banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制外と言うと、銀行カードローン

総量規制外のカードローンと言えば、銀行カードローン全般です。
そもそも総量規制とは貸金業法の法律であり、消費者金融とクレジットカードのキャッシングの場合だけ適用されます。ですから、キャッシングで銀行カードローンのときには、総量規制関係なく借りれるということになります。

消費者金融系の借入だけで総量規制が関係します。
大手消費者金融、中小消費者金融でのキャッシングでは年収3分の一が限度額になります。

銀行カードローンでは多く借りれる?

実は以前は銀行カードローンの限度額はとても多かったのですが、最近では総量規制とあまり変わらないと言います。それでも、専業主婦が借りれる銀行カードローンとして注目です。
収入がゼロの専業主婦でも借りれるのですから、総量規制もない証拠になります。

現在も専業主婦対応の銀行カードローンであり、一応は総量規制対象外とされています。
カードローンでの総量規制外と言えば、銀行系のカードローンです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

銀行法の銀行カードローン

銀行カードローンは、貸金業法ではなく銀行法のキャッシングであり、消費者金融系とは違います。審査でも貸金業法と異質の内容であり、大手消費者金融で審査落ちでも借入ができる方もいます。決め手としては、安定収入であり、総量規制以上のキャッシングの期待ができます。

銀行によっては特別な審査?

銀行系のキャッシングでは、口座開設が必要な場合が多いです。
そして、取引が多いとか、長期間利用していることでのメリットでキャッシングができる場合があります。さすがに金融事故があると難しい審査ですが、何もなく長年利用している銀行からのカードローンでは、何かとメリットもあります。

給与振替や公共料金の引き落としなど、利用価値を高めることでカードローンでも利点があります。住宅ローン契約をしていると低金利になるカードローンもあり、銀行独自の金利設定や総量規制外の借入が可能です。

審査に通らなければならないのですが、年収3分の一以上のカードローンの利用したい方にとっては、銀行カードローンの存在は外せないことでしょう。

大手消費者金融多重債務者のおまとめローン可能なワイドな限度額もありますが、そうなると審査は厳しいでしょう。大手消費者金融と銀行カードローンの使い分けで、全ての返済の延滞遅滞がないのなら、総量規制外のキャッシングができる方もいます。

信用情報としては、貸金業法、銀行法の棲み分けをしている部分もあります。しかし、1回でも返済で事故があると、すぐに使用禁止になるという厳しい面も存在しています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

銀行カードローンの審査は厳しい?

銀行の商品で目的ローンは総量規制対象外です。
住宅ローンを始め、カーローン、教育ローンなどは総量規制などは無関係の審査になります。

銀行の審査

目的ローンの審査では、消費者金融系カードローンの利用をしている場合は、審査に通らないことがあります。特に住宅ローンでは、キャッシングがあると審査は難しいです。
完済後であっても、しばらく経っていないとNGですが、銀行カードローンの場合は審査に通過することがあるといいます。

これは銀行カードローンの審査通過が大手消費者金融よりも困難であることを意味しています。
それぞれ銀行の損得が関係していますが、審査内容は複雑です。銀行カードローンは、消費者金融カードローンのあとにできた商品であり、貸金業法の内容ではなく、銀行独自の審査によるものです。

銀行だけではなく、保証会社が存在していることで、審査が複雑になります。
目的ローンに関しても、高い返済能力が必要とされていて、大手消費者金融の審査とは異質です。多額の借入であるため、総量規制という範囲内は関係はしません。

銀行の審査は厳しい?

現在、銀行カードローンに関してもパートやアルバイト、専業主婦も審査対象です。
専業主婦は大手消費者金融では借入ができないですから、意外なことですが、専業主婦は配偶者の存在がポイントです。サラ金時代にはないことであり、配偶者の収入が安定していることで、専業主婦の借入ができます。

審査では、信用情報の内容であり、金融事故がないことです。
審査が厳しいとされるのは安定した収入であることで、パートなどでは、限度額が低く借入ができることがあります。金融事故がないことを条件にしていますが、銀行カードローンの審査はやはり厳しい内容であることは確かです。ここ数年厳しさが増したと言えます。

大手消費者金融で審査落ちで、銀行カードローンの審査はなかなか通らないのは、大手消費者金融の審査落ちの原因以上のものがあります。しかし、地元の信用金庫で長く口座取引をしているとか、地銀などでは審査に通るとの口コミがあることから、審査内容はなんとも言えない部分もあります。

口コミだけで審査内容を探るしかないのですが、多重債務者や債務整理者といった金融事故以外に関しては、試しに申込をしてみるのもありです。

限度額の総量規制がない分、このときのキャッシングにしても、銀行カードローン審査通過の信用情報の内容はプラス要因です。銀行カードローンの審査は厳しいの?優しいの?ということですが、金融事故がない方では、どちらも言えないのが現状です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制外のまとめローン

消費者金融にも総量規制外の商品があります。カードローンではなく、まとめローンです。

多重債務者だけが利用できる

多重債務者が1つのキャッシングに借換をするのがまとめローンです。
これは返済専用のキャッシングであり、新規で借入ではありません。
すでに持っている多重債務の分の借入をして、すべての多重債務を完済をしてから、まとめローンの返済となるものです。

この場合、貸金業法の例外として、総量規制外の判断になります。多重債務者で、すでに総量規制以上の借入をしていたとしても、まとめローンでは契約ができることになっています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

金融業者の狙い

まとめローンの審査は、消費者金融カードローンよりも厳しいないようです。
というのも、他社の借入を完済して、1つの大きなキャッシングになります。それだけ返済負担が大きくなりますが、完済が出来る申込者であれば、消費者金融として収益が大きいでしょう。

300万円の年収の方が、120万円のまとめローンの契約をしたとします。その120万にかかる金利が、まとめローンで継続的に返済ができる人なら、まとめローンの旨味があります。
金融業者としては、その審査で高い返済能力がある方は、まとめローンの提案もあります。

あまり積極的ではないかも?

多重債務者の段階で回収リスクが高いのは確かです。
総量規制があるのは返済可能金額だからです。ところが、総量規制以上の多重債務者になっている時点で、返済が可能なのかの審査は慎重です。大手消費者金融では、あまり積極的ではないとの口コミも当然です。

中小消費者金融ではまとめローンを逆手に取る

うまい審査の中小消費者金融では、多重債務者で困って方へのまとめローンは積極的に勧誘する場合があります。もうほかで借入ができないとい信用情報で、最後の中小消費者金融に来たのなら、ここでのまとめローンでの金利収益が狙いです。

まとめローンは、場合によっては総返済額が多額になることもありますが、中小消費者金融の狙いはそこです。総量規制のキャッシング枠を超える金額だとしても、残債が残る限り、利息を取り続ける手法です。

総返済額が高いとしても、ブラックリストではない信用情報であり、完済ができるのならと承諾することもあります。信用情報がきれいなままの中小消費者金融のまとめローンですが、時と場合を考えることが必要です。

ただし、まとめローンでは全ての多重債務者が完済という記録になります。
その点の内容では高い評価がありますが。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総量規制外まとめローンの審査は厳しい

銀行カードローンではおまとめローンとして契約ができる場合があります。
もともと総量規制外の限度額であり、多重債務者が多重債務を完済する目的で、銀行カードローンに借換をする方法です。銀行系の審査では、厳しいとされているのですが、まとめローンとして低金利のキャッシングができるのが魅力です。

審査は難しい

すでに多重債務者である時点で、審査対象としては難しいです。
しかし、多重債務の内容、総量規制、返済能力が高いことで、消費者金融系の借入を銀行カードローンで借入ができることがあります。この際に、まとめローンとしての借換での申込をすることです。

その条件としては、勤続年数が長い安定した収入があること、一度も金融事故を起こしていないこと。すべての多重債務の完済後解約などの約束をすることです。この審査では絶対的な保証はありません。

もし、多重債務者でないとして、銀行カードローンの審査にラクラク通ることが約束される属性や信用情報であることが必要な条件になります。その条件に少しでも欠けていたとしたら借入ができないでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ブラックリストは論外

銀行カードローンも総量規制外の借入もブラックリストでは話にならないことです。
大手消費者金融でも総量規制外のまとめローンの商品がありますが、返済に関する金融事故があるブラックリストに関しては、一切の審査には通らないです。

総量規制とは限度額の決まりであり、金融事故など全くない方であれば、ひょっとしたら借入ができるかもしれないという究極の条件になります。

大手消費者金融の多重債務者が銀行カードローンで借りられたら

すべて多重債務者の完済のためのまとめローンとしての借り方です。
確認してほしいのが、金利が低くなっていることです。まとめローンでは、金利が低くなっていないと総量規制外で借入ができたとしても価値がありません。

銀行カードローンでは相変わらず限度額が高い大手銀行の借入ができ、総量規制外です。
まとめローンでは、高い金額の審査に通らないと、借換している意味があります。また、信用情報だけではなくも高い返済能力がなければ、この話はないと言って良いでしょう。

総量規制外の借入はどっちみち厳しい

大手消費者金融まとめローンにしても、銀行の総量規制外の借入にしても、信用情報の金融事故があると借入ができないでしょう。

また、安定収入が続くことが予想できる職業や属性であることが必要になります。
この点では、審査は困難です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融と総量規制

カードローンは手軽に借入ができるキャッシングです。
カードで出し入れができるだけではなく、申込も身分証明書だけという簡単な内容が多いです。
大手の消費者金融業者では、それが即日融資でキャッシングができる。
その限度額は総量規制で年収3分の一です。

もし、他社に借入があるとしたら、その分を差し引いた残りの借入になります。
クレジットカードのキャッシング枠はこの総量規制に関係します。

総量規制外のカードローンと言えば

銀行カードローンになりますが、最近では総量規制とあまり変わりない限度額になっていると言います。ただし、専業主婦だけは、総量規制無関係で、最高50万円ほどの限度額が与えられています。銀行カードローンが総量規制外のキャッシングである証拠です。

中小消費者金融でも、配偶者貸付制度で専業主婦の借入ができるとの情報はあります。
こちらは配偶者の総量規制範囲内であり、銀行カードローンの限度額とは全く違います。
配偶者がすでに総量規制範囲内の借入を多くしていると、専業主婦の借り分はありません。

それだけ、専業主婦には厳しいのですが、もともと消費者金融には専業主婦の収入ゼロに借入できる範囲がないと考えるのが妥当です。銀行カードローンとは内容が違います。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融の総量規制外

それは、まとめローンです。
多重債務者が申し込みができるまとめローンは、借入残高がすでに持っている借入の部分だけです。融資額が新たなものではなく、現在多重債務の借入だけで、あとは返済専用としての扱いになります。

ですから、新規キャッシングではなく、多重債務完済をした後に、まとめローン1本の借入になります。これが唯一消費者金融系の総量規制外の商品になります。それ以外は、年収3分の一以内のキャッシングしかできないでしょう。

中小消費者金融でも同じ

大手消費者金融とは違う甘い審査の中小消費者金融では、新規のキャッシングも総量規制範囲内であり、まとめローンでは総量規制外になります。

しかし、稀にまとめローンの申し込みでは、総量規制以上の借入をしている方もいます。
これは完全に中小消費者金融や街金でも、超多重債務者になっている状態であり、かなりの金融事故者です。この場合のまとめローン申し込みでは審査通過は困難であり、債務整理を選択した方が良いとされています。

総量規制の範囲内のキャッシングというのは、それが返済可能とされることであり、借りすぎている方はそれだけで信用が低く、総量規制外のまとめローンはできないことが多いです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン