banner0415_new

お金を借りようと思ったらどうしたらいい?


お金を借りるには銀行か消費者金融会社に頼るしかありません。銀行カードローンの場合は審査が厳しいので借りにくいと思いますが、金利が低く返済利息が少なくて済むので、できたら銀行カードローンに融資の申し込みをしたほうがいいでしょう。

ここで問題となるのが属性です。ひとりひとりには、信用度や返済能力といったものを量る指標として属性が定められているのです。個人情報のかたまりのようなものですから、ひとりひとりそのポイントは違ってきます。それでもお金の借りやすさを考えてみると、属性が高いとお金が借りやすいですし、属性が低いとお金が借りにくくなるのです。

属性の気になる仕組みですが、属性をもっとも大きく左右するのは、自分自身の雇用形態です。雇用形態が、正規雇用でしたら、属性が高いです。これは、少しくらい休んでも月給制ですから、給料が減ってしまうことはありません。しかし、非正規雇用となると、時給ですから、休んでしまっては給料が出ないのです。この差は大きく給料に反映されるでしょう。

必然的に正規雇用の人は給料も多いですし、非正規雇用の人は給料が少なめです。属性が高いと信用度も返済能力も高いということですから、銀行カードローンの審査にも悠々と通ることでしょう。一方の非正規雇用の人は、給料も時給ですし、休むとその分の給料は目減りしてしまいます。ですから、正規雇用の人と比較しても、給料は少なく、金額自体も安定していないのです。

銀行カードローンの融資条件は、年齢が20歳以上と、安定した収入のある人、ということです。年齢はいいのですが、収入は安定していることが求められているのです。これにはいろいろな解釈の仕方がありますが、銀行は厳しく解釈しているのは間違いありません。ですから、銀行カードローンの審査は厳しくなっているということですね。さらに、銀行は口座開設者がお金を預ける預金を銀行カードローンの原資にしています。ですから、大切な預かり金ですから、それを貸し倒れに遭うわけにはいかないという理由もあるのです。

また、正規雇用されている人は、雇用が保証されています。無闇にクビを切られることはありません。いっぽうの非正規雇用の人は契約社員あるいはアルバイトですから、契約期間が決まっていて都度更新となっています。それが過ぎると新たな契約を結ばなければいけないのですが、会社の都合でいつでも更新をせずに会社を辞めてもらうことができるのです。それが信用度にも大きな違いをもたらせているというわけですね。

銀行でお金を借りることができなければ、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。しかし、正社員といえども、お金を借りすぎると銀行カードローンの審査に通ることはできません。複数の債務も借金の返済のための借金と思われるからです。いずれにしても、銀行カードローンの審査に通らなければ消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。消費者金融会社のカードローンでしたら、審査基準が銀行よりもかなり低くなりますから、パートアルバイトといった非正規雇用の人でも審査に通ることはできるでしょう。

それでも、消費者金融会社のカードローンの場合は総量規制といった、借りすぎ防止のための規制があります。これは年収の3分の1までしか融資を受けることができないという法律なのです。法律ですから、それ以上の融資をしたら消費者金融会社のほうが罰せられますからそこは厳密に審査が行われます。

例えば年収100万円のパートの人でしたら、33万円を借りることができます。ここで、33万円を借りたら、他の消費者金融会社から新たな借入はできません。すでに年収の3分の1までお金を借りているからです。銀行の場合は総量規制がありませんから、銀行でいくらお金を借りていても、その債務は消費者金融会社で借りる場合は不問とされるのです。それでも借金の額が多くなると属性自体が低くなってしまうので、その方面で審査に通りにくくなるでしょう。

いずれにしても、消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンに比べてかなり借りやすいです。消費者金融会社のカードローンのほうが使い勝手もいいですし、返済方法も充実しています。金利の高さがネックですが、できるだけ早く編成することで、金利の高さをカバーするようにしましょう。

また、消費者金融会社のカードローンといっても、大手消費者金融会社しか扱っていません。アコムやプロミス、アイフルにレイクにモビットなどがそうなのですが、10社にも満たないのです。消費者金融会社の多くは中小消費者金融会社さらにはもっと規模の小さな街金で占められているのです。消費者金融会社でお金を借りようと思ったら、まずは大手消費者金融会社のカードローンから借りるのがいいでしょう。消費者金融会社のローンのなかでも大手消費者金融会社のカードローンの金利がもっとも低くなっているからです。

banner0415_new

横浜でお金借りる


横浜でお金を借りるには、銀行や消費者金融会社などさまざまな金融機関や貸金業者を選択することができます。金融機関には、横浜銀行のバンクカード、神奈川銀行カードローンなどの銀行カードローンの他に、信用金庫カードローンや川崎信用金庫カードローンなどの、信用金庫カードローンといったカードローン商品があります。

また、それに劣らないようにアコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローンもあります。横浜の場合は地場の銀行もありますし、当然メガバンクの営業所もあります。他にも信用金庫などさまざまな金融機関があるので、そういったところからカードローンの申し込みをしたらいいでしょう。しかし、銀行などの金融機関のカードローンの審査は厳しいです。信用金庫などは審査が緩めともされていますが、それでも金融機関ですから、しっかりとした属性を持っていないと審査に通ることはできないでしょう。

借り入れをしたら返済しなくてはいけません。すでにカードローンの利用をしていたら、新規で銀行カードローンに融資の申し込みをしても審査に通らない可能性があります。住宅ローンを借りていたら、審査に不利になるという話が出ることがありますが、住宅ローンについては全くの不問です。反対に持ち家があるということで属性が上がるでしょう。

また、高額融資を狙う場合は、電話での在籍確認や収入証明書などの書類提出が求められます。銀行カードローンは金利が低いので、横浜でお金を借りるときは銀行カードローンに融資の申し込みをしたいのですが、銀行カードローンは審査が厳しいですから、誰もが審査に通るというわけではありません。属性が低いと希望額よりもかなり低い額しか融資を受けることができなくて、定例返済のために利用限度額がかなり抑えられてしまうのです。

それでも、一頃は希望融資額で審査に落ちた場合はそれっきりということが多かったのですが、最近では50万円の融資の審査に落ちた場合10万円なら融資可能といったように消費者金融会社のカードローンのように代案を提案してくる事も多くなったようです。こういった点はおおいに助かるところです。

銀行カードローンに融資の申し込みをしてお金を借りると、月々の定例返済額が口座から引き落とされます。ブランド品などをクレジットカードで買っていて同じ口座の引き落としだと、残高がたりなくなって、引き落としできなかったということにもなりかねません。なんでもかんでもひとつの口座で引き落としをするといったことは止めたほうがいいかもしれません。

延滞になったら、すぐに返済して事なきをえることもあるかもしれませんが、返済をしても信用情報機関に延滞情報があったことが記録されます。そうすると、他のカードローンなどに融資の申し込みをした際に、個人情報や信用情報などを信用情報機関に照会したときに、延滞情報があればわかってしまうのです。延滞があるということは、契約不履行をしたということですから、新たな融資の審査にも通ることはできません。

ですから、延滞はできるだけしないほうがいいでしょう。うっかりミスであってもシステムではわかりませんから、しっかりと延滞情報が記録されることとなるのです。

banner0415_new

横浜の消費者金融会社から借りる


銀行カードローンの審査が厳しくて、なかなか審査に通らないという人もいると思います。そういった人の受け皿になってくれるのが、消費者金融会社のカードローンです。消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンよりも審査が緩いですから、属性が低くなっている人でも審査に通ることでしょう。

銀行カードローンの審査に落ちたといって、すぐに消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをした場合、審査に落ちることがあります。これは属性が悪いというよりも、銀行カードローンの審査に落ちたという情報が信用情報機関に記録されていて、それが信用情報機関に照会したときに、銀行カードローンの審査に落ちたということがわかってしまうのです。審査に落ちたということは何か問題があったと思われます。

また、お金に困っているといった印象を与えてしまうので、審査に落ちてしまうのです。これを申し込みブラックと呼んでいます。他社借り入れも無く、普通に働いていたら、パートアルバイトの人でも、アコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローンの審査に通ることができるでしょう。

banner0415_new

横浜で借りる場合の問題点


横浜の消費者金融会社でお金を借りる場合は、借りすぎに注意しなくてはいけません。といっても消費者金融会社には総量規制というものがあり、カードローンなどの借入れのトータルが年収の3分の1までしか借りることができないとされているのです。これは法律ですから、守らないと罰せられます。

銀行などの金融機関のローンは総量規制対象外です。ですから、銀行から多くのお金を借りていて、さらに消費者金融会社からも借金を重ねて、消費者金融会社からの債務残高は年収の3分の1であっても、銀行からそれ以上のお金を借りているケースもあるのです。そういった場合、法律的には○であっても、返済能力を超えた借入れになる可能性もあります。

最近では銀行のほうも、自主的に総量規制をおこなっているようです。

banner0415_new

中小消費者金融会社や街金から借りる


アコムやプロミスといった大手消費者金融会社は数社しかありません。2,000社近くあるほとんど多くの消費者金融会社は、中小消費者金融会社と街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社なのです。こういったところは、独自色を出している消費者金融会社も多く、審査も独自審査を行っているところもあります。

独自審査というのは、信用情報機関に照会せず、現在の属性のみで審査を行うことです。ですから、電話での在籍確認と収入証明書の提出が主な審査となるのでスピーディに融資ができるのです。中にはブラックでも借りることができたという、ネットの口コミサイトの投稿を見ることができます。ブラックでも横浜で借りたい場合は、そういった口コミサイトも参考にしたらいいでしょう。

banner0415_new