banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

とにかく10万円がおそすぎるとか

コロナの感染拡大では、個人の収入にも影響を与えています。

ニュースでは、事業者が休業要請で売り上げがない。売り上げがない場合では、従業員の生活も不安定になります。

現金給付10万円、遅い

もし、この国民全員の現金給付10万円の話しがもっと早くに決まっていればと考える方は多いはず。

最初は30万円で限定的とされていましたが、10万円が国民に行き渡ることが決定したのは、最近のことです。これが早ければよかったのに、そのような声があちこちで聞かれることになります。

収入減ですから借りなくては

収入減でなんとか支払いが先延ばしにできるのなら良いのですが、現金がなくてはならない場合は、借りる、借金の選択もあります。

国として、10万円の現金給付は遅かったのですが、社会福祉協議会の緊急小口資金の貸付の受付は早かったです。生活の資金調達として、緊急小口資金を使ってください。そのようなアナウンスがありました。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金、借りた?

普通、収入減の時にはカードローンや消費者金融などに走ることが多いです。ただし、収入減がコロナの原因の時には、社会福祉協議会での緊急小口資金が使えます。

基本的に審査はありますが、柔軟であり債務がある方も借りれると言います。コロナの影響で収入が少なくなった。社会福祉協議会の担当者との面談が実質的な審査であり、あとは都道府県の社会福祉協議会の審査になると言います。

緊急小口資金が良いのは、貸付ですが無利息です。1年間の返済不要の据置期間もありますので、キャッシングとはまったく別物です。最大20万円ですが、それでも収入減の貸付としてはおすすめです。

その時に、やはり10万円の現金給付が早ければこのお金も借りることがないのに。とにかく、この10万円のタイミングが遅いしということでしょう。

徐々に動き始めた日本

緊急事態宣言は多くの県で解除になっています。仕事のボリュームが100%にはならないものの、なんとか収入減の幅も少なくなりそうです。

実を言うと、この傾向が見えてからのキャッシングなどがおすすめです。というのも、緊急事態宣言の途中でどうしても収入が少ない。緊急事態宣言解除後も元に戻らないという時は、借金返済ができない事態もあります。

緊急小口資金の特例

そこで、緊急小口資金の貸付、生活福祉資金などでは今のところ、返済ができない状態になった時には返済も不要だとか。

とは言っても、20万円程度で1度きりです。生活福祉資金では、緊急小口資金後の借入で最大60万円です。主にコロナで失業してしまった方を対象としていて、最悪返済の検討の余地があるといいます。

緊急事態宣言後の仕事、収入の見込みがうまくいかない時には、社会福祉協議会の貸付が妥当だと思われるのですが。返済見込みがないキャッシングなどは慎重なに検討してください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

クレジットカードでキャッシングができる人

現在普通に使っているクレジットカードで、キャッシング枠がある人は、コロナの収入減でキャッシングという手もあるでしょう。すでにキャッシング枠が存在している時には、そのままクレジットカードでの借入が可能になります。

キャッシングとしては簡単

すでに申込をしていることが必要ですが、キャッシングの際に気をつけなくてはならないことがあります。クレジットカードのキャッシングは消費者金融カードローンの総量規制の範囲内です。金利的にもそんなにお得な内容ではありませんが。

コロナの影響でお金を借りたい。その時に既存のものであり、クレジットカードのキャッシングが楽にできるとしたら。そう考えるのもありでしょう。

改めて申込をするよりも

キャッシングをするのに、カードローンなどの申し込みではありません。クレジットカードでそのまま借りれるのですが、返済も確認が必要です。ショッピング枠と同じ返済になります。

来月からの返済がありますが、コロナの影響がどうなるのか?そんなことを考えつつ、借入をしてください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

返済は10万円で

そう言えば、国民全員に10万円の現金給付があります。すでに現金を受け取っている人もいますが、これから申し込みの方もいます。

そっか、これで返済をしたらいいんだということも言えるでしょう。10万円だけは間違いなく貰えるので、そうしたつもりでのキャッシングは一応OKでしょう。

クレジットカードのキャッシング

返済は早いほど金利もかからないです。形としては、キャッシングには抵抗があるとしても、完済見込みがあるのなら、キャッシング枠があるクレジットカードであれば簡単に使うことができます。

ショッピングとキャッシングの枠はそれぞれであり、ショッピングで使っていたとしても、キャッシングはできるはずです。

改めて考えて

それにしても、コロナの影響で収入減になっている方は多いことでしょう。

そこで、返済が不安だからキャッシングはイマイチできないという方もいます。それは自由であり、キャッシングで怖いのは返済ができないことです。借りる行為は簡単であり、クレジットカードのキャッシング枠があることでは、すぐにお金を引き出すことができます。

簡単ですが、この度の10万円の現金給付で返済ができるとしたら、なんとかキャッシングも安心ではないでしょうか?そんなことも考えられるのですが、クレジットカードのキャッシング枠がない時には、消費者金融カードローン申し込みもありますが。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金はやはりおすすめ

生活資金が不足してしまった。資金調達をしたいけれど、消費者金融やカードローンでは抵抗がある。社会福祉協議会の緊急小口資金は知っていするけれど。

緊急小口資金について

生活福祉資金の1つですが、コロナだからとできた貸付ではありません。もともと福祉のための貸付制度であり、仕事ができない、病気になってしまって収入が途切れた方のためのものです。

ちなみに、超債務、多重債務であるための緊急小口資金で借り換えということはしていません。社会福祉協議会の担当者の面談も細かく行います。

ただし、今回のコロナの収入減に関しては、多くの方が単にコロナで収入減ったというだけで借りれる様になっています。それでも抵抗がある方も少なくないでしょう。

審査がある

審査がありますが、基本的にはそんなに厳しくないようです。

ただし、ブラックリストになっている場合は難しいとされています。債務がある程度では、借りれると言います。無担保、無保証人、無利子であるコロナの特別貸付の形ですが、さすがに返済が絶対に無理と判断されると借りれないようです。

審査の基準としては、仕事をしている方でコロナの感染拡大したことで収入を大きく減らしたことの証明ができることです。コロナで収入が減るだけで借りれるというのは、コロナ特例になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

敷居が高いというよりは

社会福祉協議会なるものを知らない方も多いことでしょう。福祉で言えば、生活保護などでもらえると考えている方も多いでしょう。実際に普通に収入がある方では縁遠い存在です。

国としては

社会福祉協議会を使った理由としては、いち早く貸付ができるからでしょう。事業資金ではなく、最初から上限20万円という金額で生活を立て直せるのならと提供したものです。

おすすめとしては、たまたまコロナの影響を受けてしまった。カードローンやキャッシングなどの経験もない。しかし、収入減である時には、社会福祉協議会で問い合わせしてみてください。貸付ですが、今回のコロナの影響では遠慮もなく貸付はおすすめです。

はっきり言って、ここでクレジットカードや消費者金融、銀行カードローンのキャッシングをした方が良いというおすすめはしません。無利息であり1年間の返済不要期間があります。返済の準備もできることであり、金利がない点においてもおすすめです。

キャッシングに抵抗がある

それは、良いことですが、社会福祉協議会の緊急小口資金に関しては普通のキャッシングではありません。

少なくとも、生活の質の維持のためにもおすすめです。キャッシングというよりは、生活資金の調達として自治体に甘えてみてということです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

事業者の貸付について

社会福祉協議会の貸付制度では、緊急小口資金があります。情報が錯綜している点では、3ヶ月もらえる生活福祉資金が受けられる点もあります。

緊急小口資金と生活福祉資金

3月の時点で、コロナで収入減になった人は申し込みをとアナウンスがありました。

コロナでは、休業要請が続いて、会社がおやすみ。それは、収入がゼロになってしまう場合もあります。雇用調整助成金なども当てにならない、それは支給がいつになるかわからないからです。

そして、収入減になった方は、社会福祉協議会での緊急小口資金がどうぞということです。社会福祉協議会で生活福祉資金もありますが、緊急小口資金で不足してしまった時には、生活福祉資金の相談にのるということです。

現在は、コロナで失業してしまった方に対して、3ヶ月の最大月20万円の支給をするものです。緊急小口資金の借入をしたけれど、まだ不足してしまう。仕事が見つからない場合の生活福祉資金の利用を促しています。

まずは、緊急小口資金の利用ですが。社会福祉協議会に直接相談と言いたいのですが、地域によっては予約になっているようです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

キャッシングというよりは

普段から借入の経験がある時には、社会福祉協議会の緊急小口資金も生活福祉資金も魅力です。それは、返済不要の据置期間が1年間あるだけではなく、金利がゼロです。消費者金融カードローンなどでは、10万円の借入では18%程度の金利は当たり前です。

今回の社会福祉協議会は特例貸付ですが、審査もある程度柔軟になっていますし、この支援にのることはおすすめです。キャッシングをするのではなく、社会福祉協議会の貸付の利用は本気で検討してください。

事業者も使える

事業を行っている方、零細事業者、中小企業などは日本政策金融公庫のコロナ特別融資も使えます。

こちらも実質無利子の貸付です。審査がある融資ですが、時間もかかっています。この事業者も緊急小口資金も利用ができるはずです。多分、緊急小口資金の支給が早いでしょう。

特に、これからの事業を行うことが不安な場合は、事業資金の借入では難しいでしょう。返済が不安な場合、事業継続ができないときは、最初から緊急小口資金の借入が良いのでは?ということ。事業資金と言うよりは、生活資金としての借入です。

現在、事業者としては、これからの展望も検討されている場合も多いでしょう。そうなると、融資として日本政策金融公庫では難しいことですし、緊急小口資金、生活福祉資金を借りたとしても返済が不安です。

社会福祉協議会ではその点でも相談ができますので、融資、貸付で迷っている場合は問い合わせと相談から始めてみてください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融で借りるならプロミスかな?

もし、コロナが影響で収入減であり、キャッシングをしたいのなら、プロミスをおすすめします。プロミスの審査落ちになるのなら、別の消費者金融カードローンはおすすめしません。

大きくでたプロミスのキャッシング

プロミスでは、コロナで収入減になった方限定での1年間無利息、その後4.5%という低金利キャッシングの提供しています。10万円が上限ですが、それでも大手消費者金融の無利息対応はありがたいです。

今回、プロミスだけの応援融資になっていて、他のカードローンではこのようなサービスはありません。消費者金融カードローンとしては、その他では普通の金利です。

プロミスの審査

原則的にブラックリストは借入ができません。その多くが、安定収入であり、個人信用情報機関での金融事故がないことが必要です。

普通のプロミスの借入ができる点では、ブラックリスト以外では本気で検討してみてください。キャッシングでは、担保も保証人も不要です。

審査では、普段の収入がある。金融事故もない。応援融資ではコロナが原因で収入減になっていることが必要です。1年間の無利息という対応を受けられるので、本気で検討してください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

社会福祉協議会よりよいかも?

現在、社会福祉協議会の緊急小口資金が存在しています。こちらは、無利息の借入ができます。

プロミスも同じ無利息ですが、1年間です。普通のキャッシングであれば、断然プロミスの方が借りやすいのです。しかし、1年間の完済ができるのならという条件です。それでも、1年後も4.5%の低金利になります。

社会福祉協議会、緊急小口資金では自治体の貸付ですが、プロミスが良い方はおすすめです。良い企画であり、普段からキャッシングをしている。初めての方にもおすすめになります。

銀行カードローンではありません

現在、銀行カードローンではプロミスのような対応はありません。

今回のプロミスでは1年間の無利息は大きいことです。コロナでの特別金利になっています。今だけのサービスになりますが、消費者金融の借入で抵抗がない場合は、プロミスの応援融資が良いでしょう。

その他では、このような対応はありませんので、審査落ちの時には、社会福祉協議会の緊急小口資金をおすすめします。

コロナでまいった

10万円の現金給付で間に合わないでしょうか?申請もまだという方もいますが、この10万円だけは間違いなく国民にあたるものです。

もし、10万円あれば借りなくても良いと言うのなら、待っていることが良いでしょう。消費者金融にしても、緊急小口資金にしても返済が必要ですから。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン