banner0415_new



誰でも借りれる街金の関連記事
  1. ブラックでも借りられる街金
  2. 街金でも審査落ち要件は存在しています
  3. 街金では申し込みブラックも対応
  4. 全国対応と地域密着の街金 どちらが良い?
  5. 街金で融資を受けるために

banner0415_new


ブラックでも借りられる街金

もし大手キャッシング業者での審査に通らなかった方は、融資先として街金を選択してみてください。
もしかしたら借りれるかももしれません。

大手業者と街金の違い

まず、両方共に貸金業法の下で行う貸金業者であることは同じです。
決定的な違いは審査基準の差です。
街金では、あえて大手とは違う内容での融資を勧めています。
ですから、大手の申込者で審査通過ができない方を対象にして、融資をしているのです。

条件も違う

例えば、貸付利率ですが、街金は高いです。
それでも最高で20%を厳守しているのは、貸金業法で定められているからです。
平均的な利息は18~20%であり、大手消費者金融の17%より利息は高いです。
デメリットになるのですが、利息は高いけれど貸してあげることができる、街金のスタンスです。

審査が甘いと評される点

借入件数が多い多重債務者などは、カードローンがたくさんある方に最適です。
債務整理後、それほど年数が経っていない。
現在、任意整理中で返済しているけれど、数万円のキャッシングにも対応。
この点では、どうしてもあとすこしだけ借りたい方に街金はベストな存在といえるでしょう。

誰でも貸してはもらえない

街金で借入ができない方もいます。
審査以前に、収入がない方は、審査落ちです。
これは、どんなに借入件数が多くても、きちんと返済ができているけれど、大手キャッシング業者では貸してくれないという返済能力がある方を相手にしているからです。
そして、延滞をしていないことも必要です。
他の返済ができないけれど、貸してほしいという申込には対応していないのです。
返済ができるかできないかは、街金の審査でも重要なポイントです。

実質年率が高いキャッシングの完済ができる方限定

大手消費者金融の審査落ちで、すでにブラック。
債務整理をしたのならブラックです。
そのようなブラックでも、収入があれば、街金での申し込みができ、キャッシングができる可能性が大きいです。
一か八かの賭けのようなものですが、たくさん街金に申し込みをしてやっと借りられたという口コミも多く見かけます。
審査基準が微妙に違うので、あちこちの街金に申し込みをしてみるのも一つの手です。
大手キャッシング業者の審査落ちの原因である申し込みブラックになることはないです。
たまたま審査基準に合えば、数万円の小口融資ならできる確率は高いです。
インターネットで街金フリーローンの申し込みは簡単です。
ただし、審査はすぐではないので、とりあえず結果待ちをしてから、次の街金に申し込みをするのが良いでしょう。


banner0415_new

街金でも審査落ち要件は存在しています

街金とは、中小消費者金融のことを指します。
キャッシング審査が甘くブラックでも融資をする金融業者です。

大阪など関西に多い話題の街金

たまたまなのですが、関西地区に街金の情報が多いです。
街金は、大手キャッシング業者のフリーローン審査落ちの方にしてみれば、神的な存在です。
大手消費者金融審査落ち、どうしよう?
あっ、借りられる金融会社があると検索されるのが街金などの中小消費者金融です。
ここでは、ホームページなどでも、他社で断られた方でもご相談くださいとあります。
また、口コミ情報として、こんなブラックでも借りられたとの報告もあるのです。
大阪だけではなく全国に街金は存在していますが、インターネット申し込みができて、借入の利用者が多いのが関西に多いというだけです。
全国対応のところ、地域密着のところなどがありますが、大手業者にはない甘い審査がポイントです。

ブラックでも本当に借りられる?

これは、ブラック=信用情報の金融事故の内容に関係します。
例えば、大手消費者金融の審査落ちの原因の多重債務。
借入件数の数が多いと審査落ちですが、街金では大手業者よりも借入件数の許容範囲が広いです。
そして、債務整理ですが、大手業者では、5~10年間はブラックリストとして借入ができないとされています。
街金では、自己破産者で、1年程度、その方の債務整理者数年での借入ができる方がいます。
すべて、ブラックでの借入成功例であり、ブラックでも借りられるのは本当です。

審査落ちになってしまうのは?

多重債務者で言えば、5件の借入件数がある。
総量規制以上の借入があるなどの債務者は、街金でも借入はできないでしょう。
又、債務整理では、先月に自己破産をしたなどです。
ブラックでも内容的に厳しいものがあります。
総量規制と言えば、大手消費者金融も必ず年収3分の一が限度額としていますが、街金でも総量規制は決まっています。
ですから、多重債務者でも総量規制の方が借入が多ければ、甘い審査での審査落ちです。
公式サイトにもあり、独自審査と甘い審査とされていますが、一応審査は存在していて、借りられない場合もあります。

全国対応の街金

どこにいても申し込みができるのは大手消費者金融と同じです。
沖縄でも北海道でも地域を問わない全国対応で来店不要であれば、インターネットや電話が通じれば、借入ができます。
まずは審査なのですが、ブラックでも挑戦をしてみる価値はあります。
審査落ちなら、又別の街金でも良いのですが、総量規制以上の借入があったり、債務整理から数ヶ月の状態では、街金でのキャッシングができないこともあります。


banner0415_new

街金では申し込みブラックも対応

街金のブラック対応で嬉しいのは、申し込みブラックがないことです。
申し込みブラックとは、短期間に金融業者に申し込みをすることです。
そんな経験がある方はいるのではないでしょうか?

こんなイメージ

アコムでキャッシングをしていたら、審査落ちになってしまった。
だから、アイフルに申し込みをしたけれど、審査には通らない。
では、今度はモビット。
それでも審査はダメでした。
この申し込みを数日で行ったり、1ヶ月程度で3件の申し込みをして、いずれも審査落ちというのは、何かの原因が1つですが、もう一つは申し込みブラックです。
アコムの時点で現在キャッシングができないブラックになっていると考えられるのです。
そして、アイフルとモビットは完全に申し込みブラックになっている状態です。

どうしてバレてるの?

融資、キャッシング、クレジットカードの利用はすべて、個人信用情報機関に記録がされています。
この時に、申し込みや解約などもすべて記録されていて、申し込みがある場合は、その記録を確認するのが審査です。
ですから、この場合は、アイフルやモビットでは、申し込みブラックとして、本来のブラック以外にも金融事故をあらたに起こしたことになります。

審査基準に申し込みブラックOK

申し込みブラックでも借りられる街金では、本来の金融事故を確認します。
それが大手キャッシング業者では審査落ちだけど、街金なら大丈夫と言う内容が多いのです。
ですから、上記の場合、アコムのあとに街金に行けば、すんなり融資を受けられることが考えられるのですが、例え申し込みブラックとして、大手消費者金融を挟んだとしても、街金でのキャッシングができることはあります。

大手消費者金融審査落ち後の行動

ですから、もし大手消費者金融での審査落ちになってしまった場合は、再び大手業者に申し込みをしないで、街金に行くことをおすすめします。
アコムでの審査落ちが、街金にとっては大した金融事故ではない場合、キャッシングができると言うのであれば、そんな簡単なことはないのです。
街金のフリーローンでは、返済能力があり、総量規制範囲内であれば、数蔓延からのキャッシングができます。
実質年率は20%程度で少し高めですが、必要とする融資が受けられ、毎月の返済額も抑えられる金融業者も多いです。
相談をしてみると案外とすんなり決まったという声も多いです。

街金の立ち位置

街金では、最初からブラックではなく申し込みに来る利用者の方が少ないと言います。
大手消費者金融などで借りられない方が、少ない総量規制範囲内でどうしてもキャッシングをしたい方を対象にしているところが多いです。
即日融資ではなく、カードローンでもないのですが、これは一つ一つの審査を慎重に行っているのと、あくまでも返済能力があることを確認した方だけに融資をする形です。
ですから、老舗街金はとても多く、健全な経営として、長くブラックを支えているのです。
申し込みブラック程度なら、街金の審査基準としては大したことがないというのも、返済能力があればの話です。


banner0415_new

全国対応と地域密着の街金 どちらが良い?

街金の種類として全国対応と地域密着があります。
インターネットの普及で、大阪、沖縄、福岡、東京などどこからでも全国対応なら申し込みができます。
一方地域密着の特徴としては、申し込みはネットや電話ですが、同じ県内を相手にしたいとか、直接会社に来て審査をするなどの対面審査を導入しています。
どちらが良いのでしょうか?

全国対応が便利

全国対応のメリットとしては、インターネットと電話で完結できることで、手軽なことです。
申し込みも応募フォームがあり、後で電話で対応するだけで、電話も一回だけのところが多いです。
審査結果についてはメールで対応でき、銀行口座の振り込みで、あとは返済だけです。
審査が通れば良いですが、もし審査落ちならメールが来るだけです。

地域密着の評判

これがなかなかの内容で、対面審査は自分がどうしてもお金がほしいことを相談できるから良いという方はとても多いです。
例えば、自分の知らないところでのデータ上での審査ではなく、ちょっと話を聞いてほしいという方もいます。
情に訴えると言うのは別問題ですが、直接話をすることで納得したい方は、地域密着でも対面審査があるところが良いでしょう。
同じ県内には甘くします的な内容もありますが、電話などでも全国対応にはしていない街金もあります。

本来の街金

街金というだけあり、もともとは地域密着の金融業者でした。
支店がある金融業者では、その地域の人たちの手助けとしてお金を貸していた経緯もあります。
そして、口コミ情報として街金を案内していますが、それは一部です。
実は、公式サイトがない街金が多く存在していて、すべて地域密着型の金貸し屋として営業しています。
インターネットの普及によって、全国対応にできるようになったというのが正確な情報ですが、本来の街金としては、審査内容はあまり変わらない、ブラック対応であることは違いないです。

ここは安心という情報

全国対応にしても、地域密着にしても、情報サイトでは違法業者ではない正規金融業者の紹介をしています。
そこで、ここは絶対に借りられるではなく、金融庁の登録もある安全な金融業者であるので、インターネットで簡単に申し込みができますという案内です。
全国対応にしても地域密着にしても融資率は70%程度であり、多重債務者や債務整理者にとっては、大切な街金です。
サイトの運営責任者の情報が怪しいと思うのなら、同じ街金で似たような情報を確認してみてください。
たいていの正規金融業者と言われるところでは複数のサイトやブログで証明されています。


banner0415_new

街金で融資を受けるために

キャッシングの際には個人信用情報機関の内容が肝心ですが、その前に収入がなければ話になりません。
例外として、銀行カードローンの専業主婦枠があります。
街金などでも配偶者貸付制度であり、専業主婦だけ特別に借りられる場合があります。
しかし、これらは専業主婦での審査があり、当然ながら利用限度額は低いです。

収入と審査

収入がどのくらいあれば融資を受けられるか?
はっきりとした数字はないのですが、年収で100万円程度であり、それが継続的な収入であることが必要です。
パートやアルバイトでも良いのですが、街金で半年以上勤めていることが条件です。
大手キャッシング業者では最低1年間以上と言われています。
ですから、日雇いバイトなどの場合、年収として換算ができないと、審査に通らないです。
そして、必ず在籍確認で、勤務先に連絡が行きます。
これは、大手業者も街金も共通の審査です。

ブラックとは?

キャッシングや融資でブラックとはブラックリストのことで、金融事故を起こした方を指します。
多重債務、債務整理、強制解約、延滞などで返済が正常にできないことが、個人信用情報機関に記録されている場合です。
5年間程度は更新されずにブラックのままですが、10年程度経つとすべて消えてしまうというものです。
大手消費者金融のブラックリストが10年間でなくなると言うのはこうした理由です。

ブラックでも借りられる街金

街金の審査基準は大手消費者金融とは違います。
街金の経営としては、大手業者と方を並べたのではうまく行かないことから、ブラックでも審査次第では借りられる場合があります。
他社借入が多いけれど、街金審査では大丈夫とか。
債務整理も自己破産も1年程度経っていて、収入があればOKなどの要件で、融資を受けることができます。
キャッシング審査を甘くしているのですが、収入がきちんとあることが条件であり、独自審査で、実質年率は高いものの借入ができる方は多いです。
ただし融資率は100%ではない事から、どんなブラックでも借りられるということ言えないです。
自裁に審査を受けないとわからないのですが、延滞はしていない、総量規制範囲内のキャッシングで、返済ができる、これが街金の最低の審査基準です。
その上で実際に現金を手にして返済している方も多いです。

最初からブラック対応であり、お金に困っていることは承知で審査に入ります。
ですから、インターネットで簡単に申し込みを済ますのではなく、実際に電話などで申し込む方も多いです。
女性はレディースローンがある街金もあり、借金相談も女性スタッフに直接話すことが可能です。

banner0415_new