banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

コロナの休業後のキャッシングで気をつけたいこと

消費者金融の審査では在籍確認があります。これは、審査担当者が勤務先に直接電話をするものです。

在籍確認は何をする?

消費者金融の申込したときに、勤務先の情報が必要です。収入がなくては審査には通らないので、ほんとうにその勤務先で働いているかを直接確認するのが在籍確認です。インターネット申込したとしてもこの在籍確認はアナログ的に確認をします。

そこで、そのような方はいません。もしくは退職しました、休職していますでは、審査に通らないことになります。

コロナの休業ではどう?

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大で休業している会社も多いです。その休業があることで、キャッシングしたい方もいますが、もし会社が休業のままではうまく在籍確認ができない可能性があります。

消費者金融では、このご時世で収入減でキャッシングしたい希望者が多いことはわかっていることです。ただし、在籍確認のときに会社が休業しているようでは、審査に通らないことが考えられます。テレワークだとしても、勤務先として名前を入力したのなら、休業していない時期が妥当です。

テレワークの場合は、そのように勤務先では告げますが、働いていることには違いないので問題はありません。休業していて、勤務先に電話がつながらいなことでは、話にならないということです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

大手消費者金融モビット

ここでは、社会保険証がある方のみ、保険証提出で在籍確認はパスができます。休業で収入減になってしまい、モビットでキャッシングをしたいときには、社会保険証があれば、在籍確認なしでの審査になります。

実は、コロナの影響で会社も危ないとしても、社会保険証が存在している限り、この在籍確認なしの審査になります。

消費者金融ではそこまで関知しない

コロナの影響では、会社が存在している限り、経営が危ないとしても収入があると判断をします。ですから、休業が解除されてから、勤務先に電話をしたときに対応できる担当者がいれば、消費者金融の在籍確認は大丈夫でしょう。

あとの審査が通ればの話ですが、大手消費者金融では50万円以下のキャッシング、100万円以下の多重債務者の場合は、身分証明書だけの提出書類で審査されることになります。個人信用情報の金融事故がないことがポイントになりますが。

そこは、休業関係なく審査体制になりますが、在籍確認に関しては、必ず休業解除後の消費者金融の申込が妥当でしょう。実際に勤務先に連絡がつかないことでは、在籍確認は完結しないことになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

今、大手消費者金融でキャッシングはプロミスでしょう

コロナウイルスは、国内企業に休業要請という多大な影響を与えました。その時に、会社が休業になると、必然的に収入減になってしまった方も多いことでしょう。

収入減はどうする?

収入減になってしまったことで、どうしてもお金が必要というときには、大手消費者金融カードローンもおすすめです。

大手消費者金融の中でも、プロミスはやってくれました。コロナの影響で収入減であることの証明ができれば、無利息キャッシングができるようです。画期的な企画です。

プロミスの応援融資

申込方法は、窓口と郵送になります。インターネット対応はしていないので気をつけてください。

普通、プロミスと言えば、インターネット申込やアプリローンができます。しかし、応援融資では特別キャッシングになっていて、申込は限定的になります。

プロミスの公式サイトのお知らせにもあります。応援融資では10万円を上限として、1年間は無利子になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

絶対にお得な内容

大手消費者金融カードローンの借入れしたいときには、プロミスの選択がおすすめです。10万円で1年間は無利息という対応で、1年後派4.50%と言う特別金利です。普段なら17.8%と言う金利ですが、とにかくコロナが影響で収入減になった証明ができることが必要です。

抵抗がある消費者金融の借入れ

プロミスでは、ブラックリストの借入れだったり、債務が多い、返済能力がない方の借入れはできません。

また、今回のコロナ応援融資では、必ずコロナ原因の収入減だったり、その影響も証明することが必要です。それでも、消費者金融で借りたことがないとか、個人信用情報機関での金融事故がない方には借りやすい対応でしょう。

1年間無利子で、返済は3ヶ月に1度という対応です。臨機応変対応であり、普段の大手消費者金融にはない特別待遇のキャッシングです。

普段では、せいぜい30日の無利息サービスしかないのですが、コロナの休業要請などで収入減になった方の大手消費者金融利用ではプロミスが絶対押しです。

借入れはよく考えて

必ず返済可能金額の借入れがおすすめです。

無利息では1年間と限定的なので、できればその間の完済ができるだけの対応が良いでしょう。上限が10万円というだけで、数万円でもOKです。そして、すぐに返済ができるのであれば、そんなに良い話はないのですが。

一時的な収入減でどうしてもキャッシングしたい。大手消費者金融が良い場合では、金融事故がないので、お得なキャッシングといえば、今はプロミスでしょう。その他の消費者金融では、普通の金利担っていますので、このようなサービスは行っていません。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

支払いができないときには、素直に相談を

消費者金融において、コロナの影響で借りていた返済ができないと言うときには、すぐに連絡をしてください。現在、消費者金融ではコロナ影響でのキャッシングの相談に乗っています。

電話で対応

窓口に行かなくても大丈夫です。電話で、返済ができないかもしれない。引き落とし、返済日の入金が厳しいとの話だけで大丈夫です。

消費者金融の対応としては、支払いができない理由は、コロナの影響と言えばわかってくれます。ただし、だから良いという問題ではありませんが。

残債の確認と今後の返済について

ここからは事務的な話になります。

今回、返済日に入金がされないと、当然遅延損害金が付きます。これはどんな理由だとしても、きちんと公式サイトにもあります。それを踏まえて、来月の返済日に2ヶ月まとめて返済をするのか、それとも今後の返済の毎月の負担額の調整をするのか。そうした相談になります。

コロナで会社の休業では、来月にはなんとかなるけれど、2ヶ月は厳しいのであれば、1ヶ月遅れる。そうしたときには再び遅延損害金が増えることになります。

ちなみに、この遅延損害金は20%のところが多いため返済額が多くなっていきます。残債とこれからの返済額については、無理のない減額にも対応してくれます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

金融事故になってしまう

今まで1万円の返済だったけれど、コロナの休業が影響下して、これからも収入減になってしまう。そこで5,000円の返済額にしたい。その時に、当然返済期間が伸びますし、契約も再契約になります。手数料がかかりますし、総返済額も多くなります。

これは、コロナだから特別ではないのですが、消費者金融として途中で返済ができない契約変更は対応しています。

ポイントとして

必ず返済日前に行うことです。
遅滞してしまってからの対応ではなく、コロナで会社休業であり、収入減になった。そこで、今月の返済だけではなく、今後のこともきちんと相談をしたい。この電話だけでもOKです。

返済ができないと申し出ることは恥ずかしいことではなく、コロナが原因だけではなく、どんな理由にしても返済ができなくなったときには、すぐに話をすることです。

消費者金融もわかっている

消費者金融の窓口では、新型コロナウイルス感染拡大によっての相談窓口も開設しています。これは金融機関の各種ローン対応も同様ですが、返済相談はしています。

やってはならないのは、こうした相談もしないで遅滞延滞してしまうことです。支払いができないのだから、どうしようと素直に話をしてください。今月の返済日前の行動が必要でしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融で借りる前に社会福祉協議会に行くことのオススメ

 
コロナで休業してしまって、収入減になった。消費者金融でお金を借りようという方に1つ提案があります。

社会福祉協議会を知っていますか?

役所の中に社会福祉協議会があります。今回コロナの感染拡大によって、収入減になった場合、社会福祉協議会での緊急小口資金の申込をおすすめするアナウンスが出ました。

もともと存在していて、収入減になった方に福祉資金としての貸付ですが、緊急的にコロナが影響した方に対しては、誰でも借りれるという緊急小口資金の対応をしています。収入減になった原因がコロナであることが分かれば、たいてい借りれるというのです。

消費者金融よりお得

消費者金融も緊急小口資金も貸付です。緊急小口資金では、無利子です。いつもの緊急小口資金では、保証人なども必要だったり、詳細な審査があります。

ただし、コロナの影響での緊急小口資金では、社会福祉協議会の担当者との簡単な面談だけで、無利子の貸付を受けることができるようです。上限では20万円です。

無利子だけではない

20万円は無利子だけではなく、据え置き1年間という内容です。1年間は返済不要であり、社会福祉協議会の貸付返済では、そんなに厳しい内容ではありません。

コロナ原因での収入減ですが、あくまでも福祉資金としての貸付なので、全てが柔軟対応です。そこで、市区町村の住民であり、納税をしていることが審査要件になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

注目したいこと

それが、消費者金融の債務があるとか、ブラックリストの一部でも借入れができた報告があることです。

ブラックリストと言っても借りれない人もいますが、それでも今回の緊急小口資金に関しては、社会福祉協議会の担当者などの判断で、よほど生活が苦しい方などでは、借りれるとの口コミもありました。

多分借りれない人

現在、債務整理の申込をしている。破産手続きをしている、個人再生手続きをしていて、まだ結果が出ていない方です。

任意整理で返済中の方の緊急小口資金の借入れができたとの報告がありましたが、一応債務整理の審議中では借りれないでしょうとのことです。

社会福祉協議会の担当者

もう一つの借りれないというのは、社会福祉協議会の担当者の存在です。全国統一された担当者の対応ではなく、同じような信用情報でも借りれる人と借りれない人の違いがある点です。

とりあえず、コロナが原因で収入減になった。その時点での信用情報の内容については、担当者だったり、社会福祉協議会の判断によります。市区町村の社会福祉協議会では、都道府県の社会福祉協議会に申請してのことです。

担当者に左右される審査というのはなんとも複雑なことですが、単にコロナで収入減になってしまった方は、消費者金融に行く前の社会福祉協議会の訪問はおすすめです。審査では、必ず面談が必要になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ブラックリストは中小消費者金融で借りる?

新型コロナウイルスが国内で国内蔓延になったことでは、休業要請によって会社が休みになった方は多いでしょう。テレワーク対応していない会社、必ず人と会わなければならない仕事では、休業要請になったのでは、当然仕事はできない状態でしょう。

どうする?お金

収入減ということは、お金がない。国は、コロナ関連の融資の紹介はしていますが、それは事業者向けのことです。

会社員、アルバイター、パートなどで収入がある方は、休業では融資などは無関係です。唯一現金給付10万円だけは入手可能ですが、それだけではとても不足してしまう場合もあるでしょう。

お金が足りないときには、事業者では融資ですが、融資対象にならない方は、キャッシングなどに頼ることでしょう。

消費者金融で借りる

金融事故がない個人信用情報では、大手消費者金融でも借入れができます。

プロミスでは、コロナ原因で収入減になった方に応援融資として10万円までは1年間無利子対応です。大手消費者金融ではこのプロミスがオススメですが、金融事故がある方は審査落ちです。

そこで、大手消費者金融で借入れができない場合では、ブラックリスト対応の中小消費者金融、街金でのキャッシングもありでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

返済能力があるのなら

今回のコロナの休業では、一応限定的です。6月に入れば、全国的に倒産していない企業はだいたいは再開です。一部はまだ閉鎖しなければならないのですが、休業と言っても、収入が途切れるわけではありません。

そこで、もともと甘い審査の中小消費者金融などでは、コロナで収入減であるけれど、毎月返済額を小さくしての少額融資が借りれる場合があります。毎月返済ができるだけの収入の証明が必要です。

コロナで収入減になった場合でも、仕事再開に関しては中小消費者金融の審査では問題ないでしょう。

中小消費者金融の申込が多い

最近では、中小消費者金融の申込者が急増しています。それが、今のキャッシング事情を物語っていますが、完済可能で計画的な申込が必要です。途中で返済ができないという状態にならないように考慮した申込をしてください。

すでに債務が多く消費者金融も審査落ち

その場合は、債務整理です。今までやっての思いで返済していたけれど、コロナの影響でもう返済ができない状態になった。その時には、すぐに債務整理の検討することです。

その上では、弁護士などに債務相談に行くことで、自分にとって適切な債務整理を選択してください。水商売などでは、コロナでまだ休業しているところもあります。収入減で支払いができないときには、早めの対応が必要でしょう。遅滞も延滞も絶対にNGになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン