banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

知り合いからお金を借りる方法

どうしても急にお金が必要になったとき、人から借りるなら人間関係がしっかりできていなければ借りることも難しいです。そして、友達から借りるのであれば、相手の経済状況などを考慮しなければ必ずしも借りることができるとは言い切れません。なので、知り合いから借りるのであれば必ず、直接会って借金をお願いするようにしましょう。

借金の深刻さは直接会わなければ伝わりませんし、条件もこちらから相手に有利になるように短めの返済期間を設け、信用を得ることが重要となります。その際にも、必ず借用書を用意し信頼度を高めましょう。理由もきちんと話すことが大切です。たとえ嘘だとしても緊迫していることには変わりがないのであれば、言い訳のように聞こえないように注意して話しましょう。

ですが、例外もあります。借金癖があるのなら知人からは借りない方が無難です。必ずトラブルになります。お金の貸し借りによって人間関係は金額で変わるのではなく、借りた時点で変わってしまいます。特に人間関係も薄く、相手の名前すら知らず連絡先もわからないようでは、借りること自体が危険です。

もし、それでも借りることができたなら、返済日など必ず守るようにしましょう。人間関係を崩したくないのであれば、気持ちちょっとした利息を支払っても良いかもしれません。ですが、すぐにでも借りたい理由があったとしても、トラブルになる可能性は避けられません。子供のためのお金でも親でさえ厳しい場合もあるでしょう。家族や知人、友人からは借りられないということも考慮する必要があります。

そのときは、銀行や消費者金融に頼る方法もありますが、審査に通らなかったりする可能性もあるので、ネットなどで比較的審査の甘い中小の消費者金融を探してみると良いですね。中小キャッシングであれば借りやすさもあるので、家族や知人から借りるよりも金融会社を選ぶという方法がまだ安全な選択となります。

ただ、それでも借りられない可能性もあるので、友達から直接お金を借りるのではなく、連帯保証人となってもらうという方法もあります。この方が直接的ではないので、相談に乗ってくれる友人もいるかもしれません。しかし、それでもこの方法は金融機関に対する信用だけではなく、自分と知人との信頼関係も重要となります。

トラブルを回避したいのであれば、審査が厳しくてもまずは銀行カードローンなどのキャッシング機能が利用できる便利な借入を選ぶ方が良いかもしれません。ただ、どちらにしても返済計画は立てるようにしましょう。守れないのであれば、どんな方法でも借りることは危険です。

友人知人との人間関係が壊れない方法も、借金に関してはほぼないのではないでしょうか。知り合いからお金を借りるというのも、あまり無理をしてはいけません。人間関係を気にするのであれば、ネットでも探せる中小の消費者金融を選びましょう。ネットでもたくさんの情報が得られるので、知り合いに頼む前にまずは探してみてはいかがでしょうか。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン