banner0415_new

どこもお金を貸してくれない…困ったときは


消費者金融会社のカードローンも銀行カードローンも、申し込みをしても審査に通らない。お金が必要なのにどうしたらいいのか、そんなときはあきらめるしかないのか。それでもあきらめたらそこで終わり…。そこまで追い詰められることは普通ではないのかもしれませんが、人生いろいろで人もそれぞれの事情があります。多くの人は消費者金融会社というと大手で全国的に知名度もあるアコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融会社を思い浮かべることでしょう。

しかし、消費者金融会社はそういった大手だけではありません。中小消費者金融会社や街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社が星の数ほどというのは大げさですが、かなりの数の消費者金融会社があるのです。そのような大手以外の消費者金融会社の中には、審査の甘い消費者金融会社もあるはずです。そのような消費者金融会社からお金を借りるようにしたらいいでしょう。

とはいっても、そのような消費者金融会社を探すのは、かなりの手間暇が掛かることは間違いありません。消費者金融会社が自ら「うちは審査が甘いので誰にでもお金を貸しますよ」ということはありません。また、お金に困っている人の足下を見て高利でお金を貸すようなヤミ金業者がいないとも限らないのです。

俗に闇金と言われている金貸しの業者がいますが、これは非合法の組織ですから、ここからお金を借りてはいけません。闇金業者もうちは闇金だからといってお金を貸しているわけではないのです。普通の貸金業者を名乗っているので傍目で見分けるのは難しいかもしれません。電話一本でお金を貸すとかそういった貸金業者は疑ってかかったほうがいいでしょう。お金を貸す側としても本人確認や連絡先の確認など最小限の連絡方法が確立されていなければお金を貸しません。これは大手消費者金融会社でも街金でもさらには闇金でも一緒です。連絡がとれない人にお金を貸しても逃げられてしまうのがオチだからです。

ヤミ金は非合法ですから、上限金利が決められていてもそれを守ることはありません。現在の融資の上限金利は利息制限法や貸金業法などで20%と決まっているのです。20%もかなりの高金利のような気がしますが、ヤミ金になると十一は当たり前です。十一というのは10日で1割の金利という意味です。利息制限法の上限金利の20%というのは1年間の金利です。十一というのは10日で10%の金利ということですから、如何に高金利かということがわかるでしょう。

ヤミ金でお金を借りると元金の返済どころか利息の返済が十一では10日ごとに起こるので利息の返済だけで終わってしまうことにもなりかねません。ヤミ金の取り立ても厳しいですし、どこまでも取り立てにくるので逃げられないという口コミもあります。映画の影響かもしれませんが、ヤミ金からは悪い話しかありませんのでヤミ金からは絶対にお金を借りないように気をつけましょう。

ヤミ金かどうかを見分ける方法ですが、これは一見してヤミ金とわかる方法は一般の人には難しいでしょう。それでも住所を明示しなし、連絡先も携帯番号で固定電話ではないという場合は疑ってかかったほうがいいでしょう。

banner0415_new

銀行や大手消費者金融会社では借りることができない?

どこもお金を貸してくれないという人は、すでに銀行やアコムなどの大手消費者金融会社のカードローンに申し込みをしても審査落ちした人でしょう。その場合はすでに属性がかなり低くなっていることが考えられます。実際にはすでに他社借り入れがあって自分でも、審査に通らないのではと思っている人が多いことでしょう。銀行の審査に通らないと言う人は一般的な属性が低くなっている可能性が高いのです。

銀行からでもお金を借りることはそんなに難しいことではありません。それでも銀行からお金を借りるにも条件があるのです。一般的には他社借入れがないことが条件となります。あっても1社あるいは2社程度でしょう。3社くらいになると審査落ちの可能性がグンと高くなるのです。銀行にもおまとめローンがありますが、おまとめローンというのは複数の借入れを一本化するものです。それすらもできないのかという素朴な疑問もあります。

確かに複数の借入れがあって審査落ちとなると、銀行が売り出しているおまとめローンの意味がないのではという意見です。これはかなり一理あるといってもいいでしょう。そして、銀行の審査基準ですが、これは公にはされていないので推測になるのですが、他社借入れだけではなく他にも当然のことながら審査の中でも重要項目があるのです。たとえば正社員のような安定した収入があるのかという点です。

会社員でしたら、毎月一定の給料がもらえるので収入的には安定しています。しかしパートアルバイトとなると働かなければ給料はもらえません。一見して会社員もパートアルバイトも働くことに関しては同じように見えますが、簡単に解雇はできない会社員と、経営側の都合でいつでも首を切ることのできるパートアルバイトではその立場の安定性が全く違うのです。ですから、銀行の場合はパートアルバイトにお金を貸すことは他の属性の項目が著しく高くなければ融資をすることはないでしょう。

banner0415_new

銀行の審査が厳しいのはどうして?

銀行が貸し渋りというわけではないのですが、消費者金融会社などの貸金業者と比べると審査が厳しいのは間違いありません。それには銀行という業務が大きく関係しているのです。銀行は預金者からお金を集めることができます。預金者が率先して預ける場合もありますし、銀行の営業マンが預金を強く勧める場合もあります。そうやって集めたお金をカードローンの融資や投資などの資金運用に使っているのです。

それでも預金者から預かったお金はいつでも引き出しができるようにある程度の資金を確保しておかなければいけません。また預金者から預かったお金を他の人に融資するのですから、貸し倒れはなんとしても避けなければいけないのです。ですから、銀行の審査は返済能力の高い人にしか貸さないということになるのです。返済能力の高い人というのはすなわち、安定した収入のある会社員ということになります。

そういった点ではパートアルバイトには貸しづらいということになるのです。これは考えてみれば消費者金融会社も同じ理屈にはなるのですが、消費者金融会社は預金者からお金を預かることはありません。収益源としては貸し出した人からの利息が唯一の収益源となるのです。ここに銀行との大きな違いがあるのです。ですから、消費者金融会社としては返済能力の低い人にもリスクを負いながらも貸し出しをしなくてはいけません。

もっともこれも、消費者金融会社によって規模が大きく違ってきます。アコムやアイフル、プロミスなど全国的な知名度を誇り全国各地に支店や営業所、さらには無人貸出機を設置しているような大手消費者金融会社から、中小消費者金融会社、さらには街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社など、消費者金融会社はその規模によって違いますし、その数はかなりのものにのぼっているのです。

以上が銀行の審査が厳しい要因なのですが、最近では消費者金融会社の審査に落ちても銀行から借りることができたという口コミもあります。銀行の融資のしすぎが問題になっているのは総務省からの通達によっても明らかになりました。銀行の審査基準が下がっているのでしたら、借りる側としては大助かりなのですが、通達があったということで今後は銀行カードローンの審査基準があがることが懸念されています。

いずれにしても、自分の属性をしっかりと見つめて融資の申し込みをするようにしましょう。

banner0415_new

属性は信用度に置き換えられる

専門用語として属性が使われることが多いのですが、今では普通の人でも属性という言葉を使うようになりました。これはいわゆる信用ということに置き換えることができます。普通、赤の他人では信用度を推し量ることができません。しかし、属性という信用度をある意味数値化したものであれば、初対面の赤の他人であっても信用度を推し量ることができるのです。融資の申し込みをする人は申込み書に自分の個人情報を記入します。

それだけでも属性が形作られていくのです。勤務形態は会社員なのかあるいはパートアルバイトなのかということで、属性が決まっていきますし、会社員であれば勤続年数でさらに属性が細かく決定されていきます。住居形態では持ち家か借家かによっても属性がわけられるのです。このように様々な項目で属性が構成されそれぞれがスコアリングシステムで数値化されることで最終的な属性が決まってくるのです。

それによって審査に通るかどうかが決まるということです。その数値は銀行や消費者金融会社によって審査基準が違ってくるということですね。また、信用情報機関に申込者の照会を行うことで与信情報など他の借入れ状況や履歴を知ることができます。その照会情報も審査に通るか通らないか大きく左右することになるのです。

banner0415_new

ご融資どっとこむってどんなところ?


ご融資どっとこむは東京都台東区にある消費者金融会社です。店舗は本店一つしかありません。業容的には中小消費者金融会社といったところです。

インターネットの口コミなどを見てみると、審査が甘いということで評判の会社ですが、公式サイトなどもしっかりしていますし、中小消費者金融会社ならではの融資をしている貸金業者と考えていいでしょう。ご融資どっとこむの金融商品はかなりバラエティに富んでいる印象を受けます。

というのも、取扱っている金融商品がフリーローンから始まって、借換ローンに不動産担保ローン、さらにはビジネスローン、レディースローンと最後には住宅ローンまであるのです。こうなってみると、大手消費者金融会社と比べても金融商品に関しては遜色ないと考えてもいいでしょう。申込みはインターネットからできますが、申込み方法はネットの他に電話やFAX、さらには来店もOKとなっているので、申込みについては申込者の都合でなんとでもなりそうです。

ネットでの申込みが可能ということから、全国対応の中小消費者金融会社であることがわかります。利用者が一番多い金融商品はやはりフリーローンとなるでしょう。これについては5万円から50万円の融資となります。金利は18.0%から20.0%ということですから、少額ならではの上限金利一杯まで金利が設定されていることになります。大手消費者金融会社ではカードローンに値するフリーローンですが、最大融資額が50万円というのは少々少ない金額にも思えます。

しかし、ご融資どっとこむでお金をフリーローンで借りようという人はすでに銀行や大手消費者金融会社などからお金を借りている人が多いですから、そこまでたくさんのお金を融資できないということでしょうか。また、フリーローンの返済期間は3年以内ということです。そして、中小消費者金融会社にしては珍しくレディースローンを用意しています。これは、女性専用なのですが、1万円~50万円までの融資となります。

金利がフリーローンよりも低くて15.0%から、20.0%ということですから、女性の場合は文句なくレディースローンを利用したほうがいいでしょう。返済期間も5年以内となっているので、返済もゆっくりできるのが魅力です。それにしてもレディースローンを用意しているところがすごいですね。また、10秒診断というのがあります。借入件数や借入金額の合計を入力するだけというものが多いなかで、ご融資どっとこむの場合はかなり具体的です。こういうのも信憑性があっていいかもしれません。融資が難しそうでも相談に乗るような書き方をしてくれるのが心強いですよ。

banner0415_new

他にもたくさんの金融商品が…

普通の中小消費者金融会社では、フリーローンと借換えローンを用意しているのですが、ご融資どっとこむも借換えローンを用意しています。それもなんと2,000万円まで借り換えできるという大盤振る舞いです。ご存知のように借換ローンには総量規制の適用がありませんから、審査に通るのであれば、上限2,000万円まで借りることができるということです。これは、多重債務に陥っている人にはかなり心強い存在になるのは間違いありません。

借金の返済に新しく借金をするよりも借換えローンのほうが効率的ですから、多重債務の返済に苦しんでいる人は少しでも早く借換えローンに切り替えたほうがいいでしょう。気になる金利ですが、7.3%から15%となっています。かなり金利が低いイメージですが、借り換えの金額を考えるとかなりの利息になるのは間違いありません。返済期間も10年以内ということでゆっくり返済できるのはいいのですが、利息もしっかりと把握するようにしたいものですね。

ビジネスローンはなんと1億円まで借りることができます。金利は7.3%から20.0%ということですから、これもかなりの利息を支払わなければいけません。ビジネスローンはその性質上、投資に近いものですから、ビジネスに失敗した場合は借金だけが残ることになるので、気をつけなければいけません。反対にこれだけのお金があれば失敗することはないというのであれば、心配はないでしょう。返済期間は10年で、担保や保証人は必要ないということですから、この点も嬉しいところです。

banner0415_new

どうしても借りることができない場合

ご融資どっとこむでも融資が難しいという場合で、不動産を持っているのでしたら、不動産担保ローンがあります。担保があれば保証人は不要です。融資額は最高で1億円です。

金利は7.3%から15.0%です。金利はフリーローンなどと比べたら低く感じますが、金額が大きいので、かなりの利息になるので注意が必要です。返済は最長で20年ということですが、1億円を借りてしまうと、月々の返済額は50万円超えくらいになりますね。

住宅ローンまで用意されている

ご融資どっとこむで目を引くのが住宅ローンの存在です。消費者金融会社で住宅ローンを用意しているところは少ないというか探せばあるのかもしれませんが、なかなか聞かないですね。それと、大手消費者金融会社でも住宅ローンは取り扱っていないので、その点でもご融資どっとこむは異色の存在と考えていいでしょう。5,000万円まで借りることができます。担保や保証人は不要で、返済期間は最長で30年となっています。

銀行などで住宅ローンを組めなかった人がご融資どっとこむを利用するのだと思いますが、金利が違いすぎるので、ご融資どっとこむで住宅ローンを組むのはかなりの冒険と言えます。利息がかなりのものになります。それでもマイホームの夢を捨てきれない人がここで融資を受けるということなのでしょうか。

ご融資どっとこむで借りることができるの?


ご融資どっとこむは、中小消費者金融会社に分類されます。フリーローンやレディースローンの融資額は少ないのですが、借換ローンやビジネスローン、さらには不動産担保ローンなど金融商品が充実しているのが魅力となっている消費者金融会社なのです。

ご融資どっとこむの気になる審査基準ですが、多くの人が借りることができたと口コミなどでも評判となっています。ただし、気になる点もあります。ご融資どっとこむでは、融資可能かどうかの診断をしてくれるのですが、ほとんどの場合で、「電話をかけて相談してください」ということになるのです。金融会社にとっては当然の措置かもしれません。

また、多くの人が即日融資を期待しているのですが、恐らく期待できるのは店頭に行ける人くらいでしょう。申し込みについては多彩な方法で申し込めるのですが、たいていの場合で来店を促してくるので、結局は東京近辺で来店可能な人のための消費者金融会社と言ってもいいでしょう。返済に対しては寛容なのかどうかはわかりませんが、闇金ではないことは,貸金業協会の会員であったり、東京都知事の認可を受けていることから間違いないようです。

ただし、融資に関して他の業者を斡旋するようなところもあるので、その点が少し不安材料となりますね。融資規模からしても、中堅消費者金融会社の中でも頭一つ抜けている感がします。大手消費者金融会社を正規消費者金融会社と呼ぶこともあるのですが、それに匹敵する融資規模と考えていいでしょう。ただし、具体的に利用価値があるのは、フリーローンとレディースローン、さらには借換えローンくらいでしょうか。

不動産担保ローンやビジネスローン、さらには住宅ローンなどは金額が大きすぎて、具体的な返済計画を組めないという人がほとんどではないでしょうか。住宅ローンを例にとってみても、仮に1,000万円を借りたとしたら、月々余計に6万円の利息を支払って行かなければいけない計算になります。これを20年30年と毎月支払っていくのはかなりの覚悟が必要になります。

銀行の住宅ローンでは低いところでは1%を切るところもあります。それと比較したら、仮に7.3%の最低金利が適用されても、月々6万円の利息というのはかなり高額です。そして、気になるところが債務整理中の人が借り入れできるかということです。これについては、ネットの口コミでは、借りることができたという口コミが多いです。

しかし、借りることができなかったという口コミも少数ですがあります。それについても、借りることができたというのがフリーローンが多かったです。借換えローンで500万円を狙った人は融資を受けることができなかったのです。ですから、金額によっても審査基準が大きく変わる可能性があるということです。高額融資については本気で行っているのか疑問に感じる点ではありますね。

banner0415_new

ご融資どっとこむで借りると安心?


ご融資どっとこむは闇金ではありません。ですから、消費者金融会社ですから、安心と言えば安心です。

通常であれば、利用できる金融商品はフリーローンとレディースローンなります。いずれも50万円までの融資可能額ということですから、借りやすいですし、この金融商品でしたら、ほぼ100%審査に通るでしょう。それは、ブラックの人でも同様ということです。実際にネットの口コミなどでは、ブラックの人でも悠々審査に通って融資を受けることができたという口コミが多数です。

というよりも、フリーローンで審査に落ちた人は皆無と言ってもいいくらいですから、無職でなければ、審査に落ちることはないと言えるでしょう。ただし、フリーローンの場合は総量規制にかかることになるので、50万円の満額を借りることができなくて、審査の段階で5万円とか10万円に希望融資額が減額される可能性があるので注意しましょう。基本的に即時キャッシングには対応できないようです。すぐにお金が欲しい場合は店頭に行く方が早いでしょう。

審査基準は公開されていませんが、審査はかなり緩いです。それはネットの口コミなどを見ていたらわかります。それでも、仕事をしていることは必須で、無職の人ではさすがに融資を受けることはできないでしょう。利用者の中にはブラックの人も多いということです。中小消費者金融会社でブラックの人に融資をするところは少ないということですから、ご融資どっとこむはその数少ない消費者金融会社の中の一つということになります。

ご融資どっとこむでは電話での融資の相談にも応じています。しかし、この相談があまり評判が良くないのです。というのも、「弊社では融資に応じかねますので、他社の貸金業者を紹介します」ということをたまに言われるそうです。そのた紹介した貸金業者の中には闇金融の貸金業者もあるのではないかという、噂もあるのです。噂の域を出ない情報ですが、そういった話も口コミなどで見聞きすることがあるので注意したほうがいいでしょう。

ご融資どっとこむ自体はまともな東京の金融業者です。間口が広く誰にでも融資をしてくれることから、ありもしない噂がついてしまうこともあります。融資の申込みから審査、融資金額の振込みまでは早いですが、即日融資というわけではないようです。それでも翌日には振込まれているので対応は早いと考えていいでしょう。

いずれにしても、おまとめローンなどが期待通りに使えないのが残念です。多重債務者にとっては、少しでも借りることができるのでしたら、ご融資どっとこむも救世主的存在なのは間違いないと言えます。ブラックの人にも優しいキャッシング会社ということですね。

banner0415_new

多くの消費者金融会社があるけれど


多くの消費者金融会社がありますが、ご融資どっとこむの注目できる点は、基本のフリーローン以外の金融商品です。満額を借りると、返済地獄が待っていそうな、1億円融資ができる、借換えローンや、不動産担保ローン、ビジネスローンがあります。これらの金融商品を借りることができる人はどういった人たちなのか気になるところです。

ご融資どっとこむと似たような貸金業者に共済クレジットがありますが、消費者金融ローンとしては、両社はとてもよく似た会社と言えます。ご融資どっとこむの住宅ローンの審査の方法は公開されていないのですが、保証人や担保が不要ということですから、生命保険の加入などをしなくてはいけないのだと思います。住宅ローンは先述していますが、利用すると金利の高さと返済期間の長さから、元金の返済にたどり着くまでに10数年はかかりそうです。

不動産担保ローンもそうですし、ビジネスローンや住宅ローンで、5,000万円から、1億円までの融資を受けることができるのですが、返済方法や返済金額を考えると現実的な話ではないことが多くの人に理解できるでしょう。住宅ローン審査は銀行などではかなり慎重に行われます。それがご融資どっとこむではどのような審査になるのか興味深いところですね。

ご融資どっとこむの多彩なローン商品は魅力ですが、現実的ではありません。とはいっても、それでも良いという人もいるでしょうから、それは自己責任で申し込むということになります。借換えローンを借りることができれば、多重債務者にはかなり朗報と言えます。とにかく借り入れ可能金額が高額ですから、ほとんどの多重債務残高に対応できることでしょう。それで、月々の負担が軽くなるようでしたら、万々歳です。

ご融資どっとこむとしても、返済の意思があるということで、借換ローンについてはかなり前向きな印象を与えます。不動産担保ローンやビジネスローン、住宅ローンなどの使い道に困るようなローン商品の中で、輝いているのが借換ローンですね。ご融資どっとこむは、全国対応をしています。急ぎでなければすべてネットで申込みから融資を受けるまでが完結します。急ぎの場合は店頭に出向いたほうがいいのですが、反対に急がなければ、ネットで申込みをして、ご融資どっとこむからの返事を待つようにしましょう。

banner0415_new