02

  1. 街金は総量規制を超えても利用することができるのか</li>
  2. 総量規制対象外の街金を利用したいなら「おまとめローン」
  3. 専業主婦の街金の総量規制って何が該当するの?
  4. 総量規制ギリギリの街金のご利用は債務整理も視野に入れるべき
  5. 事業者が総量規制を気にせず街金を利用するなら「事業者ローン」

街金は総量規制を超えても利用することができるのか

街金は消費者金融なので、総量規制という法律が該当します。
街金というのは審査が甘めのイメージがありますが、総量規制を超えても利用することはできるのでしょうか。
街金と総量規制の関係について、ご紹介していきます。

街金は総量規制を超えても利用することができるのか

街金は、総量規制の対象となっております。
そのため、街金のカードローンなどの融資は、全て総量規制の対象となります。
年収の1/3以上の金額の、融資を受けることはできません。

街金は審査が緩めなので、総量規制外でもキャッシングの利用できるのではと思っている人もいるようです。
しかし、総量規制対象外などの街金というのはありません。

総量規制超えていてもOKという街金というのは…

しかし、ネット上でチェックしてみると、街金の中には総量規制の限度額を超えていてもOKと記載してある街金を見かけることもあります。
総量規制を超えていても融資してもらえるなんて融通が利く、と思うかもしれませんが、このような街金は悪徳な業者が多く潜んでいます。

悪徳な業者というのは、お金を借りたい相手の足元を見た手口で近づき、貸し手に有利な条件で融資の内容を提案してきます。
貸金業法で決められている金利以上の膨大な金利を請求されたり、一般的な街金にはない不利な契約で融資をされてしまうことが多くあります。
総量規制を超えた融資を探している人は、お金を貸してくれるだけでありがたいと思います。
そのような気持ちを逆なでして利用者に近づき、一般的な街金では考えられない対応の貸付をしてくるのです。

総量規制外で融資を受けることができると聞くと、一見良い条件にみえてしまいがちですが、ほとんどが悪質な闇金のケースとなっています。
闇金は、私達が想像する以上に厄介で大変な存在です。
総量規制外でもOKと記載されている街金は、闇金に関わってしまう一歩となってしまいます。
大変な返済を強いられてしまい、挙句の果てにはお金を返すことができなくなってしまう、などの最悪なケースとなってしまうのです。
そのため、総量規制以外でもOKという審査対象をうたっている場合は、絶対に利用しないようにしましょう。

総量規制外で融資を受けたい場合は

総量規制外で融資を受けたい場合は、総量規制が該当しない銀行からの融資しかありません。
銀行ローンは銀行法に基づいた法律で融資を行うので、消費者金融のような貸金業法という法律は該当しません。
そのため、消費者金融が該当する総量規制は該当しないのです。
銀行カードローンは、総量規制に関わらず融資を受けて借り入れを受けることができます。

しかし、街金を利用しようと思っている人は債務性が良くないので、銀行の審査の対象とはならない場合が大半です。
銀行の審査では個人信用情報を閲覧して、申し込み者の債務性を細かくチェックします。
少しでも事故情報や多重債務者などの良くない内容がある場合は、銀行の融資の審査には絶対に通りません。
また、銀行の融資は利用対象のハードルが高いので、一般的な債務性の人でも審査には通りにくいと言われているほどです。
そのため、残念ながら銀行系業者から借入を受けることは、厳しいといえます。

しかし、審査が通る可能性が絶対にないとはいえません。
気になる場合は、銀行の融資の審査を受けてみることも、1つの方法といえるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
総量規制が該当しない正規の街金は、ありません。
総量規制を超えていても融資OKとうたっている街金は、100%悪徳業者です。
一見良い業者に見えてしまうかもしれませんが、絶対にご利用してはいけません。

banner0415_new


総量規制対象外の街金を利用したいなら「おまとめローン」

総量規制以外の街金を利用したいなら、おまとめローンを利用してみませんか。
総量規制対象外の街金を考えている人なら、おまとめローンがピッタリです。
なぜ、総量規制以外の街金を利用したい人におまとめローンがオススメなのか、くわしく解説していきます。

総量規制以外の街金を利用し人にオススメ「おまとめローン」

街金の利用で総量規制対象外でご利用を検討しているのであれば、おまとめローンがオススメです。

おまとめローンは、新規のキャッシングができる一般的なローンではありません。
総量規制対象外の街金を探している人は、既に総量規制に近く融資を受けている人ではないでしょうか。
多重債務など、色々なところから融資を受けている人も多く居る傾向があると思います。
そのような人には、おまとめローンがピッタリです。

おまとめローンは、今までの複数の借入先の分を1つの支払いにまとめることができるローンです。
なぜ総量規制に該当しないのか、その理由は新たな借り入れではないからです。
借入限度額がある一般的なキャッシングではなく、複数の借入れを1つにまとめて返済していくローンです。
そのため、1円も新たに融資を受けるローンではありません。
複数あった返済を1つにまとめただけなので、借金の金額は変わらないのです。

おまとめローンは多重債務者の消費者向けのローンであり、多重債務者が楽になることができるローンなのです。

おまとめローンをオススメできるポイント

おまとめローンをオススメできるポイントは、これらが挙げられます。

1つの支払い先となるので返済の手間が軽くなる

おまとめローンにより、今まで複数の返済先だったのか1か所になります。
あっちの金融業者やこっちの金融業者と個別に管理せずに済むので、大変楽になります。

月々の返済額が少なくなる

1つにまとめたことで、返済年数を長くしたうえで月々の返済額を少なくします。
毎月複数社に多く支払っていた状態を改善できるので、毎月の支払いがグンと楽になります。

金利が下がりやすい

ほとんどのおまとめローンは、金利が多少低めの傾向があります。
総量規制ギリギリまで借りている人は、既に利息が大きく膨れ上がっている場合が大半です。
以前よりも少しでも低くなった金利により、少ない利息となり最終的ンア総返済額を少なくする事ができます。
この2つのメリットは、総量規制ギリギリまで借りてしまっている人には、とても大きなメリットです。

おまとめローンの審査は時間がかかるので早めに検討しよう

おまとめローンの審査は、通常のカードローンと比べると時間がかかってしまう場合が大半です。
その理由は、総量規制に近いお金を貸し出すので100万円単位のお金を貸し出すことになってしまうので、多少の時間をかけて審査をしないといけないからです。

おまとめローンを検討する際は、早めに検討して申し込むことをオススメします。

おまとめローンは審査は厳しいのか

おまとめローンは、多くの金額の融資となります。
そのため、審査は厳しくなってしまうのでしょうか。

もとも総量規制ギリギリとなっている人が利用するローンですので、審査が厳しいと誰も利用することができなくなってしまいます。
そのため、ある程度の収入がある人であれば、審査に通る傾向があります。

ただし、銀行系のおまとめローンは審査は厳しいといっていいでしょう。
そのため、債務性に問題がある人は街金のおまとめローンが適しています。
街金の目線で審査をしてくれますので、スムーズな審査となる場合が大半です。

おまとめローンは返済代行があるので便利

おまとめローンから融資を受けると、まとめた元々のローンに対して返済を行います。
例えば3社に返済しないといけない場合、お客様は素人なので不慣れで手間がかかってしまいますよね。
おまとめローンの場合、おまとめローンで借入したお金はお客様の口座には入らず、カードローンの会社が借入をしていた元の金融業者へと返済してくれます。
これを、返済代行といいます。
自ら複数のカードローンに小分けして返済しなくてもいいので、返済する手間が省ける嬉しいサービスです。
支払いしないといけない各利用先に返済することからはじめるので、スムーズに進んでいきます。

おまとめローンを受ける際に把握してほしい注意ポイント

おまとめローンを受ける際に、把握してほしいポイントがあります。
それは、追加融資を受けることができない、ということです。
おまとめローンもローンの1つですので、追加融資を受けることができるのでは、と思う人もいると思います。
しかし、一般的なカードローンとは違い、おまとめローンでは追加融資を受けることはできません。

その理由は、おまとめローンと一般的なカードローンとでは、利用目的が全く違うからです。
おまとめローンというのは。借金を完済するためのローンです。
借金を少しでも減らしていく事が目的なのに、追加融資でお金を借りようとするのは、論点がずれた話となってしまいます。
この様な状態では、いつまで経っても返済にたどり着くことはできないですよね。

また、おまとめローンを組んでいる期間は、他の金融業者以外のキャッシングも受けることはできません。
おまとめローンを受けていることは、個人信用情報機関に掲載されてしまいます。
そのため、どの金融業者も審査の際に閲覧して把握できるので、審査の対象とはなりません。
なぜ審査の対象とならないのか、その理由は、おまとめローンを行っている期間は返済能力が低い人とみなされてしまうからです。

おまとめローンはとても便利なローンなのですが、利用中は他社からの借入は一切出来なくなってしまいます。
おまとめローンを組むことが利口なのか、それとも他社の融資を受けることができないのは厳しいことなのか、考えた上でご利用を検討すると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
おまとめローンは総量規制ギリギリの人に、ピッタリのローンです。
しかし、色々デメリットもありますので、全てを把握した上でご利用を検討してみましょう。
今ある多くの借金が、おまとめローンで楽になることは確かですよ。
街金のおまとめローンなら、ハードルが低い審査を期待することができますよ。

banner0415_new

専業主婦の街金の総量規制って何が該当するの?

街金には総量規制が該当しますが、専業主婦の総量規制というのは何を指すのでしょうか。
専業主婦の街金の総量規制について、まとめてみました。

専業主婦でも街金の利用はできるのか

そもそも、専業主婦は街金の利用ができるのでしょうか。
専業主婦は収入ゼロですので、支払い能力がない人とみなされてしまいます。
キャッシングは支払い能力がある申込者が受けるサービスなので、収入がなければ該当しません。

しかし、例外として専業主婦でも街金を利用できるシステムがあります。
それは、配偶者貸付を行っている街金です。

専業主婦に該当する総量規制とは

専業主婦には、収入がありません。
配偶者貸付であれば、配偶者の年収を基に審査をして融資を受けることができます。
そのため、この場合の専業主婦の総量規制というのは、配偶者の収入人対する総量規制という計算となります。
配偶者の年収が600万円なら、そのうちの1/3が総量規制の金額となります。
また、配偶者が既に融資を受けている場合は、既に受けている融資分がマイナスされた分しか利用することができません。
既に100万円融資を受けている場合は、残りの100万円までの範囲までしか融資を受けることができません。

専業主婦の融資金額は少ない場合が大半

しかし、配偶者の収入を専業主婦の総量規制に当てはめる場合、一般的な収入の1/3の総量規制以下の融資額しか受けることができない場合が大半です。
専業主婦に配偶者貸付の最大限度額のほとんどが、30~50万円程度になるケースが多いです。
そのため、意外と少ない融資額となってしまいます。
その理由は、審査対象者である専業主婦自体に支払い能力がないからです。
配偶者の収入を代わりに収入として当てはめているだけなので、少ない融資金額にしかなりません。
専業主婦が思う融資は、ちょっとした出費が多いと思います。
そのため、30~50万円の利用げ度額でも十分な融資金額といえます。
しかし、医療費や家の修繕などに使う場合は、30~50万円の融資金額では少なくて困ってしまうこともあると思います。
その場合は、配偶者名義で融資を受けるというのも1つも方法といえます。

配偶者貸付でも専業主婦に支払い義務がある

配偶者貸付は、配偶者の収入を基に融資を受ける融資方法です。
そのため、支払い義務は配偶者にあると思う人もいるようですが、それは間違いです。
配偶者貸付であっても、あくまで借りたのは専業主婦です。
支払い義務は、専業主婦にあります。

例えば、配偶者貸付で融資を受けていて、その後離婚してしまったとします。
配偶者貸付とした配偶者とは離れてしまいますが、支払いは専業主婦が続けていかないといけません。
離婚してしまい収入がなくなってしまいますが、それでも支払い義務は残ってしまいます。

配偶者貸付は配偶者に内緒で利用することはできない

専業主婦でも配偶者貸付で融資を受けることができるのは理解出来たと思いますが、中には配偶者には内緒で融資を受けたいと思う専業主婦もいるようです。
しかし、配偶者貸付を使って配偶者に内緒で専業主婦が融資を受けることはできません。
その理由は、配偶者の会社に在籍確認が行く事があるからです。
そのため、内緒にしていても、すぐにバレてしまいます。
配偶者貸付で融資を受けたい場合は、必ず事前に配偶者に相談してから決めるようにしましょう。

レディースローンの街金を利用してみよう

街金を利用する際に専業主婦が比較的審査に通りやすい街金といえば、レディースローンを扱っている街金です。
レディースローンは女性の属性に特化した審査をしてくれるので、専業主婦も審査の致傷としてくれる場合が大半です。
有名どころの街金ではレディースローンを行っているところも多いので、そのような街金に申し込むとスムーズに対応してもらうことができますよ。

専業主婦の街金の利用は増えてきている

女性が融資を受けるなんて、と思う人もいるかもしれません。
しかし、年々女性が融資を受けるパターンというのは増えてきております。
専業主婦も何かと用入りになることがあるので、ご利用している人も多くいらっしゃいます。
必要な時は、ご利用してみると良いでしょう。

いかがでしたか。
専業主婦の総量規制は、配偶者の収入が該当します。
配偶者貸付OKの街金であれば、配偶者貸付で専業主婦も融資を受けることができますよ。
融資を受けてみたいなと思う専業主婦は、是非検討をしてみましょう。


banner0415_new

総量規制ギリギリの街金のご利用は債務整理も視野に入れるべき

総量規制ギリギリまで借入れをしてしまうと、支払いや借入先に四苦八苦してしまう人も多くいます。
新規の借入れを考えるのも1つの方法かもしれませんが、それでは借金がもっともっと膨れ上がってしまいます。
融資額を増やしていくのは危険ですので、債務整理を検討してみませんか。

総量規制ギリギリの街金のご利用で困っている人に、債務整理も視野に入れるべき理由をまとめてみました。

総量規制ギリギリの借入の上にさらに借入れを受けるのは危険

総量規制ギリギリ状態になると、どこか融資してくれるところはないかと、探す人が多いと思います。
他から借りて支払いの難を逃れたいという気持ちですが、それでは今より借金が膨れ上がってしまうだけです。
今だけしのいだだけであって、今後どんどん支払額も増えてしまい借金地獄となってしまいます。
総量規制ギリギリまで借りてしまっている人で支払いが困難な場合は、債務整理を考えるということも1つの方法といえます。

債務整理するべきなのかしないべきなのか

債務整理となると、安易にできることではないので、躊躇してしまう人も多いと思います。
確かに借金を整理できることなのですが、デメリットもあるからです。
債務整理で、借金地獄から脱出できた人は大変多くいます。
しかし、債務整理の経験がない人は、後ろ向きになることばかりを考えてしまいますよね。
債務整理を選ぶべきか否かの考え方は、債務整理するべきメリットとデメリットのどっちが勝っているのかを考えることです。
メリットが勝っていると思うのであれば、債務整理をするべきといえます。
デメリットの方が勝っている人は、債務整理はとどまるべきといえます。
しかし、デメリットと思って債務整理を止めるのであれば、債務整理以上の解決策を得なければいけません。
債務整理以上の解決策が得られないのであれば、安易に債務整理を止めるべきではないといえます。
むずかしい判断ではありますが、1度債務整理に付いてじっくり考えることを強くオススメします。

総量規制まで借入れている多重債務者は賢い借金返済方法を見つけるべき

総量規制ギリギリまで借りている人は、賢い借金返済方法を見つけるべきです。
しかし、既に総量規制ギリギリまでめいいっぱい借入れをしているのであれば、賢い借金方法なんて見つけることはできないでしょう。
総量規制ギリギリまで借りているのであれば、賢い借金解決方法を選択しないと、今より楽になるということは有り得ません。
確実にしっかり考えて問題を解決しないといけない、瀬戸際まできているのです。

債務整理をすることでのメリットとデメリット

債務整理をすると、このようなメリットを得ることができます。

      取り立てがなくなり借金地獄から救われる
      過払い金が戻ってくることもある
      借金が無くなることがある
      弁護士の知恵で良い借金解決方法となる

また、逆にこのようなデメリットも発生してしまいます。

      相手(金融業者)が合意してくれないと解決しない場合がある
      個人信用情報に事故情報が書かれてしまう
      新規で融資を受けることができなくなる
      自己破産の場合自分の財産を失ってしまうことがある

このような、メリットとデメリットがありま。
全て把握した上で、債務整理をすべきなのかどうかを考えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
総量規制ギリギリまで借入れをしていて困っているのであれば、1人で悩んでないで本当の謝金解決をするようにしましょう。
専門の弁護は借金問題に詳しいので、相談してみると良いですよ。
無料相談などもありますので、気軽に相談することもできます。

banner0415_new

事業者が総量規制を気にせず街金を利用するなら「事業者ローン」

事業者が総量規制を気にせずに街金をご利用するなら、事業者ローンがオススメです。
事業者が総量規制を気にせず利用できる「事業者ローン」をご紹介していきます。

「事業者ローン」は総量規制の対象外

事業者ローンというのは、事業性投資が目的の事業者向けローンです。
そのため、総量規制の対象外となっているビジネスローンです。
個人事業主の人も、一定の条件を満たすことで、総量規制外で事業者ローンを利用することが可能となります。
事業者ローンは、以下の様な定義のローンです。

      資金の使途が事業資金である
      確定申告書または金融機関指定の事業計画・収支計画・資金計画を提出することができる
      借入金額が返済能力を超えない範囲と認められること

法人名義の融資は総量規制が該当する

事業性ローンと勘違いされることといえば、法人名義の融資です。
法人名義の融資も事業性に絡んだ資金となることが多いですが、こちらは一般的な融資と同じで総量規制の範囲にあたります。
いくら事業に対して100%使う法人名義の融資でも、事業性ローンではない限りは総量規制に該当しますので、勘違いしないようにしましょう。

事業者の資金繰り対策に最適な事業主ローン

中小企業の経営者や個人事業主は、ビジネスを行っている資金繰りに悩んでしまうことがあります。
運転資金、つなぎ資金、設備投資など、様々なお金が必要になり、お金が上手く回らないことってどの会社でもあることです。
どんな時でもすぐに現金を用意できるような、そんな余裕ある経営者は少数でしょう。

一般的に考えると、使っている銀行に融資をお願いしたりしますが、融資を実行してもらえる場合でも時間がかかってしまいます。
また、どの企業も100%審査が通るという訳ではありません。
そんな時に利用すべきなのが、事業性ローンなのです。
不安定な中小事業であればあるほど、オススメとなります。

個人事業主の街金の事業性ローンのご利用が増えてきている

個人事業主の事業者ローンは、年々契約件数が増えてきています。
個人事業主の数が増えてきたというのも理由の1つですが、個人事業主に対するカードローン審査の基準が緩くなってきた金融業者が多くなってきたこともあり、利用者数が増えてきています。
個人事業主は銀行系のフリーローンの審査通過率が厳しい傾向があるので、街金の事業性ローンというのはとても都合が良いのです。
個人事業主も、設備投資などにより大きな資金が必要となることがあります。
そのような用途に使用するため、事業性ローンというのはとても便利に利用できる融資なのです。

ただし金利は高め

事業性ローンは、銀行融資と比べると金利が高めです。
余計な利息がかかってしまうので、よく考えて利用することが大事となります。
元金均等払いがいいのか元利均等払いがいいのか、よく検討して選ぶようにすると良いでしょう。
ポイントは、最初の月々の支払額を少なく設定することです。
その方が支払いがしやしく、資金に余裕ができたらまとめて返済するようにすると、余計な利息をかけずに上手く返済することができます。

街金の事業性ローンは対応が早い

数ある事業性ローンの中でオススメなのが、街金のビジネスローンです。
街金のビジネスローンの大きなメリットは、融資までの時間が早いということです。
即日融資としてくれる街金もあるので、お金を急いでいる中小企業にはピッタリな融資方法なのです。

どうしても銀行融資を使いたいけれど、審査にかかっている時間がもったいないと思う事業主は、このような考え方をしてみてはどうでしょうか?
例えば、銀行借入の申し込みをしている間に、事業性ローンを使って資金不足の穴を埋めることで、素早い資金確保に繋げることもできます。
使い方次第で、とても便利に使うことができる事業融資なのです。

街金の事業性ローンのメリット

街金の事業性ローンには、以下のようなメリットがあります。

      キャッシング審査が早く即日融資などの対応が早い
      振込融資などの利便性の高さ
      審査は銀行より緩め
      総量規制対象外

このような、便利な魅力があります。

街金の事業性ローンで注意すべきポイント

街金の事業性ローンを使う際に気を付けるべきポイントといえば、悪徳業者に引っかからないことです。
残念ながら、街金の中には闇金のような悪徳業者も潜んでいます。
事業性ローンに悪徳業者なんているの?と思うかもしれませんが、実際存在しているので注意が必要です。
悪徳業者に引っかからないためには、以下のようなポイントに注意して街金を選ぶようにしましょう。

貸金業の許可番号を持っているかどうか

正規の街金は、貸金業の許可番号を持っています。
闇金のような悪徳業者は、貸金業の許可を持っていません。
正規業者の街金は、ホームページのトップページに貸金業の許可番号を掲載しています。
記載がない場合は、100%悪徳業者です。
貸金業の許可番号を掲載していても怪しいなと思う業者は、貸金業の許可を持っていないのに嘘の番号を掲載している可能性があります。
おかしいなと思ったら、貸金業の許可番号を検索できるサイトで確かめてみると良いでしょう。

インターネット上でのクチコミ評価が良くない

インターネット上では、様々な評判が口コミで記載されています。
金融関係も口コミが多く掲載されていますので、チェックしてみると良いでしょう。
ご利用したことがある人がおかしいと思う街金は、悪徳業者の可能性があります。
そのような口コミが掲載されている街金は、利用しないようにしましょう。

都合の良い触れ込みが表に出過ぎている街金

悪徳業者の場合は「ブラックOK!」「誰でも簡単に借りることができる」「他店で断れた人でもOK!」など、いかにも都合の良い言葉ばかりを並べているパターンが多いです。
特に、表立って「ブラックOK!」と記載している街金は、明らかにおかしいです。
少しでも怪しいなと思ったら、悪徳業者の可能性があります。

連絡先をはっきり記載していない

正規の街金は、公式サイトに住所や電話番号などの連絡先をはっきり記載しています。
しかし、悪徳業者は濁して連絡先を記載している傾向があります。
何故か電話番号が携帯電話番号だったり、住所を記載していないなど、このような街金は間違いなく悪徳業者です。

いかがでしたでしょうか。
事業をしていれば、資金難に陥ってしまうということは、どの会社も1度はあることです。
次の売掛金が入るまでに支払いなどの出費がある場合は、資金繰りに悩んでしまいます。
事業性ローンは、事業をしている人や企業が使うことができる、専用ローンです。
街金の事業性ローンは銀行系の事業性ローンと比べて金利は高めですが、柔軟性のある審査で対応してくれます。
なんといっても総量規制に該当しないので、気軽に利用できるという部分が大きなメリトっといえるでしょう。

banner0415_new