banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

10万円借りる方法なら中堅消費者金融も可

金融機関からお金を借りる場合、特に心配なことの一つが金利の高さです。借り入れをした元金に利息を上乗せした金額を返済しますので、あまりにも高金利な金融業者を選んでしまうと返すのが大変になってしまいます。

10万円借りる方法として、銀行カードローンやキャッシングがあげられます。銀行カードローンは金利が良心的で、14%台などで借り入れ可能です。大手消費者金融は迅速な対応で、申し込みをした即日に融資を受けられるなどのメリットがありますが、その分銀行カードローンより高金利で18%くらいのところが多い状況です。

大手消費者金融はテレビCMや広告を大々的に行っていますので、よく名前を見ていることから親近感が湧き、10万円借りる方法として多くの方が申し込みやすいかもしれません。しかし、だからといって大手消費者金融に必ずしも通るわけではありませんから、審査落ちしてしまった場合に備えて次の手も考えておきましょう。

有名な消費者金融で審査落ちしたからといって、全ての金融業者から借りられないわけではありません。全国にはあまり名前こそ浸透していないものの、良心的な審査で定評のある中堅消費者金融があちこちにあります。中小消費者金融は利用限度額が大手ほど高くない傾向がありますが、10万円なら十分借り入れられます。

大手消費者金融は最高500万円まで、800万円までなどいうところもあり、銀行カードローンに並ぶ高さを実現しています。しかし、今は10万円借りる方法が必要でしたら、中小消費者金融は10万~50万円までなどというところがたくさんありますので、候補に加えてみてはいかがでしょうか。

金利がネックで申し込みをためらっているなら、初めてのご利用の方を対象とした最大30日間無利息サービスにすることで、1円のマイナスもださずに借り入れできます。無利息期間は金融機関によって異なり、「最大で」30日間と表示されているところもありますから、もっと短期間しか無利息にならないかもしれませんので、よく確認してから申し込みをしてください。逆に、35日まで金利ゼロというところもあります。さらに5日間もゆとりができると、確実な返済に近づくでしょう。

初めて消費者金融などを利用する場合、金利の見方が分かりにくいかもしれませんね。よく「〇%~〇%」などと表記されています。借入れをする元金が高いほど少ない割合、少ないほど大きな割合が課せられます。何%になるかは、審査の結果を知らされるときに教えられます。10万円でしたら、金利の最も大きな数字が課せられますので、金融機関選びをするときは大きな数字同士を比較して決めることをおすすめします。金利の小さな数字がいくら有利でも、一般的に10万円の借入れにはほとんど意味がありません。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン