banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

新型コロナの感染拡大下で派遣社員の立場

新型コロナウイルス感染症の感染拡大の被害はあちこちニュースになっています。そこで、派遣社員で働いている方にとっては、何かしらの影響がある方が多いです。

所詮アルバイトですから

新型コロナウイルス感染症の影響で、派遣先の仕事量が少なくなったことで派遣切りに遭った、またはシフトが減らされた方も少なくありません。

「意外にも」という言い方はおかしいかもしれませんが、派遣切りに遭う方が大半かと思ったら、そんなに数はいないということです。それより、シフトが減らされたという方が大半です。新型コロナウイルス感染症の感染拡大がささやき始めた2月あたりから、徐々にシフトが減ったと言います。

まだ、これから影響が出るという方も含めると、80%程度が影響があると言います。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

社員も同様

これはあるデータ1000人分の分析ですが、派遣の半数近くが労働時間が減ったり、シフトから外されるといった内容になっています。または、優先的に有給の使用を促されるということです。また、契約期間が迫っている場合は、あとは有給消化ということを言い渡される場合もあります。

ただし、派遣先の都合とは言え、休業手当や雇用助成金などの支給で一定の手当が出る予定の方もいます。派遣社員だけではなく、正社員も同様の対応のところも多く、派遣だけの対応ではない場合もありました。

派遣先もパニック

今回の新型コロナウイルス感染症の感染拡大では、都市部などでは人出を8割減ということを通達しています。

雇うとしても派遣先そのものが休業してしまうことも多く、実際には派遣先としても同仕様もないという現状です。アルバイト、パートにも雇用助成金がでることになっています。

ここは派遣先の対応次第になりますが、派遣社員としては、次の仕事先が決まらないという別の悩みも浮上しているのも確かです。社員は良いでしょう。そのまま雇用が続くのですが、これからの派遣先については、不明としか言いようない状態です。

普通のアルバイトやパートなどでも、仕事がないので出社ができない。学校が休校になっていることで、家に居たいという要望ではどうぞどうぞという対応でしょう。今回ばかりは、派遣だからという点では差別的なことはなく、誰もが休業、シフトが減らされていると見て良いでしょう。

契約期間は、とりあえず休業手当が支給される場合は良い方です。すべての派遣先で対応とは言えないのですが、派遣社員の業界では全体的にシフトが減っているのではないかと予想されます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

派遣社員と契約の関係

派遣社員で働いている方にとって、新型コロナウイルス感染症の影響はただ事ではありません。会社が休業してしまう場合では、非正規社員からのシフトを減らす、失業してしまうケースが多いようです。

まだ契約期間が来ていない

契約がまだ残っているのに、突然失業してしまった。シフトが減ってしまう方もいます。この時に、いっそのこと失業してしまって、失業保険があるのならそのほうが良いと考え方もあります。

契約期間がまだ先にある。1日1万円程度のシフトですが、ダラダラと雇われることで、当初もらえる金額よりも少ない。有給もない場合、失業手当も出ないのなら、次の派遣先を探す方法もあります。今はコロナの影響で派遣先も探せないとも思われるのですが。

一縷の望み

これは、派遣先も同じです。多分、コロナの終息と同時に回復する会社はとても多いです。そのときに派遣社員がありがたいと思うのですが、当面その時期はわからないということです。

コロナの影響では、不当な派遣先の対応ではなく、有事であり、ある程度のシフトの減少は仕方がない場合もあります。それでも、収入が絶たれることは大変なことです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

派遣社員と契約

派遣社員に関しては、派遣元と派遣先で契約があります。そこで休業手当がある。1万円の給与保障があるなどの項目があります。

失業にしてもシフトが不当に減られた時には、請求できるものは請求をしてください。どこに請求なのか?というのは、派遣元で相談してください。契約期間中は、収入が保障されることは、派遣ではきちんとした内容になっているはずです。

予告なしの対応

新型コロナの影響では、本当は契約内容変更では30日程度の期間が必要です。

ところが、明日からシフトが変更。最悪なことでは、派遣先の休業になってしまうこともあります。誰もがコロナが終息したらなんとかなるということは考えています。ただ、その時期は不明であり、派遣先でも混乱している場合が多いです。それでも請求できるものは、きちんと請求してください。

失業保険があるのなら、ここは一度失業する方法もありますが、自ら退職したときには、失業保険の給付が遅れることもあります。とにかくシフトを減らされた程度で生活が維持ができるのなら、契約の金額保障があるのなら、そのまま我慢でしょう。

派遣先、派遣元の対応で違うのですが、収入の減少はきちんと確認をしてから、その後の対応を検討してください。慌てて退職してしまったけれど、コロナ終息までに契約があるのなら、しまった、早まったという場合もあります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

自分の派遣内容は確認して

派遣は、いつの時代も不安定な位置にいます。今回はコロナが影響していて、派遣先の会社の営業縮小になっている場合が多いです。そのときに、最初にシフトから外されるのが派遣でしょう。

テレワークというけれど

ある派遣社員の方は、派遣先では一斉にテレワーク対応になり自宅での仕事になりました。そこで、所定の対応で自宅でのしごとをしていると言います。

家庭では、他の家族もテレワークになっていて、子どもも小学校休校になっていてパニックと言います。それでも、こうした派遣社員は幸せでしょう。

休業もなくテレワークができる派遣の場合はトラブルもないでしょう。せいぜい通勤しなくて良かったという方もいます。

テレワークはない

会社で事務を取る。営業で人と会うという派遣では、テレワークもなく会社に行くことが必要であれば、派遣のシフトがなくなってしまう場合があります。

また、客相手の飲食店などでは、最初からシフトも関係なく店が閉まってしまう場合もあります。こうした場合、テレワークも何も無関係であり、派遣のシフトが極端に減ってしまうか、休業になります。

そのときに、必ず確認してほしいのが、休業手当などの存在です。もし、シフトから外された、就業時間が減少したときの対応は確認をしてください。派遣社員は、契約で動いています。その契約中のコロナ勃発であれば、それなりの対応があるはずです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ニュースではいろいろありますが

派遣がこんなに大変という報道もあります。ニュースとしては、悲惨な対応がありますがも感染拡大の影響では、雇うことができない切実な悩みもあります。

正社員なども同様の対応をしているということですが、その差は大きいでしょう。ここからは派遣先のさじ加減とも言えるのですが、自分が派遣として働いている。そのときにコロナが理由で、シフトが減っている場合では、どのような保障があるのかは確認をしておくことが必要です。

何かしらの対応があるはずです。ニュースでは何も保障がないとか、これから対応との報道があります。

すべての派遣が同じではない

悲惨なことばかりだけではなく、自分の派遣の内容はどうなっているのかは確認してください。場合によっては、その先のことも考えなければならないのですが、労働基準法の範囲内のこと、雇用助成金などがあれば、当面の生活が維持できるのなら、とりあえず考えることになります。

派遣先が倒産してしまったり、しばらく再開ができない場合もあります。どういった状態にあるのかは、派遣であればきちんと確認して対処を考えましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

シフト減少でどうする?

新型コロナウイルス感染症の感染拡大は、2月くらいから始まっています。既に、派遣などで困った状態になっている方も多いことでしょう。

それでも雇用はある?

雇用というのは、コロナの影響を受けない分野です。基本的に休業要請が出ている分野では、派遣を雇うことはありません。

ところが、休業要請されていない業種では、派遣社員も多く取り入れたい場合もあります。考え方の発想の違いですが、派遣でシフトを減らされて収入がとても不安な方は、ここは失業してしまって他の分野で働くということも1つの提案です。

3月くらいに見切りを付けた方では、現在コロナに強い異分野での派遣を見つけたとのことです。緊急事態宣言がでたとしても、人でがほしいところはあります。

シフトの減少

冷静に見ると、派遣先としても余裕があるから派遣を雇う。仕事量が多いので派遣を必要とする。

ところが、現在は緊急事態宣言で仕事量が極端な減少です。その時に派遣をクビにするのは、契約違反だとしても、自社を守ることが必要です。その時の派遣先の対応いかんですが、当然きちんとしている場合といい加減な場合があります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

多分多くの不満がある

派遣先も派遣元もトラブルのきっかけとして突然なことでした。そこで、うまく対応ができていない場合があります。

3月くらいにシフトが減らされたときに、失業してしまう、失業保険があるのなら、そちらでなんとかすると言う考え方もあります。

とても非常に厳しいことですが、派遣というのは雇いやすく、解雇しやすいという存在です。派遣としての立場がどうのということはあまり関係なく、軽んじているのは確かなことです。

アルバイトやパートも同様

派遣と似た立場なのが、アルバイトやパートです。しかし、契約条件があり、派遣先としては保障関係もゼロではないでしょう。契約期間では請求ができるものがあります。

自分から辞めるとしても、もらえるもの、請求できるものはきっちりと受け取ってください。これは、自分から請求しなければ素通りされてしまう場合があります。

契約の見直しも

こうした有事に対しては、自分の派遣内容保改めて見直ししてみてください。

給与、勤務先の対応、出勤日数、会社の都合でどうなるのか?有給休暇の有無などで、シフトが減らされた場合では、何を請求ができるのか。何を諦めるのか。そして、この先派遣として続けるべきかを決めることです。

上記のように、今ほしい職種も一応存在しています。コロナ感染拡大の真っ最中ですが、働ける環境が整っている分野があるのなら、乗り換えも検討してください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

派遣だからとひるまない、もらえるものはもらう

派遣だからシフトが減らされた。今回の新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大では、決してそんな理由ではない場合も多いです。会社としては、労働者を雇うことができない環境であり、派遣だからとか、アルバイトだからと言えない場合があります。

解雇はしてしまうけれど

観光関係では、ここで会社を畳む。再び起業するときには、雇うから。決していい加減な倒産ではなく、労働者に対して、一時的な解雇で失業保険をもらってほしい。生活の立て直しをしてほしいとのことです。

社長としては、とても厳しいことですが、解雇で失業保険。社会福祉協議会の緊急小口資金や生活福祉資金貸付制度などの利用を促すと言う場合もあります。

そのとき派遣も何も関係なく、会社の決断として苦しいことです。コロナが理由で会社が立ち行かないということ。ですから、どうしても派遣だからという対応ではない場合があり、派遣先を一方的に責めることもできないでしょう。

シフトが減った

それが、社員も同様であればしかたのないことです。派遣だけがどうしても不当な扱いをされています。はっきり言ってそうした対応もあると思われます。

そのときには、規約や契約内容で請求できるものは請求してしまうことが必要です。契約期間だけは主義主張が必要です。最近では、電話相談などもできますので、自分の派遣内容で相談をしてみてください。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

派遣と言えば

派遣の風俗嬢なども存在しています。そこで、仕事がなくなってしまうのは、コロナが濃厚接触が原因であり、シフトが減るだけではなく店も休業していることでしょう。派遣先の対応として休業手当などもない場合もあります。保障と言っても、国の数字では風俗嬢では少ないです。

はっきり言って、風俗嬢などでは、収入がとても高いので、保障では不満です。最悪、派遣切りも考えられる業種ですが、確定申告をしているのなら個人事業主になりますし、助成金なども受け取ることもできます。

どうしても、風俗嬢などでは派遣では厳しい状況です。お金が不足してしまう場合では、社会福祉協議会の緊急小口資金も利用ができますので、とにかく生活の立て直しを検討してください。

派遣は厳しい

派遣で働いていてシフトが減ってしまう。直接収入に関係しているのですが、派遣先も厳しいのは確かです。

コロナの感染拡大では全体の仕事の数が少ない。出勤休業要請が出ているのですから、責めても文句を言っても無駄であり、とにかく請求できるものは何かを知りましょう。どの派遣社員も請求できる内容確認が必要です。あらゆる機関に相談してみることですが、助成金などではまだ決定していないことも多いです。

まずは、派遣元によく話しを聞くことです。今回のことは有事であり、強くでることも可能です。不当なシフト減少では断固負けないことです。取れるものは取る。請求できるものは請求しておくことです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン