banner0415_new

カードローンの自社審査キャッシング

個人向けの金融商品として主力となっているのがカードローンです。消費者金融会社が始めたとされていますが、利用限度額内であればお金の出し入れが自由なので、クレジットカードのキャッシング機能と考えていいでしょう。

消費者金融会社は貸金業者ですから、個人向けの融資のノウハウには長けていると考えていいでしょう。融資による審査の甘さもあって、多くの人が消費者金融会社のカードローンを利用しています。

もっとも、審査が甘いからといって、信用情報がブラックの人となるとまた話は違ってきます。ブラック状態の人でしたら、審査が甘いとされている消費者金融会社のカードローンを利用することはできないでしょう。消費者金融会社も銀行と同じく貸したお金が返済不能となることは避けたいのです。

それでは多重債務者はどうかということになるのですが、多重度によると考えていいでしょう。2、3社からの債務であれば許容範囲と考えている金融機関は多いです。ですから、3社程度までの多重債務であれば、大手消費者金融会社の審査もパスする公算は高いでしょう。

また、多重債務者の行き着くさきは、債務整理者です。もちろん全員がそうというわけではありませんが、一つの金融機関のカードローンでは足りないから他のカードローンを利用する、そしてカードローンの利用ができなくなると、その時点で返済能力がなくなり、債務整理の道を走ることになるのです。

中には、返済に追われるあまり、闇金に手を出す人もいることでしょう。闇金はどんな状態であっても、融資をしてくれます。しかし、金利が法外に高いのです。金融機関は利息制限法を守るように法令で定められているのですが、闇金はアウトローですから、法律を遵守することはありません。だから闇金なのです。返済に窮するあまり闇金に手を出すくらいでしたら、その時点で詰んでいるのですから、債務整理の道を選んだほうがいいでしょう。

いずれにしても、カードローンは銀行カードローン、消費者金融カードローンなどがあり、まず目指すは銀行カードローンでしょう。総量規制もありませんから、借り放題というわけではありませんが、収入を気にすることなく借りることができます。もちろん、返済能力以上の借入れをしたら後が大変ですから、その点は注意したほうがいいでしょう。

また、最近のニュースとして銀行も総量規制をするところも現われました。金融庁などが号令をかければ一気に銀行も総量規制という話になってきそうですから、そのあたりも注視したいところですね。

さらに、総量規制があるから消費者金融会社からはたくさん借りることができないと、嘆いている人もいるかもしれませんが、消費者金融会社が総量規制もなく、いくらでもお金を借りることができたら、いまよりももっと債務整理をする人が増えるでしょうし、自己破産する人も増えることでしょう。

お金を使うのではなく、お金を使わないようにする生活をすることが求められているのかもしれません。経済にはお金を使わないのは逆効果になりますが、借金ばかりが増えていくのは考えものなのです。

banner0415_new