banner0415_new


21

おまとめローンは総量規制対象外の金融商品です。
ですから、年収3分一以上の多額の借入ができることから、多重債務も解消が期待ができます。
それには審査には大きな与信が必要なことは当然です。
当たり前の話しですが、借り入れしたい金額が大きいほど、信用情報の内容は吟味されることになります。
フリーローンの総量規制オーバーの借り入れは不可能であり、それだけおまとめローンの存在は大きいといえるでしょう。

審査の厳しさは属性でも

原則的に申し込み対象としては、収入が安定していることが必要です。
ただパートやアルバイトの場合、多額のおまとめローンは審査落ちになることが多いと言います。
要するに、収入に不安定さが理由で、総量規制範囲内なら良いですが、それ以上になると完済リスクが高くなるといいます。
よって、フリーローンでは審査通過しても、おまとめローンは審査落ちは多いです。
ここが、審査が厳しいと言う理由ですが、自営業者なども審査が通らないこともあります。

街金のおまとめローン

審査が甘いことで知られる街金にもおまとめローンはあります。
ここでもフリーローンよりは審査は厳しくなりますが、商品としては、フリーローンと変わらない金利などになります。
利息制限法の関係から、一定の金額になると15%になりますが、この時の審査としては、街金としてもブラックにはなかなか軽々しく審査通過をしないが現状です。
余談ですが、街金でのキャッシングは、基本的に小口融資が大前提です。
ですから、最初から総量規制対象外、多額のおまとめローンに関しては、審査も困難なのです。

審査と要相談

多重債務での街金のおまとめローンですが、新規融資ではない事で話しがまとまることもあります。
これは、このまま行くと返済ができない、では債務整理になります。
しかし、返済能力が十分にある方については、審査内容が変わることがあります。
ここが街金の臨機応変ということですが、多重債務はあるのですが、返済額的には、大手消費者金融では多すぎる、借入件数が多いだけと言う場合です。
総量規制以上の借入があったとしても、街金審査で、100万円以上なら15%程度のおまとめローンの話しがまとまることがあります。

誰でもではない

ブラック対応の街金ですが、こうした小口融資ではない場合は、信用情報に多くの金融事故があると借りれないのです。
街金としても損をわかっての契約はないです。
返済能力が高く、完済ができる方への相談になります。
そのときには、なるべく返済期間を短くすることで、総返済額を抑えることができます。
15%の金利で長期間となると、返済は大変です。

banner0415_new