banner0415_new

お金がすぐに必要なときはどうしたらいい?

お金がすぐに必要なときは、借金したらいいと短絡的に考えてしまいがちですが、その前に自分でお金を作る方法を模索したほうがいいでしょう。

そういったときは、家庭の中で不要になったものを買取ってもらうのが手っ取り早い方法です。町に出ればリサイクルショップは至るところにあるので、不要なものを持ち込んで買取ってもらってもいいですし、かさばるようなら買取り依頼をして、自宅に来てもらうのもいいでしょう。しかし、不要なものを買取ってもらうのですから、多くの人にも不要な場合が多いです。さらに、それほど大きな金額での買取りは期待できないでしょう。数万円もしたものが数千円や数百円の買取りになることも多いですし、お金ができて後で新しく購入しようとしたら、同じように数万円の出費が必要になることが多いですから、買取りしてもらうというのはそれほどお得になるものではないのです。

それでも少しでもお金が必要というときには、有効な方法であるのは間違いありません。しかし、数千円程度のお金にしかならない場合でしたら、数万円程度必要なときには、これでは到底足りません。町の買取り業者に買取ってもらうよりも、ネットオークションに出品したほうが高値で落札される場合もあるので、お金が必要でも期間に余裕があるときはネットオークションを利用するのもいいでしょう。しかし、これも数万円必要なときに数千円にしかならないケースがほとんどです。

数万円程度必要なときに、手っ取り早くお金を貸してくれるのはやはり友人知人でしょう。数万円でも程度によって1万円程度でしたら、借りやすいですし、友人もすぐに貸してくれるでしょう。しかしこれが2万円あるいは3万円、さらにはそれ以上のお金が必要ということになったら、お金を借りるのにも躊躇するのではないでしょうか。それくらいのお金になると友人知人よりも、身内に頼ったほうがいいかもしれません。

ただし、友人知人あるいは身内にお金を借りる場合のメリットは、利息を支払わなくてもいい点です。返済するのには変わらないのですし、身内の場合はどうしても甘えが出てくるので、ここはしっかりと銀行や消費者金融会社などのローンを利用して、お金を借りたほうが自分を律する意味でもいいかもしれません。お金が必要なときは、敢えて友人知人に頼ることはせずに、銀行や消費者金融会社で借りたほうが、お金を借りているという意識が強いですから、返済に対するモチベーションも上がっていくのです。

銀行や消費者金融会社でお金を借りるにしても、信用が大切になります。いわゆる返済能力であったり信用度ということになるのですが、これを属性という言葉で置き換えることが多くなっています。

一般的にも属性という言葉がよく使われています。この属性ですが、正規雇用されている人でしたら、属性も高くなっているのですが、反対にパートアルバイトの人でしたら、属性は低く見られがちです。これはひとえにお金を貸し出すときの条件が、銀行などの金融機関も消費者金融会社である貸金業者も「安定した収入のある人」を融資条件にしているからです。銀行でしたら、これが厳しくて融資条件に合致する人が、正規雇用されている人ということになるのです。

一方で消費者金融会社の場合は、パートアルバイトでもOKというところが多いです。返済能力を考えてみると、正規雇用されている人のほうが単純に年収が多くなっているので、属性が高くなるのは当然といえますし、その部分を捉えるとパートアルバイトの人は、属性が低いということになってしまうのです。

正規雇用している人は、お金を借りやすくなっているので、借りすぎになる傾向があります。複数の他社借入れがあると途端に銀行のほうでも融資をしてくれなくなるのです。そうすると消費者金融会社からもお金を借りるようになって、すぐに多重債務者となってしまうでしょう。お金を借りるにも返済のことをしっかりと考えないと、途端に返済に窮してしまうことになります。パートアルバイトの人でしたら、お金を借りるにも限度があるので、借りすぎになることは少ないと言えます。

また、消費者金融会社の場合は総量規制という問題があるのです。この総量規制というのは年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。銀行カードローンなどは規制の対象外となっているので、関係ないのですが、昨今では銀行のほうが融資をしすぎということで、金融庁からの通達もあって、自主的に総量規制をしている金融機関が多くなっているということです。

いずれにしても借りすぎは、銀行も消費者金融会社も嫌がるところであり、審査基準の高い低い関係なく、新たに融資を受けることは難しくなるでしょう。他社借入れが複数になる時点で、できるだけ早く対策をとったほうがいいです。おまとめローンなどを借りて、債務を一本化するのが最良の策と言えるでしょう。

banner0415_new

消費者金融会社のフクホー

フクホーは大阪にある消費者金融会社です。大手消費者金融会社ではありませんが、街金のような規模の小さいところでもありません。ですので、業容的には中小消費者金融会社のなっている貸金業者です。1967年創業ということですから、2018年現在で51ということですから、消費者金融会社の中でも老舗と呼んでもいいでしょう。フクホーはネットでも消費者金融系の検索ワードでは、ちょくちょく上位にあがってきます。消費者金融会社でお金を借りたいという人の間でも、知名度は人知れず高いものがあるのです。

フクホーではカードローンは取り扱っていません。中小消費者金融会社では、準大手と呼ばれるくらい業容の大きい消費者金融会社でないと、カードローンを取り扱うことは難しいでしょう。もっとカードローンを利用して入出金を繰り返していると、なかなか全債務の返済はできません。借入れをしてそれに対して返済し続けることでいつかは、債務の返済ができるのでカードローンよりも、通常のローンのほうが返済はしやすいでしょう。

一般的に金融事故を起こしている人の債務状況を見ると、カードローンで債務整理に陥っている人が圧倒的に多いのです。もっとも、カードローンの返済をするために、中小消費者金融会社に融資のお願いをして借入れするといった構図が一般的です。中小消費者金融会社では、そういったお金に逼迫している人向けに、相談者窓口を設けているところが多く、フクホーもそういった相談者窓口を設けています。こういったきめ細かなサービスは、銀行などの金融機関よりも上といってもいいかもしれません。もっとも中小消費者金融会社ですから、大手消費者金融会社のカードローンの金利よりも、扱っている金融商品の金利は高くなっているので注意が必要です。

これは、お金を借りたいと思っていてもいきなり中小消費者金融会社であるフクホーからお金を借りようと思うのではなく、まずは銀行に融資のお願いをして、そこで審査に落ちたら次は大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをし、それでもダメならフクホーのような中小消費者金融会社のローンに、融資の申し込みをするという順番になるからです。

実際にそういった人が多いでしょう。そのため、フクホーは属性の低い人でも融資をしてくれるという評判が高いのです。

banner0415_new

フクホーで借りる

フクホーで取り扱っているローンは、フリーキャッシングと借換えローンです。

フリーキャッシングでは、最高で200万円までの借入が可能となっています。最少の融資額は5万円からで、金利は7.30%から20%です。20%は利息制限法で指定されている上限金利ですから、少額の融資額については上限金利の20%が適用されると考えていいでしょう。金利が高い印象が強いのですが、少額の融資にのみ適用されるので、びっくりするほど高金利というわけではありません。

それよりも中小消費者金融会社であるフクホーの場合は、借りやすさにそのメリットを感じたほうがいいでしょう。審査状況は公開されていませんが、独自審査の場合でしたら、電話での在籍確認さえ取れれば審査に通るといったケースもあるようです。そのため、金融事故を起こしたブラックの人でもお金を借りることができたという評判も立つほどです。

実際に口コミサイトなどでは、ブラックでもフクホーからお金を借りることができたという人の投稿は多く、ネットの検索ワードでも「債務整理 フクホー」といった検索ワードも上位にあがっているほどです。実際のブラックの人が、融資の申し込みをしているのは間違いないでしょう。口コミサイトの投稿者の評判も高く、フクホーの貸出後のサービスの良さも絶賛されています。

もう一つのフクホーの金融商品である借換えローンですが、これはおまとめローンのことです。複数の債務の一本化であり、これもフリーキャッシングと同様で200万円までの借入れが可能となっています。金利も変わりありません。返済期間は長く設定されていて、最長で10年ということですから、フリーキャッシングの返済期間よりも4年長くなっています。

banner0415_new

フクホーの借り換えローンを利用する

気になるフクホーの口コミですが、審査基準が相対的に甘くなっていることで融資の申し込みをしても審査に通りやすいことから、評判は概ね良好と考えていいでしょう。というよりも悪い評判はありませんから、中小消費者金融会社の中でも、その人気は特筆すべきところであるようです。

特に中小消費者金融会社でありながら、借り換えローンを取り扱っている点が評価できます。消費者金融会社では総量規制がネックとなるケースが多いのですが、借り換えローンは総量規制の対象外ですから、複数の他社借入れをしている人にとっては、まさに救世主的存在と言えるでしょう。200万円で他社債務を完済できるのでしたら、借入限度額としても不足はありませんから、ぜひとも利用するべきでしょう。

借入用途は他社借入れに限定されますが、このあたりの中小消費者金融会社からお金を借りる場合の目的の多くは債務の返済ですから、問題はないと言えます。

banner0415_new

フクホー口コミは良好

審査基準が甘く借入れしやすいこともあって、フクホー口コミは良好です。実際にお金に困っている人の、駆け込み寺のような消費者金融会社になっているのは間違いないでしょう。

独自審査をしていることもあって、現在の属性のみを重視して審査をすることで、ブラックの人も審査に通りやすくなっているのは間違いないでしょう。もっとも、ブラックでも確実に借りることができるというわけではないのでその点に注意が必要です。

法律で決まっているわけではありませんが、金融事故を起こしたブラック状態にある人は基本的にお金を借りることはできないからです。それでも、属性が低くなっている人にとって、フクホーはお金の借りやすい消費者金融会社であることは間違いないでしょう。

banner0415_new