banner0415_new


消費者金融の即日融資は当たり前の時代になってきました。
大手消費者金融などでは、申込から1時間程度のキャッシング、インターネット完結でスマホで楽々申込ができると宣伝しています。
スピード審査と即日融資をしていない大手消費者金融はないと言っても良いでしょう。

街金も負けていない

最近は、中小消費者金融の街金も即日融資に対応しています。
振込キャッシングでなく、カードローンが全国対応でできる街金では、審査時間30分のところもあります。
自動契約機、無人契約機がある街金では、大手消費者金融と同じ仕組みで、カード発行も対応しています。
ただし、このような街金の数は少数で、やっとスピード審査が始まったばかりです。

スピード審査の内容は、個人信用情報機関の内容によるものです。
そこで、事故情報である異動情報があると大手消費者金融や銀行カードローン審査は落ちます。
街金では、その内容を精査するのですが、大手消費者金融への申し込みブラック、3件程度の多重債務などは、即日融資もありです。
債務整理者などは、電話がかかってきて、ブラック融資ができるかを確認します。
そんなことをしていると、即日融資ができないケースがでてきてしまいます。

対面審査が早い

街金では、対面審査もしています。
最初から義務付けている場合もありますが、店舗での申込をすると、その場で審査ができ、即日融資していることが多いです。
しかも現金です。
振込カードローンではなく、街金の対面審査では通過すると現金です。
申込をしただけの金額融資ですから、1回きりのローンになります。
カードローンでATMで自由引出しではないので、確実に即日融資をしたい方は、対面審査をすると良いかもしれません。
ただし、ネットで申込、仮審査通過、本審査で来店要請ということであれば、即日融資はできないでしょう。

顧客獲得のスピード審査

街金ではスピード審査に力を入れるところが増えてきたのは確かです。
利用する方が多い人気の街金では、追いつかない状態が続いているとか。
振込キャッシングになると午後2時がタイムリミットになるため、それまでに在籍確認までしなくてはならないのです。
審査希望者が多いと即日融資にならないとされる場合かあります。

審査ファイナンス

融資審査で落ちる方もいます。
それも何時間も電話で確認をした上でやっぱりダメですという場合も。
または、審査結果を知らせない街金もあるらしいです。
今日来るかと待っていて1ヶ月も待たされる、1週間程度はザラです。
融資ブラック融資とも言われますが、ブラック対応というだけで、絶対に借りられることはありません。
即日融資とあったとしても、それは名目上で、翌日以降になることは多いと考えていたほうが良いです。
そこが大手消費者金融との差でしょう。

banner0415_new