banner0415_new

ブラックリストは難しい

J.Score(ジェイスコア)は、カードローンの中でも低金利で利用ができると評判です。
最高の金利で12%で、これは低金利銀行カードローンよりも低いです。
審査次第では、どんどん低金利にできるとされています。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは600点が必要

これは、普通のキャッシングで言う審査基準です。
その方法はAI審査では、自分の申込み情報と信用情報がすべてスコアで数値化されます。
そのAIスコア・レンディングが600点に満たない場合、J.Score(ジェイスコア)での借り入れができません。

例えば、致命的な内容として、金融事故がある、収入がない等の申込みでは600に満たないです。AIスコア・レンディングは1000点満点です。
その6割を超えることが、キャッシングの審査に到達しません。

600点いかない理由

金融事故がない、収入もある人であることを前提として、600点に行くためにできることは、全ての質問に回答することです。まずはこれをしてみましょう。

AI審査に最低限必要な質問は18です。これは一般的なキャッシングの申込み情報です。
この時点600点で、12%の金利です。普通の大手消費者金融よりずっとお得ですが、それだけではもったいない。

ただし、この時点で600点にいかない場合でも、その先の質問に回答してみましょう。
とにかく最低600点を目標にAIスコア・レンディングを上げてくいことです。

ブラックリストは600点いかない

最初の18の基本の質問では、最低でも収入がある20歳以上で必要です。
信用情報に関しては、延滞している、債務整理からそんなに経っていない、借入件数が多い多重債務等で、ブラックリストになっている方は、J.Score(ジェイスコア)のキャッシング、AIスコア・レンディングのスコアは上がらないです。

解決策としては、多重債務者は早く完済を勧める、債務整理経験者は数年経ってから申込みをしてみましょう。
遅々としてイライラしてしまう場合も、ブラックリストは時間の経過が解決としては最適です。
低金利のキャッシングができるためには、ブラックリストに関しては関係ないとされています。

600点のスコアですが、最初の段階で躓いてしまう方も少なくないですが、大手消費者金融で審査落ちだというだけでは、J.Score(ジェイスコア)の審査落ちとは限らないです。
ただ、延滞等の金融事故以外のブラックでは、まだチャンスはあります。
審査基準は大手消費者金融同様と考えて良いですが、AI審査では、意外な質問回答で借りれる人もいます。諦める前に、AI審査は行ってみてください。

J.Score(ジェイスコア)とブラックリスト

みずほ銀行とソフトバンクが、個人向け融資サービスとして、J.Score(ジェイスコア)を作ったのは2017年です。
AIスコア・レンディングによって、審査をすることで、より低金利のキャッシングができると注目されています。

申し込みは、必ずWEBからの申込みです。電話では申込みは絶対にできないです。
ですから、インターネット環境に身を挺して暮らしているほど、より審査通過が高いという点では、若い年代に人気です。
ゲーム感覚の審査といわれていますが、具体的な審査内容は、他の金融業者は変わりはないです。

600いかないと

AI審査では、AIスコア・レンディングで評価をします。
それが、600点という数字が肝心であり、この数値以上が、J.Score(ジェイスコア)でキャッシングができます。
珍しいとされるのですが、これは大手消費者金融の審査でコンピュータースコアリングシステムでも数値化はされています。
ただし、普段その数字を公表することがないのですが、消費者金融内では数値で判断していると考えられます。
J.Score(ジェイスコア)では、それを数値の公表でわかりやすいと言えます。

また、600点にいかないと借り入れができないとされることで、審査のムダも省くことができます。
賢い申込者になることでも、金融業者の審査の数値の公表は、嬉しいことであり合理的です。

申込者としては

AIスコア・レンディングで600点いかないときには、申込をしないことです。
今借りに行ってもムダな行為です。

そして、601点でも850点でもJ.Score(ジェイスコア)の審査で、審査落ちはあります。
このAIスコア・レンディングの600点と言うのは、キャッシングの審査対象の数字でしかなく、600点あれば借りられるというものではないです。
600点いかない、全ての質問に回答をしても500点台の場合は、今の状態で何かが足りないのです。

何が足りない?

多重債務者でもJ.Score(ジェイスコア)の利用者はいます。
ただし、借入件数が多い、借入金額が多い場合は審査落ちになります。

限度額は総量規制です。ここって消費者金融?
性格としては、総量規制対象内のキャッシングであり、消費者金融と同じと考えて良いです。
多重債務者で、数ヶ月返済を続けた上で、再びJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングをみてみると、600点以上いくことが多いです。
返済した分、総量規制範囲内に余裕ができたことが要因です。

ですから、質問回答の上600いかない時には、しばらくの今の状態を保ちつつ、信用情報の内容向上をすることです。
J.Score(ジェイスコア)の審査落ち=ブラックリストとは限らないですが、ブラックリストはJ.Score(ジェイスコア)の審査に通ることはないでしょう。

AIスコア・レンディングの数値が増えるのは本当?

どうしてAIスコア・レンディングの数値が変わらない?
J.Score(ジェイスコア)で低金利のキャッシングをしたい方の悩みです。
新しいキャッシングの形として、AIスコア・レンディングの数値がすごいお得な融資ができると注目されています。

AIスコア・レンディングと言っても

貸金業者に変わりはないです。
AIスコア・レンディングでは、プラスアルファの情報であり、基本になるのは申込者の返済能力と信用情報です。
大手消費者金融でも、コンピュータースコアリングシステムで審査をしています。

それより詳細に内容を確認すると言いますが、金融事故があれば借入はできないです。
根本的にブラック対応は一切していないので、大きな期待はしない方が良いです。

AIスコア・レンディング600点というと

パートやアルバイトの低収入、信用情報では金融事故ナシの状態だと言います。
AI審査は一応無関係であり、それに質問回答で、J.Score(ジェイスコア)にとって良いと判断されると600点に加算されています。
180の質問すべてに回答していくことで、より高くなります。

しかし、ここで正社員で1000万円程度の年収では、AI審査の前にすでに800点等高いスコアからのスタートです。
要するに、J.Score(ジェイスコア)の審査と言っても、他の金融業者と同様に正社員で高い収入であるほど有利です。
それに質問にバンバン回答していくと、1000点に近いAIスコア・レンディングになります。

それなら

今から正社員になって、どんどん稼いで高い収入。
待ってろよJ.Score(ジェイスコア)というのも、一つの提案です。

600点にいくのは金融事故がない時点でたいていいくと言われていますが、その先のどんどん低金利、高いスコアは実力だけでなく、高い返済能力だと言えます。バイトやパートでも借りれるけれど、という程度です。

主婦について

専業主婦は借入ができないですが、一定収入があるパート主婦は、J.Score(ジェイスコア)の審査対象です。総量規制範囲内であれば、少額でも借りれます。
ローンカードがなく、振込キャッシングになりますが、なんといっても600点のAIスコア・レンディングの時点で12%の低金利は嬉しいです。夫に内緒の秘密のキャッシングもできます。

銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンが欲しい方では、まずはJ.Score(ジェイスコア)が良いかも?
600点行けば、それだけでもOKですが、質問はすべて回答してみて。
そして、時間に余裕があるのなら、時間をおいて質問回答していくと、スコアが上がることも。
AIスコアは成長していく、前向きな生き方をしている方を応援してくれます。

600いかないのには理由がある 相手はAI、虚偽申請は絶対にNG

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで600いかない。
この時に申込みをしてしまうのではなく、しばらく時間を置きましょう。

AIスコア・レンディングだけではキャッシングではない

このスコアでは、J.Score(ジェイスコア)のキャッシングに申し込める目安の数字です。
他の消費者金融と大きく違うのが、この基準が見えるかという事です。

少なくとも600点というAIスコア・レンディングを必要しています。
その600いかない理由としては、金融事故がある場合が多いです。

または、借入が多い多重債務者などです。
その他の要因では、どんなことをしてもJ.Score(ジェイスコア)の利用対象者ではない場合が多いです。

どんな人が600以下?

