大手消費者金融のフリーローンなどは無担保・保証人がないです。
中小消費者金融や街金でも原則そのような対応ですが、利用希望者の信用情報によっては、保証人や担保があれば審査通過ができる場合があります。

街金の判断

27審査が甘い、信用情報機関でブラックでも対応が期待できる街金ですが、保証人が最初から義務つけているところもあります。
街金は、中小消費者金融ですが、昔から保証人ありきの貸金業者である場合、現在も同じ方法でのキャッシングをしているところも少なくありません。
しかし、実際に保証人がいない場合もありますが、そのときには担保です。
それもないとなれば、ちょっと変わったキャッシングが提案されます。

banner0415_new


利用希望者に対して、返済能力がないと絶対に街金は貸付をしません。
借りたい方は必死ですが、◯◯までに返済しますという約束をとりつけて、信用を得ることがあります。
本来は、月末の返済ですが、今回のキャッシングで◯◯に返済をしたら、本来のお金を貸しても良いという判断です。
これは街金担当者によって対応はさまざまです。
街金の平均借入額はブラックリストであるほど少額です。
年収に対応ではなく、総量規制余裕分に対しての借入がほとんどです。
10万円以下、5万円以下のキャッシングしか対応していないところも多いのですが、全て街金ならでの審査です。
コンピュータースコアリングシステムで簡単審査ではなく、人の手が入った審査です。
特に対面審査でこのような配慮があることが多いです。

街金情報は口コミで

大手業者以上の街金口コミ情報は多いです。
街金のことは、中小消費者金融、中堅消費者金融、審査の甘い金融業者など
と同じです。
借入件数が多い多重債務者も対応しているのですが、街金によって審査の差もあります。
それは、甘いと極甘の違いです。
ただ、口コミ情報ではっきりと明言していることは少ないのですが、対面審査になるほど、審査が甘くなるという申込者の情報もあります。
ただ、対面審査の街金は全国にあるものではなく、ない地域も存在します。
そして、この対面。
審査はしたけれど審査落ちしてしまうこともあるので、高い交通費をかけて面接をしたけれど、キャッシングが出来ない事になってしまったのでは元も子もないです。
こうした口コミ情報は内容を把握するとともに街金選びに役立てて下さい。

街金のまとめローンについて

貸付利率が低いまとめローンですが、街金の商品は気をつけて下さい。
もともと高い金利の街金では、まとめローンの金利も高めです。
総量規制対象外の多額のまとめローンの場合、1%の金利も返済総額に大きな影響を与えることになります。
街金からの強い勧めがある場合、その内容が負担が大きくなってしまうようであれば、断りも必要です。
しかし、こうした場合返済不能の多重債務者が多いです。
債務整理よりもまとめローンが良いと説得されてしまうこともありますが、必ずシミュレーションをして、毎月の返済額だけではなく総返済額を確認してから決定して下さい。

中小キャッシング業者のまとめローンだけは、そのケースによって簡単に勧められない場合があります。
あなたはまとめローンではなく、債務整理ですという方も少なくないからです。

banner0415_new