banner0415_new

銀行と消費者金融会社からお金を借りる


まとまったお金が必要となると、銀行あるいは消費者金融会社からお金を借りるようにしたほうがいいでしょう。銀行か消費者金融会社かということになると、銀行のほうが金利が低いので銀行から借りるほうが返済利息も少なくて済むので返済がしやすいでしょう。

しかし、銀行カードローンは誰でも借りることができるほど簡単なものではないのです。というのも審査基準が厳しいのです。ですから、誰でも気軽に借りることができないということです。

お金を借りるには審査に通らなければいけません。審査に通るにはある程度の属性の高さが必要になります。属性というのは、信用度や返済能力、お金の借りやすさの指標となるものです。属性は様々な項目から成り立っているのですが、その中でも属性の高さを決める最も大きなウエイトを占めているのが雇用形態です。

雇用形態というのは、正規雇用と非正規雇用に大きく分かれます。正規雇用というのはいわゆる正社員のことで、もういっぽうの非正規雇用はパートアルバイト、契約社員、派遣社員のことです。これだけでも、正規雇用の人のほうが属性が高いのがわかるのですが、それは、収入が多いとか少ないというものではないのです。

雇用形態で肝心なのは、雇用が会社から保証されているかどうかということです。具体的には雇用契約です。雇用契約が長いか短いかがポイントとなるのです。正規雇用の人は入社から定年になるまでが雇用契約の期間となります。長い人でしたら、新卒から働いて、65歳定年でしたら、40年以上の雇用契約となります。

いっぽうの非正規雇用の人の雇用契約はどうでしょうか。雇用契約の期間は、さまざまですが、3ヵ月、6ヵ月あるいは1年というのが相場です。ですから、その期間が来ると、会社と雇用契約の更新をしなくてはいけないのですが、会社が首を縦に振らないと退職ということになります。雇用契約が更新されないのですから、当然です。

この部分を銀行から見ると、収入が安定していないと見られるわけです。実際そうなのですが、そうなると、属性が低く銀行カードローンの審査には通らないということになります。銀行カードローンの審査基準が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金ということが大きいのです。大切な預かり金で、いつでも引き出しができるようにしておかなければいけません。そのお金を他の銀行カードローンに融資使用としているのですから、審査基準を厳しくするのは当然のことです。

さらに、リスク回避として、銀行は保証会社と提携しています。これによって、カードローンの申し込みをすると銀行の他に保証会社の審査も受けるようになるのです。当然ですが、銀行の審査に通っても、保証会社の審査に通らなければ銀行カードローンを利用することはできません。保証会社の役割ですが、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能となった場合、残りの債務の全額を保証会社がカードローン利用者に代わって銀行に支払うのです。

立て替えたお金は後日、保証会社(債権回収会社)からカードローン利用者(債務者)に請求されます。この時点ですでに債務整理に入っていますから、ここからは任意整理の交渉が債権回収会社と債務者の間で始まるのです。銀行は、カードローンの原資が戻ってきたのですから、カードローンに対してはノーリスクといえなくはありません。しかし、返済不能以降の収益が無くなるのですから、まったくのノーリスクというわけにもいかないのです。

銀行カードローンにもデメリットがあります。それは、どういったことかというと、銀行カードローンが即日融資に対応していないことです。一頃はメガバンクを中心に銀行カードローンの即日融資はスピード融資を大々的に宣伝していた時期があります。それが今では、まったくそういった宣伝を見ることはありません。それは具体的に即日融資ができなくなったのですから、当然のことです。

それではどうして即日融資が銀行カードローンではできなくなったのでしょうか。それは、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたことによります。カードローンに融資の申し込みをすると、不正融資を防止する施策から、警察庁のデータベースに信用情報の照会をするのです。その照会情報ですが、照会情報を得るのは早くても翌日以降になります。それによって物理的に銀行カードローンの即日融資はなくなったということですね。

すぐにでもお金が必要というときは、銀行カードローンでは役に立たないので、そのときは大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをするしかありません。消費者金融会社のローンは警察庁のデータベースへのアクセスはしなくてもいいので、依然として即日融資に対応しているのです。

banner0415_new

消費者金融会社のカードローンで借りる


銀行カードローンで借りることができなかったら、大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしましょう。ここで気をつけなくてはいけないのは、銀行カードローンで審査に落ちてすぐに大手消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをした場合です。このとき、多くの場合審査落ちになることでしょう。

それは、信用情報機関に銀行カードローンの審査に落ちたことが金融事故情報として記録されているからです。この情報は信用情報機関に照会できる金融機関や貸金業者には後悔されている情報です。ですから、消費者金融会社が融資の申し込みを受けてその申し込み者の信用情報を信用情報機関に照会すると、そのときに金融事故情報があることがわかれば、その時点で審査落ちとなります。

審査に落ちた情報というのは、向こう6ヵ月間は記録されるということですから、逆に考えると審査に落ちた場合は、新たな借り入れは6ヵ月はできないということです。この状態を申し込みブラックと呼んでいます。お金が必要なときに6ヵ月の間新規の借り入れができないのは大きな痛手ですが、そこはじっと我慢するしかないでしょう。

消費者金融会社のカードローンの特徴は多彩な申し込み方法にあります。WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、大手ならではの申し込み方法が電話による申し込みです。一見当たり前そうに見えますが、電話によりある程度までの審査が可能というのですから、驚きです。これも人材を豊富に抱えている大手消費者金融会社ならではといっていいでしょう。

さらに、大手消費者金融会社はメガバンクとていけいしているところもあり、メガバンク行内の自動契約機を利用することができるのです。これも何気に便利ですし、申し込みがばれにくいので重宝している人も少なくないでしょう。

そして、大手消費者金融会社の最大のメリットが全国各地に設置している無人契約機です。24時間365日稼働している優れものです。いつでも申し込みができるのですが、即日融資にも対応しています。当日の22時までに申し込み手続きを終えることで審査に通ればすぐにローンカードが発行されます。それをもってコンビニATMでキャッシングすることができるのです。

また、WEBでの申し込みにはWEB完結という申し込み方法を追加している大手消費者金融会社もあります。これは郵送物が一切届かない申し込み方法です。家人に絶対に気づかれたくないといった人でしたら、WEB完結での申し込みが選択肢の1つとしては上位にランクインすることでしょう。

さらに、カードレスサービスも始まっているようです。これはスマホが必須ですが、スマホをローンカード代わりに使うことで、ローンカードの必要がなくスマホを使ってコンビニATMなどで入出金ができるのです。消費者金融会社のカードローンはますます便利になってきています。

banner0415_new

中小消費者金融会社と街金


名古屋にも多くの中小消費者金融会社と街金があります。中小消費者金融会社は業容が広く、カードローンを扱うような大手並の業容を誇る中小消費者金融会社がいるかと思えば、街金に毛が生えたような中小消費者金融会社もあります。

中小消費者金融会社の多くは、大手消費者金融会社のカードローンから融資を受けることができなかった人の受け皿的な存在なのですが、それだけではなく、中小消費者金融会社ならではのフットワークの軽さで、様々な特徴のある金融商品を扱っているのです。おまとめローンに特化した中小消費者金融会社があるかと思えば、法人向けの貸し出しに特化した中小消費者金融会社もあります。他と差別化を図ることで生き残りを図っているということでしょう。

街金については町の貸金業という形で、特にホームページを持って宣伝する必要もなく、ひっそりと貸金業を営んでいるというイメージです。しかし、最終的にどこからも借りることができなければ、街金に頼るしかなく、消費者金融会社の中でも最後の砦としての存在感を放っているのが街金なのです。

banner0415_new

名古屋の消費者金融会社は審査が甘い?


名古屋にはアローやユニーファイナンスといった中小消費者金融会社があります。かなり審査が甘い中小消費者金融会社ということですが、実際にはどうなのでしょうか。

ブラックでも借りることができるという口コミがありますが、基本的に金融ブラックの人は審査に通ることはないでしょう。それだけ、延滞から返済不能となったという情報は金融機関や貸金業者の間で情報共有が信用情報機関を通じて成されているので、新規でお金を借りることは難しいのです。

それでも、本当にブラックでもお金を借りることができたという、ネットの口コミ情報があります。これは、信用情報機関を通さない独自審査を行っている貸金業者です。現在の属性のみで審査を行うので、電話による在籍確認と収入証明書などの書類の提出で審査OKとなるものです。

これが先述したアローやユニーファイナンスに当てはまるかどうかわかりませんが、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので注意が必要です。

banner0415_new

個人間融資掲示板を利用する


名古屋の消費者金融会社で借りることができなければ、万事休すかというとそうでもありません。もっとも探せば街金では10万円くらいでしたら借りることができるでしょう。その手間を考えると、ネットの個人間融資掲示板を利用するほうが手っ取り早いこともあります。

個人間での貸し借りとなるのでリスクが伴いそうですが、ある程度の実績のある人が貸し出しを行っているので、信頼はおけることでしょう。むしろ借りる側のマナーや信用度が問われるので、借りたら返すという鉄則を忘れないようにしなくてはいけません。基本的に審査はなく誰でも借りることができます。

借り入れ相場は10万円といったところです。困ったときの最後の砦として個人間融資掲示板はとても頼りになります。

banner0415_new