banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

お金が必要なときはどうしたらいい?

人生100年は大げさですが、人生80年以上は生きることができる時代になりました。60歳でも結構生きたなと思うことがあるようですが、そこからさらに20年は生きることができるのですから、人間は本当に長寿になりました。そのような人生80年、さらには100年を見据えたときに大事になってくるのはお金です。お金がないと生活できませんし、結局は働かざる者食うべからずということになるのです。

それでは、お金が必要だといつも言っている人は、十分に働いていないのかということになります。たいていの人は、お金がなければ無いなりに生活しています。そして、借金をしなくても普通に生活している人はたくさんいるのです。そうかと思えばお金がなくて、お金が無いから借金をしてるという人がたくさんいます。そういった人はどうしてお金が必要なのでしょうか。

それを考えるのは、たとえばお金持ちの人と貧困の人がいるという考え方です。この10年20年で貧困層が増大したとされていますし、確かな証拠もあるようです。それでは、これからどんどん貧困層が増えていくのかという不安も出てくることでしょう。私は大丈夫、という人もいるかもしれません。しかし、大企業が不正をおこなって社員である数万人が路頭に迷うかもしれない時代です。

そして、大企業の社員だけではなくその裾野に広がる末端の企業となると、その抱える家族は数十万人になるかもしれません。そういった人たちが一気に貧困層に入るかもしれないのです。その方達が借金をするということではありませんが、貧困が借金を生むのもまた一つの事実と言ってもいいでしょう。

どういった人たちがお金を借りるのか

貧困層はお金に困っている人が多いので、まさに借金予備軍と考えていいでしょう。返済能力が疑われるのに、お金を融資しますという業者も少なからず存在しているのです。

貧困層の中にはすでにブラックになっている人もいるかもしれません。その人たちにも融資しますといっていざ申し込みをしてもらうと、ブラックだから融資できませんというのはあまりにも無責任なような気がします。

お金がなければ、クレジットカードで気軽にキャッシングというのもいいでしょう。クレジットカードがあれば、お金がなくなればキャッシングしたら良いという考えは、経済を回す意味ではこういう人たちがお金を使ってくれるのは好都合といえるのです。お金を借りる、借りたいという人たちは様々です。融資を受けたいというのは誰もが思っていて、誰でも申し込みをすることができます。そして、誰もが審査を受けることとなるのです。

そうなると信用情報機関に照会し、それによって審査に合格するか不合格になるかが大筋で決まってくるのです。銀行よりも大手消費者金融会社のカードローンのほうが借りやすいとされています。

どのような審査が行われているのか審査基準が気になるところですが、少なくとも学歴が左右されることはないようです。東大医学部卒だから審査に通るということではないのです。そして、地方よりも東京の消費者金融会社のほうが審査が甘いということもありません。審査の甘い厳しいというのは、あくまでも会社単位によってその方針が決められると考えていいでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

金融機関も貸金業者も収益をあげなければいけない

金融業というのは金貸しであり、利用者にお金を貸すこととサービスを提供しなくてはいけません。お金を貸すのとサービスを提供するのはイコールでもあるのですが、ローンカードを配布するというのは利便性を考えているので、これはサービスと言えます。ATMが利用できるのもサービスなのです。

もっとも、このようなサービスを受けるためにはカードローンに申し込みをしなくてはいけません。消費者金融会社からの勧誘は広告以外はないといっていいでしょう。電話での勧誘もありませんから、自分の意思で申し込みをしなくてはいけないのです。

銀行カードローンほうがいいの?

銀行カードローンの金利がもっとも低いので、できるなら銀行カードローンに申し込んだほうがいいでしょう。しかし、貧困層となる年収がネックとなって審査NGとなることもあります。年収もそうなのですが、多重債務などを気にする銀行が多いのです。年収が低いのもネックとなりますが、多重債務者となるとさらに返済能力が下がるのでは、と思われるわけです。銀行は特に貸し倒れというのを気にします。

消費者金融会社などの貸金業者と銀行が決定的に違うのは、融資でお金を出すばかりの貸金業者と違って、利用者のお金を預かるのも銀行の大きな勤めです。そして、集めた金を集中的に管理して運用し運用益を上げるのです。

銀行のお金はそういった利用者から預かったお金です。金利が低いのもそのおかげです。だからこそ融資には厳しいと考えてもいいでしょう。口コミ情報などを見ても、銀行カードローンの審査になかなか通らないと嘆く記事もたくさん見ることができます。こういった口コミ情報を参考にしている人も少なくないでしょう。口コミ情報を見て、それを参考にしながら次の一手を考えるのです。

金利を考えると銀行カードローンがいいのですが、自分の属性などに不安を感じている人は、銀行カードローンからの融資を考えるよりも、より現実的に消費者金融会社のカードローンの利用を考えたほうがいいでしょう。お金が必要というときに、銀行にばかり目が行っても審査に通らなければ意味がありません。自分でしっかりとした対応をとるようにしなくてはいけないのです。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン