banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

不動産担保ローンとは?

不動産担保ローンとは、不動産担保を提供してローンを組むことを言います。商品としては、銀行、消費者金融でも取扱をしていますが、不動産担保ローン専門会社もあります。

あまり馴染みがない?

そう思うのは、個人が多いでしょう。

現在、事業資金調達としては、不動産担保ローンはよく使われています。しかも、銀行での取扱であり、銀行融資では不安だけど、不動産担保があるのなら貸付ができる。根抵当権設定者になることで、取引銀行との強固な絆ができる場合があります。

普通借入はできないけれど、不動産担保があればOKということです。銀行も損はしたくないことです。

不動産担保ローンの特徴として、総量規制対象外であり、多額の借入がかないます。事業資金としては、美味しいローンになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

ノンバンクではもっと審査が緩い

銀行の不動産担保ローンの契約ができるのは、懇意関係、取引がある場合です。そして、審査があるわけで、誰もが銀行の不動産担保ローンの審査に通るものではありません。

そこで、不動産担保ローン専門会社にいく、消費者金融に行くという形で、融資、借入を不動産担保でなんとかしたい事態はあります。事業資金では必死ですが、最近では不動産担保ローンそのものは個人対応になっている場合もあります。しかも、事業資金専門でなければ、銀行、金融業者、消費者金融でも対応しています。

不動産担保があれば、貸付をする。総量規制対象外になりますので、多額の借入したい方には検討してみてください。

金融商品としては

不動産担保ローンとキャッシングの比較ですが、担保の有無と総量規制の範囲です。カードローンやキャッシングでは、担保も保証人は不要ですが、審査は簡単で消費者金融系では年収3分の一の総量規制範囲内しか借入ができません。

不動産担保ローンでは、不動産担保の評価額に合わせて借入ができます。煩雑な事務や抵当権の書き換えなどがありますが、総量規制以上の借入ができ、キャッシングよりは低金利になります。多く借りたい時には便利ですが、返済不能では不動産を失うことになります。

審査が甘いと言えば、街金などでも不動産担保ローンの取扱をしています。当然審査が甘いことでは期待ができますが、金利の点では高いことが多いです。街金不動産担保ローンで借りる、不動産担保ローン専門会社で借りる。不動産担保ローン専門会社でも甘い審査のところは多いようです。

最終的に街金という選択が妥当との見方もありますが、口コミ評判などで確認は必要です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

多重債務の街金の不動産担保ローンの活用法

個人が申し込みをする不動産担保ローンでは、まとめローンとして利用したい方がいます。

債務者が多重債務者になっていて、なんとか完済をしたい。その時に、まとめローンとして審査に通らない時には、不動産担保ローンでまとめて多重債務を解消して後でゆっくり返済していくことがオススメです。

不動産担保ローンは総量規制対象外

不動産担保がある点では、総量規制は無関係になります。

そこで、提供する不動産では評価額を確認して、借りれる金額が決まります。当然高い評価額であれば、その分借りれる金額が高いことになります。

不動産担保ローンの場合は、個人信用情報の内容よりは不動産担保の評価額が問題になります。金融業者によって違うのですが、限度額は大きいことは総量規制対象外になる点では期待ができます。土地、建物などで金融業者が評価を鑑定します。

仮に1000万円程度のマンションでは、時価によりますが、1000万円借りれることはありません。最大でも500万円借りられたとしたら、高い不動産担保ローンになります。

誤解してはならないのは、不動産担保の鑑定は市場価格よりは低いのは常識です。ですから、多重債務の内容によっては十分な資金調達ができない場合もあります。

街金にもある

不動産担保ローンは消費者金融でも取扱をしています。多重債務者もおまとめローンとして、不動産担保があると契約ができることが多いです。これは、事業資金の時だけでもビジネスローンとして多額の借入では、自然と不動産担保ローンになってしまう場合が多いです。

ある街金では、全てのビジネスローンでは、不動産担保ローンとすり替えられるとの口コミがありました。申込者が多重債務者だけではなく、ブラックリストである場合でも申込ができる点では、それはそれで良い対応とも言えます。

ですから、街金のまとめローンでは、不動産担保ローンの商品がある時には、不動産担保が求められることが多いとみて良いでしょう。多重債務者であるだけで返済リスクが低い証拠です。

不動産の抵当権の書き換えで、貸付する条件ですが、まとめローンだけのつもりが、不動産担保ローンになってしまう。それが知らなかった場合で驚いてしまう場合も少なくないです。

街金のおまとめローンでは、不動産担保ローンと兼用になっている場合も少なくないです。不動産担保ローンで、十分多重債務の債務完済であれば、覚悟しての申し込みになります。

大手消費者金融のカードローンの多重債務、中小消費者金融の借入もあり、なんとか完済したい時には、最初からの街金の不動産担保ローンの利用で、多重債務解消で完済もできます。その利用方法が一応は街金の不動産担保ローンとしては大きいでしょう。別に多額借入でも対応しています。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

街金不動産担保ローンのメリット

街金の不動産担保ローンの特徴では、ブラックリストでも審査に通ることができる可能性が高いことです。もともとが甘い審査基準の街金です。

不動産担保ローンそのものは、無担保ローンのカードローンやキャッシングより審査基準が低いです。街金ではもっとハードルが低くなることは言われています。

もう1つの審査基準の甘さ

それが抵当権の立ち位置です。銀行は低い金利の不動産担保ローンがあります。

不動産担保ローンでは、大手銀行などでも多額資金調達としてオススメしている場合があります。その時に、大手銀行が抵当権1位にならなくてはならないとされています。

他に抵当権がある時には、借りれない。抵当権があるということは、その不動産担保が他の資金調達に使われている、またはまだ住宅ローンとして返済している場合です。住宅ローンの返済中の物件では、銀行の不動産担保ローンには契約ができないようです。

そこで、街金なら住宅ローン返済中でも借りれる範囲の契約ができます。抵当権2位、3位でも対応してくれる場合があります。これは、不動産担保ローン専門会社でも取扱があります。街金同様の審査基準の低さですが、抵当権についても問わないのは、街金で借りやすいということになります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

例えば

抵当権2位というのは、1000万円の評価額がある不動産担保があるとします。既に、銀行の不動産担保ローンで300万円借りている。街金では残りの評価額の不動産担保ローン契約が可能です。

または、まだ500万円ほど残っている不動産があるとします。しかし、既に1000万円以上の返済は終わっている。その時に、申し込み時点の評価額によって、住宅ローンの返済中でも抵当権2位での不動産担保ローンが可能になります。

限定的ですが、1つの不動産担保でいくつかの不動産担保ローンも対応できることになります。街金2社で借りているという場合もあります。

抵当権については事務手続きがあり、費用もかかりますが、ブラックリストでも借りれる、信用情報で不安な場合でも借りれる資金があります。

銀行とは違う

不動産担保の評価額はノンバンクが高いです。多く借りれるのですが、その分金利が高い。ただし、審査が甘いなどのメリットが大きいです。借りれるとしたら、抵当権では2位、3位だとしても評価額に余裕があることが必要です。

評価額に関しては、市場価格と比例します。そこで、借りている間も市場価格が下落したときには、追加担保も必要です。その時にたくさんの抵当権がぶら下がりの場合は、支給返済が迫られることになります。

審査が甘いのですが、この点では気をつけなくてはならないでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

不動産担保ローンの抵当権の存在

不動産担保ローンでは抵当権設定登記を行い、所有者が変わります。それは、不動産担保で借金をするのですから、返せないときには競売物件として債権者が手にすることができます。

不動産担保の存在

1000万円の評価額がある不動産担保があります。1000万円借りれるのですが、その時には上記の登記簿の書き換えなどが必要です。

手数料がかかりますが、鑑定士がいて評価額を査定する、司法書士などに書き換えをしてもらう。その時に完済後では、再び書き換えがあります。この事務手数料では、不動産担保ローンでどうしてもかかる手数料になります。

その費用も請求されるのですが、不動産担保ローンの借り方として、この手数料をマイナスとして借りれる場合もあります。1000万円ではなく、30万円の費用がかかるとしたら、970万円のキャッシュフローになります。その上、金利としてはキャッシングよりは低い内容になります。

不動産担保ローンの特徴では、返済期間を長期にすることができます。少しずつ返済ができる点では、多重債務者のような苦しい内容ではありません。多重債務者を不動産担保ローンのおまとめローンにすることでは、ラクに返済ができます。

その目的で甘い審査で、街金不動産担保ローンに行くこともあります。うまく行くことでは、多重債務ブラックリストも返上ができます。ブラックリストの返上とともに、ゆっくりと返済ができます。

しかも、金利が低い点で良いのですが、そのときには手数料が取られて、評価額よりは低い金額になります。この手数料は、不動産担保ローンの固定費になっています。当然総量規制対象外になっていますので、多くの借りれる商品になります。

少なくとも、多重債務でブラックリストの返上したいときには、特に甘い審査の街金不動産担保ローンがオススメになりますが。

どこの不動産担保でも良いわけではない

不動産担保ローンでは、地域限定が多いです。全国対応とされている場合もありますが、地域によっては、不動産担保の値が存在しないことも多いです。

地域としては、都市部の高い評価額がなければならないものです。地方に原野として何ヘクタールも持っていたとしても、不動産担保ローンでは借りれない。都市部で1平米100万円以上もする土地を少しだけ持っている。マンションでも一軒家でも高い価値があるときには、借りれることになります。その時に手数料などは掛かる借金です。

不動産担保ローンに関しては、全国同様ではなく、物件の良し悪しだけではなく評価額がとても大切なことです。街金だとしても、全て全国対応とはならない場合になります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

不動産担保ローンは親の不動産でもOK?

不動産担保ローンでは、驚きの条件があります。それが、申込者と不動産の所有者が違う場合でも契約ができます。あなたの土地や建物、タワーマンションではないとしてもお金が借りれるとのこと。

他人は無理でしょう

他人の建物は良いということは少ないのですが、不動産担保ローンの申込者と所有者が違うときには、所有者の同意と連帯保証人になることを承知したときには、契約ができます。

要するに、私の不動産を申込者に対して完済したのなら良い。もし返済ができないとしたら、私が責任を持ちますという契約です。このようなことでは、よくあることは子どもが親の不動産担保でローンを組むことができます。

ただし、審査では多少親の個人信用情報も確認したり、高齢ではなかなか契約ができないことが多いです。所有者は親族だとしても、それだけでは審査通過にならないということです。

街金だけではない

この所有者と申込者が違う不動産担保ローンでは、街金のような甘い審査だけではなく、銀行の不動産担保ローンでも対応しています。不動産担保ローンで常識とされています。

同意というのは、抵当権が街金などに移ります。自分のものにならないことを納得することです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

融資額が大きいけれど

不動産担保ローンでは、原則的に多額の総量規制対象外の借入になります。

融資額ではときには1億円という多額の取引もあります。十分な評価額があれば良いのですが、審査基準では十分な返済能力も当然ですが、不動産担保の評価額がポイントになります。その点では、甘い審査の街金も良いのですが、不動産担保ローン会社が妥当な場合も多いです。

審査基準では、不動産担保ローン専門会社でも街金程度の審査基準の場合も少なくないです。審査基準で言うと、不動産担保の価値は変わらないので、ブラックリストの申込者だったり、多重債務者でも借りれることがあります。そのとき所有者が違うとしても同意があれば良いようです。

記事としては、不動産担保ローンの臨機応変ですが、それだけの価値があり、不動産担保ローンとしての美味しい点があることでは、キャッシュフローの方法としてオススメになります。

事業者は資金調達として

少なくとも、ビジネスローンよりは多額での返済余裕ができる資金調達ができます。取引銀行では、根抵当権設定者として計画的資金調達の方法として採用することもあります。

また、不動産担保ローン専門会社でも同様ですが、街金よりはずっと低金利です。街金同等の審査基準であれば、不動産担保ローン専門会社のほうが良いでしょう。

街金ではブラックリストもキャッシングが良いと言うように、不動産担保ローン専門会社は不動産担保ローンが適しています。餅屋は餅屋ということです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン