banner0415_new

自社審査をしている消費者金融の方が審査に通りやすい?


大手消費者金融や銀行カードローンなどに申し込みをしても、審査に通らない場合があります。審査では、その申し込み者にお金を融資したらきちんと返済してくれる人かどうかを見ています。銀行カードローンなどの大手に申し込んで審査に通らなかった場合でも、信頼して利用できる中小消費者金融はありますので、そちらに申し込む手段が残っています。

しかし、消費者金融やキャッシングの広告の中には「審査がゆるい」「ブラックでも融資可能!」など甘いうたい文句のものがあります。大手の金融機関に落ちたばかりのときは、審査に通りやすいところで確実に利用を始めたいので、怪しい街金かどうかも判断せず飛びついてしまう危険性があります。そういったところは、自社審査をしていることが考えらえます。宣伝文句から誰でも利用できそうに勘違いしてしまいそうですが、審査がないところはきっと1カ所もありません。

銀行カードローンや大手消費者金融が審査で行っていることの1つに、スコアリングがあります。スコアは点数の意味で、申し込み者の属性に点数をつけていき審査をしていきます。申し込みフォームに個人情報の必要事項を入力しますが、その内容である年齢、家族構成、勤務形態、勤続年数、年収などに点数をつけ、トータルで何点になるかによって契約をするかが決定されます。

例えば、勤務形態なら正社員は契約社員より上、アルバイトやパートはその下などとランク付けされており、当然上になるほどスコアリングの点数は高くなります。どの職業なら何点と決められていますので、機械的に評価がなされていきます。審査担当者の個人的な好みなどの影響を受けずにするという利点がある一方で、その人の抱える事情などを汲み取ることはできません。事情さえ知ることができれば、返済能力が高い顧客になりうることもあります。

そのような申し込み者の方は、自社審査という形を採用している消費者金融の方が審査に通る可能性が高まります。自社審査は、中小消費者金融で採用しているところが多い状況です。独自の判断材料で審査をしますから、大手の審査のスコアリングによって機械的に淘汰された方でも、中小消費者金融なら融資を受けられる可能性が期待できるでしょう。

banner0415_new

ブラックでも自社審査の消費者金融なら融資を受けられる?


ブラックになっていると、どのキャッシングに申し込みをしても融資を受けられないだろうとあきらめてしまいがちになるかもしれません。大手の消費者金融や銀行カードローンの場合は、審査を一定のルールに従ってスコアリングする方法が多いので、ブラックというだけで返済能力の高い方も審査に落とされてしまいやすいでしょう。

ブラックになっていてもよく事情を知れば、優れた返済能力の持ち主であることもあります。中小消費者金融には機械的なスコアリングだけに頼らず自社審査を導入しているところがありますので、そのようなところであれば大手より借り入れできる可能性が高まります。

以前にその企業のグループ会社が審査で断ったことでもない限り、他社の判断に影響を受けることなく自社審査は適正に実施されます。自己破産や債務整理をしていても、自社審査の中小消費者金融なら融資を受けられる可能性がゼロではありません。ただし、条件があります。

自己破産の経験がある方は、すでに免責が下りている方が自社審査の対象です。債務整理の経験がある方は、過払い返還請求をしているか、または和解が成立して支払っている方となります。自己破産や債務整理をしている申し込み者で、自社審査に通って融資を受けえている方の割合や、1割未満であるのが現状です。

どうして一部の中小消費者金融は自社審査をしているかというと、いくら自己破産や債務整理をした過去があったとしても、そのときの負債さえ解決されていれば、経験を教訓にし同じあやまちを二度と繰り返さない方もいるからです。しかし、そのような過去から立ち直っている人であっても、大手のキャッシングでは自己破産や債務整理の過去があるというだけでそれ以上その人を見ようとはしません。中小消費者金融としては大手が手を出さないことで競合他社が少ないビジネスチャンスと捉え、審査の間口を広げています。

さらに、現在は総量規制によって年収の1/3を上限にした範囲でしか融資ができなくなったことも、自社審査をしている理由のようです。ブラックであっても自社審査を行っている優良な中小消費者金融を選べば、ご本人の努力により安全に融資が受けられます。安易に街金に手を出さないで、中小消費者金融に申し込みをしてみてはいかがでしょう。

banner0415_new

自社審査の中小消費者金融に落ちる原因とは


大手のキャッシングでは審査を一定のルールに従って行っていますので、自己破産や債務整理、ブラックというと、その時点で審査が停止される可能性があります。大手で審査落ちしたら、自社審査を行っている中小消費者金融に申し込めば、独自の視点でしっかり審査をしてくれます。

中小消費者金融によって、どんなところをポイントに自社審査を行っているかはさまざまです。柔軟性がある自社審査なのですが、それでも融資を受けられなかった場合、どのような原因が考えられるでしょう。

規模の大きさにかかわらず消費者金融は商売なので、貸し付けをしたお金が返済されなさそうな人には融資をすることができません。無職で収入がない人などが代表的です。他には年収の確認のために所得証明書などの提示を求めても応じない方。申し込み時の年齢が66歳以上または未成年の方。健康保険に入っていない方。現在他社から借金をしていて返済がとどこおっている方など。これらにあてはまる場合は審査落ちする原因と考えられますので、1つずつ解決していきましょう。

返済日が過ぎてもお金を返していない場合、延滞情報として信用情報に登録されてしまいます。遅れていた金額を全て返済できたとしても、「延滞解消」として登録が1年間続きます。延滞日数も一緒に載り、信用して融資しておもいいかの指標にされます。金融機関は安定して毎月返済日と金額を守り、返したり遅れたりということがない人を審査に通します。

消費者金融に申し込みをして融資が断れたら、すぐに申請をするのではなく、最低でも3カ月は次まで時間をあけることが大切です。審査落ちした結果を受けて直後に別のキャッシングに申し込みをしても、審査に通る可能性はとても低いといえます。立て続けに消費者金融などの申し込みをすれば、そのことは信用情報に登録され、それを見た金融機関はあまり信用できない人だと判断します。

申し込みフォームには、勤続年数などの欄があります。今の職場に勤め始めてからまだ1年経っていない方や、今暮らしているところの居住年数が1年未満の場合は、これらが審査に引っかかってしまうといわれています。これらにあてはまるという場合は、可能であれば1年以上になるまで待ってから申し込みをしてみてください。

banner0415_new

安全な街金を見つけよう


街金というと、イコールヤミ金のイメージを持たれているかもしれません。街金の中には、警戒しなければならないところと、優良で安全なところとがあります。信頼できる街金に申し込むためには、どんなポイントをチェックすればいいのでしょうか。

メールや電話でやり取りするとき、ガッカリするような対応の悪いところがあります。メールや電話は会社の入口ですから、ここでいい加減な対応をする場合は要注意です。お金の融資を受けたら必ず返済しますが、このときに借金をした元本と一緒に金利分をプラスしてお返しします。

契約をする前に金利が伝えられるのですが、これまでの上限金利は29.2%と高いものでした。しかし今では出資法と利息制限法により、20%~15%にまで引き下げられています。これらを上回る金利のところは、悪徳業者である可能性が高いといえます。申し込みはせずに、他のキャッシングを探した方が無難です。

基本的なことですが、会社が実在しているかどうかもチェックしておきましょう。記載さいされている住所を検索したら地図になかったなんてこともあります。面倒くさいと思わずに、自分で調べましょう。

金融登録番号があるかどうかを、必ず確かめてください。登録をしていれば番号が付与されますので、表示するはずです。申し込みを検討しているところに金融登録番号が確認できない場合は、やめておいた方が無難です。

街金の中で自社審査をしている中小消費者金融なら、大手で審査に落ちたとしても融資を受けられる可能性があります。しかし、中小消費者金融の外側から見ていてもわかりません。今はせっかくインターネットが普及しているのですから、利用したことがある方の意見を探してみると参考になります。

例えばあなたが女性なら、女性に特化したレディースローン、ブラックで審査に通りにくいとお考えの方には自己破産や債務整理をしていていも自社審査を行ってくれるところ、夫や妻、家族に内緒で融資を受けられるところなど、いろいろな口コミを見つけることができます。

banner0415_new

アローの自社審査


自社審査を行っている中小消費者金融の情報を探していると、株式会社アローという社名が目に留まります。大手消費者金融というとテレビCMや広告を大々的に行っていることから、初めてキャッシングを利用する方や他社で借金がない方などが中心です。

中小消費者金融は大手のようにあまり宣伝がされていませんので、名前を知っている人が少ないことから、初めてのキャッシングに申し込む人は多くはありません。中小消費者金融に申し込む人は、すでに大手に申し込みをして審査に落ちた人、債務整理や自己破産をした人などが大半を占めます。

アローなどの中小消費者金融での審査は、大手とは違う独自の基準による自社審査です。人間性を見ながら、返済能力がある人かどうかが審査されています。もしこれからアローで手続きをしたい方は、アローで審査落ちしている人の傾向とは真逆のことを意識されてみてはいかがでしょう。返済していこうという意思が伝わってこない、覇気がない、態度が横柄など。これらのうち1つでもあてはまるなら、今から改善していけば融資の見込みがアップします。

これまで大手消費者金融の審査を受けた経験がある人にとっては、アローなどの中小消費者金融のやり方は違和感を感じるかもしれません。中小消費者金融は大手とは異なり、大手が相手にしないブラックに登録されている人なども自社審査を行っています。根本的なところに違いがありますので、審査に取り組み方が異なるのも当然といえるでしょう。

中小消費者金融によっては、申し込み者の方が電話での対応に不快感を感じることもあるようです。電話は相手の表情を見ることができませんので、やり取りの内容によっては、対面で同じ会話をしているとき以上に心に突き刺さることもあるでしょう。特にキャッシングの審査は年収や雇用形態、他社への借金の有無、借金がある場合は残高など、個人的に立ち入った質問を受けます。借金があといくら残っているか、返済がとどこおりぎみではないかなど、まるで責められているように感じる質問も含まれている可能性が考えられます。

不快に感じて当然な内容なのですが、担当者は聞く決まりになっている仕事の一環として質問をしています。審査のときだけでしょうから、不快に感じるかもしれないということを覚悟してのぞむことで、多少は精神的な負担を軽減できるのではないでしょうか。

banner0415_new