banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

消費者金融で借りることは反対

新型コロナウイルス感染症の影響でお金がない。そこで、消費者金融の借入を検討されている方もいます。

国の救済策は多いけれど

毎日の報道では、中小消費者金融や個人事業主に対応する融資。無利子で借りれる。

現金給付は30万円だけど、特定の人たちだけ。会社員には関係ない話しですし、それでいて収入が少ない状態。パートやアルバイトでは、融資も現金給付も関係がないということに。

そこで、消費者金融にフラフラと行ってしまおうかな?

ちょっとまって、多分厳しいかも

これが、収入が安定したままであり、新型コロナの影響がないのなら良いでしょう。しかし、失業してしまったとか、収入が少ないのに消費者金融の借入、カードローンの利用では、その先の返済が大変になります。

大手消費者金融カードローンでも最大18%です。甘く見ないほうが良いでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

それにしても、日本はケチ?

ニュースなどでは、外国ではお金を配っているとか言われています。国内でもマスク2枚ではなく、10万円程度くれたら良かったのに。

まだ消費者金融の借入はないけれど、この機会にカードローンをしてみようかな?18%の金利だけど、少ない金額の返済なら大丈夫でしょう。それがどうしても決心がつかないとか、なかかなか借りれない。そう思うことは正解です。

雇用不安もある

今回の新型コロナウイルス感染症の感染拡大では、このときによくなるということは不明です。そして、パートなども事業主の破産などで仕事がなくなってしまうことになります。

そんなことを考えると、今借りない方が良いのでは?という予感もあることでしょう。その考え方は正解です。

できれば借りれない

国の融資の施策では、無利子だったり、給付金、補助金です。返済負担も最小限度ですが、そのほかでも国の資金提供では、特別です。新型コロナだからという原因があります。

消費者金融などでは、それほどの憂慮がないことでは、新規の借入はオススメできないことです。事業資金などでは、ここは国の資金をあてにしてください。

ビジネスローンなどはとても頼らないことであり、様々な融資だったり、給付金獲得をしましょう。個人で消費者金融で少額借りれることと、事業資金などは別物です。

いつになったら解決するのか?

それが見えないことでは、新型コロナ影響でのキャッシングはオススメしないことです。
まずは、金利が高い点でも、自身の仕事の行方がはっきりしてしまうまでは借りないことです。
これは、どうしても返済が絶対できると保証がない場合は消費者金融の申し込みはしないことです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

プロミスの応援融資について

プロミスさん、ありがとう。思わずそんな声が発してしまうナイスな商品が登場しています。

その名も応援融資

プロミスでは1年間を条件として無利息のキャッシングを出しました。10万円を限度としていますが、なんとあの大手消費者金融、プロミスで10万円を無利息で借りれるということ。

まさに新型コロナウイルス感染症で被害に遭っている方が対象になりますが、すごい企画です。

厳密には4.5%の金利

この応援融資は、新型コロナウイルス感染症の影響で収入を大きく減らした方に対しての特別キャッシングです。1年間だけは無利子になりますが、その後は4.5%の金利になります。

それだけでも限定的ですが、誰でも借りれるものではなく、大きく収入が減額した方限定です。その点では、普通の審査だけではなく、減ってしまった収入証明書が必要になります。

インターネット対応はしていない

この応援融資では、インターネットで申し込みができません。店舗と郵便になりますが、直接問い合わせをしてみてください。

これは特別融資になっています。大手消費者金融の対応としては、嬉しい限りです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

プロミスはもともと無利息サービスもある

1ヶ月であれば、無利子になります。1ヶ月で完済では無利子キャッシングになりますが、1回だけの利用です。

応援融資の場合は、とりあえず現在の時点で収入が大きく減額したことの証明があれば、1年間の無利息キャッシングになります。

とにかくありがたい

とは言え、細かな審査内容では情報がありません。特に、新型コロナの影響で仕事が半減してしまったり、失業した方にはオススメです。

社会福祉協議会の緊急小口資金もありますが、こちらも無利子です。プロミスの応援融資は1年間の無利子の違いがありますが、1年で完済ができる数万円であれば、プロミスの応援融資も1つの手です。

プロミスの対応は嬉しい

こちらの応援融資では、それほど情報が紹介されていません。

そこで、現在は1年間無利子で10万円程度借りれる。新型コロナウイルス感染症の影響で、安定収入ができないし、収入が大きく減らした方が対象になります。

このときに、いつもの調子でキャッシングができるということはありません。あくまでも新型コロナが原因で収入が少なくなった場合であり、返済の据置期間などもありません。

普段なら上限金利18%です。もしそれが免除になる今の時期、どうしても借入先がない時には、プロミスの応援融資はオススメになります。個人の生活を守るためのプロミスの行動の乾杯です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

消費者金融も新型コロナの影響あり

新型コロナの影響は、消費者金融にも大きなものです。店舗に行くと、普通にマスクで対応しています。ホームページでも店頭対応ではマスクをします。

なるべくインターネット対応でお願いします、店頭の人数を減らします。消費者金融の店舗がクラスターになってしまっては大変なことです。

それでも借りたいのは当然のこと

消費者金融に駆け込みたい人たちは多いことでしょう。借入では、新型コロナのおかげで仕事が減ってしまったり、普通に借りたいという状態では、実際に申し込みしている場合もあります。

どうしても借りたい数万円。一応返済の目処になることでは、なんとかしたいんだけど。審査が甘くなることもなく、普通に申し込みになることでしょう。

だからこそここは我慢?

新型コロナで不足しがちな資金調達で、消費者金融の利用では慎重になってください。その多くが、借入の時には良いけれど、後で返済が苦しくなってしまうことが予想されます。

消費者金融でとても多くの借入しないことを条件として、完済見込みだけのキャッシングなら、よく考えて行動をすることが必要です。消費者金融の借入では金利が高いことでは、普段でも返済負担が大きいことになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

債務がある時には

現在、新型コロナの影響で返済が苦しい時には、普通に相談ができます。この時に返せないということを正直に告白することも可能です。

そして、収入が減ったことを証明することで、プロミスで応援融資などでは無利子のキャッシングの借入ができます。個人対応のカードローンでは、こうした対応もあります。

しかし、実際には返済の負担がとても大きいことを言えば、より慎重になってください。そして、新型コロナの影響で返済ができない時には、早めに話しをしてください。

過去にもあった対応

こうした消費者金融の対応は、過去の震災の時にもありました。仕事だけではなく、家も失った場合の返済ができない方の対応をしています。

過去にも、キャッシングの返済目処がつかない時でも同情があります。生活がどうしてもできない時には消費者金融は無理な返済しないということになります。ぜひとも相談をしてください。

消費者金融、キャッシング、カードローンに関しては、新型コロナのおかげで借入ができるとされています。金利優遇がない場合では、返済目処がない時には、借入をしないことです。債務がある時には、返済を待ってもらえることがあります。きちんと対応してください。

一番悪いのは何もしないことです。返せない時には、素直に返せないと言いましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

消費者金融より緊急小口資金がオススメだけど

国の施策の新型コロナの借入では、会社員などは直接関係ない。そんなことはありません。社会福祉協議会の緊急小口資金では、収入が減った時には申し込みができます。

借りるのなら消費者金融にするという方

消費者金融に行く方が、前にも借りたことがあるし、とてもラクという方もいます。

ところが、社会福祉協議会の緊急小口資金の方が良い理由としては、こちらは無利子だからです。この緊急小口資金は普通に存在しているのですが、今は新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるものでは、申込窓口が広くなっています。

新型コロナが影響して、収入が減ったと言う証拠があれば、緊急小口資金では1週間程度で最大20万円程度の融資になります。据置期間があり、無利子になり、柔軟対応になっています。店舗ではなく社会福祉協議会ですが、今は抵抗なく申し込みができます。

消費者金融では?

最大でも30日間無利息キャッシングになります。ただし、プロミスでは応援融資として、1年間無利子になります。その後は4.5%の金利ですが、プロミスのこの対応は嬉しいです。

1年間で完済できないと無利子キャッシングにはならないです。どうしても1年以上の返済になってしまう場合では、緊急小口資金が断然良い内容になります。

とにかく、消費者金融で借りれるとしたら、プロミスの応援融資だけが最適です。極端に言えば、それ以外の消費者金融では借りれるとしても、高い金利ではあり、場合によってはコロナ債務整理になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

支払いができないのでは

支払いができない場合は、消費者金融の借入はしないほうが良いでしょう。新型コロナの影響で減収してしまった。それで借りたいと言うのはとても危険な行動です。

ただし、数万円程度で良いのなら、1年間で完済ができるとしたら、プロミスの応援融資がオススメです。それ以外では高い金利になります。

消費者金融としても

債務がある方では、返済の相談ができます。フリーダイヤル対応になっていますので、難なく相談をしてください。

きちんと返すことができない。パートの時間が減った。アルバイトの収入がなくなっただけではなく、小学生の子どもを見なければならないので、就業時間が極端に少なくなった。場合によっては、収入証明書が必要なことがあります。それがあれば、返済猶予などもあるかもしれませんが、消費者金融としても対応は柔軟です。

有事の消費者金融の存在としては、無理に返済しないと苦しめるということはないでしょう。できれば、消費者金融のキャッシングに頼らない嬉しいのですが、それが本音です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

消費者金融から借りるのではなく債務整理

個人事業主や中小企業などでは、事業資金がほしいところ。新型コロナウイルス感染症の影響はとしても大きい。

融資先は紹介がありますが、信用保証協会も日本政策金融公庫も絶対に無理、信用情報が悪いから。既に審査落ちをしている時には、どうせ申し込みをしても無駄なことはわかっています。そこで、どうしよう?ということに。

セーフティネット保証なんて、個人事業主ではとても借入ができない内容です。

日本政策金融公庫が甘いというけれど

信用情報が悪い。金融事故らしいものがあるだけで審査落ちです。こんなに大変なときだと言うのに、平気で審査落ちになります。

返済能力がないから仕方のないことですが、倒産しなさい、破産手続きしなさいということでしょう。新型コロナの融資紹介では借りれると紹介していますが、バンバン審査落ちも多いですから。世の中はそんなに甘くないです。

消費者金融で借りる?

事業資金ではビジネスローン、ノンバンクなどがあります。消費者金融もその一つですが、オススメは難しいでしょう。

ちなみにブラックリストは審査落ちですし、中小消費者金融の甘い審査だとしたら、とても高い金利の借入になってしまいます。ビジネスローンだとしても返済ができないようであれば、ここは困難です。事業継続が難しい場合もあります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>

個人キャッシングの口コミ

今までなんとなく借入ができていたけれど、新型コロナの感染拡大で失業しました。

そこで、思い切って、債務整理をすることにしました。弁護士などに相談した上で、手続きに入りました。仕事がなくなって、社会福祉協議会に行くと今は総合支援資金として15万の借入が無利子でできました。

ここからがスタートです。スタートという言葉では、新型コロナが借金の整理に役立ったと言います。悲しい話しですが、そうではありません。無駄な金利の返済を多く支払いをしているより、債務整理はオススメです。

この先の支払いが不安なら、新型コロナをきっかけの債務整理も1つの選択肢です。借りるだけではなく、債務整理も検討してみて。ブラックリストになりますが、それは仕方のないことであり、生活を守る意味でも消費者金融のキャッシングとの縁切りとしても1つのきっかけです。

事業は?

もう新型コロナの影響で事業を畳んだという方もいます。ここは、生きるために破産手続きをしたと言います。無理に続けて返済が大変になってしまうより、破産で再出発です。こういう方は応援したいです。

実際に、世間的には事業が大変な方もいます。それぞれの事情がありますが、その数は全国的に増加しています。国の融資もありますが、それだけではとても不足してしまう方などは悩ましいことです。

破産しなくてはというのも1つの方法です。正解はどれとは言えないのですが。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン


プロミスはコチラ>>