コロナの影響だろうが、給料が少なくなった。
その中では、カードローンの借入したい時には、審査内容は同じです。
人はキャッシングしたい時には、お財布が寂して時です。
コロナが影響で収入が減ったとしてもここは考えてください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

たった1つの例外

プロミスだけが、応援融資として、コロナが影響で収入減した方に10万円のキャッシングを作りました。
プロミスですから、カードローンになりますが、申込対象者は20歳以上で収入が安定していることです。
その上で、収入減になった人は10万円は1年間無利息で借りれることになります。
なんとプロミスで無利息1年間で10万円だけのキャッシングができるということです。
もし、コロナの収入減でキャッシングをするのなら、このプロミスの応援融資だけがおすすめになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

もっとすごいこと

応援融資では1年経過後でも4.5%の低金利です。
10万円だけですが、この低金利はありがたい。
ただし、プロミスですから、審査基準で厳しいままです。
それが20歳以上で安定収入ですが、個人信用情報機関で金融事故があるだけで審査落ちです。
審査落ちというのは、ブラックリストでは借りれないだけではなく、審査基準はとても厳しいです。
そんな時には、プロミスは特別ですが、大手消費者金融も借入ができないでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金の審査も同じ

大手消費者金融での審査落ち後に街金での甘い審査に甘える。
収入減になっているから街金で借りたい時には、返済ができる範囲内であれば借りれることもあります。
ブラックリストでも借りれるらしいのですが、その時には返済能力が問われることになります。
コロナが影響で、収入減であれば良いのですが、休業が長期間続いたり、退職してしまった時には、審査に通らないとされています。
失業保険では、仕事をしていることにはならないです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査で気をつけたいこと

大手消費者金融、街金の審査では在籍確認があります。
ところが、コロナの影響でテレワークになってしまい、勤務先には誰もいない場合があります。
本来の在籍確認ができないかもしれませんが、その際にはきちんと審査上で確認をしてください。
審査がうまく行かないとキャッシングができない場合があります。
審査内容の公開はないのですが、こうした相談はできます。
審査そのものは、申し込み内容と個人信用情報を確認します。
それと在籍確認では微妙に違うこと。
テレワークの場合今の勤務先では在籍確認ができないことは正直に申し出ることが必要でしょう。
休業はしてないことの証明も忘れずに。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン