最近、街金利用者増の情報があります。
銀行カードローン審査などで通過ができなかった方の体験談で、ブラックになったら街金に相談していると言う話しがありました。

banner0415_new

街金は貸金業者登録をしている

22
街金と闇金と間違えられやすい存在です。
自己破産者などの債務整理経験者がキャッシングができる貸金業者として口コミ評価されると、では闇金ではないかと疑われています。
しかし、街金そのものは昔から営業している金貸し屋で、貸金業法に沿って、金融庁にも届け出をしています。
登録番号からも何度も更新している記録もあり、闇金と一緒にするなんてとんでもないです。
ブラックリストにとってみれば、街金と闇金は天国と地獄そのものです。
その街金利用者が増えているということは、大手消費者金融や銀行カードローン審査に通らない方が多いということがいえます。

街金のメリット

街金はインターネットからの申込みができるところも多いです。
な本全国に存在していますが、全国対応のところも少なくなく、条件が揃えば大阪在在住者が九州の街金の申込みもできます。
来店不要です。

ブラックと言えば、事故歴を抱えた方ですが、自己破産者も数年で街金利用ができます。
任意整理でも完済後であれば、審査の問題もないなど、とにかく審査が柔軟です。
それで、ここで借入は簡単と申込者が多いです。
最短1日の借入ができるところもありますし、インターネット完結の街金もでてきました。
インターネットを通じて、街金利用がますます便利になっています。

banner0415_new

街金のデメリット

実はあまりないでしょう。
ブラックにはありがたい存在ですし、闇金ではないので多少高い金利を我慢することで、なんとか返済ができれば良いのです。
困った時の数万円の借金ができることは便利であり、デメリットなんてない。
と、言いたいところですが、実は社会的信用を落とすというデメリットがあります。

将来住宅ローンを組みたい、または興信所での身元調査を受けた時、街金利用は、ブラック情報になります。
前後の信用情報機関の内容にもよりますが、お金に困って大変な人であることを証明してしまうのです。
銀行カードローン審査通過者は信用がある方と評価されますが、街金しか審査に通らなかったということは、人生の中でしまったと思われることがあります。

極端な例ですが、闇金利用は信用情報機関の記録は無関係です。
ということは、信用も何もない、ただ自分が損をするだけで、闇金利用の記録は残りません。
ただ街金は上記のようなことが起こってしまうのです。
絶対悪ではないのですが、住宅ローン審査に通らないということになると、それは困ってしまうことでしょう。
もし、街金利用しなくてもなんとかなるのであれば、数ヶ月の我慢で街金利用をしない選択をした方が良い方も多いです。

最近の債務整理では銀行カードローン利用者が多いです。
そのまま街金にいかずに債務整理をするというのですが、そちらの方が良いということもあります。
総量規制や返済が苦しいのに無理無理街金利用と言うのはおすすめしないことです。

banner0415_new