banner0415_new

街金の自社審査キャッシング

多くの金融機関は信用情報機関に加盟しています。これはどういうことかというと、銀行などが信用情報機関に加盟することで、信用情報機関が持っている個人の与信情報を照会することができるのです。カードローンなどでは融資を受けるために審査が必要となりますが、銀行や大手消費者金融会社、さらには中小の消費者金融会社は、信用情報機関に加盟しているのです。

この信用情報機関は国内では3社しかありません。金融機関も一つの信用情報機関に加盟しているのではなく複数あるいは全ての信用情報機関に加盟することも珍しくありません。特に銀行などは全ての信用情報機関に加盟していることが多く、それが審査が厳しいといった原因にもなっているのです。

それでは、反対に信用情報機関に加盟していない、金融機関というのはあるのでしょうか。実際にあります。そうなると、審査はどのようにしているのでしょうか。それも答えは明快で、信用情報機関の個人情報を照会できないのですから、自社審査ということになるのです。

自社審査を行っている金融機関のほとんどは消費者金融会社で、それも小規模な消費者金融会社となります。俗に言われる街金ですね。また、自社審査となると闇金も当然そうですから、その点は気をつけなくてはいけません。もっとも、闇金では審査もないところがほとんどでしょう。

銀行はもちろんですが、大手消費者金融会社からの借入れもできないとなると、残すは中小の消費者金融会社ということになります。しかし、中小でも信用情報機関に加盟していて、申込者の属性が極端に悪ければ融資を受けることができないでしょう。審査に甘いとされている中小業者であっても、ブラックであれば融資を受けることはできないのです。

また、それは信用情報機関に加盟していたら、ブラックという情報が加盟している全ての金融機関で共有されていますから、その信用情報機関に加盟している金融機関ではどこに融資を申し込んでも審査に通ることはありません。だからこそ、自社審査を行っている金融機関であれば、ブラックということもわかりません。申込者本人の現在の属性のみで、街金独自の審査を受けることになるのです。

独自の審査というとなにか怪しげな雰囲気も感じますが、街金でも老舗消費者金融業者も多いですから、独自のノウハウを持っているところもあります。ですから、申し込み者がしっかりとした定職に就いていて、連絡が確実に取れるといったことであれば審査に落ちることはないでしょう。個人信用情報を照会するまでもなく審査合格ということになります。

ただし、携帯電話や固定電話を持っていることが最低条件となるのは間違いないのでそのあたりは注意したほうがいいです。街金ではネットの公式サイトを持っていないようなところもあります。その点は大手とは全く違います。個人の信用だけでお金を融資してくれるのです。

また、金額についてはそれほど多くは期待できないでしょう。50万円あるいは多くても100万円の融資ができれば御の字ではないでしょうか。中には任意整理を受けた人でも借りることができたという事例もあります。金融事故を起こしていてどの金融機関も貸してくれないという人でも、街金から借りることができたという人も少なくありません。

自営業者は基本的に信用情報の属性が低いので、困ったときの街金頼みという人も多いのではないでしょうか。自己破産に追い込まれるまでの最後のあがきに街金というのは大げさですが、もう少しお金があったら、でも貸してくれるところがない、というときに自社審査のみで融資をしてくれるのはとても頼りになります。

大手消費者金融会社にないフットワークの軽さが街金にはあります。気になる金利は高めですが、そこは貸金業協会に加盟しているかどうかを事前にチェックするようにしましょう。金利が高い場合は闇金である場合があるので注意が必要です。また、限度額があり、融資金額は青天井とはいかない点も認識しておきましょう。

banner0415_new