は即審査落ちです。大手消費者金融のまとめローンと銀行カードローンで迷っているというのは本末転倒です。
消費者金融の多重債務者では、銀行カードローンの借入はできないと言っても良いでしょう。

banner0415_new

銀行カードローンにはどうして総量規制がない?

法律が違うからです。
保証会社を通じて返済能力を確認するのですが、各種ローンなどでワイドな金額の貸付をしている銀行では、限度額は多少多いです。その変わり、審査は厳しいということです。

銀行カードローンで重視するポイントは、年収であり、返済能力がとても高くなければならないです。と同時に、信用情報で金融事故が1つでもあると審査に通らないです。
貸付額が大きいほど、厳しいです。

消費者金融で借りてしまったら

銀行カードローンのことは考えてしまったら、落ち込むだけです。
借入先が先に銀行カードローンであれば大手消費者金融理の可能性はありますが、大手消費者金融からの銀行カードローンの審査は通過は無理です。

街金からでは絶望的です。ただし、借入が少なく、総量規制もラクラク範囲内の場合は、話は別です。総量規制オーバーを銀行カードローンの総量規制対象外でなんとかしようというのは考えないことです。

審査対象としては、総量規制は銀行カードローンでもある程度の基準としています。
高い収入であれば優位に審査が進むのですが、金融事故者であれば話は別です。
債務整理も同様ですが、総量規制以上の借入はできないです。

banner0415_new

最初から銀行カードローンオンリー

いっそのことこの方がスッキリです。
借入返済を完璧にした上で、口座利用が多い申込者に対しては、借入額が大きくなるという太っ腹の対応もあります。

その点でも、総量規制に縛られない審査の寛容さが銀行カードローンには存在しています。
配偶者の安定した収入があれば、専業主婦もカードローンを作れるのですから。

街金とは全く違う

街金の借入については、銀行カードローンの対応は冷たいです。
大手消費者金融と街金の借入があるときには、銀行カードローンは審査落ち間違いないです。

banner0415_new

総量規制オーバーはあたり前?中央リテールのまとめローン

総量規制オーバーしか受け入れをしない?
そんな素敵な売りの街金が存在しています。

中央リテールのまとめローン

街金で総量規制オーバーというと、まとめローンのことを言います。
まとめローンとは、多重債務を1つのローンにすることですが、中央リテールではそのまとめローン専門業者です。ですから、総量規制オーバーは当たり前です。

banner0415_new

注意して、金融事故者

中央リテールでは、多くの債務がある方を対象に審査をしています。
そして、東京渋谷の会社に直接行ける方を審査対象にしていて、全国対応ではないです。
総量規制オーバーでは金融事故者ですが、その他の金融事故者の種類では、中央リテールの審査に通らないです。

債務整理者、配偶者の年収に頼っている専業主婦、6社等の多重債務者。
そして、収入が低い方です。

完済できないとNG

中央リテールの目的は、金利を低くしたまとめローンでとにかく完済可能が方だけを対象にしています。ですから、パートアルバイトでは審査落ちであり。毎月の返済額も7万円ほど、延滞なく支払っている方を対象としています。

いろいろな面で、敷居が高い街金であり、もし審査通過なら、12%台の金利で金融事故者でありながら総量規制オーバーのまとめローンができます。

banner0415_new

すべてのキャッシングは不可能

中央リテールの審査通過の暁には、カードローン各種、クレジットカードに至るまで解約の義務があります。制限がかけられるのですが、中央リテールだけに専門して完済することができなければならないです。高い返済能力があり、中央リテールでの低金利まとめローンができるというだけでも大きな評価です。

借入先が中央リテールというだけで、大手消費者金融等の多重債務者も返済がとても少なくなっているはずです。解約の制限があるのですが、多重債務解消には最高なわけです。
多重債務で完済ができそう。その上で返済能力が高い一定の収入が必要です。

金融事故者はお断り

債務整理者等は、最初から相手にされないです。
街金ですが、普通のキャッシングではないことから、貸付では完済させてやろうという態度に関しては、中央リテールでは徹底しています。必ず多面審査というのもなかなかの面倒なことですが、確実に総量規制オーバーのキャッシングは可能になります。

街金ですが、何かと制約が多いです。
東京外、関東までの審査対象になりますが、なかなか審査通過ができないとの口コミもあります。審査に通るためには、延滞なしで一定収入があり、必ず完済するというガッツでしょう。

banner0415_new

総量規制オーバーOKのまとめローンの罠

総量規制オーバーで借りたい?
第一総量規制ギリギリのキャッシングも厳しいです。
年収3分の一の総量規制では、完済ができるラインとしては、紙一重です。

なのに、総量規制オーバーはない話です。
総量規制対象外のまとめローンはありますが、一段の審査のランクがあがります。

まとめローンの審査が厳しい理由

一つは総量規制オーバーだからです。
返済リスクが高まるだけではなく、もともとそんなにどうして多重債務になったの?という信用情報からでも審査は厳しい内容です。借り換えも同じですが、どうして借りた目的は?と聞かれることが多いです。

良く考えると、総量規制オーバーの借金がありますが、そちらのお得なまとめローン1つにしてくれませんか?ということです。その前に、それは完済ができないから?と聞かれた場合、そうではなく、ちょっと余裕を持ちたいから、くらいは言いたい所です。

では、個人信用情報機関で確認をしたら、返済がヤバイということになると、審査落ちです。
特に大手消費者金融のまとめローンの審査では、今でも十分に返済ができていることが必要です。なのに、完済ができないからまとめローンということになると審査落ちです。

banner0415_new

街金は?

街金のまとめローンの金利は高いです。
ということは、返済能力がある方の審査では、比較的良心的ですが、申込者の負担が大きくなることがあります。

毎月返済大変だから、返済額を小さくしましょうという対応になりますが、返済期間が長期化することで、返済総額がとても大きいです。シミュレーションをしたら、高級車が余裕で買える金額になっていることがあります。

返済が苦しいからまとめローン

これは考えないでほしいです。
大手消費者金融で審査落ちで、街金でまとめローンという場合、債務整理と天秤にかけているのなら、間違いなく債務整理をしましょう。まとめローン後に公開してしまう方が多いです。

限度額が総量規制であり、オーバー借りる。
低金利になるというけれど、今の返済負担より低い返済額にするのは、債務整理をした方良いでしょう。まとめローンは審査が厳しいのであれば値がありますが、街金のように高い金利で甘い審査では、審査通過している方は、大損をしてしまいそうです。債務整理をすぐに始められることをオススメしたいです。

普通に借りる事はできない

少しだけの街金で総量規制オーバーキャッシングは絶対にできないです。
多く借りようとしては、まとめローンの勧誘で騙されたという方も多いです。
街金のまとめローンはそんな危険性もある金融商品であり、大手消費者金融の内容とは違います。

banner0415_new