街金ランキング


banner0415_new

街金ランキングは参考にした方が良い理由

街金とは、大手消費者金融に対する中小消費者金融のことを言います。
わかりやすく言えば、ブラックでも借りれるキャッシングとして、甘い審査が特徴です。
カードローンではなく振込キャッシングになる場合が多いですが、大手キャッシング審査と比較しても借りやすいことで有名です。

東大医学部卒MIHOのブログ

キャッシングやカードローンに関しての内容が豊富なブログです。
街金ランキングなどもある口コミ情報が満載です。
銀行カードローン審査落ちや大手消費者金融の審査に通らなかった方も多く利用しているブログです。
2017年に入ってからの街金ランキングでは、上位からフタバ、ライフティ、アロー、エニー、関東信販、フクホー、アルコシステムとなっています。
すでに街金や中小消費者金融にことを調べている方にとっては、おなじみの会社名が並んでいますが、ここで共通しているのは、すべて正規金融業者であることです。

ブログ参照の理由

あえて最初にブログを紹介したのには理由があります。
それは、街金や中小消費者金融となまっている会社の中には、闇金が混じっていることが多いのです。
街金と闇金の違いは、金融庁に届け出をしている貸金業法を守っているかどうかです。
貸金業法では、総量規制範囲内も利息制限法などのいくつかの決まりがあり、申込者にとっても貸金業者にとってもマイナス要因がないようになっています。
しかし、法律無関係の闇金は実質年率もやりたい放題、詐欺まがい行為で闇金被害が横行しています。
警察の入り込むことが困難な案件です。
大手業者審査落ちで、焦って闇金に申し込みをして後悔したという口コミもあります。
ですから、ここは大丈夫という街金口コミ情報はきちんと確認をすることです。
正規金融業者の情報満載のブログなどは数多くサイトがあります。
必ず、正規金融業者である事を確認してから申し込みをして下さい。

全国対応で来店不要街金が多い

たいていの街金では、それぞれ店舗を持っています。
営業拠点はあるものの、実際の申し込みはインターネットで対応しています。
最近の街金のような中小キャッシング業者では、全国対応で来店は不要としているところがほとんどです。
独自審査は、インターネットや電話の情報だけで個人信用情報機関での確認はできます。
原則申し込みブラックにも審査対象となることもあり、収入が確認できる在籍確認ができて、総量規制範囲内であれば、電話かメールで審査回答。
お金は振り込みの形でキャッシングが完了します。
インターネットで融資OK、その手軽さから、街金も身近な存在となりつつあるのですが、必ず街金のおすすめ業者が掲載されているサイトやブログを参考にして下さい。
また、どんな街金でも融資率100%とあれば、そこは闇金です。


banner0415_new

老舗街金の信頼 もし審査落ちはキャッシングは難しい

街金ランキングなどで、おすすめ業者と言われるところは、老舗が多いです。
それも半世紀前後営業をしているところが多く、サラ金時代からの貸金業者としての実績と信頼が買われています。
貸金業法の改正により、弱体な貸金業者は姿を消しました。
その中で力強く経営をしてきた老舗街金こそ、利用者としても安心できるのです。

フクホー、フタパに行こう

特に老舗街金としてランキングになった時に上位な名前が出るフクホーとフタパ。
現在は、インターネット申し込みができるのですが、以前は店舗での貸金だったのでしょう。
長年も大手キャッシング業者で借りれない方の審査を続けていて、地域の金貸し屋として営業をしてきたようです。
現在は、簡単に借りれるとの口コミ情報もありますが、昔ながらのノウハウで返済能力がないと絶対に借り入れはできません。
金融業者としての勘みたいなものがあり、よくよく話しを聞いて暮れて、借金解決策なども相談に乗ってくれますが、ブラック金融のプロとしての凄みは存在しています。
銀行カードローン審査や大手消費者金融審査落ちでもご相談下さいとのことですが、あくまでも返済ができる方が対象になりますので、そうではない方はなんとかなるとは思わないことです。

実はセントラルも老舗

セントラルと言えば、街金なのにカードローンが存在しているという金融業者として、最近人気です。
松山に店舗がありますが、最近首都圏を中心に無人契約機が続々進出しています。
カードローンができる、限度額範囲内ならATMで返済の借り入れができるとして、どうせ街金のキャッシングなら手軽なカードが良いと注目を浴びています。
スタッフ対応もよく、最近の街金のようですが、実はここも老舗です。
審査基準の甘い貸金業者として、中国地方での営業をしていました。
リニューアルして、カードローンという先進的な動きになったのですが、独自審査を長年続けてきた全国対応の街金になっています。

大手消費者金融のすべて老舗

新しく貸金業者になるのは何かと大変です。
現在大手消費者金融はすべて銀行傘下として営業をしていますが、街金にしても大手キャッシング業者と同じ土俵では相手にならないことはわかっています。
ブラック対応にすること、実質年率を利息制限法最大限の範囲にすることで、経営が成り立っています。
申込者にしてみればその存在がありがたいのですが、中小キャッシング業者も実は老舗が多く、ブラック利用者を支えてきているのです。
大手と街金の共存がうまく行っていることは、それぞれが長い歴史を辿ってきていることでも納得でしょう。
銀行カードローンは後発であり、大手消費者金融と街金とは別の内容のキャッシングになっています。
それは、審査基準が甘いのではなくきついことで、消費者金融とは一線を画していることになっています。
街金ランキングでは老舗が並びます。
それだけ信頼が厚い会社が多いということですが、審査内容に関しても大差はないでしょう。
ですから、ブラック融資OKでの独自審査に落ちたのなら、他の街金でも審査通過は難しいでしょう。


banner0415_new

誰でも借りられる保証はないけれど

街金は中小消費者金融のことを言いますが、審査基準が甘く、ブラック金融ができます。
多重債務者や債務整理者でも返済能力があれば、審査をしてもらえます。
個人信用情報機関でブラックだからと諦めることはないのですが、100%の融資率の保証はありません。

優良中小キャッシング業者とは?

街金ランキングなどでは、たいてい同じような会社名が並びます。
全国対応で来店不要の街金がほとんどですが、ランキングで入るということは利用者が多く、口コミ情報も多数あることを意味します。
要するに、たくさんの方が審査通過や審査落ちをして、その対応が良いところということです。
人によっては、ランキング1位になるのは極甘審査で、かなりのブラックでも借りれるところと言いますが、たいていは、スタッフ対応が良く、話しを聞いてくれるところが多いです。
ランキング上位のところでも、審査落ちをする方も少なくないです。
これはそれだけ多くの方が申込をしている安全な業者である証拠です。
もちろん営業期間が長いことも裏付けとしてあります。
優良街金とは、正しい独自審査と多くの方が納得しているところといえます。

闇金は闇金との情報が存在している

全国対応で来店不要というと、インターネットでの申し込みが主流です。
大手消費者金融とほぼ同じ方法で申込ができますが、闇金の場合個人情報の流出や法外な利息、やりたい放題の無謀な対応などがあります。
貸付利率は1000%になる場合もありますが、闇金情報もあります。
街金ランキングのあるサイト、街金一覧などでは、同じ会社名が多いと言いましたが、これがポイントです。
ポッと出の新しい街金などは、ランキング上位に行くことはなく、たいてい長い間貸金をしてきたところです。
そして、ここは危ないという情報も必ず書いてあります。

何でも融資OKではない

街金情報サイトの運営責任者もブラックOKとかブラックでも借りられるという言葉はありますが、必ず絶対に借りられるということは書いていないはずです。
街金の融資率100%はない話しであり、ブラック情報でもフリーローンのサービス内容や多重債務者も4社程度なら良いかも?無職はNGなどの情報が書いてあります。
専業主婦も無職も試しに申し込んでみたら?なんていう情報サイトは正確ではないといえます。
街金の公式サイトでもブラックでも借りられるということはないのですが、一応大手消費者金融など借りられない方も審査ができますという内容はあります。


banner0415_new

街金のおすすめ業者とはどんな会社

街金利用者が増加していると言われています。
以前は地域密着の金貸し屋として営業していましたが、全国対応で来店不要にすることで、インターネットで簡単に申し込みができるようになりました。
個人信用情報機関にブラック情報がある方でも街金でのキャッシングができます。

おすすめ業者は全国にある

なんとなく東京に街金は多い感じがする方が多いでしょう。
確かに、東京には数は多いです。
しかし、街金ランキングサイトでは、関東から関西にかけての金融業者が並びます。
少し飛んで北海道にもなかなか借りやすい街金があったりと、ほぼ全国に点在しています。
街金の多くは、店舗は1店のみ。
ただ地方で手広く行っているところでは同じ県内などに支店があるところも。
ただ、このようなところでは地域限定のキャッシングが主だったりします。
全国対応のところでは、電話とインターネット、郵送での対応で振り込みでのキャッシングになるところがほとんどです。
地域は無関係であり、返済方法も振り込みです。

評判の街金

ランキングなどで紹介されるところはたいてい街金や中小消費者金融のことを調べたらすぐに検索されるところです。
債務整理者などは、1年程度で借りられるところが多いですし、多重債務者も街金のへ最近4件程度です。
大手消費者金融の2~3件よりも借りられる枠が広がります。
街金の平均的な審査はこのようになっています。
ただし、借りられる条件として、必ず収入があること。
それも収入証明書の提出をしなくてはならないところがほとんどです。
50万円以下なら不要のところもあります。
在籍確認もありますし、とにかく収入がこれだけあって仕事をしていることが条件としては大きいです。
また、年収3分の一以上の借り入れができません。
これは大手消費者金融と同じ範囲であり、多重債務の申し込みの場合は、この総量規制は絶対的な範囲になります。
そして、金利が高いです。
利息制限法最高の20%のところが多いため、金利負担、返済が大変になります。
それで、しっかりとした返済能力がないと審査落ちになります。
ブラックOKとは審査ができることで、ブラックが絶対に借りることができるのではないので、甘くこない方が良いです。
独自審査は、大手消費者金融とは違うものですが、きちんとした内容になっています。
優良、評判の街金では、これらの条件のハードルが極端に低いのではなく、返って、きちんと白黒つけてくれるところが注目されています。

街金審査落ちもある

限度額が総量規制範囲内である。
無収入である、返済ができない状態での独自審査では審査落ちです。
街金審査も落とすことは多いです。
そして、街金では、最初のキャッシングは小口融資しか対応していないのですが、これは完済ができるかどうかの確認です。
収入証明書はあるけれど、多重債務者などでは返済ができない危険性もあり、信頼が伴うまでは、街金としても慎重に対応します。
こうした対応をするところこそ、優良街金として評判になっています。


banner0415_new

街金利用に際して

日本全国に街金と呼ばれる金融業者がいます。
インターネット内のサイトにあるのはほんの一部であり、まだ名前も知られていない金貸し屋は存在しています。
口コミ情報があれば、そこがどんな貸し方をするか、金利は?対応は?とわかります。
それもインターネットでの情報公開をしていなければわからないことです。

街金ランキングに出てくる会社

ブラックOK、多重債務者も債務整理者借りれる街金。
そうしたことが言われていますが、ランキングに出て来る会社のほとんどが、同じようなサイトの常連です。
ブラック情報があっても、返済能力があれば借りられるのが共通している条件です。
カードローンができる街金、返済方法で引き落としに対応しているなど、以前とは違う流れもありますが、原則インターネットで申し込み、電話で審査、在籍確認を経て、キャッシングは振り込みの形です。
地域は無関係で、全国対応でインターネットで24時間受け付けはできます。
最近では、街金の即日融資対応もありますが、これはあくまでも最短であり、すべての方がそうなるとは限らないようです。
借り入れ条件としても審査内容によっても変わりますが、個人信用情報機関に異動情報があったとしても審査対象になるのが街金の基本です。

知らない会社名は要注意

審査の甘い街金とか、中小消費者金融の検索で街金は探すことができます。
会社名が出てきたときには、口コミ情報も必ずチェック。
その時に更新日を確認して下さい。
会社名がコロコロと変わることが多い街金では、以前の情報がそのまま残っていることがあります。
ですから、ある街金の名前を見つけて、その情報を探したとしてもなかなか出てこないことがあります。
実は会社が倒産していた、会社名が変わっていたと言うことがあります。
そして、街金を名乗る闇金です。
人気や評判の街金は、たくさんの口コミ情報が存在しています。
街金ランキングなどでは、正規金融業者が並んでいることから、安全性の高い街金選びをするようにして下さい。
ポイントは口コミ情報が多いこと、利用者が多いことです。

大手キャッシング業者の審査に落ちたら

そこで街金に行くかは自由です。
無理して借りなければならないことなく、債務整理も一つの方法です。
大手業者の審査と街金の独自審査は違いますから、借りれる可能性は大きいですが、貸付利率は高く、負担が大きくなることは覚悟して下さい。
申し込みは簡単で、総量規制範囲内であれば、小口融資をしてくれるでしょう。
返済方法は振込が多く、手数料は債務者が負担。
そんな小さな負担、と言いたいところですが、回数が多いとなかなか馬鹿にできないようです。
街金ランキングに行くときには、慎重な選択が必要です。
思い切った債務整理をして、その後の街金利用というのも一つの方法です。

banner0415_new

ページの先頭へ