banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制以上の借り入れは難しい

大手キャッシングなどで申し込みをする時に、審査基準の一つに総量規制があります。
消費者金融では年収3分の一以上の申し込みに対しては、審査落ちの判定をします。

総量規制とは?

キャッシングができるのが、年収3分の一以内とする規則です。
カードローン会社では、審査の際に信用情報を確認をします。
申し込みの時に、自己申告で借り入れしている件数や金額を入力しなければなりません。

審査では、信用情報で確認をしますが、その時に何件借り入れをして、いくら借りているかを審査します。そこで、今回は総量規制範囲内だけの借り入れになったり、すでに総量規制に達している場合は、審査に通りません。自己申告と信用情報の内容が違う場合も審査に通らないことがあります。

例えば、300万円の年収の場合、100万円が総量規制です。
申し込みをしている時にすでに60万円の借り入れをしている時には、40万円しかか借り入れができません。また、初めてのキャッシング申し込みで同様に110万円の借り入れをしたい場合、300万円の年収の方は審査落ちになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制を知らないと

安易な借り方をしていると審査に通らないことがあります。
初めて借りる時に、総量規制以上では審査に通らないことはなぜと思うのは総量規制が関係していることがあります。多重債務者は特に気をつけたい部分です。

審査の甘い街金では?

カードローン会社、大手キャッシング業者より審査が甘い街金では、総量規制に甘いかもしれない。これは大きな勘違いであり、街金も必ず総量規制範囲内のキャッシングしかできません。

もともと利用限度額が低いこともあり、総量規制には敏感です。貸付が数万円の場合も少なくなく、甘い審査で多くの借り入れをしたいと言うのは、甘い考えです。

総量規制はクレジットカードのキャッシングも含まれる

カードローンやキャッシングばかりではなく、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の範囲内です。ですから、多重債務者ではないとクレジットカードのキャッシングを使用している場合もあります。しっかりと多重債務者の部類に入っていますので、キャッシングには気をつけましょう。

銀行カードローンの借り入れ、教育ローンやカーローン、住宅ローンの借り入れ。
クレジットカードのショッピング枠の借り入れに関しては、総量規制対象外になります。
各種ローン以外が総量規制範囲内になり、銀行だけは消費者金融の貸付とは無関係です。

ですから、銀行カードローンのキャッシング後に消費者金融の借り入れしたい時には、信用情報の総量規制範囲内では多重債務ではありません。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融と銀行と総量規制の関係

カードローンには2つの種類があります。消費者金融系と銀行系です。
2つのカードローンの違いは総量規制です。総量規制とは、利用限度額のことを言います。

総量規制は貸金業法の規則

貸金には、消費者金融系の貸金業法、銀行系の銀行法の2つの法律があります。
総量規制は貸金業法のものであり、消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠が対象です。銀行法では独自の限度額の設定を行っています。

ですから、申し込みをする金融機関によって、総量規制が関係してきます。
審査対象として、総量規制が関係するのが消費者金融系カードローン、クレジットカードのキャッシング枠になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制対象外の銀行カードローン

以前は、限度額に大きな差があった銀行カードローンですが、最近ではそれほど限度額に差がないと言います。ただし、多重債務などに銀行カードローンは影響が少ないことで言えば、消費者金融と銀行のキャッシングをそれぞれしてることで、総量規制の範囲内が守られることになります。

すなわち、消費者金融カードローンと銀行カードローンのキャッシングをしていて、別の消費者金融の申し込みをした時には、問題になるのは1社の消費者金融だけになります。

しかし、信用情報では銀行カードローンの残債も確認しますから、多くの借り入れがあると、総量規制以前に審査に悪影響はありますが。

理想的な借り方

総量規制対象外の銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも低金利で、場合によっては総量規制以上の借り入れができます。

そして、審査も厳しいので、まずは銀行カードローンのキャッシングを先に行うことが良いとされています。銀行カードローンからの大手キャッシングの方が総量規制には影響が少ないということです。

審査の差もありますが、消費者金融の借り入れがある状態での銀行カードローンの審査はなかなか通らないとされています。審査に関しては、借り入れが少ないほど良いのですが、総量規制を意識した借り方を考えることです。

カードローン審査では、信用情報で金融事故がないことが大手消費者金融、銀行カードローンの基本です。

甘い審査の街金

大手消費者金融、銀行カードローンで借り入れができない時に、街金や中小消費者金融の選択があります。返済能力があれば、街金での借り入れがスムーズにいくことがありますが、総量規制は関係します。

貸金業法の範囲内である街金では、多重債務は多少多くなったとしても、借り入れ金額は年収3分の一を厳守します。限度額は大手消費者金融の範囲内との合算になりますし、銀行カードローンで多額の借り入れをしている場合、借りれることは少ないでしょう。

甘い審査ですが、総量規制を突破する借り方は出来ないと思っていたほうが良いでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融や街金で総量規制以上の借り入れする方法

消費者金融のホームページでは、この商品は総量規制対象外ですと表記があるものが存在しています。それが、借り換えローンとまとめローンです。

借り換えローン

カードローンの申し込みでは、新規キャッシングになります。
借り換えとはすでに持っている借金をこちらのローンに換えませんか?というものです。
そのメリットは、金利が低くなることです。

消費者金融の狙いとしては、別の大手消費者金融のカードローンの借り入れを借り換えをしてもらうことで、収益が狙えます。申込者に対しては、今までよりも少しだけ金利が安くしてお得ですと言うことです。この場合、総量規制以上の借り換えローンでも対応しています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

まとめローン

借り換えローンと内容は同じですが、こちらは多重債務者を対象にしています。
多重債務で借り入れ分をそっくりまとめローンとして1つの商品にまとめてしまうことです。
ローンの1本化とも言います。利息制限法の関係で、少ない金額の借り入れでは金利は高めです。

しかし、まとめローンで1つのローンで多額の借り入れにすると、大きく金利が下がることがあります。そこが狙い目ですが、返済金額が変わらないと完済までの総返済額が大きく減額されることがあります。この場合は、年収3分の一以上の総量規制オーバーでも対応しています。

どうして総量規制以上でも大丈夫なの?

その理由としては、新規キャッシングではないからです。
借り換えローンもまとめローンも新たなキャッシングができません。
残債分だけの借り入れになることで、現金を入手することがありません。

金融業者としては、返済能力が高い方対象にしたこの総量規制以上の借り換えでは、確かな返済を期待しています。多くの借り入れ金額に対して、金利下がる、毎月の返済負担を小さくすることができる。そこが魅力です。

審査は厳しい

ところが、審査は普通のキャッシング以上に厳しいです。
総量規制以上の借り入れになってしまうことが原因です。
大手消費者金融などでは、なかなか審査に通らないとされています。

そこで街金のまとめローン、借り換えローンがお得になります。
審査基準は大手キャッシング以下であり、利息制限法の関係で新規キャッシングでは高金利ですが、借り換えローン、まとめローンでは大手消費者金融の金利以下での契約が可能です。

しかも審査基準が甘いことで言えば、総量規制以上の借り入れが街金で行う事ができます。
あくまでも新規キャッシングではなく、多重債務者対象の商品です。多重債務者や、すでに借り入れがある状態で、そっくりと同じ金額だけのキャッシングができます。

しかし、返済専用であり、新規で借りれることはありません。
なお、多重債務の中で銀行カードローンに関しては、まとめローンをすることができません。
借り換えローンでは対応しています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制以上のまとめローン専門の中央リテール

街金で総量規制以上の借入可能なのが、中央リテールです。
新規キャッシングの受付をしていないまとめローン専用の街金です。

まとめローンの扱い

中小消費者金融の多くがまとめローンの商品があります。大手キャッシングも銀行カードローンも借入ができない多重債務者が、なんとか数万円でも借りようと街金に来ます。

その時に、多重債務の内容で新規キャッシングができない場合、まとめローンの切り替えて申込をすることができます。提案されることもありますが、まとめローンの内容で金利が低くなるのなら検討してみてください。

ところが、中央リテールでは、まとめローンしかありません。
他に不動産担保ローンがありますが、キャッシングではまとめローンのみの取扱をしています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

最大のメリット

あえて紹介したいのは、金利の低さです。
利息制限法では、100万円を超えるキャッシングでは上限金利が15%になります。
中小消費者金融や街金のまとめローンで100万円以上では15%です。
それでも低い部類に入りますが、中央リテールでは13%でのまとめローンが上限金利です。

そこで、現在18%以上の多重債務であるのなら、魅力的商品になるのは必須です。
借り換えローンとして、中央リテールの低金利が人気です。

街金という立場

中央リテールは街金であり、審査対象者が金融事故があっても借りれる場合があります。
しかも、ある程度の多額のまとめローンしか取り扱いをしないとか、借入件数も他のまとめローンではとうに審査落ちしてしまう多数でもOKです。

甘い審査で低金利、総量規制以上の借り換えローンができることで申し込み者は多いです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査は難しい

甘い審査なのは金融事故者でも借りれるからです。
ただし、難しいのは地域限定(東京の会社での面談審査)があり、収入に関してはの審査が面倒です。多額の多重債務、借入件数が多いということ、中央リテールの申込の時に、毎月7万円程度の返済をきちんとしていることが必要です。

多額の多重債務は良いですが、毎月たくさんの返済ができるだけの返済負担ができることが必要です。ようするに、安定した収入の保障がなければならないのと、毎月多額の返済ができることが必要です。

また、中央リテールの契約後はクレジットカードやキャッシング、カードローンすべての解約の義務があります。会社関係でクレジットカードを使う方も解約を迫られます。

審査通過者が少ない

実際に会社での本審査になりますが、なかなか借入ができる方が少ないといいます。

多額の借入があり、総量規制なんてずっと前にオーバーしている。
毎月返済が大変だからとまとめローンの申込に来るのですが、審査でがっかりされる方も少なくないと言います。総量規制以上のまとめローンで、甘い審査の街金ですが、現実は厳しいようです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制対象外のまとめローンの落とし穴

銀行カードローンでは総量規制対象外とされています。
カードローンの申込をすると、信用情報や年収からそれぞれの限度額が決められます。
専業主婦でも借りれるのですから、総量規制があっては借りられないことになります。
以前は大手消費者金融よりも多くの限度額でしたが、最近ではあまり変わりないとされています。

銀行カードローンは総量規制対象外

多くは以前ほど借りられない銀行系のキャッシングです。
信用情報では、総量規制と合算しないことから、審査対象としては、総量規制以外での判断になります。消費者金融系と比較して審査は厳しいですが、低金利になっています。

まとめローンなどはあまり見かけないのですが、まとめローンとしての借り方ができます。
総量規制無関係であり、それなりの借入がある場合は、銀行カードローンの普通の限度額でまとめローンの申込ができます。

もちろん審査は厳しいですが、消費者金融系と比較をしても金利は低いです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査に通らない場合

街金にいくことでまとめローンの可能性があります。
多額のまとめローンでは、合算をして低金利の借り換えをしたとします。
この時に返済シミュレーションは絶対に行ってほしいのですが、なかなかの総返済額になります。

10%以上の金利が10年も続く場合は、総返済額がとても多くなるのが実感です。
それぞれの多重債務では気が付かないのですが、総量規制以上のまとめローンではなかなかの借り方になります。おすすめは、簡単にできない総返済額が大きい場合は、債務整理という提案もあります。

信用情報ですでに金融事故がある

大手消費者金融や銀行カードローンが金融事故が原因で借りられない。
そして、街金での多重債務のまとめローン。

完済意欲は素晴らしいのですが、総返済額が多額の場合は、債務整理が良い場合が多いです。
街金では金融事故も借り過ぎが原因で、返能力があればまとめローンをオススメしてきます。

ところが、何年間も利息を払いのなら、厳しい借金だけでも任意整理をすることで、金利カットが可能です。まとめローンではなく債務整理になりますが、この選択を早く行った方が良い場合も少なくないです。今まで返済事故もなく金融事故もない場合は、債務整理には消極的です。

しかし、総量規制以上の借入とか、街金でのまとめローン検討に入る場合は、債務整理のサインだとも言われています。

まとめローンは、一見すると金利も下がって良いローンですが、返済期間が長期化することで、総返済額が多額になってしまうことが多いです。まとめローンからの任意整理よりも、まとめローン前の任意整理がベストだと言われています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン