banner0415_new



審査通りやすい 消費者金融の関連記事
  1. キャッシングと言えば、消費者金融か銀行カードローン
  2. 中小消費者金融の存在 大手消費者金融審査落ちでも借りれる
  3. 中小消費者金融は借りやすいけれど、審査落ちもあり
  4. まとめローンの存在について
  5. 中小消費者金融で借りてみよう


banner0415_new

キャッシングと言えば、消費者金融か銀行カードローン

現在、キャッシング消費者金融カードローン、銀行カードローンなどが一般的です。
一般的と言うのは、簡単に借りやすいと言う意味です。
しかし、誰でもということではなく、審査に通ればの話です。

あのカードローンは審査に通りやすいという噂

インターネットの情報では、カードローン比較などのサイトで、通りやすい消費者金融などが紹介されています。
果たしてそれは本当なのか?というところですが、実は審査基準には違いがあります。
金融業者がすべて審査内容を同じにしていることはなく、ただし公表されていないことですから、情報にしても、“自分は”こうだったという体験に基づくものです。
そこで、注目なのが、誰もが知っている大手消費者金融の審査内容が案外と甘いという情報です。
これに関しては、真偽が疑われます。

大手消費者金融の審査

大手消費者金融と言えば、CMを行っているネームバリューのある消費者金融です。
今は銀行系消費者金融として生まれ変わっていますが、この大手消費者金融の審査は、それこそ体験談から言うと、審査の差はあまりないようです。
もしあるとしたら、申込者の収入の違い、属性の高低でしょう。
信用情報の審査に関しては、ブラックはNGとか、多重債務者は3社程度などの内容はほとんど同じです。
ですから、1つの大手消費者金融で審査落ちの場合は、他社大手消費者金融でも借入が難しいと言うのが現状です。
◯◯(誰もが知っている大手消費者金融)だけは特別に審査が通りやすいという情報に関しては、不確かということです。

銀行カードローンは?

この銀行カードローンについては、店舗を構える大手銀行、地方銀行、ネット銀行などがあります。
いずれも申込はインターネットでできる場合が多いですが、多少審査に差があります。
どこが良いということではなく、銀行口座を持っている、給与の振り込みに使っているなどの優遇があるようです。
ただし、これも信用情報の審査については、ほぼ横並びであり、大手消費者金融より審査が厳しいのは確かです。
総量規制対象外の銀行カードローンについては、限度額が大きくなるためより慎重な審査で、審査通過率は低いです。
消費者金融が貸金業法に対して、銀行カードローンは銀行法であり、審査基準も違うのです。

大手消費者金融と銀行以外の消費者金融の存在

国内には、大手と銀行以外でお金を貸してくれる金融業者が多いです。
ただ、宣伝をしていないことで知られていないだけであり、インターネットの検索では、日本全国の金融業者を探すことが可能です。
一般に大手消費者金融に対して、中小消費者金融と呼ばれることが多いですが、審査は、大手や銀行よりも甘いのが特徴です。


banner0415_new

中小消費者金融の存在 大手消費者金融審査落ちでも借りれる

国内に無数に存在する金融業者。
多くの方は、その存在すら知らない方が多いです。
それは宣伝費をかけていないことで、知られる機会が少ないのですが、インターネットの普及によって、公式サイトなどが続々できています。
名前の知らない金融業者からのキャッシングはなかなかできないことですが、公式サイトと同時にも多くの体験談などのサイトも立ち上がっています。
その数が多いことで、金融業者の信頼も大きなものになります。

銀行系消費者金融とは?
最近の大手消費者金融の多くは、◯◯銀行グループです。
貸金業法の改正などにより、債務者の権利を守る債務整理、利息制限法の制定により、貸金業者にとっての生き残りです。
しかし、そんなことにも動じない独自審査で経営をしている貸金業者が多く存在しています。
宣伝はしていないのですが、利用者の口コミにより、中小消費者金融、街金などの名前で、インターネット上での宣伝を始めています。
銀行系消費者金融ではないのですが、小規模経営でかつ甘い審査の貸金業者です。

審査は甘くしないと

大手消費者金融と張り合うことがないこうした中小消費者金融では、信用情報の内容でブラックでも対応というのがセールスポイントです。
ですから、大手消費者金融や銀行カードローンで借りれない方が、どこがで借りたいと検索をすることで、中小消費者金融を見つける機会が多いです。
大手がダメでもここではお貸しすることができるというのが、中小消費者金融のスタンスです。
もちろん貸金業法内でもブラック対応になりますが、大手消費者金融では審査落ちでもキャッシングができるのは本当です。

大手消費者金融と同じ審査

審査が甘い部分と全く同じ部分があります。
すべての大手消費者金融審査落ちが借りれるのではなく、譲れない審査としては、総量規制の問題です。
貸金業法で言う総量規制とは、貸金のときの限度額を言います。
大手消費者金融も中小消費者金融も年収3分の一が限度額です。
ここは中小消費者金融でも絶対的な数字です。
ですから、大手消費者金融の審査落ちの原因が総量規制オーバーの場合は、中小消費者金融でも審査落ちです。

どんな審査が甘い?

例えば、多重債務、債務整理などです。
大手消費者金融では5年以上のブランクを必要とするのですが、中小消費者金融では総量規制範囲内での借入が審査されます。
契約ができる範囲の借入件数の場合ですが、他社借入が許容範囲であればOKです。
自己破産者も1年程度の審査で、返済能力があるのなら、小口融資ができるのです。
ということで、審査の甘さは、その方の信用情報の内容にもよりますが、より借りやすい消費者金融として存在しています。
必ず借りれることはないのですが、総量規制範囲内であれば、キャッシングができる可能性が大きいでしょう。


banner0415_new

中小消費者金融は借りやすいけれど、審査落ちもあり

大手消費者金融では、審査内容として、収入のある20歳以上というのが大前提です。
それだけしか項目がないのですが、当社の審査があります、と表記があります。
内容の公開はないのですが、誰でも借りれるということではないだけは確かです。
というのも、大手消費者金融の審査通過率は50%を切っています。
申込者すべてがキャッシングできる金融業者ではないのです。
簡単に借りれそうだけど、そうではないんだと思っている方も多いことでしょう。
銀行カードローンになると、審査通過率はもっと低くなります。

審査に厳しい理由

それは、完済ができそうもない方には貸せない。
ある審査基準から、そうなっています。
それぞれの基準に関しては、コンピュータースコアリングシステムでデータ処理をしますから、数字的に審査落ちが簡単に決まってしまうのです。
微妙な数字であったとしても、ギリギリOKかNGという場合も多いことでしょう。
とにかく、借りれると思ったのにダメでしたという申込者も多いです。

審査が甘い中小消費者金融

中小消費者金融でもコンピュータースコアリングシステムを導入していますが、大手消費者金融とは別の審査基準です。
基本的に借りやすい消費者金融として知られているのですが、微妙な大手消費者金融NGも借りれる機会が多いと評判です。
特に、多重債務者で、総量規制範囲内は多く余っているのに、借入件数だけで、大手消費者金融は審査落ちになります。
そのような方は、中小消費者金融での総量規制の余裕範囲の借入はスムーズにできると言います。
延滞をしていない、収入があり、在籍確認まで完璧という場合ですが、個人信用情報の内容で、ある程度の審査の甘さがあります。
いわゆるブラックでも借りれる消費者金融です。

中小消費者金融にいく前に

ただし、中小消費者金融でも審査通過率は100%ではないです。
簡単に借りれると高をくくっていたら、審査落ちになってしまう方も多いのですが、これは審査落ちの要件も存在しています。
もし、大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちの原因が限度額がいっぱいであれば、中小消費者金融でも審査落ちです。
また、年収が安定しない、パートやアルバイトでも良いのですが、毎月一定の収入ではないとか、勤続年数が1年未満の場合は、借りられないことが多いです。
そして、債務整理者もOKの中小消費者金融ですが、1年未満の場合は要相談です。
中小消費者金融の一部では半年以上の勤続年数でもOKのところはありますが、信用情報で金融事故がある場合、審査は微妙です。
契約ができるとある程度確信ができるのは、年収100万円以上、勤続年数1年以上、総量規制範囲内、他社借入3社以内の方です。
この上で、ブラックであったとしても、審査の机上には乗るということです。
貸付の可能性としては、この範囲以上の身分であることです。


banner0415_new

まとめローンの存在について

大手消費者金融の申し込みをしたのに、多重債務者で審査落ちをしてしまった。
多重債務解消のまとめローンはどうだろう?

まとめローンとは?

多重債務者なら一度は考えるまとめローンですが、複数の貸付を1つのキャッシングにまとめることです。
メリットとしては、金利が低く返済しやすいことです。
貸金業法上では総量規制対象外になり、年収3分の一以上の借入金でもOKと言うものです。
大手消費者金融でも存在している商品ですが、フリーローン審査落ちの方は審査通過率はないです。
実はまとめローンの審査は、厳しいのです。
総量規制対象外と言えば、銀行カードローンもそうです。
総量規制無関係で、ワイドな限度額が売りですが、まとめローン的な借り方も可能です。
しかし、消費者金融の多重債務者で、銀行カードローンの審査に通ることはないです。
審査がとびきり難しいのがその理由です。

中小消費者金融のまとめローン

大手消費者金融でのキャッシングができないと、審査が甘い中小消費者金融にいく場合が多いです。
その時に、中小消費者金融のまとめローンはどうか?となることでしょう。
大手消費者金融と同じまとめローンであり、違いとしては金利が高いことです。
ただし、審査は甘いです。
中小消費者金融に行き、フリーローンとして申し込みをするか、まとめローンで多重債務を解消したいか悩みどころです。
ポイントとなるのは金利の高さですが、もし納得のいく中小消費者金融のまとめローンができたのなら、ベストな選択といえるでしょう。
返済期間が長くなったとしても、この先のキャッシングの必要性がなくなり、多重債務者ではない身分は良いことです。

まとめローンの是非

もともとまとめローンにしても借り換えのメリットは金利の低さです。
中小消費者金融では、個人信用情報機関の審査では多少甘いことも考えられ、収入が確かであれば、まとめローンの貸付の可能性は大きいです。
毎月の返済額を抑えて、楽に返済をしていこうというのなら、総返済額が大きくなる可能性は大きいです。
そこで、是非が問われるのですが、債務整理の道もあるだろうということです。
総返済額がや大きくなるのなら、債務整理をして反対に返済額を小さくするのもあり、という選択です。

審査の甘い中小消費者金融と債務整理

大手消費者金融や銀行カードローンの審査落ちの時点から、債務整理の必要性は問われることになります。
中小消費者金融でのフリーローンを無理なく借りれたとしても、返済の負担はそれだけ大きくなってしまいます。
そこで、中小消費者金融で借りるのではなく、債務整理をした方が良いと言う選択になるのです。
アコム審査落ちで債務整理をしている方もとても多いのです。
ただ、まとめローンで完済をしたいとか、債務整理は回避したい方については、ブラック対応の中小消費者金融に相談をしてみてください。
今の信用情報で受け入れられるのであれば、さまざまな提案であることでしょう。


banner0415_new

中小消費者金融で借りてみよう

はっきり言って、中小消費者金融の審査は甘いです。
大手消費者金融とは違い、ブラックでも借りられる可能性があります。
銀行カードローンや大手消費者金融とは違い、カードローンではないのですが、数万円単位のキャッシングなら、結構楽に借入ができます。

無人契約機がある中小消費者金融も

最近では、ローンカードのある中小消費者金融もあります。
使い方としてはセブン銀行のATMや大手消費者金融のATMと提携をしているのですが、特に返済が簡単です。
銀行系カードローンを使っている気分になります。
中小消費者金融や中堅消費者金融や街金は、貸金業法の範囲内の正規金融業者です。
金利は大手消費者金融よりは高めですがも、それでも利息制限法20%を超えることがないです。
カードローンができたり、インターネット申し込みができるなど、大手消費者金融並のサービスで使い勝手が良いです。
ただ、即日融資は難しいところ、振り込みキャッシングで土日などを挟むと現金を手にするまで時間がかかってしまうなどの難点はあります。

ブラックでも借りられる

債務整理後のキャッシングができるのが嬉しいです。
任意整理中のキャッシングができたり、自己破産者でも収入があれば借りれることがあります。
個人信用情報のブラックでも契約ができる場合が多いとされていますが、それにしても限界はあります。
多重債務者でも他社借入が4社以上だったり、延滞をしている方は審査落ちです。
そこまで行けば返済能力がないとみなされるのは仕方がないことですが、少なくとも多少のブラックであれば、中小消費者金融の貸付を受ける可能性は大きいでしょう。

まとめローンや不動産担保ローンなどもあり

収入があれば、ですがまとめローンなどの商品もあります。
フリーローンではなく、多重債務の解消ができるまとめローンでは、すべての多重債務を完済できる可能性があります。
その後の返済は大変ですが、総量規制対象外で、多額の借金に悩んでいる方の解決策です。
とにかく甘い審査がポイントの中小消費者金融ですが、借りやすいだけではなく、借金相談にも対応してくれます。
電話やインターネット申し込みもありますが、来店での受け付けもあり、大手消費者金融審査落ちでどうしようもない方は、ダメ元で相談というのもありです。
最も、中小消費者金融でも審査落ちで、債務整理を勧められる場合もあります。
この時、弁護士紹介には乗らないことです。
債務整理の弁護士は自分で探すことをおすすめします。

banner0415_new