banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

即日10万円融資が出来る大手以外のキャッシング?


消費者金融カードローンでお金が借りられないとしたら、何処でお金を借りようとしても審査に落ちる可能性が高いかもしれません。カードローン契約出来ないという事は、カードでお金が借りれない人です。つまり、カード発行不可能の属性となっている事でしょう。

カードローン会社でお金が借りれないとしたら、即日10万円借りたいと言ってもカードローンのようにお金が借りれないから、ずっと我慢しなければいけないのかと思っている人がいるかもしれません。消費者金融で借りれないという事は、同じく銀行カードローンで借りれない可能性が高いので、カードローン業者である以上何処からも借入できないかもしれないですよね。

だから、こんな時はカードローン以外でお金を借りるしかないわけですが、10万円即日融資したいと思った時に、果たして自動契約機も使えない自分が借入できるのでしょうか?結論を言えばローンカードは無理ですが、カードローン以外となる振込融資でしたら、大手金融機関じゃなくても高金利でお金を借りるという事なら可能なのです。返済能力があれば中小消費者金融でお金が借りられるので、大手の消費者金融や銀行でお金が借りられないとしても、中小消費者金融で即日融資10万円が可能となります。

しかしながら、ちゃんと書類を揃えておくことと現状の収入がある事が第一ですので、これらの準備が整ったらキャッシング審査のみで簡単にお金を借りましょう。おすすめは、セントラルです。金融業者も色々あるので、大手で即日融資10万円が不可能でしたら、大手以外のキャッシングで即日融資10万円が出来るかもしれませんので、自分の条件に合わせて中小消費者金融でお金を借りてみて下さい。但し、自分の収入証明書など、最低限の書類を提出する必要があるので、審査が甘いキャッシングだったとしても無職はお断りですよ?

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

お金が必要ならどうしたらいい?


どうしてもお金が必要なら、やはり銀行か消費者金融会社でのキャッシングがいいでしょう。多少のお金でしたらなんとか自分でも調達できるでしょうし、友人知人に頼むのもいいでしょう。しかし、ある程度まとまったお金で手持ち資金がなければ、銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者に借りるのが得策でしょう。

そうなると、銀行か消費者金融会社から借りるということになるのですが、金利の低い銀行から借りるのが常套手段となります。金利が低いということは、返済利息が少なくて済むので返済が楽になるからです。お金の価値は同じですからどこで借りてもお金はお金です。ですから、少しでも返済利息が少なくて済む銀行カードローンのほうがいいのです。

また、銀行カードローンでしたら、誰もそれほどとやかく言う人はいないでしょう。しかし、消費者金融会社からお金を借りる場合は、かなり世間体を気にしなくてはいけないでしょう。というのも、いまだに消費者金融会社はサラ金のイメージがつきまとっているからです。それは、バブル経済の頃の厳しい取り立てが今でも取りざたされるくらい、強烈なイメージとして人々の心の中に残っているのです。

あるいは、消費者金融会社の場合はどうしてもお金に困っている人、銀行から借りることができなかった人というイメージもあります。それは間違いのないことなのですが、消費者金融会社で借りることは、今では人にバレるようなこともないですから、昔ほど消費者金融会社で借りているということは人に知られることはないのです。

そういったことから、銀行カードローンからお金を借りることを誰もが望んでいるのですが、誰でも銀行カードローンからお金を借りることができるわけではないのです。というのも、銀行カードローンの審査は厳しく誰でも銀行カードローンからお金を借りることはできません。属性が高いと銀行カードローンの審査に通るでしょう。しかし、属性が低いと銀行カードローンの審査に通ることはないのです。

この属性というのが、お金の借りやすさを計る指標と考えていいでしょう。属性はさまざまな項目で成り立っているのですが、その中でも大きな比重を占めているのが、雇用形態です。雇用形態というのは、正規雇用と非正規雇用のことです。正規雇用はいわゆる正社員ということで、非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。正規雇用の人のほうが属性が高く、非正規雇用の人が属性が低いのは漠然とはわかるのですが、きちんとした理由付けが必要です。

その理由というのが、収入が高い低いというのもあるのですが、それ以上に雇用形態で重要となるのが、雇用を会社が保証しているかどうかなのです。正規雇用の人は、雇用契約を入社時に交わしてそれ以降雇用契約を再度することはありません。これは定年まで雇用を会社が保証していることを意味しています。

終身雇用が崩れた、さらにはリストラが横行しているということも言われていますが、正規雇用されている人は、自分の意思で会社に居続けることができます。懲戒以外で雇用が奪われることはないのです。もっともそれまでに自分から退職する人もいますし、リストラに近い配置転換で会社に居づらくなって会社を自ら辞める人が多いのです。終身雇用の崩壊は、本人にも問題があると考えていいでしょう。

いっぽうの非正規雇用の人ですが、雇用が会社から保証されていません。それは、雇用契約が3ヵ月あるいは6ヵ月ごとの更新、また、1年ごとの更新と人によって雇用契約の更新時期はまちまちですが、それでも更新は双方の同意によってなるので、会社が雇用契約を更新しなければそのまま非正規雇用の人は退職となるのです。ですから、銀行から見たら、非正規雇用の人は収入が安定してないと見られるのです。

銀行の審査基準は厳しいですから、正規雇用か非正規雇用化ということはかなり、銀行カードローンの審査に重きをなしているといっていいでしょう。正規雇用の人は属性が高くお金が借りやすいので、いつのまにか複数の債務を抱えてしまうことも多いです。

そうなると、銀行も複数の債務者に新規で貸し出しをしなくなるので、正規雇用の人といっても銀行カードローンの審査に落ちてしまうこともあります。ですから、正規雇用の人でも属性が低くなってしまいますし、非正規雇用の人は銀行からお金を借りるのが難しいので、そういったときに頼りになるのが消費者金融会社のカードローンなのです。

そして、銀行カードローンのデメリットとなっているのが、即日融資に対応していないところです。これは、従来の審査にさらに、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたのです。銀行カードローンの申込者の信用情報を照会するのですが、その照会情報を得るのが翌日以降になるということです。このことから、銀行カードローンの即日融資は不可能ということになります。

銀行の審査基準が厳しいのは、貸し倒れに遭わないようにすることは当然のことなのですが、銀行カードローンの原資が口座開設者からの預かり金ということが大きいです。大切なお金ですから、貸し倒れに遭うことは避けなくてはいけません。審査基準を厳しくして返済能力の高い人に貸し出すようにしているのです。さらに二重の備えとして、銀行カードローンの審査には保証会社の審査も受けなくてはいけない点もあります。ということは、銀行カードローンは銀行と銀行と提携している保証会社の審査も受けなくてはいけないということです。

これはあまり公にはなっていないことですが、保証会社の役割というのは、カードローン利用者が返済不能となったときに、カードローン利用者に代わって、保証会社がカードローンの残債務全額を銀行に返済するのです。そして、立てかけた債務の全額を保証会社が、債務者(カードローン利用者)に請求するのです。その時点でカードローン利用者は債務整理者になっていますから、そこから、保証会社と債務者の任意整理の交渉が始まるのです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融会社からお金を借りる


銀行カードローンからお金を借りることができなかった人は必然的に次は、消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。消費者金融会社のカードローンは即日融資に対応していますし、消費者金融会社のカードローンの金利は高いという先入観がありますが、初回に限りとなりますが、30日までの返済で金利手数料が無料になるサービスを行っています。

これはかなり便利のサービスですから、まとまったお金が必要でそれを30日以内に一括して返済できるのでしたら、消費者金融会社のカードローンを利用するといいでしょう。30日もあればその間に給料日がありますから、その日を待って一括して返済することができます。

レイクALSAにおいては、5万円以内の借り入れでしたら、180日間無利息サービスというのも利用できます。いずれにしても初回に限りですが、この無利息サービスはかなり使いでがあるので、まとまったお金が必要なときは是非とも利用したいところです。一度きりですが、銀行カードローンよりもこちらのほうが使い勝手もよく、かつお得となります。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

即日融資なら消費者金融会社の一択


前述しているように、銀行カードローンは即日融資に対応していません。一方の消費者金融会社のカードローンは警察庁のデータベースへアクセスする必要はありませんから、依然として即日対応できます。申し込み方法も多彩で、店頭やWebからの申し込みの他に、提携関係にあるメガバンクの行内に設置してある自動契約機を利用することもできます。

また、アコムやプロミスといった全国規模の大手消費者金融会社になると、全国各地に無人契約機が設置されています。この無人契約機は24時間365日稼働している優れものです。いつでも消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みができるメリットがあるのです。

しかも、当日の22時までに手続きを終えて審査に通れば、希望するしないにかかわらずローンカードが発行されます。それをもってコンビニATMですぐにキャッシングすることができるのです。10万円を即日融資で手に入れたいという人にはうってつけだといえるでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

借りすぎに注意


消費者金融会社のデメリットとしては、借りすぎを防止するために総量規制が敷かれていることでしょう。これは、年収の3分の1までしか借りることができないという、消費者金融会社のローンにのみ課せられた規制です。

ということは、銀行カードローンは総量規制対象外ですから、いくらでも借りることができるのです。そのために、できるだけ最初の属性の良いときに銀行カードローンからお金を借りておいたほうがいいのです。

もっとも、借りすぎていると返済がきびしくなるので、借りないに越したことはありません。また、総量規制はカードローンのようなフリーローンを規制するものです。消費者金融会社が扱っているフリーローン以外の目的ローンは総量規制対象外となっています。

たとえば、教育ローン、ビジネスローン、不動産担保ローン、そしておまとめローンなども総量規制対象外です。おまとめローンは複数の債務を一本化するものです。いくらでも貸してくれるというわけではなく、融資限度額内でのおまとめローンとなるのでその点に注意が必要です。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

10万円を即日で借りたい


10万円でしたら、即日融資にどの消費者金融会社も対応しています。大手消費者金融会社がスピード融資としては頭一つ抜けたきめ細かいサービスを行っています。そうなると中小消費者金融会社や街金はスピード融資に心許ない印象を受けますが、できるだけ当日の早いうちに行動を開始することで、即日融資を受けることができるでしょう。

中小消費者金融会社でしたら銀行振込が基本なのですが、街金でしたら現金で貸してくれる場合もあるので、そういった融通の利く消費者金融会社でお金を借りるようにしましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン