街金 自社審査
  1. 街金アローの自社審査
  2. 自営業者には厳しい自社審査
  3. 多重債務者より債務整理者の方が借りやすい?
  4. まとめローン、ちょっと待った
  5. 自社審査のメリットとデメリット

banner0415_new

街金アローの自社審査

アローは中小消費者金融であり、ブラックでも借りれる甘い審査で知られています。
フリーローンの審査基準では、大手消費者金融で借りられない、
金融事故者でも、借りれるとの評判です。

良く言われる自社審査の言葉

自社審査とは、その金融業者特有の審査です。
多重債務者でも、債務整理者でもその業者の審査に合えば、
他社で審査落ちの方も、借りれる特徴があります。

アローのように中小消費者金融、
街金ではそれぞれ自社審査を持って、申し込み者を選んでいます。

自社審査の違いは、常に流動的で、
カードローン会社で借りれない方でも、審査対象になるのは共通しています。

あとの信用情報の金融事故では、
収入の違い、返済能力の差で、審査落ちになる場合があります。

アローの自社審査とは?

アローの場合、口コミからいくと、収入があって総量規制範囲内なら、
過去の事故情報は、甘く見てくれるようです。

街金のあちこちで審査落ちだとしても、アローでの借入がやってできた方も多いです。
ただし、金融ブラックでも最初のキャッシングは、とても少ない。
少額融資は覚悟とのことです。

多重債務者は、総量規制範囲内ギリギリです。
融資額は少ないですが、完済後の追加融資は早い。

要するに、アローでの完済実績があれば、増額申込は絶好のチャンスだとか。

ブラックOKは納得

アローの自社審査では、申し込みブラックにも対応しています。
信用情報機関で、立て続けの金融業者の申し込みで、
半年間のブラックになってしまうのが、申し込みブラックです。

申し込み者が審査落ちが続き、落ち込んだ時のアローの審査通過は、
返済能力があると認められることが、キャッシングができそうです。

自社審査でも審査落ちがある

アローでいうと、収入が少ないのに融資希望、返済能力のない方です。
また、総量規制以上の借入希望もNGです。
信用ができなければ、自社審査も通用しないです。

そうなると、金融事故者とかブラックリストの範囲ではなく、
そんなに借りたとしても、完済ができないということです。

街金の自社審査の審査落ちになったとしたら

債務整理しかないです。
とりあえず、今ある債務をキレイにしましょう。

ブラックであることは当然のことで、
街金で借りれない場合で、ベスト債務整理は自己破産です。
借金ゼロになるだけではなく、1年後には自社審査の街金での申し込みで、
キャッシングができる可能性が高くなります。

借り入れが債務整理者の方が良いと言うのは、
過去の金融事故が問題なのではなく、返済能力があることです。

ですから、自己破産後収入があれば、借りれることがあります。

banner0415_new

自営業者には厳しい自社審査

自営業者の方で、キャッシングが難しいと感じている方も多いです。
審査では一定の収入があることを要求するのですが、
自営業者、個人事業主に関しては、審査は難しいことが多いです。

ただ、フリーローン、ビジネスローンも対応という、立場的には優位な点もあります。

確定申告書の内容

収入証明書は、確定申告書が命です。
ここの金額で年収が決まるのですが、節税対策などをしている時には、
キャッシングの総量規制で、決まってしまう場合があります。

融資カードローンなどでは、節税か総量規制の引き上げかを迷うのですが、
一定ではない収入のため、自営業者、個人事業主が審査対象にならない場合もあります。

自社審査でも

街金の自社審査でも、自営業者にはなかなか審査がキツイです。
こちらの方が一定収入にこだわるため、20年間個人事業主と比較して、
勤続年数5年のサラリーマンの方が、審査評価が良いでしょう。

そこで問題になるのが、信用情報です。
信用情報で、金融事故がなければ、審査基準でもゆるくなります。

自社審査でも、過去にキャッシング経験があるけれど、
返済トラブルがなければ、今度も大丈夫という信用ができます。

業績が悪くて返済ができなかった

個人事業主などでの延滞などで、業績が悪いは、印象が良くないです。
街金の自社審査では、信用情報の確認の時に、
債務整理などをしていると、その理由を聞かれることがあります。

業績が悪い?
確かにそうであったとしても、できれば言いたくないことです。

この不安定さが、独自審査では厳しくなってしまうのです。

少額融資にする

街金では、最初から少額しか借りれないことが多いです。
それを踏まえた上で、完済ができる金額の希望にすることです。
せめてですが、印象としてきちんと返済ができる範囲にすることです。

そこで完済ができれば、街金では追加融資の提案をしてきます。
担当者の印象が良いというのも、案外自社審査では大きなポイントになります。
実質年率が高くなることが多い街金では、確かに完済ができる客を相手にしたいです。

自営業者や個人事業主にしても、
少額融資を確実に返済ができるのであれば、信用も高くなることでしょう。

ブラックOKだから過去は振り向かない?

一定していない、安定しない自営業者などは、一応信用情報なども確認されてしまいます。
会社員ではない自社審査だというのですが、これは仕方のないことです。

ブラックでも借りれる、無担保の街金の自社審査ですが、
金融事故者の自営業者で借りるとしたら、完済ができる範囲内が大原則です。

banner0415_new

多重債務者より債務整理者の方が借りやすい?

街金の自社審査では、自己破産をした方でも借り入れができます。
また、任意整理や個人再生では、返済中でも借りれる方がいます。

どこまで甘い?ということですが、ただ甘いだけではないです。

担当者の印象

例えば、街金に申し込みをしたときに、信用情報機関の内容で金融事故があったとします。
確認だけではなく、電話で直接話す機会があるのですが、
返済能力がある収入だけではなく、返済計画などをあることが必要です。
がんばって返します的な態度が良いと言われています。

債務整理者は、二度と同じ事をしたくないだろうというのが、
自社審査で、審査通過する秘密です。

破産者なども、やっと借りられることで、債務整理はもうごめんと感じられることでしょう。
ということは、少額の融資希望を出す事も審査通過のコツです。

収入が安定している

自己破産などの理由は、いろいろです。
ギャンブルもあれば、他人の保証人で被害に遭う場合も。
そんな理由を挙げる事で、過去は過去と片付けられることがあります。

それでも、収入が安定していることが大切です。
自社審査で、債務整理者でも借りられるのは、安定した収入がある後ろ盾が必要です。

要するに、ブラックな方でも、
返済能力が高いことが証明されることで、借りれることになります。
破産者であっても、普通に会社員であれば、個人情報としては問題がないのです。

大切なのは、過去の金融事故ではなく、返済能力の高さです。
自社審査の重視ポイントはここにあります。

過去ではなく未来を見てくれる

自社審査の街金のことを、こう表現する方も多いです。
審査基準が低い街金では、返済ができる人であれば、基本的に借りれます。
返済が出来る=返済能力が高いです。

それが、多重債務者より債務整理者の方が、
可能性が高いというのは、返済額が少ないからです。
債務整理者なら、現在残債務がない状態での申し込みです。
ですから、返済の部分だけをみると、審査が通りやすいです。

過去の債務整理ではなく、これから確実に返済ができると。

自社審査の嬉しい対応

完済が続く、返済がきちんとできる場合は、追加融資のタイミングが早いです。
この場合も多重債務者ではなく、債務整理者が有利です。
返済が少ない方が、良いという意味です。

そこで、多重債務者は思い切って債務整理をしてからの、
街金の申し込みをすることで、より多くのキャッシングが可能になります。

多重債務で大手消費者金融も、街金も審査落ちなら、
他社街金の申し込みを慌ててするのではなく、債務整理後の、
自社審査を受けることをおすすめします。

特にも任意整理中、個人再生中OKの街金であれば、
すぐにキャッシングが出来ることも。

banner0415_new

まとめローン、ちょっと待った

自社審査では、申し込みブラックでも審査通過ができます。
他社で審査落ちで、すぐに次の金融業者に申し込みをして、また審査落ち。
同等の審査基準なら、当然のことです。

ところが、街金ではこの続けて審査落ちは、申し込みブラックが原因にはならないです。

自社審査で審査落ちするのは?

個人情報で言うのなら、無収入。
信用情報では、総量規制以上の借り入れと延滞者です。
年収3分の一が、総量規制です。

審査落ちが総量規制以上の借り入れをしたいときには、自社審査でも同様です。
多重債務者では、1つでも延滞がある状態での、新規キャッシングの申し込みはキツイです。
ただし、まとめローンであれば、既に持っている債務分のキャッシングの申し出です。

審査基準が甘い分、審査も通りやすいのですが、
街金のまとめローンの実質年率は、とても高いです。

まとめローン専用の中央リテールは、甘い審査の街金です。
独自審査ですが、延滞が過去半年以内ではない場合は、審査は進みます。

ただそれ以外の審査基準がありますが、延滞中以外であれば、
独自審査の審査通過は期待できますが、延滞は審査が厳しいです。

自社審査のまとめローン

まとめローンは、フリーローンより低金利で総量規制対象外です。
ですから、多額のキャッシングを金利が低い返済にすることで、多重債務の解消ができます。
あとは、ゆっくり1つの債務の返済をしていけば良いです。

債務整理もしなくて良かったと言いたいのですが、
自社審査のまとめローンでは、金利の高さが気になります。
大手消費者金融のフリーローン並の金利の高さ、
金融業者によっては、それよりも高い金利の場合があります。

それに多重債務をまとめるのですから、多額のキャッシングになります。
それを考えると、たくさん借りるけれど、金利も高いことになります。
完済目的なら仕方ないと思うのですが、実際に返済となると途方にくれることになります。

多重債務より高い、まとめローンの選択はしない方が良いです。

自社審査のまとめローンの話しがでたら

要するに、フリーローンで借りれないという場合は、絶対に債務整理しかないです。
自己破産等で、一度多額のキャッシングもリセットすることです。
まとめローンで完済ではなく、債務整理で借金減額です。
そうすることで、新規キャッシングの必要もなく、返済可能になることでしょう。

完済を無理しない。
法的債務整理をしましょう。

独自審査に甘えるのも良いのですが、
高金利との天秤では、どうしても楽な返済に行くのが妥当です。

banner0415_new

自社審査のメリットとデメリット

自社審査と言えば、街金や中小消費者金融の審査の甘い金融業者を指します。

大手消費者金融や、銀行カードローンの審査に通らない方でも、
総量規制範囲内のキャッシングができます。

自己破産者でも借りれる

この点が注目されるのですが、自己破産、
任意整理などの債務整理者でも、借りれる審査基準が甘いです。

ブラックOKとされる申し込み者は、審査が受けられないことがなく、
ブラックになっても、絶対諦めないキャッシングに期待が募ります。

そうした自社審査の情報サイトも多いです。

自社審査のカードローン会社

街金でローンカードがあるのは珍しいのですが、
全国対応、来店不要のセントラル、ライフティなどが挙げられます。

また、老舗中小消費者金融のフリーローンも自社審査でのキャッシングができます。
返済額が多い多重債務者も、総量規制範囲内の少額融資の申し込みができます。

審査手順は大手消費者金融と変わらないのですが、審査の途中で電話での確認事項があります。
借入の際に、いろいろと質問が多かったり、信用情報にある金融事故について聞かれます。
在籍確認は大手消費者金融と同じ要領で、勤務先への電話が入ります。
担当者の個人名ですから、勤務先に街金からの在籍確認だとバレることはないです。

街金の多くは振り込みですが、ローンカードがあれば、
キャッシングも返済もATMで出来るので、便利です。

返済方法は振り込みが多い

例えば、自社審査街金として人気のアローですが、最低返済額が3000円となっています。
返済負担が小さく、銀行振り込みで手数料は、負担することになります。
融資額に合わせて最低返済額は変わりますが、任意返済も可能です。

元利均等返済ですが、金利が高いので、余裕ができると多めの返済もできます。
返済期間を短縮することで、総返済額を減少させることも可能です。
まとめローンもありますが、金利はあまり低くないのですが、
融資額が大きくなると実質年率も下がります。

自社審査であることから、多重債務者はまとめローンにも注目されています。

自営業者もOK

中小消費者金融や街金では、
収入が不安定な自営業者は、審査対象にならない場合があります。
特に、金融事故があると、返済リスクが高いと判断をしているようです。

しかし、アローでは、柔軟審査が人気です。
完済後の追加融資にも積極的で、審査スピードも早いです。

自社審査で気をつけたいこと

ギリギリの審査で無理にキャッシングをすると、返済ができない場合があります。
実は、審査は甘いですが、取り立てなどは大手消費者金融以上に厳しいです。

ですから、必ず返済できる範囲のキャッシングをすることです。

banner0415_new