banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融会社もいろいろある

銀行からの融資が期待できないとなると、頼るのは消費者金融会社のカードローンとなります。もともと個人向け融資に特化した金融商品を売り出してきた業界ですから、借りやすさや使い勝手の良さというのは銀行以上のものがあります。ネックとなるのは銀行の金利よりも高いということでしょう。気になる人にとってはそれが全てとも言えそうです。

そして、消費者金融会社には大手と呼ばれる全国規模の消費者金融会社もあれば、商店街の片隅にひっそりと店舗を構えている街金と呼ばれる消費者金融会社もあるのです。

当然、小さい消費者金融会社となると安全性に対する不安があります。信用情報がうるさく言われる現在ですから、個人情報の管理は大丈夫なのかという事も気になることでしょう。確かに問題視しなくてはいけないものですが、お金を借りたいという目的の前には、そういった個人情報云々というのは消えてなくなるような存在かもしれません。

狙い所は大手か中小かそれとも街金か

消費者金融会社を規模で分類すると、全国ネットの大手消費者金融会社と中小消費者金融会社、そして街金という3つに分類されるでしょう。もっと細分化してもいいのですが、金利がそれほど変わるわけでもないので、3つでもそれほど大差はありません。差があるとしたら、審査の甘さということになるでしょう。大手消費者金融会社は銀行よりは審査が甘いとされています。

そして、中小消費者金融会社は大手よりも審査が甘いです。そしてこの流れになると推察できると思いますが、中小消費者金融会社よりも街金のほうが審査が甘いのです。ということは、街金が一番審査が甘いということになります。だからといって金利が高いのでは?と思う人も多いことでしょう。

確かに金利は高いのですが、利息制限法などがありますから、金利は最高で上限が20%までと決まっているのです。20%というのもかなり高い金利と言えます。基本的には借金は短期間で返済するのが基本です。

例えば、金利が1%あるいは2%といった住宅ローンを見てみると、2千万円の借入れで返済期間が35年ということになると、たとえ金利が2%といっても、この場合の利息は700万円を越えるのです。ですから、金利の低さや高さを論じるよりもいかに短期間で返済するかを考えなくてはいけません。もっとも、返済期間は関係なく、月々無理なく返済するほうがいいという意見もあります。それはトータルでいくら返済するかと言った大局観が欠けています。

返済期間が長くなると、その期間に新たな借金をしなければ良いのですが、カードローンの場合はさらに借りることができますから、まずは返済に注力するという事も考えなくてはいけないのです。

まずは大手からの融資を考える

基本的には大手から中小、そして街金といった具合に融資を受ける順番を考えていきましょう。ですから、大手消費者金融会社で借りることができたら、中小消費者金融会社や街金は考えなくていいということになります。

まずは大手から融資を受ける可能性にかけるということですね。返済期間や融資額、月々の返済、融資率など様々なことを考えながらどこで借りるかを考えるようにしましょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン