新型コロナウイルス感染拡大で仕事量が減ってしまった。
それは収入が少なくなってしまったことでは、カードローンのお世話にならなくてはと不安な方も多いことでしょう。
そうだ、カードローンは審査落ちなんだ、ということで、街金の申し込みの提案です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金でもかりれる

消費者金融も街金もカードローンもコロナが影響というのは基本的に無関係です。
審査では、収入が大きなポイントになります。
今回、コロナの影響で収入が減ったとしても、基本的には年収ベースです。
カードローンの審査落ちでは、収入が少ないことではなく、金融事故が関係していることがあります。
街金では、金融事故があるとしても借りれることがありますので、申し込みしてみてください。
コロナで減収だけど、年収計算になります。
それで、あとは個人信用情報の審査になるでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金の審査

肝心なことは、たとえコロナで減収したとしても、今回だけだと言うこと。
ただし、コロナでの緊急事態宣言が5月31日までになってしまったことでは、街金での多額の借入は厳禁です。

最近街金申込者が多い?

実は、減少した収入を補うために、消費者金融の申し込みが増加しています。
大手消費者金融プロミスでは、応援融資としては、1年間無利息10万円のキャッシングを用意しています。
金融事故があると審査落ちになりますが、もし金融事故がないのなら、プロミスはおすすめです。
ブラックリストであるのなら、街金に相談ですが、必ず完済できる範囲内の借入が前提です。
コロナで苦労されていることはわかっていますが、それでも少額の借入があることで変わらないです。
金利なども普通であり、特別な金利設定などは存在していないようです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金では確認したいこと

コロナの原因の減少というのは、一時的なことである。
そして、コロナ終息では普通の収入になることを前提していることが必要です。
それは、前が見えないことですが、とりあえずきちんと勤務していることが必要でしょう。
実際に借入をする時には、コロナで収入が少なくなったとしても、普通に個人信用情報の確認の審査になります。
大手消費者金融よりは中小消費者金融の審査は甘いですが、確実に返せる範囲内のキャッシングに限ります。
計画的なキャッシングが必要ですが、とりあえず現金給付10万円も活用しつつキャッシングを検討してください。
金利としても利息制限法20%を超えることはありません。
街金については、きちんと情報や口コミがある金融業者に行くことが必要です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン