banner0415_new

中小消費者金融アローとブラックキャッシング

アローは中小消費者金融と呼ばれる金融業者です。

中小消費者金融とは?

もともと消費者金融は、サラリーマン金融、サラ金として存在していた時代がありました。
もっと言えば、昔から金貸し屋は存在していて、法整備がされていない時代は、グレイゾーンがあり、サラ金イメージそのものも良くなかったです。

お金を借りる=高い金利です。
たしかに現在でもキャッシングは、クレジットカードのショッピング枠よりは高いです。
しかし、貸金業法が改正され、高くても20%の利息制限法範囲内で借りれます。
1万円で2,000円利息です。

貸金業法は消費者金融の法律であり、中小消費者金融は高くてもこの20%の金利での営業をしています。
あまり知られていないのはCMなどをしていないだけで、サラ金時代から営業しているところ、ここ数十年で始めたところなどが多いです。

あいうえお順に行くと

中小消費者金融で、あいうえお順に羅列をすると、アローが最初をにくることが多いです。
平成12年に始まった中小消費者金融ですが、人気が高く、正規金融業者としての評判も高いです。

正規金融業者とは、金融庁に登録されていて、登録番号も持ち消費者金融です。
中小消費者金融では、ネームバリューがないため、正規金融業者と違法業者の区別がつかない場合が多いです。
アローは、正規金融業者として営業しています。

banner0415_new

アローのキャッシング

アローに行く方は、ブラックリストとされる方が多いです。
大手消費者金融よりとても金利が高いので、キャッシングビギナーがわざわざ申し込みに行くところではないです。
大手消費者金融や銀行カードローンで審査落ちして、またお金を借りたい方が、中小消費者金融の情報サイトで、最初の見つけるのがアローです。

審査がうまく行けば、即日審査と即日融資が受けられるなどの口コミで、多くの申込者と利用者が存在しています。
それは、情報サイトと口コミ数が物語っています。
ですから、ブラックリストで即日借りたい、今日借りたい方におすすめの中小消費者金融です。

インターネットで申し込み

名古屋にしかないアローですが、全国から申し込みができます。
インターネットの申し込みが早いですし、電話申し込みができないです。
提出書類も添付書類としてできますから、審査も迅速です。
とにかくブラック対応で申し込みをしてみることです。

限度額は総量規制範囲内であり、収入があるのなら、借りれる可能性はあります。
ざっくりとした言い方ですが、この2つでOKなら、信用情報では電話での審査と在籍確認ができれば借りれている方は多いです。
だから人気が高いというのもありですが、中小消費者金融にしては審査結果が早いとの評判です。

banner0415_new

アローの接客サービスは良いというのは本当

中小消費者金融と聞くと、担当者がブラックについてしつこく聞いてきたり、接客サービスがあまり良くないと思っている方も多いです。
確かに、年配の女性が面倒に電話応対のところもありますが、大方の中小消費者金融の接客サービスは良好です。

アローの対応

融資の対象が金融事故者でも借入ができるとの口コミで人気があります。
接客サービスに点については、事務的ですが、とても良いと言います。
アローでは、電話での申込ができないです。

また、来店の受け入れもしていません。
インターネットでだけしか申し込みができないので、担当者との会話は申込後電話審査になります。
このときに必ず担当者と会話をすることになります。
それまでは、接客サービス内容の確認ができません。

banner0415_new

何を聞かれる?電話審査

ブラックリストなのに借りようというのはどういうつもり?なんていう会話はないです。
申込情報と信用情報を確認したあとに、アローから確認の電話がくることがあります。
それは、申込内容の確認ですが、審査落ちにならないような返済計画や過去の債務整理などの問合せです。
この返事の内容でと言うよりはきちんと対応ができる人間なのか、電話番号かあっているかの確認といわれています。

ここでかかってきた電話にでなければ、診察通過ができないこともありえます。
担当者が脅しで話しかけてくるわけでもないので、聞かれたことには正確に話しをすることです。

ただし、延滞には厳しい

接客サービスで、電話がかかってくると言えば、延滞をしたときでしょう。
返済日に何の連絡もなしに、返済をしないことは、アローからの電話が必ずかかってきます。
そのときには接客サービスは何もないです。一方的に厳しい言葉があるのは当然です。

延滞は、中小消費者金融では考えられないほどきついとのこと。
返済ができそうもないときには、返済前に事情を話すことが必要です。
延滞に対しては、アローも中小消費者金融も接客サービスはゼロではなく、マイナスになるは当然です。

アローに行くときには

必ず完済ができる金額を。
返済ができないことは、中小消費者金融では絶対に起こしたくない事実です。
取立の電話などがとてもしつこいのですが、これは完全返さない方が悪いのです。

アローの最低返済額は10万円までで4000円です。
これができないというのなら、最初から申込はしない方が良いでしょう。
ブラック対応ですが、延滞には厳しいのがアローを含む中小消費者金融共通の審査です。

banner0415_new

アローの即日融資は本当なのか?

アローの情報サイトの投稿者は、ブラックリストが多いです。
即日融資ができる評判で、申し込みしてみた方もいます。

即日融資ではなかった

アローの即日融資のサービスは、平成26年1月からです。
それまでは、即日融資ではなかったのですが、“最短即日”が始まったのはこのときからです。

それまでのアローの契約は、書類を郵便でとりかわすことが必要で、最低1週間程度はかかっていました。
今でもこうした形の中小消費者金融は存在していますが、アローは違います。
ところが、最短ということで、必ず即日融資ではないことがありますが、他の中小消費者金融と比較してもキャッシングは早い方です。

banner0415_new

書類の取り交わしの必要なし

身分証明書や収入証明書をアップロードができるシステムになっています。
これは大手消費者金融と同様であり、スマホやパソコンで簡単にできます。
貸金業法改正前後にできたアローのキャッシングは、インターネットキャッシングに特化したシステムを導入しています。
貸金業法となった時点から、新しいシステムの取り入れで、利便性を重視しています。

その一つが即日審査、即日融資です。
ただ、絶対的に確証はなく、わざわざ最短ということです。
これはタイミングが合えばということです。
他の中小消費者金融では、即日審査をしていないところが多いです。
そこに比較をしたら、アローの即日融資の可能性があるだけでも嬉しいことでしょう。

なぜ即日融資ができない

アローの審査で時間をかけるのが、申込み後の電話です。
電話は、申し込み情報の確認ということでかかってきます。
このときにお仕事などで電話ができないと、完全に後回しになります。

このときに、ブラックリストであれば、その内容と返済計画について納得の行く回答が求められます。
収入から、返済額をどうやった算出できる?今の生活はどんな感じなの?という質問などもあります。
人となりお金の返し方で、アローが納得行く内容でなければ、お金は借りられません。
ここで時間がかかる方も少なくないです。

1人に長時間の審査がかかっていれば、当然あとづまりということで、即日審査も即日融資もできないということに。
振込融資しかしていないアローでは、午後2時までの振込完了しなければ、即日融資にならないです。

審査に時間がかかるのね

そう思って頂いて良いでしょう。
中小消費者金融の利用者の多くは、電話の審査でいろいろなことを聞かれたことでしょう。
どうしてそんなことを聞くの?とプライベートな内容もあります。

ただ、この情報だけではなく、会話そのものも審査のひとつであり、アローでのキャッシングのためには必要な内容です。
そこに力を入れる審査だからこそ、即日融資ができないのです。
ただし、他の中小消費者金融と比較をしたらキャッシングができるのなら、融資は早い方です。

banner0415_new

アローの審査内容が一部変わりました

アローに行く前に大手消費者金融や銀行カードローンで、借りられない経験をしている方は多いです。
インターネットで簡単に申し込みができるカードローンやキャッシングでは、審査基準が違う金融業者が乱立しています。
ネームバリューのある大手消費者金融がNGなら、中小消費者金融や街金です。
アローでは、その中小消費者金融でもネームバリューがある方です。

中小消費者金融のネームバリュー?

一般には知られていない中小消費者金融ですが、情報サイトで名前が良く挙がる金融業者では、ネームバリューも出てきます。
アローは後発の中小消費者金融ですが、優良ブラック金融としての評判は高いです。
何がベストなのか?というと、審査スピードと即日融資の可能性が口コミで言われていることです。

現在インターネットだけの受け付けですが、提出書類はアップロードで対応というのも嬉しいです。
未だに郵送だったり、FAX送信対応の金融業者がほとんどです。
このアップロードなら、自宅ですべて完了してしまう。
中小消費者金融でこれができるのは評価が高いのも当然です。

banner0415_new

2018年から一部が厳しくなった

アローでは、以前ブラック金融として、金融事故者の申し込みには対応しています。
最低の審査基準は、収入がある方、20歳以上でした。

ところが、現在25歳以上で収入はある方に改正されました。
そして、勤続年数1年以上が必須になりました。
この基準だけを見ると、大手消費者金融以上の厳しさです。

最低でも勤続年数1年というのも、今までは半年程度でも借入ができたので、誰でも借りれることができなくなったのは残念です。
返済リスクが高い方の回避ですが、サービスではインターネット、リボ払い、即日融資といろいろ新しいですが、完済できない方はアローで借りられないということです。

それでも人気のアロー

アローの申し込みのしやすさで言うと、総量規制範囲内の限度額での数万円単位のキャッシングができます。
アローでは、小口の融資が対象ですが、ブラックの中でも総量規制の範囲が多い、金融事故の内容がそれほど悪くない、返済能力が高いと判断されると、借入額は大きくなります。

なんと行っても、アローの限度額は200万円です。
小口というのは、利用者のデータですが、アローの審査でうまく行けば、借入額は当然増えることになります。
ブラックリストではない方の借入も歓迎ですが、普通は高い金利で借りにはこないでしょう。
あまり金融事故が少ない、審査が早い方は、今日借りたいの即日融資もできます。
振込融資ですから、14時までの在籍確認までの審査が必要です。

banner0415_new

債務整理者も借りれるブラック金融のアロー

中小消費者金融アローの審査基準の中で、債務整理後のキャッシングに積極的だと評価が高いです。
任意整理や自己破産した方が、数年でキャッシングしたい。
そんな方に門を広く開けています。

債務整理した方もキャッシングしています

アローでは堂々と、債務整理者のキャッシングも公認しています。
ブラック対応の消費者金融では、このことは承知ですが、公認は珍しいです。
ですから、ブラックリストになって、アロー申し込みがしやすいのは当然。む審査基準でも期待が大きくなります。

しかし、実際には、利用者の口コミで、ブラックリストOKと言うのは嘘?という内容も多いです。
ブラックリストにも限度があり、借りれるかどうかの審査をします。
審査次第で借入ができます。それが、アローのスタンスです。

banner0415_new

独自審査は期待ができる

ブラックでも借入ができる消費者金融の特徴は、もし過去に金融事故があっても、返済ができるとの言葉を信じてもらえることです。
ただし、多重債務の状態での申し込みでは、審査の段階で内容確認が長いです。
そのときに、返済をこうしてできると納得行く説明が必要になります。
適当ではなく、アローで借りたとしてもこうして返すということです。

4,000円が最低返済額ですが、完済ができる金額のキャッシングがおすすめです。
総量規制範囲内であり、借りれる限度額は少ないですが、一応アローの限度額は200万円になっています。
返済能力があるブラックリストにはアローのキャッシングができるということです。
もし、大手消費者金融や銀行カードローンでも借りれないとしても、総量規制範囲内ならアローでのキャッシングができます。

希望を言うのなら

延滞をしていない、総量規制以内の融資。アローの最低の条件はこれです。
25歳からのキャッシングで、勤続年数が1年以上。これは2018年からの新しい審査条件になっています。
勤務体系は問わないです。アルバイトやパートでも良いですから、1年以上というのも一定収入とこの先にも継続的な収入の確保があることが必要です。

審査に通らない

すべての条件なのに、審査落ちになってしまう場合もあります。
信用情報の内容、電話での審査で決まります。
債務整理後では、最低でも1年以上のブランクは必要ですが、収入と信用情報のバランスなどでも、審査に通ることがないことも。

必ずの保証がないだけになんとも言えないです。
ただし、アローの審査基準では、金融会社として借りれる評価は大きいです。

banner0415_new