banner0415_new

中小消費者金融のまとめローンについて

中小消費者金融は、口コミでは審査の甘い金融業者として知られています。ただし、会社名を聞いてもピンと来ないのですが、国内には大手消費者金融よりも多い金融業者です。

審査が甘いということは

審査とは、借入をしたい金融業者や金融会社に申込をしたとき、かならず行うものです。業者によって審査基準が違うのですが、平均的に甘いとされているのが中小消費者金融です。何が甘いのか?というと、一番はブラックリストでも借りられるケースがあるということです。

ブラックリストとは、債務整理をしたり、多重債務の借入件数が多いなど、返済が少し難しいと判断された方です。中小消費者金融では、総量規制の範囲内であれば、一応審査対象としてブラックリストも借入することができる場合があるのです。それが一番の特徴です。

banner0415_new

総量規制対象外とは

総量規制は、年収の3分の一の消費者金融全体の借入限度額を指します。大手も中小もかならずこの範囲内は厳守です。

貸金業法では、総量規制を定めることで、借り過ぎ注意を喚起しているのですが、違反をすることで、貸金業もできなくなってしまう厳しい法律です。中小消費者金融では、キャッシングOKにするブラックリストに対しても、総量規制だけは守ります。債務整理後、多重債務でも総量規制以上の貸付は絶対にしないのです。

審査の甘さは違法とは別物です。しかし、消費者金融のまとめローンだけは、総量規制対象外の金融商品として扱うことができます。

借り換えローンとは違う

総量規制対象外のまとめローンは、多重債務者限定になります。信用情報機関では、申込者が多重債務であることを申告しなくても記録としてあります。その多重債務を解消するためのまとめローンに関しては、時には総量規制を越えてしまうことがあります。

フリーローンとは別の契約内容で審査をすることで、多重債務を1つローンにすることは可能です。その時には、現金を手にするのではなく、消費者金融がすべての多重債務の借入先へ完済して、その金額を返済していく形です。借り換えローンは、金利が低いローンに変えるだけのものです。まとめローンとは違うのです。

中小消費者金融のまとめローン

現在、大手消費者金融の多重債務の場合、中小消費者金融のまとめローンにすることで金利が高くなることがあります。借入額が大きくなってしまうことで、金利年数%は下げるのですが、もともと中小消費者金融は大手消費者金融割も金利設定が高いのが特徴です。そこで、せっかくの多重債務解消をしたとしても、総返済額が高くなってしまうようであれば、それはそれで考えものです。

オススメしたい中小消費者金融の総量規制対象外のまとめローンですが、かならずシミュレーションをした上で、決定しましょう。返済が出来ずにこのまま行くと債務整理という場合でも、返済額がこの先増加してしまうよであれば、債務整理もひとつの方法です。

banner0415_new

中小消費者金融のまとめローンの落とし穴

総量規制対象外というと、銀行カードローンがあります。
年収3分の一以上の借入ができるのですが、実際は半分程度です。

消費者金融がダメなら銀行カードローン審査の無理

消費者金融の総量規制では限度額が少ないから、銀行カードローン審査に挑む。ブラックの方はもちろん、銀行カードローン審査は厳しいので、現実には、限度額を引き上げることは容易では無いでしょう。

大手消費者金融の審査に通らないのであれば、銀行カードローン審査は到底無理な話です。ですから、総量規制限度内の借入は信用情報に自信がない方は受け入れるしかないのです。

banner0415_new

中小消費者金融ではどう?

中小消費者金融は審査は甘いですが、総量規制は借入限度額として設定されています。どうしても消費者金融では総量規制に阻まれて、銀行は良いという判断も最近では、銀行も限度額を引き下げているとの噂もあります。オリックス銀行カードローンなどは限度額も大きいのですが、年収が高くなければ、やはり限度額は抑えられます。

銀行法によって総量規制対象外の商品になりますが、収入証明書を提示することで、そんなに高い限度額は期待できないのです。中小消費者金融のフリーローンになると、総量規制対象外どころか、ブラックにとっては5万円以下の借入しかできない、それが現実です。

信用情報に自信がないのなら、最初から中小消費者金融へ

総量規制対象外と言えば、まとめローンです。多重債務でなんとか1つのローンにして、金利も下げて返済額を抑える事ができます。総量規制は原則無視できますが、年収が高くなければ、極端なまとめローン契約はできません。その上、ブラックですと、中小消費者金融でも審査が少し込み入った状態になります。

まとめローンは最大限度額の設定があり、無担保です。目安としては、年収よりは低い設定になりますが、ここはシミュレーションをしてみて判断することが大切でしょう。

banner0415_new

金利年何%のまとめローンなのか

金利が高い中小消費者金融では、まとめローンも少し金利は大手消費者金融より高めです。多重債務解消のためとは言え、返済額が大幅にアップするのは良い選択肢ではないのです。

しかし、悪徳金貸し屋の場合は、それを承知で総量規制対象外である、多重債務も解消、返済が楽になると言ってきます。月の支払うお金が小さくなって一見良い商品ですが、返済期間が何年もかかってしまうことで、金利が小さくなる恩恵がなくなってしまいます。悪徳金融業者は、それが狙いです。

甘い審査で甘い言葉には要注意

ブラックであるがゆえに甘い言葉の中で、返済が楽になるとか、返済専用で楽と言った言葉には簡単に乗らないことです。シミュレーションをした上で、良く考えて選ぶ必要があります。

banner0415_new

中小消費者金融の総量規制対象外まとめローンでなければだめな人

総量規制対象外の銀行カードローン。低金利であるがゆえに価値があります。ノンバンクの総量規制対象外商品についてはどうでしょう?

総量規制と消費者金融

消費者金融の限度額は総量規制によって限度額が決められています。ですから、総量規制対象外というと、フリーローンではなく、目的のある貸付です。

一般的なものとしては、まとめローンしかないのですが、銀行カードローンのよう名金利の低さがないので、負担減にならない可能性があります。それでも、借入限度額が大きく多重債務解消の一つの手として、利用した方が良い方もいます。

banner0415_new

債務整理は絶対にできない方

債務整理は借金返済ができない方の救済策です。今ある借金の金利を下げるという単純なものではなく、元金も小さくすることができますから、根本的に借金が減少します。特に自己破産になると、借金ゼロと言う奇跡的な結果を生み出します。

ところが、この債務整理をすることで、仕事ができなくなったりする方もいます。お金を扱う事業、法曹界などでは、債務整理をしてしまうと信用を大きく落としてしまうのです。このような方にとっての借金で、なんとか債務整理なしで、返済を続ける方法として、中小消費者金融の総量規制対象外のまとめローンがおすすめです。

メリットとデメリットの間

本来、まとめローンは最大限度額が総量規制を大きく越えてワイドな借入ができる変わりに低金利になることで、返済額を大幅に減少させる事ができます。これがメリットです。新生銀行カードローンやオリックス銀行、三井住友銀行などの場合、金額が大きくなるほど、金利は低くなります。

ところが、中小消費者金融のまとめローンは、審査も甘いですが、銀行カードローンより高い金利のまとめローンになることが多いです。ですから、メリットがない。返済額は大きくなってしまうデメリットが生じてしまいます。しかし、このまま行くと債務整理、それは絶対回避しなければならない方にとっては、まとめローンの選択が妥当な場合があります。

返済能力があれば、中小消費者金融は全面協力

債務整理によって仕事に不都合をきたす方で、返済能力が高いのであれば、中小消費者金融は審査は通る可能性は高いです。結果的に返済負担は大きくなりますが、社会的地位は確立することができます。

信用情報機関に傷をつけることなく、多重債務解消と債務整理も不必要。元はと言えば、自ら招いたことですから、そうした選択もありでしょう。収入が多ければ、まとめローン契約で少しずつ債務を少なくしていくこと、大変ですが、仕事を失うよりはマシです。

banner0415_new

総量規制対象外と法律について

金貸し屋というと、闇金のイメージもありますが、銀行も消費者金融もいうなれば金貸しを商売としています。サラリーマンローン、マイカーローン、住宅ローンもすべて借金そのものです。金融業者では、かならず法律に則って、貸金をしています。

この時の法律は、消費者金融が貸金業法、銀行カードローンは銀行法です。この2つの法律で決定的な違いは総量規制で、銀行法には存在していません。

総量規制と総量規制対象外

年収3分の一を限度額とする総量規制の法律がない銀行カードローンは、消費者金融よりも高い限度額になります。借入限度額なども高く設定されています。オリックス銀行は最高800万円のカードローンですし、三井住友銀行カードローンも500万円と高額です。

しかし、消費者金融では年収3分の一が限度額ですから、800万円の利用をしたいのなら年収2400万円以上の方になります。国内なら存在しないことはないのですが、一般的に数字ではありません。よって、スタート時点から限度額の違いは大きく露呈することになります。

banner0415_new

審査の厳しさ

消費者金融と銀行カードローンで、審査が銀行カードローンの方が厳しいです。高い限定額であることも確かですが、銀行の方がやはり銀行法によって厳しい審査が続きます。銀行審査落ちで大手消費者金融に行く方も少なくないのです。

銀行カードローンの魅力は低金利の部分もあります。審査でいうと、大手消費者金融よりも中小消費者金融がとても甘いです。大手消費者金融審査に通らなかった方でも中小消費者金融でOKの場合が多く、特にブラック金融ができるとの口コミも多いです。

信用情報機関の内容

審査のポイントの信用情報機関の見方については、ブラックの印の異動情報も中小消費者金融では承認した上で借入ができます。自己破産者でも担保なしでの利用ができたとの口コミもあるのですが、正規の消費者金融そのものです。決して闇金などではないのです。

大手消費者金融との違いは金利の高さですが、貸金業法度は20%をこえることは決してありません。いくら高くても20%です。大手消費者金融との開きは3%程度です。中小消費者金融の審査が甘いですが、総量規制を越えることは決してありません。

消費者金融の総量規制対象外商品

それはまとめローンです。住宅ローンなどと同じ扱いで、キャッシングですが現金は手に入らず、まとめローンは多重債務完済のための資金です。

そして、それを返済専用のキャッシングとして、返済していく形です。それが総量規制、年収3分の一を越えても良いとされていて、金利もフリーローンよりも低金利です。中には銀行並も低金利実現する物もありますが、審査の甘い中小消費者金融でも、まとめローンの審査は慎重です。

banner0415_new

中央リテールの最強総量規制対象外のまとめローン

中小消費者金融の総量規制対象外の商品では、中央リテールの話をしなくてはならないでしょう。

中央リテールの総量規制対象外まとめローン

中小消費者金融として口コミ情報も多い中央リテールは、返済専用のまとめローンだけを取扱金融業者です。消費者金融全体を見ても珍しいのですが、審査内容も特徴があります。最大限度額は500万円で、注目は金利年10.95~13%という低金利。普通中小消費者金融のまとめローンは15%が最低ですが、中央リテールでは破格の金利の低さが評判です。

ネットで申込、2時間程度の仮審査後、本審査は対面与信です。この形も消費者金融では珍しい面談の方法が採用されています。

総量規制対象外、低金利、でも審査が

審査がちょっと問題です。というのも、多重債務も借入金額も高すぎて、他の消費者金融の審査に通らない方が対象になっています。

あなたの債務状況は安すぎます、なんていう状態で審査落ちをするのです。ですから、中途半端な多重債務者などは妙に宙ぶらりんな形になりがちですが、中央リテールでの審査に通るということは、相当なブラックリストである証拠です。

banner0415_new

審査内容は厳しいとの評判

すごい多重債務でなければならないのですが、ここに至るまで延滞をしていないことが大条件になります。それはとてもたいへんなことであり、今ここで中央リテールの存在を知った方は、もっと早くに知りたかった方も多いでしょう。

カード会社ではなく、返済だけを目的に、それも完済ができるだけの収入の確保ができないと審査は通りません。例えば400万円者おまとめローンの場合、最大10年間の返済をしていくことになります。1年で元金だけで40万円ほど、それに利息が付きますから、5万円ほどの返済を10年間約束することができる方限定ということになります。

字面的にはスラスラと書いていますが、10年間の返済はとても大変です。信用情報などは、既に異動情報などもある状態ですが、その中家からの審査通過は大変です。ブラック金融になりますが、対面与信でしっかりと真意を伝えきることが審査通過のポイントです。

借り換えできればラッキー

金貸し屋としては、あまり類のない中央リテールですが、借入額も大きく、完済記録を作ることができるのは、ブラックにとってはまたとないチャンスです。貸付条件は厳しいものの、債務一掃には最適プランも用意されていますが、中途半端なブラックは相手にしないので注意が必要です。

最強の総量規制対象外のまとめローンとして、返済能力が高いブラック、自信がある方は申込をしてみて下さい。仮審査通ったとしたもかならず本審査で契約に至ることがない、最後まで慎重な審査が続くようです。

banner0415_new