金融事故以外では、収入がない、転職したての人、債務整理をして間もない。
貸金業法の中でも、審査対象にならない、返済能力があると認められない方たちです。
債務整理以外では、信用情報では金融事故はないのですが、お金を借りられる立場ではないということです。

J.Score(ジェイスコア)でも、AIスコア・レンディングではこのような立場の方は、最初からスコアが低いです。そして、借りられないとされています。

AI審査のメリット

そして、最初は600いかないとしても質問回答で600以上行けば良いのですが、模範解答として虚偽申請をしたとします。実は、これはバレてしまうことが多いです。
自分の情報は、J.Score(ジェイスコア)では全てAI審査で判断します。
それが将来性のある方のキャッシングが低金利になったり、借入金額も安定します。

しかし、それは総合的な判断で記憶されていくのですが、虚偽申請では申込みやこれから金利を下げようと改めて質問回答して時に整合性が取れなくなります。よって、AIで虚偽申請が簡単にバレるのです。仕事をしていないのに収入があると言うのは、在籍確認を行います。
ここはAIではなく担当者ですし、結果的には模範解答になるような質問ばかりではないのです。

信用情報でぐちゃぐちゃなのに、健全生活をしていたというのも怪しいものです。
性格等も質問に反映されることから、このAI審査は侮ってはならないです。
ある口コミ情報では、アリバイ会社の情報もリサーチ済みということです。

600いかない

AIスコア・レンディングで600いかない審査対象にならない方の場合は、今回は数値だけにしてください。
無理して600以上にできるものなら良いのですが、適当な質問回答は後に本当に借りたい時の邪魔なデータになります。

一度申込みをしたら、個人信用情報機関だけではなく、J.Score(ジェイスコア)のAIスコアにも記録が残ります。
「あなたはてきとうにかいとうしました。いぜんのデータとのせいごうせいがとれない」とのAI判断で、ずっとJ.Score(ジェイスコア)のキャッシングができないことになります。

AIスコア・レンディング600いかない原因は?

J.Score(ジェイスコア)では、最初から質問に回答しておくことが必要です。
登録後にいくつかの質問に答えるのですが、これはキャッシングの申込み内容とほぼ同じです。

AI審査はあまり関係ないのですが、収入ナシで金融事故があれば、AIスコア・レンディング600いかないことになります。
キャッシングとは別のことで、ここで600いかない場合には、その先にいっても無駄です。
では、行くように努力したいということ。これはできます。

金融事故の場合

多重債務は解決できるように完済をしていくだけです。
それができないのであれば、解決のしようがないです。債務整理者は、しばらく待ちましょう。
5年以上経っていれば、普通に借りれる600を取り戻すことができます。

債務整理者は、とにかく時が解決してくれることになります。
延滞はすぐに解消ですが、うっかり返済をしていなくて、J.Score(ジェイスコア)に来ると大変です。
とにかく600いかないとならないのですが、金融事故は何かが解決することで600以上の数値になることは多いです。

属性として

無収入は却下ですが、年金受給者は70歳以下なら一定収入になります。
消費者金融では年金受給者は審査対象外ですが、J.Score(ジェイスコア)はいけそうです。
専業主婦は配偶者に収入があっても、審査も受けられないです。
パートとアルバイトは良いのですが、年収が少ないと借入できる限度額も少ないです。

そして、アリバイ会社の使用はNGです。
適当にAI審査をやり過ごすことは犯罪ですが、絶対にバレます。

また、勤続年数が1年未満では難しい審査になります。
せめて1年程度ですが、これこそ信用情報が金融事故がないのなら、180にも及ぶ質問で600以上のスコアになる可能性があります。
一定収入があり、1年未満の勤続年数だけど、金融事故もない。
信用ができるとなると、スコアは600以上になることもあります。

600いかないときには

まずは原因を突き止めて、解決策を考えみましょう。
信用情報の金融事故である債務整理も年数が経てば借入ができます。
慌てて高い金利の中小消費者金融に行くのではなく、じっくりと待てば低金利キャッシングができます。

また、信用情報を少しでも上げることで、多重債務者でも借入ができたり、金利下げにも成功します。
ローンカードはなく、銀行振込キャッシングですが、契約後は1回だけ郵便物が来ます。
ただし、見た目ではキャッシングだとわからないです。

J.Score(ジェイスコア)で少しでも良い条件でのキャッシングのため。まずは600を超える努力を。そのためには、なぜにいかないかの確認をしてください。