banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

専業主婦と消費者金融で借りれない

カードローンというと、現在消費者金融、銀行でお金を借りるためのツールとして存在しています。

キャッシングになりますが、振込や直に現金の受け渡しをする借り方があります。それを、カードローンでATMで簡単にできるというのがメリットになります。

誰でも借りれるものではない

カードローンの申し込みでは、審査があります。銀行、消費者金融それぞれに基準があります。銀行も大手や地銀、信用金庫などがありますが、消費者金融にしても大手、中小消費者金融、街金などの種類があります。カードローンの存在では、銀行か大手消費者金融になります。

中小消費者金融は街金と同じ意味になりますが、ここではカードローンはあまり取り扱っていないようです。インターネット申し込みで振込キャッシング、または会社での本審査などで現金で借入れの流れになっています。

審査の内容としては、20歳以上で収入がある方が最初の関門です。カードローンもキャッシングも収入がなくては借りれないことのようです。

銀行カードローンだけは特殊

カードローン、キャッシングという点では、消費者金融も銀行も同じく貸金ができます。しかし、法律が違っていて、消費者金融の場合は、必ず収入がなくてはならないでしょう。

銀行カードローンだけは、収入がない専業主婦でも借りれることになります。審査次第ですが、銀行カードローンの銀行法の内容では、審査を受けて専業主婦でも借りれる。限度額は少ないのですが、専業主婦だけは借りれる。審査基準は厳しいのですが、銀行カードローンに関しては専業主婦はOKです。それは、銀行法だからです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融は専業主婦は借りれない

大手消費者金融、カードローンに関しては、専業主婦は申し込みができません。

銀行法では、収入がない専業主婦でも審査が受けられる。消費者金融では貸金業法になっていて、専業主婦は申し込みもできないでしょう。無職の方が申し込みしていることと同じです。

ところが街金

街金、中小消費者金融の中には、配偶者貸付の形で専業主婦でも借りれる場合があります。審査次第になりますが、街金の借り方で配偶者貸付制度があると公開されている。サイトで確認できるとしたら、専業主婦でも申し込みができます。

要するに、消費者金融である街金だけど、専業主婦でもキャッシングのチャンスがあるということ。審査次第なのですが、配偶者貸付制度があれば借りれる審査を受けることができます。

その上での借入れですが、配偶者貸付制度がある街金では、専業主婦でも申し込みができる。審査通過後では、借りれることになります。

消費者金融と言っても、配偶者貸付制度があることは確認してください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金の配偶者貸付制度は専業主婦も借りれる

銀行カードローンでは専業主婦も借りれるのですが、安定した収入の配偶者がいることが必要です。

街金の場合

普通、消費者金融では専業主婦は借入れができません。それは本人に収入がないからです。

そこで、配偶者貸付制度を利用することで、専業主婦も借りれることがあります。銀行カードローンの場合は、配偶者の収入証明書も不要です。配偶者が存在しているだけでよいです。

ところが、街金の配偶者貸付制度の場合は、そんなに簡単ではありません。

配偶者貸付制度の審査

配偶者貸付制度というのは、配偶者の総量規制の一部を借りるという仕組みです。専業主婦は収入がありません。総量規制もゼロです。ところが、収入がある配偶者がいれば、その総量規制の一部を専業主婦も借りれると言う内容です。

総量規制の一部とは、10万円程度と言われています。配偶者貸付制度の審査では、配偶者も同意したキャッシングになり、配偶者の審査も必要です。要するに、これから専業主婦が借りるのは、配偶者の総量規制になります。

契約者としては専業主婦ですが、それが配偶者のものであります。同意書では、配偶者も審査を受けることになり、配偶者の総量規制で余裕がないと、キャッシングができないことになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

夫婦だからできること

この配偶者貸付制度は、世帯の収入から借りれるということです。夫婦の場合だけですが、住宅ローンなどでも夫婦合わせての収入で計算されます。

専業主婦の場合は、収入がゼロ円です。夫婦の収入というのは、ほぼ配偶者のものになりますが、審査次第で配偶者の総量規制から専業主婦が借りれることになります。

配偶者がブラックリスト

この場合の配偶者貸付制度は審査落ちです。もちろん、専業主婦もブラックリストであると、配偶者貸付制度は使えないです。

収入が安定していると言っても、個人信用情報機関での金融事故がある時には、街金と言えども借入れができないでしょう。収入がない専業主婦ですが、配偶者が金融事故もなく、キャッシングしていたとしても、総量規制で余裕がある時には、少額での借入れができるでしょう。

簡単にはいかない。専業主婦として借りたい時に、配偶者の総量規制に余裕がある。借りてもよい?という許可を得た上での申し込みになります。同意書では、配偶者の個人信用情報機関も確認されることになります。

この時に、ブラックリストだとしても配偶者のことを問われることはありません。ただ、専業主婦の今回のキャッシングの申し込みに関しては、審査落ちになります。配偶者貸付制度はブラックリストのケースでは借入れができないでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

配偶者貸付制度があれば、専業主婦もキャッシングができる街金

専業主婦がキャッシングをするというのは、身分証明書はありますが収入はゼロです。

キャッシングの公式サイトでは、主婦でも借りれるとあります。しかし、内容を確認すると、パートなどで収入がある主婦であることが明記しています。要するに、専業主婦はキャッシングができないことが多いです。

銀行だけ例外

銀行カードローンは専業主婦でも契約ができます。最大50万円程度ですが、銀行法のキャッシングである銀行カードローンでは専業主婦も申し込みができます。

消費者金融では、カードローンもキャッシングも専業主婦はいつも対象外になります。カードローン審査の時、収入がない無職という状態です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金の扱い

街金とは、消費者金融の一種です。そこで、専業主婦でも借りれる配偶者貸付制度。すべての街金ではありませんが、一部では配偶者貸付制度で専業主婦は、配偶者の総量規制の範囲内でのキャッシングが可能になります。

専業主婦は、配偶者の収入で生活をしています。仕事をしなくてもよい、収入がなくてもよい場合では、専業主婦の立場としては、少額のキャッシングも返済ができるだろうということです。

また、配偶者貸付制度では、配偶者の同意が必要です。これは、配偶者の総量規制が決め手であるので、この余裕がなくてはならないです。しかも、配偶者が確認しているキャッシングなので、専業主婦が借りた借金の返済をしないと、配偶者が返済しなければならないことです。

配偶者の契約ではありませんが、総量規制を使われているのは、配偶者のものです。大きな意味で言えば、配偶者貸付制度では配偶者のキャッシングとも言えます。

街金では専業主婦も借りれるというのですが、あくまでも配偶者の総量規制だけということです。

そこで審査は夫婦で受ける

総量規制の余裕をみるためだけではなく、夫婦の信用情報はしっかりと審査されることになります。

配偶者の同意書というのは、この審査にも関係するものです。専業主婦は、自身の収入がないのに、配偶者の収入、信用情報で借りれることになります。消費者金融にしてみれば、収入がない専業主婦には簡単に貸すことはできません。

ということで、配偶者の総量規制の中で、同居していて、生計も一つでありその上の貸付が配偶者貸付制度になります。専業主婦でも、必要書類があれば審査をしてくれることでしょう。必要書類の中には、配偶者の収入証明書や婚姻証明書などが必要になります。

銀行系カードローンに関してはこの必要はなく、専業主婦は自分の信用情報だけで借入れができます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

甘い審査の街金だけど、配偶者貸付制度は難しい?

銀行カードローンは、専業主婦でも申し込みができます。問題になるのは、専業主婦の信用情報だけです。消費者金融なら収入や勤務先の在籍確認になりますが、専業主婦はこの部分の審査はありません。

銀行法の銀行カードローン

銀行法は、総量規制の概念がありません。年収3分の一の限度額がないので、銀行の借入れでは最初から金額が決まっています。

普通審査では、高収入の方が限度額も高いのですが、無収入の専業主婦の場合は最低ラインのキャッシングが可能になります。銀行カードローンが専業主婦でも借りれるのはこういったことです。

審査が甘い街金

街金は、中小消費者金融、甘い審査の消費者金融です。そこで、専業主婦も配偶者貸付制度であれば、借りれると言います。甘い審査だからという点もありますが、総量規制はあります。

ただし、その総量規制が配偶者の年収に関係していることになります。配偶者の審査も同時に行うのですが、配偶者がすでに総量規制の余裕がない。そんなに多くない収入の時には、審査落ちになります。専業主婦の信用情報で金融事故がないことが必要ですが、総量規制は大きなポイントです。

そして、配偶者の余裕のある総量規制で借りれるのか?というのではなく、街金の配偶者貸付制度では10万円程度が限度です。街金の金利で言えば、99,000円で20%程度です。配偶者貸付制度に関してもこの範囲が多いと言います。

その時には、配偶者の審査も必要であり、同意した上での内容です。配偶者が延滞遅滞していたり、すでに多く借りている時には、配偶者貸付制度もうまくいかないことになるでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

実はあまりしたがらない

街金では配偶者貸付制度はあまり積極的ではないとの評判も多いです。これは、審査基準の関係もありますが、やはり本人に収入がないという専業主婦に関しては、信用ができないと言います。

すでに銀行カードローンの借入れが多い、甘い審査になっていますが、本人に請求困難な時には街金の配偶者貸付制度では、うまく借りれないことが多いことも口コミでは言われています。

旦那に内緒がダメだから

それと、専業主婦の方では旦那の同意が必要という点では、大手消費者金融カードローンのように自由に契約ができないことで、申し込みに躊躇してしまうことがあります。

専業主婦だって、旦那に内緒でキャッシングしたい時もあります。それができない配偶者貸付制度に関しては、申し込みも考えようという方が多いです。口コミでは、配偶者貸付制度があるとは言うのですが、実際の申し込みでは審査落ちの報告も多いです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ブラックリスト専業主婦のキャッシング

ブラックリストの専業主婦では、街金の配偶者貸付制度の利用はできません。もともとキャッシングの機会が少ない専業主婦は、銀行カードローンは自分の無収入の属性でも申し込みができます。

しかし、ブラック対応の街金での配偶者貸付制度の利用は審査落ちです。ブラックリスト対応というのは、本人に収入がある方が対象です。

専業主婦がブラックリストというのは

借入れが多い、銀行カードローンの多重債務というのは、専業主婦はできないでしょう。ですから、延滞遅滞というと、請求をされたりという状態で、どうしてもお金がほしいと街金に行く。これは、普通の方も審査落ちになりますが、専業主婦の配偶者貸付制度も借りれないでしょう。

また、専業主婦が債務整理してしまった時のブラックリストでも借入れができないでしょう。配偶者貸付制度では、信用情報も確認をします。総量規制は配偶者のものを利用しますが、配偶者の信用情報も確認します。夫婦ともにブラックリストでないことが必要です。

ちなみに、夫がブラックリストとして街金で自分が安定して収入があるのなら、借りれることがあります。しかし、配偶者貸付制度となると、専業主婦の審査通過は難しいでしょう。ブラックリストというだけでリスクがありますが、収入がない専業主婦にとってはキャッシングの道が閉ざされることになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

本来なら借りれる?

それは、収入がある方。しかも、安定収入になっています。専業主婦は配偶者の収入頼りですが、配偶者貸付制度においては、どうしてもブラックリストでは不利な条件になります。

総量規制が関係してしまう街金、信用情報においてもこうした複雑なキャッシングになれば、専業主婦には厳しい判定になります。

街金ではありませんが

もし生命保険に契約していてそれに解約返戻金があれば、そこから借りれます。これは、解約金、満期金からの借入れになりますが、専業主婦もOKです。ただし、自分名義になっていることが必要です。

もし、どうしても資金がほしい。街金での配偶者貸付制度の利用ができない、ブラックリストであれば、生命保険からの契約者貸付の利用もオススメです。

個人信用情報機関も無関係でブラックリストでも対応しています。クレジットカードを持っている専業主婦もいますが、ここからのキャッシング枠はありません。クレジットカードのキャッシング枠は大手消費者金融カードローンの審査基準であり、街金のような対応はありません。

そこで、専業主婦はお金を借りることが困難になっているので、金融事故は起こさないことが必要になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン