banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金10万円は社会福祉協議会担当者によって借りれるかが分かれる?

新型コロナウイルス感染症が国内で騒ぎ出したのは今年に入ってからでした。

そこで、変な肺炎が流行しているということですが、パンデミックと言う言葉から、世界中に感染拡大。そこで、日本が被ったことと言えば、緊急事態宣言でした。

誰もが初体験の外出自粛

それは、不要不急の外出の自粛要請だけではなく、会社閉鎖、飲食店の休業要請です。

そこで、社会生活、経済生活が完全にストップしたのですが、世の中にお金が回らないということは、収入がなくなることを意味します。外出要請と同時に、国が行ったことは、融資の案内でした。

事業者に対しては、日本政策金融公庫のコロナ特別融資です。そして、生活支援に対しては、市町村社会福祉協議会の緊急小口資金の特例貸付です。

誰でも借りれますは嘘

国で発表した緊急小口資金の案内では誰でも借りれますと言う内容でした。

もともと、生活支援のための福祉の観点からの貸付です。どうしても収入がない方向けで、原則的に借金ですが、極めて低金利の福祉貸付です。新型コロナウイルスの感染拡大で収入減の人は誰でも借りれるという内容です。

ところが、中には借りれない人もいます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

10万円の貸付

貸付金額は10万円~20万円程度。収入減の証明があれば、お住いの市町村社会福祉協議会での申し込みができます。担当者との面談が必要です。据え置き1年間で、その後2年間で完済。無利子です。

国では借りれるというのですが、休業で収入がないというのに、社会福祉協議会の担当者の対応がまちまちです。国内の市町村単位で社会福祉協議会が存在していますが、借りれる基準がバラバラです。

ツイッターで確認をすると

とても親切な担当者がいたり、とても借りれそうもないという悲惨なことばかりを言う担当者など。

貸付制度としては、国では誰でもというのですが、実際には他の市町村では借りれた内容でも借りれないという口コミがありました。この審査基準がいい加減な事案であり、担当者いかんなのか?という報告もありました。

社会福祉協議会では、生活が苦しい方たちへの支援の場です。今回のコロナでは、全国的に厳しい人たちが国の特例貸付で申し込みをするのですが、借りれない人たちも存在しています。

社会福祉協議会の態度がポイント?

ある社会福祉協議会の担当者の報告では、市町村単位の社会福祉協議会から都道府県の社会福祉協議会での審査があると言います。なのに、市町村単位でとても無理と言われるケースもあるのだとか。

借りれない方では過去のブラックリストを指摘されたとのことですが。貸付というだけあり、個人信用情報機関も関係しているということは言えそうです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金はブラックリストは審査落ち?

気になる話題です。

新型コロナウイルス感染症で収入減になった方を対象に、市町村社会福祉協議会が受付している緊急小口資金。原則的にコロナが原因で収入が減った方が借りれるというのですが。

ブラックリストで借りれた人もいる

情報として、中小消費者金融のように口コミがあまりありません。ところが、ブラックリストにとっては、この部分は非常に興味深い点です。

社会福祉協議会の緊急小口資金は、無利子の10万円が基本の貸付金です。1年間の据え置きがあります。そして、比較的柔軟対応であり、返済も臨機応変です。

審査では、ブラックリストの部分も見られることはあります。ということは、消費者金融のように審査落ちもあるのでは?ということです。

情報は錯綜している

過去に自己破産してしまった人で借りれなかったとの報告があります。これは非常にショッキングなことです。また、現在債務整理を弁護士などに依頼をしている状態では借りれない。

しかし、任意整理の返済中で緊急小口資金の10万円の借りれたとの報告があります。その他、債務がある方も普通に借りれたということも。

少しの情報ではなんとも言えないのですが、債務整理も解決済みなら借りれるのか?

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

担当者によるとのこと

もう一つ気になることとして、普通に収入があった。新型コロナの影響で、収入減の幅がかなり大きくないと借りれないと言うことも言われています。

貸付制度としては、普通のときとは違うのですが、担当者のさじ加減もあるのでは?ということです。よほど苦しくなければならないとか、冷たい言葉で傷ついたなどの報告もあります。

まとめるには情報が少ないのですが、収入減になった。コロナが原因であり、現在債務があるとしても、債務整理後だとしても、返済みこみも一応はある。その時点での担当者が良い方であれば借りれるということでしょうか?

不確かな情報ですが

本当にいくつか見た情報では、同じ条件でも借りれる場合と借りれない場合があります。

担当者の対応もまちまちですが、社会福祉協議会も市町村ではなく、都道府県単位に訴えるケースもあります。担当者の態度も気になるのですが。

地域によって多少審査の違いは見受けられるのですが、ブラックリストでも借りれる場合があります。担当者がなんと言うかで決まりますというのは無責任なことですが、本当に緊急小口資金については、借りれない人も地域によっては存在しているようです。

本当に危ない情報

ブラックリストでも大丈夫とか、個人信用情報機関は見ない。申告だけで申し込みができるなどの情報がありました。

いろいろと情報はありますが、やはりお住まいの市町村社会福祉協議会の担当者が良いと言えば借りれる。ダメと言われると借りれないでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

柔軟審査のはずの緊急小口資金ですが 

市町村社会福祉協議会では、普段から緊急小口資金は受付をしています。生活支援のための資金貸付であり、保証人がいれば無利子になる。返済に関しても柔軟です。

今回は特例貸付

新型コロナウイルス感染症が原因として収入減になった方に対して、生活の立て直しとしてすぐにでも借りてください。いつもの審査とは違いますというのが、特例貸付です。情報では、ブラックリストは借りれないとか、納税していないと借りれないなどの情報はあります。

普段では、ブラックリストも納税していないと難しいです。また、失業している方も緊急小口資金は審査に通らないとされています。ただし、今回は特例であり、借りれる場合があるというのですが。

納税していないと借りれない?

普段の緊急小口資金では難しいとされています。

緊急小口資金は返済が優先されますが、今回の特例貸付では、なんとも言えないと言います。生活費のためのものですから、生活状況がコロナで困窮しているでだいたいわかります。

そこで、納税については、特例貸付では大丈夫な場合とそれを理由に審査落ちの報告もありました。ただ、国の方針としては、特例の緊急小口資金でよほどのことがない限り借りれるとされています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

基本としては

収入があることです。緊急小口資金の審査対象者は収入が大きく減ることで生活の困窮している人が対象なはずです。

地域差は大きいですが、生活が苦しいだけで、納税していない方、ブラックリストでも借りれるケースがあります。なんとも不確かですが、借りれる借りれないの情報の差が地域によって違う点も気になります。提出書類にも地域で差があります。

借りれなかった

理由は教えてくれないでしょう。そして、市町村社会福祉協議会だけでは決められないという現状もあります。

市町村単位では、申込者の話を聞くだけで、あとは都道府県社会福祉協議会での審査になる。大した審査もなかったとの口コミもありますが、現実に借りれない人もいます。窓口では、とても不愉快な思いをされたという報告もあります。

混乱している?

社会福祉協議会の窓口が混乱している場合も考えられます。

はっきりとして審査基準がないままコロナで困っている方に貸しますというスタンスでしょうか?現場の混乱も予想ができますが、とても気持ちよく対応されたとの口コミもありました。貸付制度としては、そんなに厳しくないコロナの融資として紹介されています。

しかし、市町村の対応があまりにもいろいろです。借りれない場合もあるかも?と思っての申し込みがおすすめでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融の債務があっても借りれるとは聞いたけれど

消費者金融に債務があるのですが、緊急小口資金の貸付は大丈夫でしょうか?

現在の緊急小口資金

コロナの影響で収入が減ってしまった。その時に、市町村社会福祉協議会での貸付制度の申し込みができます。

収入減になったことを証明することが必要です。比較では、昨年の収入よりも減っていること。できれば、コロナで収入に減ってしまったことが証明できる。または、明らかにわかることでは、話だけでも良いでしょう。

個人信用情報機関を見ないということも言われていますが、担当者からの質問はあるようです。どうしても消費者金融から借りている分は最初から説明はした方が良いでしょう。

債務が多いと審査落ち?

個人信用情報機関は見ないなどの情報はあります。

ただし、市町村社会福祉協議会では、生活のことを聞きます。要するに、どんな経済状態であり、今回の新型コロナウイルス感染症がどのように収入に影響を与えたなどの事実です。

例えば、いつも10万円の収入の方が1万円になった。生活ができないので、緊急小口資金の貸付をしたいというのであれば、そんなに減ってしまったの?ということになります。

その時に、消費者金融の借入があるとしても、収入の中に消費者金融返済をするとしても借りれるというのが望みです。そして、この状態で借りれた方もいます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

真反対の情報

ところが、借りれないとの口コミでは、消費者金融の借入があったからかな?という内容もありました。

他に理由がない。収入が減ったことで生活ができないかもしれないだけで、支出の中に消費者金融の返済があるの?という疑問もあるようです。担当者にしても、この点では、借りれるか?と分かれる部分です。

実際に消費者金融の債務でも借りれる場合と借りれない場合があります。内容としては、どのくらいの金額などの問題もありますが。

多重債務者でも借りれたとの口コミは?

今のところ、こんなに多重債務者だとしても借りれると言う場合もありますが。

果たして、どの金額なのか?その数字はありませんが、今回のコロナの緊急小口資金に関しては、消費者金融の債務があるとしても借りれる対象があることはたしかです。

貸付利子もなく、コロナの影響で収入減になってしまった方で、消費者金融の債務がある方も申し込みしてみてください。一応、消費者金融の情報では申告をすることが必要でしょう。

ちなみに、返済は1年後からの開始です。そして、たいてい10万円上限ですが、数万円からの貸付も対応しています。まずは担当者との面談ですが、消費者金融で債務がある方は気になるようです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金と債務整理の関係

緊急小口資金の貸付ができなかった方の口コミで、債務整理に関するものが多いです。

債務整理をしていたら借りれない?

債務整理に関しては、債務整理中では難しいとの報告がありました。債務整理をしなくてはならないということは、自己破産、任意整理などの種類があります。

また、借金があり、債務整理をしたいときには、私は返済ができませんと言ってるようなものです。緊急小口資金は給付金ではありません。ですから、いずれは返済が必要です。

そこで、債務整理が注目されることになります。

債務整理は簡単ではない

債務整理は最短でも数ヶ月はかかります。自己破産などでは1年近くかかることがあります。その間の返済がまったくありません。

また、どんな債務整理ができるかは結果が出るまでです。自己破産では、全ての借金がなくなります。債務整理中の結果が出ない間も自己破産したときの返済もありません。

ところが、任意整理や個人再生では返済が必要です。債務整理中では返済は不要ですが、任意整理などでは返済が必要です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金は利子がありません

緊急小口資金は利子がありません。そこで1年間は据置ができます。

債務整理の申し込みをしたけれど、まだ結論がでていないとき、その間の緊急小口資金の申し込みはどうしても借入ができません。それは、債務整理中では審査落ちということのようです。ところが、任意整理や個人再生の返済中では緊急小口資金はOKとのこと。

自己破産者だけは、時間経過が必要です。ここは、市町村社会福祉協議会の担当者との話になります。自己破産は収入がないこと、返済ができないことが必要な条件です。それでは、緊急小口資金の返済も不審がられることになります。

そこで、債務整理として返済できるものが決まっていることでは借りれる可能性が高いとされています。

新型コロナウイルスの影響

社会福祉協議会の貸付制度では、生活資金としての提供です。本当は、収入減であるだけで対象になりますが、今債務整理の申し込みをしている期間であるときには、今回は借りれないようです。

はっきりと言われる場合もありますが、無事に債務整理が決まって返済中であれば、緊急小口資金ができるようです。これは、債務があっても借りれるということですが。

どちらにしても

はっきり言って、緊急小口資金の審査については、どうしても審査基準が曖昧です。というのも、今はツイッターや口コミに頼るしかないです。きちんと情報発信をしている場合もありますが借りれない方もいるのは確かです。

また、各市町村社会福祉協議会担当者の見解も違いがある言うことです。ただし、債務整理中は、緊急小口資金は難しいようです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン