banner0415_new

中小消費者金融審査甘いウワサは本当?


金融会社から融資を受けるとき、まず審査に通らなければ借入することができません。審査に通過して契約にこぎつけるための方法として、審査が厳しいところより甘いところを選べばいいという考え方があります。

ウワサレベルでは、「大手と比較して中小消費者金融審査甘い」「消費者金融系の方が銀行系より審査に通過しやすい」などと耳にすることはあります。実際のところは、銀行や消費者金融などが審査内容について公表していませんので、これらはあくまでウワサであり、確証がある情報ではありません。

銀行カードローンと消費者金融キャッシングでは、借金ができるところということで似たようなイメージを持たれているかもしれませんが、根本的な違いがあります。基本情報として銀行は借り入れできる利用限度額が大口も可能で、金利が低いことから利用者にとって有利です。消費者金融は銀行と比べてしまうと少し利用限度額が少なめの上限となり、金利も高めです。金利は返済額に大きく響いてきますので、大切なポイントです。

しかし、消費者金融によっては申し込みをしたら最短30分ほどで即日融資も可能というスピーディな対応を行っているなど、サービス面で補われている部分があります。自動契約機は土日祝日も遅い時間までオープンしていて、即日借入も柔軟に対応している会社が多々あります。銀行カードローンの利用環境も追いついてきていますので、選ぶのが益々難しい状況です。

銀行は消費者金融とは法律が異なり、貸金業法の総量規制対象外であることも大きな違いです。総量規制は年収の3分の1までしか貸し付けができないという決まりのことで、同じ人に対して銀行の方が大口の融資ができることになります。まとまった金額が必要な場合、消費者金融だけで借り入れをしようとすると多重債務になりますが、銀行なら1カ所からのみでまかなえ、他社借り入れの必要がないというケースもあるでしょう。

中小消費者金融に申し込みをするときに業者選びをしますが、CMや広告を目にする機会が大手ほどないため、社名を全く知らないという人が多いでしょう。無名の消費者金融の中には、闇金などの悪徳業者もまぎれている可能性があります。新規でどこの中小消費者金融に申し込みをするか検討しているときなど、悪質業者に引っかからないために日本貸金業協会のホームページを参考にされることをおすすめします。

もちろん、中小消費者金融に関するインターネットの口コミサイトをいろいろ探してみることも参考になります。アローやフクホー、フタバなど、中小消費者金融の中でも有名どころを一通り知ることができます。

日本貸金業協会は貸金業法に基づいて運営している消費者金融などの貸金業界が、自ら規制に取り組んでいる機関です。日本貸金業協会のホームページは貸金業とは無関係な一般の人が見れば、悪質業者の最新情報などのが閲覧できます。社名を入力すれば悪徳業者として登録されている業者かを調べられる検索機能が画面右側にありますので、ぜひ活用してみてください。

banner0415_new

全国どこの中小消費者金融も便利なフリーローンと振込キャッシング


中小消費者金融審査甘いといわれていることから申し込みを検討されるなら、よく理解をしてから手続きをすることが大切です。中小消費者金融会社の多くはフリーローンであり、カードローンではありません。フリーローンは名前に自由を意味する単語が入っていることからも想像がつくように、借入れしたお金の使途は自由です。

ただし、実際のところは何にでも使っていいわけではありません。投機性を持って利益を生み出すことに、フリーローンのお金を使うことは禁じられています。FXや株などの運用資金が必要なとき、フリーローンは使えませんから気を付けましょう。中小消費者金融によって具体劇に違いがあるでしょうから、申し込みをするときには返済方法などに加えてしっかり確認することが大切です。

カードローンの返済方法は、利用限度額の範囲内で借り入れした分だけを振り込みなどで返し、何回でもまた繰り返し融資を受けられます。いざ金欠になたっときのために契約をしておくと大変助かる存在です。対してフリーローンは、繰り返し借りたり返したりできる商品ではなく、借入れできるのは最初の1回のみです。借入れをしたら、あとは返済だけとなります。また融資を受けたくなったら、申し込みをして借入れをします。

中小消費者金融の多くは支店の数が少ないので、融資を受ける方法は直接出向くのではなく、指定する口座に入金してもらう振り込みキャッシングの形をとっています。振込キャッシングでフリーローンの中小消費者金融の多くが全国に複数個所あります。インターネットから申し込みを行い、身分証明書はFAXなどで提示できるので対応もスピーディです。

中小消費者金融で振り込みキャッシングをしてもらいたくっても、金融ブラックで審査に落ちてしまうこともあります。金融ブラックとは例えば他社借入れをしていて、返済ができずに長期延滞などをしたり、任意整理や自己破産などの債務整理をしているかなどがわかります。これらのことは、いくらかくしていても個人信用情報を必ずチェックしますので、簡単にバレてしまいます。

多重債務をしてどうしても返済しきれないという場合は、複数の借金を一本化するおまとめローンを利用するという選択肢もあります。おまとめローンはすでに借金をしている人の調査ですが、他社借り入れなので改めて自社の基準で審査が行われます。債務整理が行われている場合、信用情報機関にもよりますが、登録されてから5~10年は抹消されません。

長期延滞をすると、個人信用情報機関には3ヶ月以上で載ってしまいます。返済期日を守らなかったために、支払いを終えてからも信用情報機関に記録が1年間残り続けます。1ヶ月間に3社以上の金融機関に融資の申し込みをすると、6ヶ月間はそのことが情報機関に登録されます。これらのいずれも審査に響きますので、審査の甘いところを選んでももったいないことになるでしょう。いずれにしても返済期日を守りつつ、金融ブラックにならないよう気をつけることが大切です。

banner0415_new

金融ブラックでも審査甘くなるケースとは

中小消費者金融審査甘いところがあるといわれる理由の一つは、大手は機械で行うスコアリングシステムを採用しているのに対し、中小は独自の方法で柔軟な判定がなされることにあるでしょう。中小消費者金融によっては審査のときに面談を行うなどして、担当者が直接ご本人のお話に耳を傾け、どうしてブラックになったかなど聞いた上で現在の返済能力を適正に判断します。

スコアリングシステムを用いてしまうと、例えば過去に債務整理を行ったらマイナスポイントになるなど、1つ1つの要素に対し点数がつけられてしまいます。中小消費者金融ではそのようなことはなく、ブラックに至った内容や背景などをくみ取ってくれるケースがあります。そのようなことから、中小消費者金融審査甘いといわれるのではないでしょうか。

任意整理や自己破産などの債務整理を行っているというのは、借金をひとまずリセットしてやり直すという狙いがあります。新規の借り入れの申し込みを行う場合にある程度の長い時間をおいていれば、審査担当者が受ける印象は好意的になります。

そもそも債務整理になると、その記録が5年以上も個人信用情報機関に登録されてしまうのですから、決して軽視されているわけではないことが分かります。登録されている期間にもかかわらず、貸し付けをしてくれる中小消費者金融があります。事故情報が登録されたばかりのタイミングに申し込みをする場合、返済できない状態になった直後であるにもかかわらず、返済能力があると判断することは、いくら良心的な中小消費者金融だとしてもさすがに困難でしょう。

金融業者側としては、融資をしたらそのお金が利息付きで返ってこなければ赤字になってしまいます。赤字になると薄々わかっているにもかかわらず、貸し付けを行えば、貸し倒しになるリスクが高いと思われてしまいかねません。個人信用情報を照会したときに、事故情報が登録されたばかりのタイミングで借り入れがあれば危険視される可能性があります。金融事故の登録が行われて長い間が空き、その間どこへも借り入れをしていない申込者には、本当に困った末の判断なのだということでマイナス印象にはならない場合もあります。長い間隔があいていれば、立ち直っているだろうということで、審査に通りやすくなります。

延滞の記録がある人に対しては、最も審査に悪い印象を与えてしまいます。携帯電話の端末機器の分割払いの遅れも同様で、認識が薄い人が多いのですが、カードローンやキャッシングなどの滞納をしているのと変わりません。たまたま1ヶ月支払期日に振り込みがなかった場合は、忘れていたなどのうっかりミスの可能性もあります。しかし、3ヶ月以上支払われていなければ踏み倒すつもりの人、計画性がない人などと低評価が下されるのは避けられないでしょう。ブラックの中身はいくつかありますが、延滞は審査への悪影響が大きいといえます。

banner0415_new

年収の3分の1までの総量規制が審査落ちの原因かも


中小消費者金融審査甘いところをお探しの場合、大手に申し込みをしてみたけれど断られたという方も多いのではないでしょうか。断られずに審査に通り大手消費者金融や銀行カードローンから融資を受けることができていれば、今ごろは中小消費者金融審査甘いところを探していなかったのではりませんか。

ということは、大手に審査落ちをした原因を明らかにでき、その部分を改善できればいいことになります。もしかしたら、消費者金融や信販会社などの貸金業者に適用されている貸金業法の総量規制が原因で審査に落とされているかもしれません。

総量規制とは、年収の3分の1までしか貸し付けできないという決まりで、貸金業法が改正されたときにスタートしました。銀行は貸金業法の適用外なので総量規制も無関係なのですが、貸金業者が扱っている商品のカードローンクレジットカードのキャッシング枠、フリーローンで貸し付けをしている金額の合計が、その人の年収の3分の1までを上限とする決まりになっています。この決まりは一社あたりではなく、一人の人に対し、全ての貸金業者の合計となります。

すでに貸金業者から融資を受けているなら、申し込みをした当時の借入残高と年収を比較してみてください。きっちり年収の3分の1の額に達していなかったとしても、近ければそれが原因で審査に落とされてしまいます。もし、現在の貸金業者からの借入残高が年収の3分の1に迫っているなら、いくら中小消費者金融審査甘いに関する有力情報をつかめたとしても、審査に通ることはできません。

おまとめローンなら貸金業者の商品だとしても総量規制対象外なので、年収の3分の1以上の金額でも借り換えが可能です。そもそも貸金業者を探すのではなく、銀行カードローンなどにするというのも選択肢としてあります。銀行カードローンはおまとめローンではありませんが、利用限度額が高いので、借入総額を十分にまとめられるくらいの余裕があることが多いのです。銀行は消費者金融などより低金利だというメリットもあります。

少額で複数から融資を受けていると、新規での審査にはマイナス印象を与えてしまうのですが、借入総額が同額でも業者数が少なければ審査にはプラスに働きます。融資額が少ないということは、その金融業者の審査担当者からそれだけ低評価を下されたと考えられてしまいます。融資額が高額なら、それだけまとまった金額の貸し付けをしても踏み倒されないという高評価をされているわけですから、次の審査担当者の印象もよくなるというわけです。

おまとめローンにすれば多重債務が1カ所に減らせますので、審査を有利にする手段の一つになります。また、担保にできる不動産を所有している方でしたら、不動産担保ローンも一考の価値があります。見渡してみれば他にも選択肢はあるものです。いろいろな可能性も視野に入れて、現状を一度見直してみるのもいいのではないでしょうか。

banner0415_new

中小消費者金融の審査に通りやすい人とは


中小消費者金融審査甘いということで、都市銀行や大手消費者金融などに申し込みをしたけれど断られた人が、中小だったら借り入れができるのではとたどり着くケースが多いのではないでしょうか。大手はテレビCMや宣伝を大々的に行っていますから、知名度の高さからまず申し込みをする場所になりがちです。

そのため、中小はその次に申し込む方も少なくないでしょうが、今度こそは審査に通り、希望融資額を手にしたいはずです。希望額の審査に通過するためには、中小消費者金融がどのような顧客を求めているかを知り、準備を整えてから審査に備えることも大切でしょう。中小消費者金融側としては、どんな利用者を求めているのでしょうか。中小消費者金融もこれまで運営してきた中で、どのような人が申し込んでくるのか、ある程度の現実を承知しています。大手に行ってはみたものの断れた人がいることも、恐らくご承知です。

融資をする側としては会社の大切な資金が一時的にでも渡るわけですから、信頼ができて返済日にしっかり利息をつけて返してくれる人材を求めています。大手で断られた理由が他社借入があることだとしたら、あまりに多く抱えていることで自分のところの返済日を忘れられがちになる心配はあります。しかし、そのような利用状況の方でも遅延なく毎月の返済を守ってくれる方なら融資をする人として理想的です。

大手で審査落ちをした原因がかつて金融事故を起こしたことにある場合、現在は借金を完済し終えており、収入面で当時よりゆとりがある人なら、以前より返済がスムーズであることが期待できます。基本的に連帯保証人や担保がなくても貸し付けを行っていますが、保証人さえいれば融資をしても問題なさそうな人もいます。これらの特徴をまとめると、毎月の返済をきちんと守ってくれる人であれば審査に通して融資したいということになります。

中小消費者金融の特徴の一つに、全国展開してあちこちに支店や自動契約機を設けている大手消費者金融とは違い、支店数が少ないところがほとんどです。本店のみというところも珍しくはありません。近年は申し込みから審査、融資までインターネットや口座振り込みで完了するので、店舗まで行かずに済むところが増えています。しかし、会社によっては支店に行って面談をする決まりになっているところもあります。

中小消費者金融の営業は平日の日中だけというところが多いので、そうなると電話相談も面談も平日の昼間に時間を作ることになります。どうしても資金が必要なときなので、直接会って面談で相談をしたいという方もいるでしょうし、家が遠く平日は仕事があるのでWEB完結できた方がいいという方もいるでしょう。ご自身の状況に応じて業者選びをし、あっているところで平日の営業時間内に電話申し込みをしてみてください。

banner0415_new