banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

公的な支援だけでは足りない!コロナ禍ですぐに借りられるお金は何処に?


突如として日本や世界に広まってしまったのがコロナウイルスです。無症状の患者さんも多いことから知らないうちに感染が広がることも多々あり、その終息やワクチンなどの開発が求められています。

そして、この新型コロナは健康だけではなく世界中の経済にも大きな影響を与えています。日本でも緊急事態宣言など自粛活動がおこなわれ、その結果として仕事を失ったり、収入が減少してしまった人がたくさん出ました。そのため、このような中でお金のやりくりに困っている人もたくさんいます。

すでにお金借りたいと考えている方も多いはずですが、政府や自治体が様々な支援や融資を用意しています。特別定額給付金は、全国民に10万円を配るためにこれを受け取れる人が多いです。また、国からの持続化給付金や自治体の感染拡大防止協力金、お子さんがいる場合には小学校等休業対応助成金などもあります。

さらに借入金になりますが、緊急小口資金や総合支援資金などもあります。条件に当てはまれば、申し込みをおこなって審査を受ければお金が受け取れるわけですが、このようなお金が手に入るまで時間がかかることも多いものです。そのため、こうした制度があることを知りながらも民間企業からお金を借りている個人や企業も多いです。

政策投資銀行などの融資もありますがこちらも審査にかなり時間がかかると言われているために、最短で当日融資などをおこなってくれる銀行カードローンやクレジットカード会社のキャッシング、消費者金融やキャッシング会社からの借入などをおこなっている人が多いのです。

そもそも政府の特別定額給付金以外は受け取れない場合や、受け取れる場合でも待っている時間がないような場合には、このような行動のほうが正しいとも言えます。

光熱費などの支払いや税金の支払いは待ってくれることも多いですが、家賃や食費などは待ったなしです。そのため、受け取れるかどうかまだわからないお金に期待するのではなく、確実な選択肢に目を向けましょう。コロナの時代だからこそこうした賃金業者も親身になって相談に乗ってくれるものです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

各種給付金が振り込まれない!すぐに振り込んでくれるのは民間の業者


新型コロナ関係では様々な支援金や融資資金、給付金などが用意されています。国家予算を総動員して凄まじい金額の給付がおこなわれていますが、やはりこのような制度はスピード感がないのが欠点でもあります。

もちろん、支払う側の現場では一生懸命に作業してくれているはずですが、申込をおこなう人の数が桁違いなので、なかなかお金が振り込まれないという悲鳴のような声がネット上には随所で見受けられます。

また、マイナンバーカードを使ってオンラインで申し込みをしようと思っていたものの、そのマイナンバーカードの発行までに待たされている人もいます。このように制度はたくさん存在していても、現実にそのお金が手元にやってこないために頭を抱えている人はたくさんいます。

特に家族を食べさせなければいけない一家の主や事業者にとっては、今日明日のお金にも困っている人も多いはずです。すぐさまお金借りたいという人が使える制度として緊急小口資金などもありますが、こちらも審査で待たされているという評判があります。

だからこそ、どうしてもコロナ問題で手元の資金が無くなってお金を借りたいと考えた場合には、民間企業を頼ってしまうのが手っ取り早いです。たとえば銀行カードローンです。住宅ローンや自動車ローンなどとは違って保証人も不要で担保もいらず、利用目的も自由なローンです。住宅ローンのように長々とした審査もないため、場合によっては即日融資も受けられます。

また、同じような制度としてノンバンク系では、消費者金融やキャッシング会社のキャッシングサービスやカードローンサービスがあります。さらに、普段使っているクレジットカードにもキャッシング枠があることが多いです。

このような方法ならばこれから新規に申し込みをおこなうにしても、今日中に審査結果を出してくれた上で審査に通過した場合には今日中に振り込みや手渡しでお金を用意してくれることもあります。本当にスピード感のある対応とはこういうことですから、ぜひ有効活用しましょう。

無論、公的な資金があとから入ってくるまでのつなぎ融資やつなぎ資金としての意味合いで借りてもいいはずです。そのときまでに苦しむことがないように、まずはこうした方法で取り急ぎお金を用意して、生活に安心感を得ましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

次回の支払いがもう無理!コロナで追い込まれたらキャッシングの活用も検討


日々の生活には家賃や住宅ローンの支払い、光熱費の支払いに学費の支払いなどなど様々な出費があります。だからこそ働いて稼がないといけないのですが、コロナ問題によって働きたくても働けないという人や働いていても売り上げがほとんどないという事業者も珍しくなくなっています。

このような中で、どうにかしてお金を工面しないといけないわけですが、その手段のひとつとして覚えておきたいのがキャッシングです。お金借りたいと思ったときに役立つことが多い、銀行や消費者金融やキャッシング会社などが提供しているいわゆる金貸しのサービスです。

コロナ対策としては、日本政府は様々な形での支援をおこなっており、10万円を全てのひとに配る特別定額給付金などが代表的です。そのほかにも、事業者には持続化給付金として200万円や100万円を払う制度もあります。

しかしながら、これらの多くが申込をしても即座にお金を得られるわけではありません。早くても数週間、遅いと数ヶ月と言われています。しかも、明確な振込日がわからないことが多いため、支払い期日がある人にとってみれば恐怖でしかありません。

そのため、世の中の人もいつもらえるかわからないお金を頼りにするのではなく、確実に今日明日中にお金を用意してくれる金融業者からお金を借りています。

業者にもよりますが、銀行カードローンや消費者金融やキャッシング会社の多くが即日審査と即日融資を日頃からおこなっており、それはコロナ騒動の時代においても同じことです。なので、予定が立てやすくなっています。今日申し込みをおこなって今日の支払いに対応してもらえることも多いわけですから、これほどありがたいことはありません。

もちろん、最終的に特別定額給付金などが振り込まれた際にはそのお金でこうしたカードローンやキャッシングの借入残高を返済してしまうという手もあります。金利が少々乗ってしまいますが、期日までにきちんとお金を払い終えられるという安心感がありますので、そのための手数料だと考えておきましょう。緊急事態だからこそフレキシブルに動いていきましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急事態のコロナ禍だからこそ備えておきたい手元のお金


日本はもちろん、世界の多くの国も苦難に陥っている新型コロナウイルスの問題ですが、日本では健康面の声と共に経済への影響も叫ばれています。多くの企業が厳しい環境にあるために雇用の維持が不可能となって解雇されたり、新卒で入社するはずだった社員が内定や入社を取り消されるような事態も起こっています。

さらに、雇用があってもただただ休みが続いたり、アルバイトやパートも以前ほどたくさんシフトに入れてもらえなくなったり、ボーナスがカットされたりと、とにかくコロナ以前とは大きく変わった日々になっています。

健康的な問題への配慮は重要ですが、やはり多くの人がお金の問題に頭を悩ませており、その点のハードルをどう乗り越えるかを考えています。事業所の資金以外にも個人の生活費の問題で悩んでいる方も多いはずですが、このような場合に頼れる存在がいくつかありますので覚えておくべきです。

とにかくお金を手に入れたいということであれば、公的な支援を使いましょう。たとえば、10万円が配られる特別定額給付金や事業者への持続化給付金などです。そのほかにも融資にはなりますが緊急小口資金などがあり、20万円まで借りられます。

さらに、お金借りたいということであれば、以前からあるキャッシング業者などからお金を借りる方法もあります。これに関しては政府の対策とは無関係ですが、ひとつ言えることはこうした業者からカードローンやキャッシングとしてお金を借りたほうがスピーディーにお金を手に入れることができるということです。

政府の融資は無利息であったり、そもそもお金をくれる制度になっているために条件としては当然ながらそちらのほうがありがたいのですが、スピード感がありません。申し込みをして審査を受けて、早い場合でも数週間はかかると言われています。そのため、それだけ待っている余裕がないという方が多いものです。

したがって、資金ショート寸前であり、とにもかくにも今すぐにお金が欲しいということであれば銀行カードローンや消費者金融を頼りましょう。即日融資も当たり前にありますので、今日の申し込みで今日中にお金を得ることもできるため、このスピーディーさは見逃せません。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

信用ブラックの人がコロナで仕事が激減!どうすれば良い?

国内にある銀行カードローンや消費者金融を利用してキャッシングしたり、クレジットカードをショッピング枠やキャッシング枠で使用した場合、これらのお金は必ず後日返済します。

しかし、借りたときやカード払いしたときには問題なかったとしてもその後に事情が変わって返せなくなることもあります。そして支払いがどんどん遅れていけば信用ブラックとなってしまうこともあるのです。

このような状況の中で自転車操業のようにお金をやりくりしている人も多いのですが、そのような中でコロナウイルスの問題にぶつかってしまうと、人生の先が見通せなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。ただでさえ大変だった日々が余計に苦しくなってしまうわけですからその思いは理解できます。

しかし、慌てたとしても闇金などに手を出すのはやめましょう。ヤミ金はたとえソフト闇金と呼ばれているようなものであっても、手を出すものではありません。法外な利息をとられて、結局は今の人生がもっと厳しくなるだけです。

ですから、もしも今お金借りたいとの思いがあるならば、キャッシングやカードローンサービスを有効活用して消費者金融やキャッシング会社、銀行カードローンなどからお金を融資してもらうことを考えてみましょう。これらの業者はスピード感ある融資に定評がありますので、大急ぎの案件でも大丈夫です。

ただし、必ず審査があるために信用ブラックとなると、大手消費者金融会社や銀行カードローンなどは厳しい回答となってしまうかもしれません。そのために、信用情報機関の金融情報に問題があって審査が不安なのであれば、キャッシング会社や消費者金融の中でも小規模な街金などを頼りましょう。

これらは小規模な消費者金融です。そのため、合法的ルールの中でお金を貸してくれますので安心感があります。しかも、親身になって相談に乗ってくれて信用ブラックや金融ブラックなどに陥っている方であってもどうにかお金を工面してくれることが多いため、まずは話を聞いてもらってください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン