banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

コロナでお金を借りたいときに考える

新型コロナウイルスの影響で収入が激減してしまった。

一大事とされるコロナですが、事業者貸付などでは随分と審査内容が柔軟になっています。おまけに金利ゼロという優遇。

それには理由がある

コロナに関する事業者の貸付では、社会活動を制限した。国で活動停止を要請されたもの。都市部では出勤しないで、3密を防止するために飲食にも制限がかかっています。

そうした活動停止の裏には、資金が回らないことでは、事業資金の調達の必要があります。同時に個人としても、収入が減ってしまう。しかし、日常の支払い金額が変わらないということになると困ったことになります。

個人で借りたい

事業者に対しての無利子だったり、審査も比較的甘いとされる融資が存在しています。

では、個人ではどうか?というと、今は社会福祉協議会の緊急小口資金でしょう。または、生活福祉資金とは、通常にも存在している融資です。

普段なら、担当者が詳細に理由を聞いたり、審査も慎重です。ただし、今回はコロナの影響で収入減になったことがわかれば、それだけで20万円を上限として借入ができます。1年間は据置期間として返済の必要がありません。その後、2年間で完済というスケジュールです。利子はなく、2年間も元本だけの返済になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

原則的に誰でもOK

緊急小口資金に関しては、収入が減ったことの証明が必要です。あとは基本的に審査らしいものはありません。

取扱は、社会福祉協議会です。あまり聞き慣れないかもしれませんが、福祉関係の相談などができる機関です。ちなみに自治体そのものではなく、役所関係とは別組織になります。融資制度としては、いち早くここの緊急小口資金が提供されることになりました。

コロナで借りれる

今のところ、個人貸付の紹介ではこれだけです。あとの金融機関などの借入では個別対応になります。

事業者向きでは、信用保証協会のセーフティネット保証、日本政策金融公庫などのコロナ融資があります。しかし、個人対応では金融機関独自の融資などはありません。消費者金融では、プロミスがコロナ対応の低金利商品の提供をしています。

まずは、緊急小口資金の上限20万円の借入が必要なことでしょう。それでも不足しがちな場合はプロミスなどですが、プロミスも収入減が1つの審査になりますが、ブラックリストに関して審査通過はありません。

コロナで大変だから、なんとかキャッシングをしたい。プロミスでは低金利になっていますが、審査はしっかりと普通です。よって、債務があるとか、金融事故がある信用情報の場合は審査落ちもあります。そうなると、中小消費者金融で借りることも考えなければならない人もいることでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

プロミスの神対応は羨ましい

プロミスは大手消費者金融ですが、コロナの影響でキャッシングでコロナが原因として証明ができるのなら、応援融資として1年間は無利子対応です。

それ以降でも4.5%という低金利のキャッシングです。この特別対応は、現在はプロミスだけです。

最近多い消費者金融の相談

消費者金融では、プロミスのような大盤振る舞いのキャッシング商品はありません。

今回は1年間は無利子で借りれる。消費者金融なのに、ありがたい対応で10万円が上限です。収入証明書では、減給したものがあれば提出書類はOKです。

審査は甘くならない

プロミスは大手消費者金融です。普通の審査内容では、高い返済能力がある20歳以上で安定収入がある方です。

今回のコロナの影響では、たまたま収入が減少しましたということが必要です。これが、失業しましたとか、しばらく休業という場合では、審査は困難でしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ある程度の審査が柔軟になる?

審査が柔軟になる部分は、低金利になる程度です。基本的な審査基準は変わらないでしょう。

よって、普段からも大手消費者金融の借入ができない。プロミスの審査に通らない場合は、この魅力的な無利子応援融資の審査には通らないことでしょう。ここはなかなか厳しいことになりますが、誰でもプロミスでは借りれないというのが現状です。

ブラックリストは借りれないでしょう。

中小消費者金融の動き

プロミスは大手消費者金融になりますが、中小消費者金融ではこうした特例キャッシングは存在しているでしょうか?

キャッシングとしては、無利子は大変なことであり、実際には情報はありません。全国の中小消費者金融では、コロナ融資という特別のものはありません。プロミスについては返済猶予があるのですが、審査に関しては甘いとするものではありません。

中小消費者金融に関しては、甘い対応もありませんが、審査基準も特例はありません。返って危ないとされる口コミもありますが、収入減になってしまうことでは、返済能力は大丈夫かな?ということです。

中小消費者金融では、コロナの影響で借りたいけれど、審査基準が甘いので申込。ところが収入が減ってしまうことでは、簡単に借入ができないとの声も多いです。

返済ができない相談も

返って返済をできないという相談受付もあります。返済ができない場合では、コロナの影響で難しいときには猶予も対応しています。

ところが、そのときは金融事故が記録されることになります。コロナだから特例はなく、返済ができないという相談はできるものの、それはそれで金融事故になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

コロナでお金がない、キャッシングしようか?

コロナの影響で収入減になってしまった。日々のお金に困っている方も多いのですが、個人としての現金給付は10万円になっています。

やっと動き出した10万円

以前は30万円となっていた現金給付ですが、特定の人たちだけの対応でした。

この10万円の現金給付の申請が開始されるのは、5月になってからです。それまでの資金がない方は、キャッシングの形でなんとかしようという方も多いようです。10万円が入ればすぐに返済もできると考えたいのですが。

キャッシングの審査は普通

こうしたコロナの現金給付はありますが、消費者金融の審査では特例はないようです。

消費者金融と言えば、大手消費者金融カードローンや銀行カードローンですが、コロナで審査基準が甘くなることはないようです。そこで、カードローンの申込をしたけれど、借りれるかどうかは不明です。

普通の審査基準であれば、既に債務があれば審査に通らない。カードローンの審査基準では、返済能力がある安定収入であることが必要です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

コロナで返済ができる?

大手消費者金融の場合は、インターネット申込では、個人信用情報機関の内容と収入がある。在籍確認などで対応しています。

在籍確認に関しては、テレワークになったときには、場合によっては審査が進まないこともあります。これは余計な支障になることもあります。実際には、収入があり、個人信用情報の内容で決まりますが、原則的に金融事故がない場合は借りれることになるでしょう。

最初からブラックリスト

カードローンは無理であり、最初から中小消費者金融の選択です。このときも審査基準は普通であり、債務があれば総量規制範囲内であり、債務整理者であれば、それなりの期間が空いていることを必要とするでしょう。

審査での特例がなく、中小消費者金融では事情を聞かれることになるでしょう。審査では、返済が可能とされる数万円の借入などになります。

1つだけ懸念がある

それは、普通は休業中のキャッシングはできないとされるのが、中小消費者金融の審査です。実際にコロナの影響で仕事が休業しているなどの事情では、中小消費者金融でも借入ができない方もいます。

大手消費者金融と違い、中小消費者金融では必ず担当者からのヒアリングがあります。そのときに、休業しているので仕事をしていないとされる場合があります。事情は様々ですが、とりあえず10万円の現金給付があることから、そこからの返済ができる範囲内の借入ができるかもしれませんが。

中小消費者金融のキャッシングについては、金融事故でも借りれることがあります。しかし、審査次第というのは、今回も同じです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

中小消費者金融の前に緊急小口資金かな?

 
現在、キャッシングでなんとか資金を調達したい方は、まずは社会福祉協議会の緊急小口資金に行くことをおすすめします。

ブラックリストでも借りれる?

審査がある緊急小口資金ですが、現在はコロナの影響で柔軟対応になっていると言われています。口コミでは借りれなかった方もいますが、延滞遅滞などの悪質金融事故以外では借りれるとされています。

今回の緊急小口資金に関しては、1年間据置期間があり、2年間での償還になります。コロナの影響で収入を大きく減らしてしまったことが原因です。この緊急小口資金の審査では、本人や家族にコロナ患者がでた場合では、優先的に借りれるなどの事情もあります。

普段も緊急小口資金は、本当に困っている方に対しての貸付です。今回はコロナで困っている方も対象にしています。金利なしという点では魅力です。

ブラックリストでも借りれる?

本当は、コロナで収入減になってしまったので、キャッシング。大手消費者金融では、とても審査通過ができないブラックリスト。そのような方でも緊急小口資金は借りれるのでしょうか?

口コミでは、借りれる、審査落ちなどがいろいろです。ある方は、債務整理中だけど貸付ができた。既にカードローンの延滞遅滞中であるからダメだったかもしれないなどの憶測があります。

審査体制としては、普段の緊急小口資金であれば、個人信用情報で大きな金融事故があると借りれないとされています。ただし、今回はコロナの対応であり、ある地域では一切信用情報が悪いけれど借入ができたとのことです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

大切なこと

審査の前に社会福祉協議会の担当者との面談が必要です。

このときに、これだけとても苦しいとか、身の上話でとにかくコロナでとても困っているとの環境であることを赤裸々に語ると良いと言われています。収入減になった証拠があれば良いでしょう。観測としては、うまく行くのではないか?としか言いようがないですが。

中小消費者金融に行く前に

本当にコロナの影響で収入減になってしまった証明ができるのなら、緊急小口資金がおすすめです。大手消費者金融で借入ができないだけではなく、ブラックリストになっていることでは、審査次第という点でしょう。

ブラックリストだから緊急小口資金というよりは、今回はコロナの影響だから借りたいということになります。その点で言うと、たとえ金融事故があるとしても借りれるかもしれないということも言えます。

この緊急小口資金で借入ができなくなったら、中小消費者金融の相談が良いでしょう。中小消費者金融に行ってから、まだ借りたいと緊急小口資金に行くのは危険な行為でしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

中小消費者金融でしか借りれない

コロナの影響で個人での貸付というのは緊急小口資金だけです。是非受けてほしい貸付ですが、コロナで収入減になってしまった方が対象です。

仕事は大した影響はなかったけれど

生活資金がコロナが影響していない場合では、緊急小口資金の申込はできません。しかし、実際に仕事が減ってしまったり、どうしても影響があるときは、貸付対象になります。

審査がありますが、一応申込はおすすめです。

それでも足りない

もし、緊急小口資金の貸付ができたとしても、まだ資金がほしい場合は、キャッシングもありでしょう。

一番のおすすめでは、プロミスの応援融資です。大手消費者金融ですが、1年間は無利子という対応。その後でも4.5%の低金利という画期的な融資です。プロミスだけの対応ですが、収入減であること、金融事故がないなどが対象です。

ブラックリストでは、普通のプロミスの審査基準に通らないのであれば、審査落ちになります。そこで、大手消費者金融審査落ちになった時は中小消費者金融の申し込みが妥当でしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

中小消費者金融ではどんな審査?

中小消費者金融に関しては、ブラックリストでも借りれることとされています。このコロナの影響での収入減があるとします。そうした時には、返済能力がきちんと認定されることが必要です。

しかし、収入減った、しかもこれからも収入が増えないかもしれないという場合は、中小消費者金融でも審査が難しいかもしれません。それでも中小消費者金融では、大手消費者金融とは違い、金融相談ができるとされています。個人信用情報機関、返済能力の上で決まるものですが、担当者との直接話しができます。

中小消費者金融での担当者との相性もあると言いますが、きちんと返済ができる少額の融資が必要とされています。その希望額で返済ができる範囲であれば借りれるでしょう。

現金給付10万円で返済

現在では、10万円の現金給付があります。そのときに、中小消費者金融で借りたとしてもこの10万円で返す。これが一番わかり易いことかもしれません。

それなら、10万円現金給付まで待て、ということですが、待てないから中小消費者金融に走るというケースもあることでしょう。

実際に、中小消費者金融では大手消費者金融審査落ちでも借りれるとされています。コロナの影響があるとしても、それは返済可能額であり、中小消費者金融担当者が納得の行く融資であれば借りれるかも?

現在申し込みは多い

コロナの影響で、中小消費者金融の申し込みが増加していると言います。

借りれたかどうかの口コミはあまりありませんが、今の時期では借りたいブラックリストが多いのは確かでしょう。収入減であるとしても返済ができる範囲内の申し込みが妥当でしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン