banner0415_new

審査規準には差がある

キャッシングの際には、金融機関では必ず審査をします。
どんな方なのかを調べることですが、ポイントは返済能力があるかないかです。

申込の際に、必ず入力するものは年収です。
何気なく書いている方も多いですが、ここはとても重要です。
希望金額とかけ離れている場合などは、それだけで審査に落ちてしまうことがあります。
そこだけでの判断ではなく、過去と現在の借金状況を個人信用情報機関に照会することによって知ることができます。

これは全国の金融機関が共有している情報として、日本には3~4個の機関が存在しています。
そこには、過去の借金の申込と返済の記録があります。
そこで、遅滞や滞納、債務整理などは金融事故として記録にあり、いわゆるブラックリストに挙げられています。

そのような申込者の情報を金融機関では精査していくことになります。
その精査が審査であり、金融機関によって規準が違います。
審査が厳しいのは銀行カードローン、次に大手消費者金融です。

お金を借りることができるのは、その他に中小消費者金融がありますが、ここが審査が甘い金融機関として存在しています。
銀行も大手消費者金融も審査が通らなかった方が、中小消費者金融ではキャッシングができたという口コミも多くあり、代表的な金融機関もあります。

もしキャッシングの審査で、中小消費者金融でしか通らないという方は、必ず口コミなどで、優良中小消費者金融を選ぶようにしてください。
中には闇金まがいの悪徳金融機関も多いことから、気をつけなくてはならないです。
審査が甘いと言うのは別名ブラックOKという言葉もあるようですが、口コミで評判のところが正規消費者金融だと言われています。

banner0415_new

どんなに甘い審査でも無職はダメ

カードローンや消費者金融でのキャッシングの際には、審査を受けることになります。
これはキャッシングに限らず、カーローンや住宅ローンも同じで、お金を借りる行為には必ずついて回るものです。

審査規準は、金融機関によって違うのですが、一般に厳しい・甘いに区別されます。
厳しいところでは、年収が低かったり、会社員でなければならなかったりと、それなりの属性が不可欠になります。
甘いというと、範囲は広がり、大手消費者金融では借りられない方でも、ここで大丈夫と言った審査もあります。

審査に関しては、金融機関がこれなら返済ができると保証ができるかどうかを見定めることになりますが、どんな金融機関でも絶対の審査項目があります。
それは「収入」です。

銀行カードローンや消費者金融などでは、パートやアルバイトでも持てるカードも存在しています。
これは収入があるからです。
しかし、銀行カードローンでは◯万円と限度額があり、消費者金融では総量規制といって、年収の3分の一と言う決まりがあります。
余談ですが、銀行カードローンだけは専業主婦もOKです。
これは、収入がないのですが、生活をしていく事ができているということで、少額の限度額のカードローンを持つことができます。
ただし、未婚の無職だけは、この範囲内ではなく、キャッシングはできません。

そして、審査が甘いとされる中小消費者金融でも、この年収がない方は絶対に契約することができません。
総量規制をはみ出した借入ができる極甘審査のところでさえも、無職は審査落ちになります。

banner0415_new

それぞれの金融機関の審査落ちの理由

各金融機関のキャッシングで、審査に落ちた場合、その理由は絶対に教えてくれません。
当社の審査によってキャッシングが出来ませんと言われるだけです。

審査が落ちる理由として考えられるのは、

  • 滞納や遅滞がある
  • 債務整理後
  • 無職や収入が少ない
  • 消費者金融の場合、総量規制範囲外である
  • 多重債務
  • 在籍確認が取れない
  • などです。

    銀行カードローンや大手消費者金融の場合、上記のいずれか1つでも当てはまると、審査に落ちるとされています。
    ですから。そんな時にお勧めなのが、中小消費者金融と言われる金融機関です。
    こちらは審査が甘いとされていて、上記で言うと、

  • 多重債務
  • 総量規制
  • 債務整理後
  • のところで、大手消費者金融で審査落ちになった方のキャッシングができることもあります。
    ただ保証はありません。

    一応審査が甘いと言われるところでは、提出される所得証明等から、返済ができると確認された上での交渉になります。
    自社審査がしっかりしているところですと、何度も連絡が来て、返済計画を確認したりする場合もありますが、最終的にはキャッシングができた方もいます。

    審査は甘いですが返済の目処がつかない方には絶対に貸出はしません。
    ですから、

  • 収入がない
  • 在籍確認が取れない
  • 方については、どんな甘い審査の中小消費者金融でも、審査が通らないとされています。

    banner0415_new

    甘い審査のところは、即日融資はなかなか出来ない?

    楽天銀行などのネット銀行では、審査がとても早いです。
    アコムなど大手消費者金融でもWEB完結の申込などでは、即日融資は当然ですが、個人信用情報機関などで金融事故がない方については、すぐに入金がかないます。
    銀行カードローンでも、店舗内にキャッシング専用の自動契約機が設置され、その場で審査、カード発行も出来ます。
    審査で通れば、簡単にキャッシングが出来ます。

    ところが、金融機関が定める審査で、これはダメかな?と言う場合は時間がかかったりすることもあります。
    時間がかかる審査というと、中小消費者金融などです。
    審査が甘いとされる金融機関では、申込だけは住んなできますが、大手消費者金融にはない提出書類がとても多いです。

    所得証明や身分証、時には住民票の提出がある金融機関もあります。
    この場合、書類の精査後の入金になり、即日は当然無理ですが、一週間以上かかってしまうこともあります。
    一般に審査の甘い金融機関のキャッシングでは、即日対応をしていないところも少なくないです。

    しかし、個人信用情報機関、本人の申告した情報で問題がない場合には、即日入金もありますが、WEB完結ではないところでは、銀行振込になりますから、審査決定まで14時になってしまうと即日融資は出来ません。
    即日融資やすぐに入金してほしい場合には朝一番の申込がお勧めです。

    banner0415_new

    審査が甘いということは…

    WEB完結の即日融資は、大手消費者金融では良く行っています。
    本当にその日のうちに入金されたり、カード発行も自動契約機や来店でその場で出来ます。
    ネット銀行などでは入金が先に来て、あとからカード。
    それでも即日キャッシングが出来ます。
    いずれも厳しい審査で有名なところですが、甘い審査の中小消費者金融の場合、即日キャッシングは珍しいと言われています。

    甘い審査というと、ブラックリストの方などでもお金を借りることができますが、金融機関ではしっかりと審査に時間をかけます。
    そして、返済が保証される方だけにキャッシングをすることから、どうしても時間がかかります。

    ブラックリストの方は大手消費者金融や銀行カードローンは絶対に作ることができず、やっと辿りついた中小消費者金融での審査になりますから、キャッシングができるだけでも助かったと言うところでしょう。
    返済ができると信じてのキャッシングになりますが、ここの滞納自体は絶対に避けなければならないです。

    審査が甘いですが、金利は高いです、
    大手消費者金融と同じような感覚でキャッシングをしないように心することが大切です、
    最もそのことでの説明はしつこく受けることになりますが、審査の甘い中小消費者金融では、大抵利息制限法最高利率の20%になっているところがほとんどです。

    借りる時は、キャッシングができる喜びですが、この高金利は返済の時には大きな負担になります。
    それを承知の上、甘い審査の金融機関の利用が必要です。

    banner0415_new