banner0415_new

金融事故者も借りられる自社審査とは?

消費者金融の審査で、ここは自社審査だからと表現される金融業者があります。

自社審査とは?

キャッシングや借入の申し込みのときには、必ず審査します。
その時に、その金融業者の審査基準に合うかどうかを判断します。
言うなれば、すべて自社審査になりますが、あえてここは自社審査というところは、審査が比較的柔軟だったり、甘いとされるところです。中小消費者金融、中堅消費者金融、街金などです。

CMを行っている大手消費者金融などでは、あまり自社審査とはいわれないのは、甘い審査ではないからです。銀行カードローン審査も自社審査ではなく、甘いとは言えないです。

banner0415_new

自社審査融資のメリット

甘い審査と具体的に言うと、大手消費者金融や銀行カードローン審査で通らなかった方でも審査通過ができることです。

例えば、債務整理経験者、信用情報で金融事故がある、ブラックリストなどが借りられるのが自社審査といえるでしょう。こうした自社審査の融資では、審査落ちの金融事故も寛容に受け止めることで、融資の幅が広がるといえます。

自社審査融資のデメリット

ブラックでも借りられるのですが、デメリットとして挙げるなら、金利が高いことです。
金融事故者だから高いのではなく、もともとが高い設定です。

他社借入件数が多い多重債務者、自己破産者も借りられる可能性が高いのですが、自社審査融資の中小キャッシング会社は平均して金利は18~20%程度です。利息制限法上限20%になっているところも多いですが、大手消費者金融や銀行カードローンよりも金利は高いです。

また、カードローン会社は少ないです。
カードで手軽にキャッシングはできず、振込されて融資を受けるキャッシングの方法です。
電話やインターネットで申し込み、審査通過、希望融資の振込。完済後に次の融資と言う形です。以前存在していたサラ金の形で、カードローンキャッシングができるところは国内でも数社しかないのが現状です。

banner0415_new

自社審査でも審査落ちはある

審査が甘いといっても、審査が存在することから、借りられない人も当然います。
大手消費者金融と同じで、総量規制範囲内が限度額、延滞者はお断り、信用情報の内容で、自社審査の審査基準に合わない金融事故者も借りることはできません。

自社審査の貸金業者も、法律に則った正規金融業者です。
違反をして無理な貸し方をすることはなく、あくまでも大手消費者金融や銀行カードローン審査より甘いというだけです。ですから、ブラック対応のことばがよく使われますが、ブラックの方も審査対象になり、借りられる可能性が高いというだけのことです。

最近利用者急増の自社審査

自社審査の金融会社はインターネットからの申し込みができます。
大手消費者金融や銀行カードローン審査の落ちた方にお金を貸すことがあるので、金融ブラックと呼ばれることもあります。

正規金融業者であり、闇金ではないのですが、中には中小消費者金融を装うヤミ金なども多いです。それらしいサイトを作っていることもありますので、注意して下さい。

banner0415_new

人気の自社審査金融業者 アロー

自社審査で検索をすると、中小消費者金融の名前が出てきます。
ブラック対応のアローは、中小消費者金融で自社審査の金融会社です。

アローは人気の中小消費者金融

株式会社アローは、名古屋市中川区にあります。
平成12年の創立となっていますが、元は不動産などを扱う会社でした。
消費者金融としては、歴史が浅いのですが、金融事故者でも融資を受けられる貸金業者として、有名です。今では情報サイトがたくさん立ち上がり、アローの情報は満載です。

banner0415_new

アローが自社審査である証拠

大手消費者金融とは違う特徴は、金融事故者、ブラックでも借りられる部分です。
担保や保証人不要のフリーローンがあり、審査時間が早い。
自社審査では、じっくり審査をするところが多いです。

必要書類の確認や審査時間が1週間以上かかるところも少なくないですが、アローのホームページでは45分で審査終了とあります。また、借換ローンとして、多重債務解消のまとめローンの取扱もしています。

自社審査の金融会社では、他社で断られた方はご相談下さいとありますが、アローにはその記述はありません。ただ、ブラックだった方の申し込みで融資を受けた口コミも多く、上限金利が19%台です。そのあたりからの自社審査の消費者金融業者であることは確かなようです。

人気の理由

アローの審査は特別柔軟ではないようです。
自社審査では、極甘とされる街金融も多くありますが、アローやフクホーなどは、総量規制範囲内であれば、多重債務者も債務経験者も審査が通りやすい貸金業者です。

特別な審査があるわけではないのですが、対応の良さとスピード審査が人気の理由の一つです。
ブラックが借りたい街金、中小消費者金融では常にランキング上位に位置します。

アローに申し込む前に

信用情報のブラックでも借りられると言いましたが、返済額が多すぎる、総量規制限度額に達している、延滞している状態でのも申し込みは無駄です。特に他社の借入に返済をしていない状態の延滞は、他の自社審査金融業者も審査通過はありません。

また、自社審査の特徴として、返済能力を確認します。
収入と勤務先の確認で在籍確認は絶対ありますし、収入証明書が必要な場合があります。
自己破産をしていようが、きちんと働いていて、これだけの収入があるとわからなければ、審査落ちしてしまいます。

多重債務者だけど、まだ返済できる余力があるとされたブラックが融資ができます。
ですから、アローに行く前に、返済状況の確認と在籍確認ができる環境にしておくことが必要です。45分というスピード審査ですから、もしアローがダメなら、次の自社審査の金融業者もしておくこともオススメします。

banner0415_new

金融事故者も審査通過あり?

自社審査で借りたい。
キャッシング経験者の中には、今の自分の信用情報では、大手消費者金融や銀行カードローン審査に通らないことが理解している方も多いです。審査の情報サイトは多いですし、自社審査の審査が甘いこともわかっています。

金融事故者は自社審査

金融事故者とは、個人信用情報機関の中で、多重債務者や債務整理者などを指します。
そして、申し込みブラックもその一つです。

申し込みブラックとは、短期間(数日間)に何度も金融業者に申し込みをすることです。
そして、審査通過をせず、何度もチャレンジして、短期間で審査落ちを経験する方を指します。
要するに、審査に通らないのに、懲りずに申し込みをしてしまう方です。

一般に半年は申し込みをしても審査落ちですが、自社審査のところでは、基本的に申し込みブラックでも審査対象になります。ですから、信用情報で現在ブラックらしいという方は、申し込みブラック対応の自社審査での申し込みが有効なのです。

banner0415_new

多重債務者は自社審査

多重債務は、大手消費者金融などで2社程度だと言われています。
それ以上は審査が通らないということです。自社審査では平均4社程度は許容範囲であり、総量規制範囲内であることを条件に借りやすいです。

しかし、これ借入額と関係していて、総量規制範囲は自社審査でも厳守です。
総量規制を超えそうな場合は、自社審査でも融資ができないことがあります。

債務整理経験者は自社審査

債務整理をしたあとは、最低5年間は融資を受けられないとされています。
しかし、一部の自社審査では任意整理、個人再生の返済中や自己破産でも債務整理後2年程度で審査対象になる場合があります。

自社審査金融業者によって対応は違いますが、原則的には債務整理者には柔軟だと言われています。ですから、債務整理経験者でまだ年数が経っていないけれど、融資が必要になった場合には、申し込みをしてみるとよいです。

自社審査通過の条件

こうして審査は全体的には甘いですが、絶対審査落ちしてしまうケースもあります。
金融事故の一つですが、延滞です。他社借入がある場合、1社でも返済をしていない状態での申し込みは審査落ちです。ローンカードの返済ができないから融資を受けたいはNGです。これが、ある大手消費者金融の返済をしてしまったから、お金がないということでの申し込みなら、すぐに審査落ちにならないのです。

返済能力がないのも審査対象にならないです。
要するに無収入ですが、専業主婦、無職、年金生活者などは、審査要件にはないです。
配偶者貸付制度のある自社審査なら、専業主婦が安定した配偶者貸付制度の年収を総量規制範囲内とすることができます。しかし、あとの場合は、収入があり、勤務先での在籍確認が確実にできることが条件になっています。

banner0415_new

街金って審査が甘いと言うけれど

街金は、街金融とも言いますが、地域密着の貸金業者ですが、最近では、インターネットや電話の受付で全国対応の街金が増えています。そのセールスポイントは、自社審査です。

柔軟に審査ができる

自社審査の最大のメリットは、審査に対して柔軟な判断をしてくれることです。
貸金業法の法律の元、利息制限法上限20%を守りますが、総量規制範囲内と収入がある方に対しては、信用情報の金融事故者の部分で大目に見ますと言うものです。

返済額が大きくなりますが、きちんと返済ができますね、それだけの収入がありますか?という返済能力を確認した上で、大手消費者金融や銀行カードローン審査落ちの方も歓迎してくれるところは多いです。自社審査で、確かに完済ができる方限定の融資になります。

banner0415_new

大手消費者金融審査落ち後の自社審査

消費者金融などでは審査落ちの原因は公表しません。
いろいろと情報サイトがありますが、多重債務、在籍確認ができない、延滞などが主な理由ですが、大手消費者金融と銀行カードローン審査は厳しいです。

返済額が大きい、これ以上の融資は受け付けない。
総量規制範囲であっても、短期間に何度もキャッシング、ローンカードを使ったりすることでも審査落ちになります。個人信用情報機関では全て記録されていますから、ごまかしようがありません。

勤続年数で、1年は良いけれど、11ヶ月は審査落ちという事実もあります。
こうして厳しい審査ですが、自社審査に行くと、これらの条件が少しずつゆるくなっていきます。ですから、たいてい大手消費者金融での審査落ちが自社審査に走ることが多いです。

中小消費者金融と街金

これは同等と思って良いでしょう。
同じ自社審査で、多少審査の違いはあるようですが、基本的には大手消費者金融より甘く、ブラック対応の貸金業者です。今では、同じ扱いになっています。金融会社としての規模の違いを指摘する場合もありますが、肝心は審査内容だと思いますが、大差はないです。

ブラックリストであったとしても、審査対象になり、融資もできる可能性がある。
自社審査での許容範囲はそれぞれですが、総量規制範囲内は守っています。
これは法律も関係もありますが、自社経営にも関わることです。
そして、闇金ではない、審査が甘いだけですが、取立については、大手消費者金融以上に厳しいです。

ある街金の取立に遭った方は、ヤミ金以上に恐ろしさだったといいます。
債務整理経験者で、審査通過後返済が大変になって、請求の電話に出なかったところ、1日中電話がなる、家にまで押しかける、追いかけてくると言った取立に遭ったそうです。
やり過ぎは法律違反ですが、街金や自社審査の取立はとくべつ厳しいものがあるようです。

ただし、きちんと返済をしている方には天使のような存在ということです。

banner0415_new

大手消費者金融と同じ?充実するサービス

自社審査の金融会社も大手消費者金融並のサービスがあります。
今やローンカードのある中小キャッシング会社もあります。

金利が変わらない?

自社審査と言えば、審査が甘く金利が高いのが当たり前でした。
たいていのところは、20%の利息制限法の上限金利ですが、一部18%や17.9%のところもあります。大手消費者金融でも18%の金利のところはありますから、返済額が変わらないといえます。審査が甘い分、最初から自社審査でいいんじゃない?と思う方も多いでしょう。

金利が変わらなく、審査が甘いのなら、信用情報で金融事故者であったり、債務整理経験者であまり年数が経っていない方は、最初から自社審査に行くと、審査落ちをしなくても済みそうです。

banner0415_new

カードローン会社で自社審査

大手消費者金融のカードローンは当然の存在です。
自社審査、街金、中小消費者金融、中堅消費者金融では、未だにキャッシングは振込です。それも小口融資が多いです。しかし、最近では振込ではなく、ローンカードの発行で、全国対応のところがあります。無人契約機も存在していて、大手消費者金融同様利便性の高い融資が受けられます。

もちろんインターネットサイトではマイページなどからの申し込みや対応もしています。
インターネットと言えば、WEB完結申し込みができる自社審査金融業者もあります。
これは、自社審査の多くが提出しなければならない書類が存在します。

申し込み、審査通過後はその書類を郵送しなければならないのですが、そこを添付処理OKの自社審査です。大手消費者金融同様の対応で、提出書類の数も大手消費者金融と同じ身分証明書だけで良いところも出てきています。

ただし、条件も

自社審査のこうした対応は、申込者で金融事故者ではなく、ブラックだとしても、その内容があまりひどくない方です。

ブラックの内容と言えば、軽いものから重たいと判断される場合があります。それぞれの審査基準があります。提出書類もその金融事故によって違う場合もありますが、簡単に申し込める自社審査の金融会社が出てきたことは確かです。貸金業者として、大手消費者金融のような形をとってきたといえるでしょう。

審査の甘さは変わらない

こうしたサービスの中に、審査基準を下げたと言うものはありません。
貸金業法を守るのは当然ですが、甘さを緩めると言った情報はないのですが、大手消費者金融審査落ち程度の自社審査通過の可能性は大きいです。申し込みブラックはもちろんですが、任意整理返済中でもキャッシングができるなど、ブラックには優しい審査です。

最近、自社審査でまとめローンを扱うところも多いです。
多重債務解消ができ、毎月の返済額が小さくなるというものです。
自社審査ですから、審査は甘いことが多いですが、返済負担が小さくなり返済期間が長くなっていくとも総返済額が多額になることは注意して下さい。
闇金などで、こうしたまとめローンで多額の返済額で騙しの手口も横行しています。

banner0415_new