banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

主婦は主婦でも専業主婦がお金を借りるのはとても大変

主婦がお金を借りる。カードローンでは、主婦という枠組みでは銀行カードローンだけでしょう。その場合は、専業主婦になります。

専業主婦専用の申込

主婦は主婦でも扶養範囲内でパートをしている。在宅ワークをしているとなれば、カードローンもキャッシングでは、仕事をしている方や収入がある方になります。そうなると、銀行カードローンだけではなく、消費者金融カードローンも審査対象になります。

専業主婦は収入がゼロであり、配偶者の収入で生活をしている方です。銀行カードローンでは、その専業主婦でも申込ができるようです。

コロナの影響?

そうした専業主婦でも、コロナの影響でお金を借りたいというケースもあるでしょう。収入がない専業主婦の場合は、大方配偶者の収入減が原因の場合もあります。

しかし、専業主婦も自分のためのお金が必要だということです。銀行カードローンに関しては、専業主婦の個人信用情報での審査をすることになるでしょう。専業主婦としては、在籍確認もなく、現在の借入れや返済の状況だけの審査になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

銀行の審査

金融事故がない専業主婦では、普通に借入れができます。さすがに利用限度額は少ないですが、現在キャッシングなどではせいぜい50万円程度です。

コロナの影響では、具体的な証明もできない専業主婦ですが、自身の信用情報で問題がないと銀行でのキャッシングができます。信用情報で問題がなければ、カードローン以外のキャッシング枠がつく場合もあります。

大手消費者金融では無理

大手消費者金融カードローンは、無収入の方は最初から申込もできません。申込者では、パートでもアルバイトでも収入がなければならないでしょう。

大手消費者金融では最初から専業主婦、無職での借入れができないことになっています。専業主婦の借入れでは範囲が狭いですが、銀行の借入れではブラックリストの借入れは対応していないです。

もともと借入れが困難

一部の銀行でも専業主婦は厳しい審査の場合があります。要するに、返済ができないと判断されることで、10万円程度しか利用限度額としていない場合があります。

専業主婦のキャッシングではこうした厳しい状態であり、実はコロナで大変なのよといっても、審査では関係ないことになります。家庭ではコロナの影響はあるとしても、カードローン、キャッシングの審査では、収入や信用情報以外の情報では、基準にはならないことです。

ブラックリスト専業主婦では、自分のキャッシングができないことになります。コロナで収入減という話もないことでお金を借りると言っても狭い範囲になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

パート主婦のコロナ影響の愚痴とキャッシング

カードローンの公式サイトでは、主婦も借りれるとあります。それだけでは単に結婚している女性対応ですが、内容確認すると、収入がある既婚者ということです。

働く主婦

消費者金融カードローン、銀行カードローンにも申込内容には、既婚・未婚の欄があります。そこで、既婚であれば主婦になります。

その前には、収入の有無だったり、働き方として正社員、パート、アルバイト、派遣社員などの欄があります。そこで、どれかに当てはまり、既婚であれば収入がある主婦になります。そうなると、カードローンもキャッシングも自由に申込ができます。

よくあるコロナ被害

それが、パートなどで働く主婦で、小学生のお子さんがいる場合は、仕事をお休みしなければならない。そうすると、主婦としての収入減になってしまう。

雇用調整助成金などがない仕事だったり、パート程度では対応しない場合もあります。または、まだ支給されていない場合では、お金がどうしても足りない話も聞きます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

余談ですが

お子さんが学校休校になり、お家にいる。旦那さまもテレワークで自宅で仕事をしていると、食費がすごくかかったといいます。

食費がかかるということでは、ずっと台所で食事を作っていた。働く主婦の中には、この状態がとてもイライラしてしまったとか。お買い物に行くと言ってもスーパー程度で、ママ友とのランチもできない。そんなストレスが溜まっていてという話もあります。

その上、パート収入減もあり、お金が足りないという実情があります。お子さんがいる家庭では、そんな主婦のつぶやきでキャッシングに走るという話もありました。

普通に借りれる

パートやアルバイトをしている主婦では、消費者金融カードローンの申込もできます。アプリでも、インターネットでも普通に借りれるのですが、収入がもともと少ないと限度額も低いです。

計画的な借入れになりますが、主婦も収入があることでは審査対象になります。コロナ影響での借入れでもインターネットなどでは使途も話すことなく申込ができます。

旦那は無関係

キャッシング、カードローンに関しては、収入がある主婦では、基本的に旦那の収入は関係ありません。自分の収入の範囲内の借入れになります。

消費者金融系カードローンでは、年収3分の一が範囲であり、金利などもそのままです。貸付では、収入換算になりますが、夫婦であったとしても主婦が契約者であれば、その収入範囲内になります。もちろん、旦那が保証人という立場でもありません。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

コロナ時の個人事業主主婦の金策について

コロナの影響で収入減になってしまった。働く主婦にとってはとても大変なことですが、主婦の中にも個人事業主として活躍している方もいます。

子さんがいる個人事業主

もともとお子さんがいる主婦では、個人事業主であることで時間が有効に使える、融通が効くことで会社勤務しない方も多いでしょう。お子さんが保育園や小学校に行っている間に仕事ができることがメリットです。

しかし、コロナではそれができない。仕事ができないことで、収入減になってしまった。当初こうした個人事業主に対しては、休業補償として、4,110円の補償がありましたが、なかなか申請が困難ということです。

そして、まだ申請の通らないし、補償もできない方もいます。個人事業主としての収入が家計に響くときには、こうした対応では戸惑ってしまうことでしょう。

個人事業主ではお金は借りれる?

主婦として個人事業主として確定申告をしているのなら、消費者金融も銀行カードローンも借入れができます。主婦で個人事業主ですが、自ら収入があることでは、パート主婦のように対応ができます。

ただし、個人事業主では平均して100万円程度の年収が必要との情報がありました。口コミですが、個人事業主として必要経費などの調整では、年収も操作することがあります。消費者金融では、確定申告書の提出があります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

総収入が多ければ

ある個人事業主では、年収として税制の関係で少なく申告をしているけれど総収入が多いことで審査に通ったといいます。

借りれる金額は限定的ですが、一応審査は通ります。または、収入が極端に少ないときには、銀行カードローンでの専業主婦枠の借入れも検討してください。

個人事業主なら

コロナの影響では、事業資金としての給付金の申込もできます。こちらは借入れではなく、給付されます。

主婦も関係なく、純粋の2019年と比較して収入減になった。お子さんの面倒を見ていて、収入がなくなったときなどでは、上限100万円ですが、持続化給付金があります。個人事業主、中小企業だけの融資ではなく給付金になりますが、申込は可能です。

借りる前に検討して

個人事業主というのは、お金を借りる点では何かと不自由です。パートやアルバイトの収入の主婦の方が属性が良いと言われています。

コロナの影響下では、主婦でも個人事業主であるのなら、給付金だったり、日本政策金融公庫の融資が低金利になります。これだけは、個人事業主としての特権になっていて、コロナ特需といえることでしょう。特に給付金に関しては、返済もないお金です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

配偶者貸付制度って何?

主婦がお金を借りたい時には、収入の有無で内容が変わります。パートでもアルバイト、個人事業主でも収入がある方は、普通にカードローンも消費者金融で借入れができます。クレジットカードのキャッシングもOKです。

専業主婦は厳しい現実

専業主婦は収入がない方です。消費者金融では、本人の収入がなければ申込ができません。専業主婦は単なる無職という扱いです。

審査では、消費者金融では相手にされないのですが、一部の金融業者では特別な制度があります。それが、配偶者貸付制度です。

配偶者貸付制度

主に中小消費者金融、街金などで対応しています。情報記事も多いのですが、旦那の総量規制範囲内での借入れになります。

旦那は同居している婚姻関係にある証明と旦那の同意書が必要ですが、旦那の収入の3分の一の総量規制の範囲内で、最大10万円程度の借入れができるのが、配偶者貸付制度です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

いわば夫婦の総量規制

こうした配偶者貸付制度では、契約者では専業主婦になりますが、夫婦の個人信用情報機関も関係します。そこで、旦那に内緒で借入れができないことになります。

どちらかがブラックリストであれば厳しいとされる配偶者貸付制度ですが、一応中小消費者金融などでは専業主婦も借入れができることになります。

コロナなどの生活状況が変化して資金がほしい場合では申込ができます。夫婦で借りることになりますが、旦那の収入総量規制範囲内での一部になります。

それでは嫌だから働いた

配偶者貸付制度ではなく、専業主婦を脱却して働けば良いわけです。

年収で100万円程度のパート主婦であれば、大手消費者金融カードローンの申込も可能です。ただし、勤務年数は1年程度は必要ですので、すぐに働いて、すぐに借りる事はできません。パートに出て1年程度経てば、旦那に内緒のキャッシングも可能です。

銀行カードローンなら

銀行カードローンでは専業主婦でも借入れができます。旦那の安定収入では、収入証明書が必要ないところもあります。

ただし、この場合では借りれる金額は少ないのですが、その銀行をよく利用するなどの工夫をすることで審査が有利になることもあります。ブラックリストでは借入れができないのですが、働く主婦になれば、借りれる範囲はグッと広がります。

専業主婦では、銀行でのカードローンの少額融資か中小消費者金融などの配偶者貸付制度しか利用ができないことになります。ブラックリストになると、銀行の借入れはできないですし、大手消費者金融も審査落ちになってしまいますが。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

コロナ影響でのキャッシングは気をつけて

家庭において主婦の仕事はとても多いです。コロナと言う環境の変化では、子供たちは学校休校、旦那の仕事ではテレワークになったり、休業になったり。パートなどでは働く主婦本人も収入減になるなどの生活の変化があります。

お金が足りない

実際、会社員の旦那では、きちんとした定期手な収入であれば良いのですが、コロナの影響がある時には、主婦としては不安です。

パートの収入減もあるし、現金給付10万円があるとしても、まだ申請書が配られていない地域もあります。そこでお金を借りると言う時、パートなどで収入がある方は普通に申込ができます。

主婦が借りれる範囲

消費者金融では、年収3分の一です。100万円のパート主婦では、33万円程度が限度額になります。

オススメは大手消費者金融のカードローンであり、インターネット申込が早いです。レディースローンがあれば、その申込が良いでしょう。大手消費者金融がオススメなのは、30日間無利息サービスがあるとか即日融資対応だからです。旦那に内緒も対応しています。郵便物を受け取らない設定にすることでは、キャッシングもバレません。

コロナで収入減であり、返済ができる金額の返済額設定でOKです。大手消費者金融では途中返済もでき、早めに返済できると利息も少なくて済みます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

計画的な返済を

コロナで収入減になった時には、家庭全体の家計に目を向けることになります。

もし、一時的に収入減であれば良いのですが、まだ元の生活に戻れないかもしれないとの情勢です。そこで、収入もきちんと元に戻るかは不明ですが、今、ここで借金を増やしても良いかなども検討することが必要です。

収入減も数ヶ月続くとか家計が危ない時には、簡単に主婦がお金を借りるというよりは、家庭全体で考慮することがあります。

審査に通るため

カードローンで数万円なら問題がないと言うでしょう。

数万円の借入れですぐに完済ができる。カードローンでは、主婦として借りるのなら自分で完済できることが必要です。家計に対しての借入れでは、多少大変になることですが、このコロナの一時的な危機対応であれば、カードローンは便利でしょう。

旦那に内緒なら

正直言って返済ができないとしたら、借りたあとに旦那に内緒キャッシングであれば危険です。その点でも収入減がコロナのせいですが、借りるとしたら少額が妥当ですが、完済できる内緒にできる範囲での借入れがオススメですが。

コロナ終息で返せる?

当然のことですが、返せる範囲のキャッシングが理想です。計画的なカードローンの利用が良いと思われるのですが。

いつでもカードローンもキャッシングも完済できることが基本です。総量規制範囲は年収3分の一ですが、返済では金利もあります。計画的な使い方をオススメします。

主婦でも収入があることでは、審査では既婚も未婚も無関係であり、完済ができることが必須です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン