banner0415_new


okane38

他社借入がある多重債務者は新規キャッシングが難しいです。
もし審査落ちして、おまとめローンに転換と言っても、信用情報の内容が良くなければ契約はできないです。
普通の借り入れよりも審査が厳しいからです。

街金や中小消費者金融のおまとめローンに相談を

どうしてもおまとめローンにこだわるのなら、中小消費者金融の審査の甘さが頼りです。
ただ、総量規制オーバーのおまとめローンに関しては、他社借入が多い時点で、街金や中小消費者金融でもそう簡単に審査通過ができないと言われています。
とりあえず、今の時点で延滞があれば審査落ちになります。

街金のおまとめローンの審査

ブラックであることは考慮。
これは多重債務の多さでしょう。
それでもきちんと返済をしているのであれば、総量規制対象外のおまとめローンができます。
この魅力として、多重債務の借入先がすべて完済ができることです。
ただし、銀行カードローンは対象外で、債務者の消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠のみ完済になります。
信用情報では、大手消費者金融完済の実績ができることは、大きなメリットです。
その時に注意したいのが、おまとめローンの金利ですが、月々の返済額を小さくすることで、返済期間が伸びます。
もともと10年程度の余裕があるのですが、総返済額の確認は必要です。
そのことをふまえて、おまとめローンの契約は良いことと言えるでしょう。

総返済額は大きいが

個人信用情報機関重視で行くのなら、自身のこれからのキャッシングのためにも、今は我慢のときで、必死でおまとめローン返済をしていく。
多重債務者から1つのおまとめローンのすることで、精神的に楽になります。
ブラックの金融事故がなく、おまとめローンでもマイナスがつかないことで、ブラックリストを回避したいのであれば、オススメの方法です。
アローなどでは、金利が高いですが、そんなブラック回避をしたい方には人気です。

正規金融業者であることは確認を

収入が安定している街金や中小消費者金融の申込者に執拗におまとめローンを勧める業者もいます。
もともとあまりネームバリューのない街金や中小消費者金融ですが、他社延滞をしているけれど、ブラックでもおまとめローンはどうですか?と。
その時に金利などをみると、利息制限法を違反している場合があります。
利息制限法は最高20%ですが、借入額が100万円を超えると15%になります。
そのようなこともなく、おまとめローンはなんでも20%としている金融業者はヤミ金の疑いがあります。
必ず金融業者の下調べをしてから、契約を検討してください。

banner0415_new