banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン

消費者金融カードローンには総量規制がある

融資を考える場合はいろいろな方法があります。しかし、ネックとなるのが総量規制です。消費者金融カードローンには総量規制が適用されるのです。今更いうまでもないのですが、年収の3分の1までしか融資を受けることができないというものです。

融資OKとなっても、融資額が足りないという場面も出てくるでしょう。50万円借りたいのにすでに他社から融資を得ていて、50万円も借りることができないということがあるのです。消費者金融会社の場合は、50万円借りることができなかったらそれで融資中止といった場合があります。

また、ある消費者金融会社では、50万円の融資は無理でも30万円だったら融資可能といってくれるところもあるのです。消費者金融会社によってサービス内容が変わってくるということですね。申し込みは基本的にはWEBで大丈夫です。

しかし、街金などの小規模な消費者金融会社では、WEB対応ができてないので、電話でのみしか申し込みを受け付けないというところもあります。中小キャッシングの場合はそういうことがあるので、ポイントとして覚えておいたほうがいいでしょう。

お金が必要なのにネックとなるのが総量規制

そもそも総量規制ができたのは借りすぎを防止するためですから、利用者のためということですが、消費者金融会社にとっては大きな痛手となったのは間違いありません。さらに、過払い請求と続いたのですから、消費者金融会社はどんどん追い詰められていったのは想像できます。

しかし、同じくらい当時借金のあった人たちも追い詰められていったのです。すでに多重債務などがあった人は当然ですが、総量規制によって新たな借金ができなくなったからです。

ネットの口コミなどでおすすめ業者などを勧めてくれたり、総量規制の裏をかくような活用法などが紹介されましたが、その多くは眉唾物だったのです。ネットの運営責任者などもアクセス数を稼ぐために利用者が喜びそうなワードを並べていたということですね。ネットにはプロと呼ばれる人がたくさんいます。そういった人たちが常に正しい情報を流しているわけではないということも、しっかりと頭に入れておいたほうがいいでしょう。

それでも、総量規制をかいくぐるにはどうしたらいいのでしょうか。一つの方法として、総量規制対象外の目的ローンを利用することです。カードローンなどが総量規制の対象になるので、カテゴリとしては目的ローンにターゲットを絞ります。

おすすめとなるのはおまとめローンです。多重債務者が多いのが消費者金融カードローンを利用している人たちです。多くの人は返済に困って多重債務を繰り返してきた人たちなのです。そのままでは、行き着く先は債務整理ということになってしまいますから、おまとめローンができるのでしたら、何よりも増しておまとめローンの審査に通るように努力したほうがいいでしょう。

banner0415_new

QueenQueen

複数社の借り入れで大変な方へ
おまとめローンはコチラ→おまとめローン