banner0415_new

多重債務者は借りられないこともある


キャッシングの申し込みをした時に、審査が通らないこともあります。既に多重債務者で審査落ちの経験のある方なら、またかと思うことでしょう。そろそろ良いかと思ったのに、と舌打ちをする方もいらっしゃいます。

そうです。多重債務が審査落ちの原因です。消費者金融では申し込みがある方のデータを調べます。入力された情報を元に年収から返済ができるかを判断をしますが、同時に現在の借入金と返済状況、過去のものも調べます。これは、個人信用情報機関でしっかりと管理されています。

そこで、多重債務であること、過去に債務整理や滞納をしている、現在も他の消費者金融の返済をしていないなどの情報を入手することができます。消費者金融の審査でそこまで調べて、融資の可否を決めます。

ですから、現在多重債務である場合、借りられる融資が限度額を超えていたり、今の借入金があまりにも多いと自覚することで、まだ借りられないかと思うのです。案外この自覚のある方も少なくなく、ここで審査落ちだったら、大手消費者金融は全滅。借入をどこでしようか?と考えなくてはならない結果になります。

CMを行っている、ネームバリューのあるところでの借金ができない実態がこうしたことにあるのです。

banner0415_new

債務整理後すぐのキャッシングは無理


債務整理をした時、しばらくの間のキャッシングやローン利用は出来ません。ブラックリストに入ってしまいますから。これは、債務整理の常識といえることですが、正確なブラックリストとは滞納や遅滞を繰り返している時点で、もうアウトです。

債務整理をしたすぐあとは、キャッシング利用は考えないことです。消費者金融だけではなく銀行も同じです。住宅ローン、カーローン、ショッピングのリボ払いなども出来ないことになります。意外なところでは、携帯電話の機種のローン(通信料金は問題なし)、国の教育ローンなども組めないことになります。

ただし、永遠ではなく、最低5年間程度だと言われています。債務整理も、任意整理や個人再生、特定調停などでは3年を目処に完済していく方法で返済額を決定します。この返済は絶対的なもので、滞納や遅滞は許されないことです。そして、きっちりと完済することが義務です。この義務を果たして数年間の期間を経て、ようやくキャッシングができる身分になりますが、その時に一定収入がなかったり、無職であれば、債務整理関係なく審査は通らないことになります。

ですから、債務整理経験者は一定期間待ってから、消費者金融に申し込みをすることをお勧めします。時が解決してくれることですが、その間どうしても必要な融資があったとしても、消費者金融では絶対に貸してくれません。

banner0415_new

審査が甘い消費者金融があるって聞いたけれど


よく他社で審査に落ちた方、キャッシングの相談をしてください、と言う消費者金融のホームページがあります。審査に落ちたと言うのは、金融事故情報を持っている方がほとんどです。ちなみに、消費者金融では無収入の方は審査落ちです。専業主婦や家事手伝いなどは対応していないのですが、パートやアルバイトなど少なくても一定収入があれば、それ相応の対応をしてくれます。

審査落ちをした方の中で、大手消費者金融がダメだった方には、中小消費者金融などで大丈夫なことがあります。これは、逃げ場としてはありがたいことで、個人信用情報機関で事故扱いなのに、一応審査を致しますと言うものです。

じゃ良かった、甘い審査の消費者金融もあるじゃないと安心したいところですが、審査内容はなかなか厳しいのです。もちろん多重債務者や債務整理後の点では、こうした消費者金融もわかっていることです。具体的に審査として厳しいのは、じゃお金は貸して上げるけれど、きちんと返済ができる収入が「今」あるかどうか?です。

要するに、新しく契約をした借金を返していけるだけの経済状態であるかをじっくりと審査することになります。これが、なかなかと厳しいものです。パートで数万円の収入とか、現在返済している金額が年収に対して手一杯である場合には、こうした消費者金融でも審査は通らないのです。

そして、リスキーな利用者に対して融資は、金利が高い。ですから、返済がとても大変になってしまうとも言えるので、審査落ちの方が申し込める消費者金融に関しては、心して契約に踏み切ることが大切なのです。

banner0415_new

やっぱり厳しい銀行系キャッシング


現在、キャッシングには消費者金融系と銀行系の2つ金融機関でお金を借りることが出来ます。違いは審査の内容です。

消費者金融では貸金法での取扱、銀行では銀行法の取扱になります。大きな違いとして、融資額にあります。銀行カードローンなどでは、年収に応じて300万円とか800万円と言ったローンを組むことが出来ますが、消費者金融では総量規制と言って年収の3分の一しか限度額がありません。

この金額で見るように、銀行カードローンの方が審査は厳しいのですが、消費者金融のように最初から限度額が決まっていないため、年収がたくさんあれば多額の借入が出来ます。まとめローンなどで利用する場合は、多重債務者であることも承知で対応してくれます。

と、ここまではいかに銀行が借りやすいか?ということですが、多重債務者であったとしても、その数が多かったり、現在ギリギリの返済をしている場合は、高い年収でもキャッシングは出来ません。年収が高いけれど、返済額も多いと言うのは、結局は審査落ちの対象になってしまうことになります。無収入の専業主婦もOKの銀行カードローンですが、多重債務者である場合は当然審査は困難になります。

そして、消費者金融での審査が通らない方の場合は、銀行カードローンも通らないとされています。決め手はやはり年収です。

banner0415_new

消費者金融の審査の精度はものすごく高い


キャッシングの審査が通らないのは、消費者金融側で返済ができない方だと判断されてしまっているからです。過去に起こした事故が大きな傷となっている場合もありますが、多重債務者で◯社の返済のために借りようとしている行動を完全に見抜かれている場合も、審査は通りません。

金融会社では、多くの滞納者などを見てきています。個人信用情報機関などに照会をすると、その方のデータを逐一調べ上げることは容易です。そして、借金の方法や返済などで、怪しい奴の癖を見抜くことができると言います。

ですから、素人が消費者金融をだまそうとしてもムダなこと。キャッシングの審査が通らない場合には、やるべきことは別にあります。まずは、現在自分の個人信用情報機関には、何らかの支障があることを認識することです。どうして借りられないと首をかしげる以前に、既にわかっているはずです。複数の金融会社に借入をしている多重債務、債務整理からそれほど年数が経っていない、収入がない、ギャンブルで借り入れを繰り返している、などが主な原因です。

ギャンブルに関しては、消費者金融の借入金で遊んではいけないというのではなく、後々返済ができなくなるリスクが高いと言う意味です。自分で稼いだお金で遊ぶのは良いのですが、消費者金融からの借入金で遊んでいると、きっとキャッシングができないほど使い込むが大半です。

個人信用情報機関は、ベテランの金融会社社員が確認をすると、そんなこともわかるというのですから、侮ることは絶対に出来ません。

banner0415_new