banner0415_new

サラ金とは

お金に困った人に対して、お金を貸してくれる貸金業者の事を昔はサラ金と言っていました。今となっては有名な消費者金融のキャッシングとなっておりますが、個人に対して無担保で小口融資をしてくれる業者は当時ではサラ金と言われており、金銭で苦しい沢山の人々を助けてきた歴史を物語っています。

1970年代にサラリーマンを対象に融資を行っている業者という事もあって、正確にはサラリーマン金融という意味だったみたいですね。サラリーマンの利用者が増える事によって、略してサラ金となったそうですが、これらは市街地に店舗があるというのもあってか街金とも呼ばれていたのだとか。

ちなみに、消費者金融と呼ばれるようになったのは1980年代です。女性や自営業の人でも、契約する人が多くなってから消費者金融という名称が定着してきたとの事です。会社員以外でもお金が借りやすい時代になるにつれて、次第にサラ金という言葉も時代と共に消えていったのだと思います。

しかし、サラ金と聞けば昔はまだ闇金などの規制が緩いのもあって、良いイメージよりも悪いイメージが強い人もいるかもしれませんよね。昔は本当に無法地帯と言っても言い程、違法の貸金業者は今よりも沢山いましたからね。良い時代になったと言えば良い時代になっているのかもしれません。

かつてのサラ金も今となっては、プロミスやアコムなどの立派な大手消費者金融となっていたりしますが、高金利の貸金業者がいたり違法の業者もそれはそれは本当に多かったそうですよ。時代の流れと共にサラ金も、サラリーマン以外でも誰でも気軽にお金が借りられる消費者金融と、生まれ変わったという事がよくわかる事でしょう。

昔からキャッシングを利用している人であれば、今でもサラ金と言っている人もいると思いますが、昔はサラ金で今は消費者金融ですのでお間違いなく。

さすがにもうサラ金という言い方も今の時代ではどうかと思いますが、今だにサラ金からお金を借りるというように言っている人もいるのでしょう。内容は同じであれ、今の時代の方がお金が安心して借りやすい時代となっている事は言わずとも知れた事だと思います。

とは言っても、お金を貸してくれる貸金業者今も昔も審査だけは相変わらず厳しいものがあるのかもしれません。サラ金の時からお金を借りる際に、誰もが申し込み後に通過しなければいけない審査となります。それは今の時代でも健在で、必ずこれをクリアしなければお金が借りれないのは時代が変わっても変わらない仕組みなのです。

昔はネットが無かったので、電話やFAX又は来店などで申し込みする人も多かったのですが、まだ今よりは審査は緩い事もあったのかもしれません。今の時代ではネットで来店不要で申し込めるようになった分、セキュリティが厳重になりましたので、昔よりもひょっとしたら審査が更に厳しくなっている可能性がある事でしょう。

そういう意味で考えれば、昔のサラ金の審査の方がまだお金は借りやすかったのかもしれませんね。今の消費者金融では審査が大手は特に厳しい時代となっています。

今のキャッシング審査ではインターネットで申し込める利点があるものの、仮審査と本審査の二段階によって昔より徹底的にチェックされる事となります。仮審査では機械審査があって、仮審査で通れば本審査による最終確認が行われるものとなっておりました。

この二つの審査を通過する事で、無事消費者金融から融資が受けられる事となるでしょう。ただ、その前に審査をクリアしても本人確認が必ず連絡が来るので、これを確認出来次第借入が確定する事となります。

昔のサラ金と呼んでいた時代のキャッシングに比べて、今ではより審査レベルが高くなっているというもので、もしかしたら審査に通らない人も多いかもしれません。昔のサラ金時代の方がお金が借りれたという記憶がある人も、今の時代では簡単に借りれないと思われる人もきっといる事でしょう。

とは言っても、今の消費者金融の方が高金利じゃないと思いますし、違法業者もだいぶ減ったのは確かなんですよね。利用者にとって、より安心安全に申し込めるキャッシングが出来るようになったのは、このような厳しい審査があってこそです。そう思っておいても良いのかもしれないです。

banner0415_new