街金でお金を借りたい時、特別な理由は必要ありません。
審査の時は、担当者から事情が聞かれるのですが、今どきでは「コロナで」と言えば、事情は察してくれるでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査は別ですが

コロナで仕事のシフトが変更になった。
この手の話しはとても多いです。
営業時間が少なくなった会社では、そんなに人は要らない。
かと言って、クビにもできず、社員やパートに少ないシフトに組み換えて、仕事を続けることを実施しています。
そこで、休業もなく、失業もなく、働き続けてはいるものの、収入減は免れない。
そうした方たちが増加しています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

借りるしかないか

収入減になってしまったことでは、キャッシングで穴埋めをすることも検討される人は多いです。
そこで、あえて街金というのは、審査基準が低いからです。
もちろん大手消費者金融からの借入でも良いのですが、あえて街金に行くのには意味があります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金でも今回は特別?

街金の審査では、基本的に金融事故がある個人信用情報でも安定収入であれば借りれるとされています。
そこで、コロナのシフト変更が、一時的な収入減であることだけを確認するようです。
もともと毎月の返済金額を少なくすることができます。
ここで、大手消費者金融にはない担当者との直接審査というのがメリットになります。
審査と言っても、話しを伺うことになりますが、コロナで参りました。
普通なら、収入は安定しています。
それだけで借りれる場合もあります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

失業したではNG

コロナの影響で、収入減であること。
シフトにも入らずに、クビになってしまう方もいます。
そうすると、会社からの解雇では、失業保険もすぐに給付されることでの配慮です。
場合によっては、会社再開でひき戻されることもあります。
パートでも雇用保険がある場合は、会社ではクビの選択も行うようです。
このクビになった、会社再開で仕事ができる。
ただ今は失業と言うときには、街金申し込みはしないことです。
収入減だとしても、これからはきちんと返済ができるだけの収入が安定するだろうという予測が必要です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

収入減は今だけですから

コロナ終息はいつかは起きます。
収入減は今だけであり、雇用は継続していることを強調していくことです。
シフトがたまたま今は少ない。
もともとはこの収入があるという証明書も必要です。
今後の返済では、可能な金額設定にすることで、街金の審査では借りれる場合もあります。
細かな収入減の内容も聞かないこともありますが、個人信用情報であまりにも金融事故がないことは必要です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン