banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
中央リテールはコチラ→おまとめローン

ブラックリストは借りれない?

コロナの影響で収入減になった場合、社会福祉協議会の緊急小口資金の申し込みの条件が緩和されています。

誰でも申し込みができる?

一応、申込資格としては、コロナの感染拡大によって収入が減った方です。それが、少しの金額であっても、コロナがあるから仕事が減りましたという証拠が必要です。

ですから、コロナで収入が減りましたという事実がある場合のみ申込ができます。社会福祉協議会の窓口で相談員がいますので、直接話しをします。

その場で決定ではない

市町村社会福祉協議会では受付だけです。どういうことで収入が減りました。こうした仕事をしています。減った証拠としては、振込内容、給与明細の提出が必要です。あとは、その後の審査があります。審査に通れば借りれるとされています。

緊急小口資金は、給付金ではなく貸付です。1人暮らしの上限では10万円、家族がいる、その他の理由では上限20万円です。そこから、都道府県の社会福祉協議会での審査になります。

1週間程度での貸付で指定振込口座に入るようですが、最近では10日程度かかるとされています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

審査について

平時の緊急小口資金に関しては、個人信用情報の内容なども確認されることになります。

ブラックリストでは借りれないとか、債務があると借りれないとの口コミがあります。これは、金融事故が多いと借りれない場合がありますが、支援制度としては、できるだけ寄り添う審査とも言えます。

金融事故では借りれない場合がある

この審査では、借りれるとしたら通知が来ますが、借りれない通知では理由は不明です。ブラックリストだとすると借入ができないかと思われます。

平時の緊急小口資金では、とても審査落ちになります。というのも、債務が多いときには、この緊急小口資金での返済をするということは、正直言って貸せないとのことです。

平時の審査基準になりますが、現在のコロナの中では、どうなのでしょう?とても債務が多いときには、借りれなかったと口コミもあります。一部ではブラックリストでも借りれる、債務があるけれど借りれるとの口コミもあります。

さすがに、地域での差はないと思われますが、市町村社会福祉協議会の審査基準ではなく、都道府県単位の社会福祉協議会の審査になります。

口コミはあまりないかも?

普通の貸付と違い、短期での緊急小口資金の特別受付です。Twitterなどでは借りれたなどの報告が多いのですが、金融事故、ブラックリストでは審査落ちになってしまう場合もあるということです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

相反する口コミについて

口コミ情報はあまり当てにしていない方も多いです。そのことがわかるのは、今回のコロナの影響で緊急小口資金の申し込みをした方の話しです。

コロナで収入減

原則的にコロナが原因で収入が減った方に対して、どの職種でも緊急小口資金の申し込みができます。コロナが原因で収入が減りましたことが必要ですが、借りれた、借りれないとの口コミが錯綜しています。

ブラックリストでも借りれた

本来の緊急小口資金では、債務が多いときには借りれないとされています。

ただし、ブラックリストだけど、借りれた方がいました。その内容としては、債務が多いけれど、とにかく収入がなくなって、生活そのものができないことを話したと言います。この相談のときに、借入や債務の状況は聞かれなかったと言うのですが、無事に振込を受けたといいます。

債務が多くても借りれるらしい。今時期の緊急小口資金特有の対応です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金の審査落ち

債務がありますと言ってしまった方です。しかも、具体的に多重債務の内容だったり、債務の多さで難しいかもしれないと言われたと言います。そして、案の定審査落ちになったと言います。

細かなことは不明ですが、債務があるのに借りれた人と借りれない人がいます。一口にブラックリスト、債務があると言っても内容がいろいろですが、コロナで収入減丈では借りれない。立派な審査があるじゃないか?との不満もあります。

緊急小口資金

社会福祉協議会の生活に困っている方に対応の生活福祉資金貸付制度の1つです。普段では簡単に申し込みもできないですし、債務があると審査落ちになります。

コロナで借りれると言いながら、平時の審査基準ですか?ということですが、実際には債務がある方も借りれたと言います。審査も個人信用情報機関の内容もみられることになりますが。

緊急小口資金の審査では平時では金融機関が間に入ることになります。ただ、差がありそうですが、審査内容についての詳細はわからないです。

まずは申込してみて

ダメ元でブラックリストでも申込をしてみてください。

そこで、相談したときには決定されないで、都道府県社会福祉協議会での審査になります。今だけ柔軟審査になっているらしいとの口コミもありますが、あてにはならないでしょう。

自分のケースではどうなんだ?という点では、早速申込をしてみてください。コロナの影響で収入減になったのなら、今回の緊急小口資金は申込対象者になります。支援制度としては、10万円、20万円を上限とした内容です。無利息の返済です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

緊急小口資金と債務整理

緊急小口資金の審査については、具体的な明記がないのですが、ブラックリストは気になります。

ブラックリストでも借りれるケース

コロナが原因で、仕事が少なくなった。それによって、大きく収入が少ない。個人商店だったり、会社で休業を余儀なくされて、収入が少ない場合も多いです。個人事業主も同様ですが、緊急小口資金の借入してくださいとのアナウンスもあります。

ところが、ブラックリストだったら借りれる?との不安は大きいです。

債務整理者なら

ある口コミを元に言えるのですが、こうした説明を受けたという方がいます。

債務整理をしている間は借りれない。ただ、債務整理後では借りれるとのことです。この債務整理では、多分任意整理や個人再生の場合です。3年間で完済できる内容が決まったのなら、緊急小口資金の対象になるというのです。

ところが、現在弁護士などと債務整理の話しをしている場合は、緊急小口資金の対象にならないということです。これは、多くの情報がありませんが、こうした説明を受けた方がいます。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

きちんとした理由も必要

債務整理に至る内容と今回のコロナの影響の大きさです。債務があるのに借りれたという口コミもありますが、債務整理としても解決していることが必要です。

また、自己破産後では直後では厳しいと言います。借金ゼロの身分ですが、もともと返済能力がない場合の対応です。緊急小口資金の貸付では、あくまでも返済が条件であり、今自己破産しましたでは借入ができないようです。

結局は

債務整理者のブラックリストでは、借りれる可能性があると言います。しかし、延滞遅滞者であったり、自己破産直後では、返済能力がないとされて、借りれない可能性が高いです。

それにしても、平時の緊急小口資金にしても同様も審査内容があります。たいてい債務があれば、自己破産して債務をなくして、その後の仕事をしている場合では借りれるという展開です。コロナの場合では、債務整理では借りれるかもしれないということです。

延滞遅滞では厳しいかも?

ブラックリストの中でキャッシングなどの延滞遅滞をしている場合では、借入ができないかもしれません。それだけ収入がなくて困っているということですが、それならすぐに自己破産でもして、借金の解決をしてほしいということになります。

要するに、法的に解決できる借金がある場合は、それをしてからの申込ということです。しかし、債務整理にしても時間がかかります。その時には、そんな話しにならない可能性もあり、ブラックリストにとっては解決していなければ苦しいことになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

失業が原因で借りれない

 
コロナが原因で緊急小口資金の申し込みしたけれど、断られた方もいます。それは、失業が原因でした。

緊急小口資金の目的

一時的に収入が減った方を前提としています。

これは、今まで仕事をしていて、これからも仕事をしている。そして、緊急小口資金は借りるけれど返済ができることの保証が必要です。そのための審査もありますが、コロナが原因で解雇された場合は、緊急小口資金の借入ができないとされています。

それは、失業しているからです。職種にもよりますが、一方的解雇であれば、すぐに失業保険も支給されることになります。緊急小口資金を管轄する社会福祉協議会としては、すぐに失業保険が出る方には緊急小口資金の貸付はしていないと言うことです。

仕事をしている方のための貸付

緊急小口資金は、今仕事をしているだけではなく、これからも仕事をする方のためのものです。そこで、失業してしまった場合では、どのような理由でも借入ができないということです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

この場合は、総合支援資金

実は、失業がコロナが原因であれば、総合支援資金の借入ができます。こちらは3ヶ月の給付です。

総合支援資金というのは、生活全般の支援であり、コロナの影響の現在は失業保してしまった方を対象にしています。ですから、コロナが原因でここ数ヶ月で失業してしまったときは緊急小口資金ではなく、総合支援資金にしてみてください。

緊急小口資金からの総合支援資金

もっというと、最初は収入減で緊急小口資金の貸付を受けた。ただ、そのまま生活が苦しい状態が続くと総合支援資金の貸付を受けることができます。

ただ、総合支援資金の貸付後の緊急小口資金の申し込みはできません。必ず、緊急小口資金からの総合支援資金の申し込みの流れになります。

これらの貸付では、返済時に状態が変わらないと返済不要になるという特例があります。それも、コロナが理由のときです。失業してしまったときには、緊急小口資金の申し込みはしないように気をつけてください。

結構多い、この手の審査落ち

社会福祉協議会のアナウンスが悪いのか、クビになって緊急小口資金に行く方が多いです。そこで審査落ちになってしまって、何だよ、使えないなあと言うのですが、失業してしまったら、総合支援資金の申し込みにシフトチェンジしてください。

緊急小口資金では、あくまでも収が基準になり、これからも持続して収入があることが必要です。そんなに厳しい審査ではありませんが、返済能力がないことには、借りれないということです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

コロナが原因、きちんと返す

緊急小口資金が借りれなかった。コロナで収入減になったのにというのであれば良いのですが、単に収入減だけでは借りれないでしょう。

社会福祉協議会の話し

緊急小口資金の申し込みは、社会福祉協議会で行います。そこで話しを聞かれることになりますが、コロナが原因であることが必要です。

その時は、業種によっては言わなくてもわかることは多いでしょう。商店や飲食店であれば、売上は大きく減ります。証拠としての通帳のコピーなども提出するのですが、話しをしなくてもわかります。

しかし、中には、きちんと説明をして、それがどうしたコロナでの収入減になった?その説明がうまく行かないと話しにならないようです。IT関係の仕事だったり、順序だてて話しをしていくことが必要です。

提出書類として

例えば、自分の雇い主、クライアントの証明がなくてはならない場合があります。コロナの影響で、○○に対しての仕事が減少したという一筆です。

口でいろいろと話すのではなく、この一筆があれば、緊急小口資金の貸付はすんなりと行くことが多いです。要するに、社会福祉協議会でコロナでの収入減になったという事実があれば良いわけです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

高齢者の緊急小口資金

緊急小口資金の中では、年齢制限があります。高齢者の中には、緊急小口資金対象にならない場合があります。

これは、非常に微妙なことですが、高齢者で飲食店をやっている。子どもなどがいて、返済能力が必要などの条件があります。高齢者だからというだけではなく、あくまでも返済能力の問題です。年金の関係もありますが

世帯に貸すもの?

社会福祉協議会では、収入については申込者だけの内容になります。ですから、世帯で収入減ではなく、申込者の収入減が大きな問題になります。

しかし、世帯で大きく減収してしまった。申込者の収入は減っていない場合では貸付はできないでしょう。あくまでもコロナが原因で、収入減になった本人の申込が必要です。

申込者に対しての貸付であり、返済能力がある。仕事を続けることが条件になりますが、業況も状況も悪化して、失業してしまったときには、総合支援資金の貸付の対象になる方もいます。

緊急小口資金に関しては、コロナが原因で収入減になった申込者であること。返済能力もあることで、生活の立て直しをすること。一時的貸付に対応することになります。障害者世帯で、障害年金受給者なども対象になります。

コロナが原因で収入減になっている証拠があれば対応します。申込したい月の収入が減っている明細があれば申込ができます。通帳の記帳記録だけでもOKです。

緊急小口資金に関しては

直接社会福祉協議会に問い合わせてください。その時には直接面談が必要なので、予約が必要です。

大都市ではなかなか予約が取れないだけではなく、電話も通じないようです。社会福祉協議会にしても、緊急小口資金の受付だけが仕事ではありませんから。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン