banner0415_new

ブラックでも借りれる自社審査キャッシング

「ブラックリストに載る」と俗に言われますが、ブラックリストというものが実際にあるわけではありません。また、属性が悪いというのがすなわちブラックというわけでもないのです。ブラックは金融事故を起こした人、事故情報のある人ということになります。

信用情報機関では、加盟している金融機関が融資した人の与信情報が全て保存されています。細かくはある月では何を買ってその月の買い物合計はいくらになった、ということも情報として保存されているのです。買い物したものに対しての返済状況もしっかりと記録しています。そのため、買い物をして、金融機関からの請求に対してきちんと返済をしたかどうかも記録されているということです。それは裏を返せば、期日まで、正確には銀行引き落としができなかったということになれば延滞情報として記録されることになります。

人によってはうっかりミスということもあるでしょう。しかし、機械的に記録されるので、うっかりミスでも意図的なものでも延滞に間違いはなく、それだけでも金融機関はカードローンの利用停止をするかもしれません。利用停止となると、それはすなわち金融事故ということになりますから、さらに事故情報として記録されることになるのです。その時点でブラックということになります。

ブラックになるというのは何も任意整理や自己破産の人だけではありません。どこからも借り入れができない人、信用情報機関に事故情報が記録されている人がブラックということですね。そう考えると、信用情報機関に加盟していない街金業者などにはブラックという概念がないのかもしれません。

融資するというリスクもありますから限度額も低く抑えられていますし、金利も高く設定されていることがほとんどです。それでもお金に窮している人でしたら、そのような自社審査をして融資をしてくれる街金業者は救世主に見えるのではないでしょうか。

banner0415_new